説明

Fターム[4C083AC02]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 炭化水素(重合体を除く) (10,094) | 流動パラフィン、スクワラン (5,227)

Fターム[4C083AC02]に分類される特許

101 - 120 / 5,227


【課題】セラミドを安定に含有し、保湿効果が高く、しかも、きしみ感が抑制され、使用感に優れた乳化組成物を提供する。
【解決手段】次の成分(A)、(B)、(C)、(D)、(E)及び(F):
(A)炭素数10〜24の直鎖脂肪酸を由来とするグリセリンモノ脂肪酸エステル、
(B)炭素数10〜24の高級アルコール、
(C)セラミド類、
(D)アニオン界面活性剤、
(E)IOBが0.2〜0.85の分岐の脂肪酸エステルであって、ヒドロキシル基を有する分岐の脂肪酸エステル及びアミノ基を有する分岐の脂肪酸エステルから選ばれる極性油、
(F)水
を含有し、成分(A)、(B)、(C)及び酸に換算した成分(D)の含有量と、成分(E)の含有量の質量割合((A)+(B)+(C)+(D))/(E)が、1.2〜25である乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、新規なシリコーンリン酸トリエステルにより表面被覆処理した粉体及び特定のシリコーン界面活性剤を組み合わせることにより、経時での分散安定性に優れると共に、滑らかな使用感、化粧膜の均一性、化粧持ちに優れる油中水乳化型化粧料を提供するものである。
【解決手段】新規なシリコーンリン酸トリエステルは、式(1)(式中、各Rはそれぞれ独立して炭素数1〜4のアルキル基を表し、Rは−O−及び−CO−から選ばれる少なくとも1種を有していても良い炭素数2〜7の2価の炭化水素基を表し、nは5〜40のいずれかの整数を表す)で表される化合物であり、これにより表面被覆処理した粉体と、特定の分岐シリコーン鎖を有するポリエーテル変性シリコーンとを組合せることで、粉体の分散安定性を飛躍的に向上させ、塗布時の色変わりが少なく、滑らかな使用感、化粧膜の均一性、化粧持ちに優れる油中水型乳化化粧料が得られる
【化1】
(もっと読む)


【課題】目に対する刺激感を軽減し、まゆ毛やまつ毛の生え際の肌のかさつきを抑制でき、肌の柔軟性を保持でき、まゆ毛又はまつ毛用乳化化粧料を提供する。
【解決手段】まゆ毛又はまつ毛用乳化化粧料は、以下の式(1)で表されるフラバノノール誘導体(式中、R及びRはそれぞれ独立的に水素原子又はメチル基である。)0.01〜1質量%と、揮発性炭化水素油又は揮発性シリコーン油から選択される揮発性油5〜65質量%とを含有する。このフラバノノール誘導体は、揮発性油に溶解している。
(もっと読む)


【課題】 皮膚は常に紫外線、酸化、乾燥といった、皮膚にとって好ましくない環境に曝されている。「抗酸化」により、皮膚の肌荒れ、シワなどを防いで皮膚の老化を防止する効果を有する外用剤組成物を提供すること。
【解決手段】 (1)オオムギ(Hordeum vulgare)のモルトより選択的に抽出したポリフェノール混合物を含有することを特徴とする皮膚外用剤。
(2)ポリフェノール混合物がプロアントシアニジンの2量体以上のポリフェノールとフェルラ酸であることを特徴とする(1)記載の皮膚外用剤。
(3)上記ポリフェノール混合物を0.01〜95.0重量%含有することを特徴とする上記(1)および(2)記載の皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】化粧品組成物による化学的接触による皮膚の知覚刺激をきわめて効果的に抑制しうる化粧品用皮膚刺激緩和剤、及び、そのような化粧品用皮膚刺激緩和剤成分が配合された皮膚刺激が緩和された化粧品組成物を提供する。
【解決手段】カフェインと4−t−ブチルシクロヘキサノールとを含有する化粧品用皮膚刺激緩和剤を化粧品組成物と混合、併用、または、先行して使用する。 (もっと読む)


【課題】エリゲロン・ブレビスカプス(Erigeron breviscapus)抽出物の活性分画物またはそれから分離した(2Z,8Z)−メトリカリア酸メチルエステル(matricaria acid methyl ester)を有効成分として含む皮膚美白用組成物を提供する。
【解決手段】エリゲロン・ブレビスカプス全草の抽出物から溶媒分画した活性分画物及び前記活性分画物から分離した(2Z,8Z)−メトリカリア酸メチルエステル化合物は、メラニン生成細胞においてメラニン生成を抑制して細胞毒性がないので、皮膚美白用組成物として有用に使用することができる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、化粧膜の付着性に優れ、伸び広がりがよく、均一な化粧膜が得られる化粧料で、特に、疎水性処理剤で処理した粉体の持つ欠点である、経時で皮膚への付着性が低下して消失したところと残っているところの差が激しく、不自然な化粧膜になってしまうことがない、すなわち均一な化粧膜が継続し経時による化粧崩れが目立たず化粧持ちに優れる化粧料を提供するものである。
【解決手段】 本発明は、次の成分(a)〜(c);(a)特定のシリコーンリン酸トリエステル、(b)疎水化処理剤で表面処理した粉体と(c)エステル油、炭化水素油、シリコーン油から選ばれる1種又は2種以上の液体油、を組み合わせて配合することにより、化粧膜の付着性に優れると共に、伸び広がりがよく、均一な化粧膜が得られ、均一な化粧膜が継続し経時による化粧崩れが目立たず化粧持ちに優れる化粧料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】セラミドを安定に含有し、保湿効果が高く、しかも、きしみ感が抑制され、使用感に優れた乳化組成物を提供する。
【解決手段】次の成分(A)、(B)、(C)、(D)、(E)及び(F):
(A)グリセリンモノ脂肪酸エステル、
(B)炭素数10〜24の高級アルコール、
(C)セラミド類、
(D)アニオン界面活性剤、
(E)(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ジメチコン/フェニルビニルジメチコン)クロスポリマー及び(ビニルジメチコン/ラウリルジメチコン)クロスポリマーから選ばれる1種又は2種以上の架橋型ポリシロキサン、
(F)水
を含有し、成分(A)、(B)、(C)及び酸に換算した成分(D)の含有量と、成分(E)の含有量との質量割合が、((A)+(B)+(C)+(D))/(E)=1〜125である乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】仕上がりのつやを損なわず、発色や使用感が良好で、潤いの性能が高く、しかもその潤いが持続する口唇化粧料を提供する。
【解決手段】次の成分(a)及び(b):
(a)少なくとも(a1)25℃での針入度が5〜20の炭化水素系ワックスと、(a2)25℃での針入度が20を超え110以下の炭化水素系ワックスを含むワックス 全化粧料中に1〜9質量%、
(b)25℃で液状又はペースト状油剤、
を含有し、
成分(a1)と成分(a2)の質量割合が(a1)/(a2)=1/17〜80/1であり、
成分(a1)と成分(a2)の総和と成分(b)の質量割合が、((a1)+(a2))/(b)=0.02〜0.12であり、
成分(b)の25℃での粘度が500〜10000mPa・sであり、
30℃における化粧料の10mmφ冶具での針入硬度が0.5〜9Nである口唇化粧料。 (もっと読む)


【課題】毛髪に「ハリコシがない」、「艶がない」、「まとまりがない」、「ぱさつく」といった毛髪のダメージ感を改善する効果を有し、かつ、その効果を持続させることができる毛髪の改善方法を提供する。
【解決手段】下記の(A)から選ばれる成分を含有する毛髪処理剤を毛髪へ塗布し、熱処理を施す。本発明の毛髪改善方法は、毛髪に対して「ハリコシがない」、「艶がない」、「まとまりがない」、「ぱさつく」といった毛髪のダメージ感を改善する効果を与える。更に、その効果は、洗髪等によって失われることがなく、持続的に発揮させること可能である。
(A):グルコノラクトン、メバロノラクトン、ラクトビオノラクトン、パントラクトン、レブリン酸 (もっと読む)


【課題】内部まで均一に冷却され、内部構造が均一で、強度及び品質が向上した溶融体固化物の製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明の溶融体固化物の製造方法は、25℃において固体である油性成分を1種以上含む配合原料を加熱して流動体となし;得られた流動体を成形型又は容器内に充填し;該流動体を、磁場中で、該配合原料の固化温度以下まで冷却して固化させる工程を有する。前記磁場が静磁場であり、10〜500mTの磁場強度を印加することが好適である。 (もっと読む)


【課題】 使用中の伸び広がりがなめらかで、更に、仕上がりのしなやかさ、軽さ、しっとり感やまとまり易さ、ツヤ感を付与する効果にも優れたヘアオイルを提供すること。
【解決手段】 ゲル形成剤と油相成分とからなる油性ゲル状組成物を含むヘアオイルであって、
該ゲル形成剤が、レシチン100重量%に対して、ポリグリセリン及びポリグリセリン脂肪酸エステルから選択される少なくとも1種を5〜100重量%(合計量)配合したものであり、
該ポリグリセリンの重合度が2〜20であり、
該ポリグリセリン脂肪酸エステルが、炭素数が14以下の脂肪酸残基を有し、有機概念図で算出されるHLBが15以上であり、重合度8〜40であることを特徴とするヘアオイルを提供する。 (もっと読む)


【課題】 乳化安定性および経時乳化安定性に優れ、べたつきのなさ等の使用感にも優れた水中油型乳化化粧料を提供する。
【解決手段】 次の(a)〜(d)を含むことを特徴とする水中油型乳化化粧料。
(a)(a1)〜(a3)から選択される1種または2種以上の両親媒性物質
(a1)両親媒性タンパク質
(a2)2−アクリルアミド−2メチルプロパンスルホン酸またはその塩/ビニルピロリドンのコポリマー
(a3)有機溶媒もしくは油分を分散媒とし、水を分散相とする組成物において、水溶性エチレン性不飽和モノマーを分散相に溶解し、分散相中にラジカル重合して得られるミクロゲルであって、前記ミクロゲルが、界面活性剤により、一相マイクロエマルションあるいは微細W/Oエマルションを形成する条件下において、ジメチルアクリルアミドと2−アクリルアミド−2−メチルプロパンスルホン酸をラジカル重合して得られるミクロゲル
(b)平均粒子径500nm未満の粒子
(c)油性成分
(d)水性成分 (もっと読む)


【課題】塗布時にべたつき感がなく、肌なじみが良好であり、しなやかな膜感を有し、保湿感の持続性に優れ、かつ、保存安定性が良好なジェル状皮膚外用剤の提供。
【解決手段】下記(A)〜(D)成分を含有することを特徴とするジェル状皮膚外用剤。
(A)リン脂質
(B)マカデミアナッツ油
(C)マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、ラノリン脂肪酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル及びラノリン脂肪酸フィトステリルから選択される1種又は2種以上のコレステロール誘導体及び/又はフィトステロール誘導体
(D)シア脂 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、優れたラメラ形成能を有する化粧料又は皮膚外用剤用の油剤を提供する。
【解決手段】N−ラウロイル−L−グルタミン酸と、フィトステロール及びベヘニルアルコールからなる混合アルコールとのジエステル組成物において、フィトステロールに対するベヘニルアルコールのモル比が3〜9であることを特徴とするジエステル組成物を用いる。さらに、混合アルコールとして2−オクチルドデカノールを含んでいてもよく、この場合は、2−オクチルドデカノールの含有量は全アルコール中に20モル%以下であり、かつ、フィトステロールに対するベヘニルアルコールのモル比は3〜9である。 (もっと読む)


【課題】肌へのなじみが速く、塩による凝集・分離がなく、低温安定性に優れた乳化物を形成しうる、水分散性に優れた新規物質および多糖誘導体組成物の提供。
【解決手段】式(1)で表される少なくとも1種の多糖誘導体を含有し、重量平均分子量が110万〜1000万であることを特徴とする、多糖誘導体組成物。


(式中、Aは多糖残基を表し、Rは炭素原子数1〜22の飽和または不飽和の脂肪酸から誘導されるアシル基を表し、−CO−X−NH−はアミノ酸残基を表し、nは50〜20,000を表す。) (もっと読む)


【課題】肌荒れを起こさずに効果的に角栓の再生を抑制し得る角栓再生抑制剤の提供。
【解決手段】(a)乳酸、コハク酸、クエン酸、リンゴ酸、サリチル酸、ピロリドンカルボン酸、グリコール酸、およびそれらの塩の中から選ばれる1種または2種以上と、(b)脂肪酸石鹸、高級アルキル硫酸エステル塩、N−アシルグルタミン酸塩、N−アシル低級アルキルタウリン塩、ベタイン系界面活性剤、およびポリオキシアルキレンフィトステロールの中から選ばれる1種または2種以上の界面活性剤と、(c)POE・POPジメチルエーテル、トラネキサム酸、パントテニルエチルエーテル、オトギリソウ、セリン、トリメチルグリシン、アラニン、グリシルグリシン、ビタミンEアセテート、ビタミンEニコチネート、1−ピペリジンプロピオン酸、およびそれらの塩の中から選ばれる1種または2種以上を含有することを特徴とする、角栓再生抑制剤。 (もっと読む)


【課題】高濃度のビタミンC又はその誘導体によるスティンギングの誘発がなく、ニキビの改善に高い効果を有するニキビ改善剤を提供する。
【解決手段】本発明は、ビタミンC又はその誘導体と、サンシチニンジン抽出物とを含有することを特徴とし、ビタミンC又はその誘導体と、グルタチオンレダクターゼ活性増強作用を有するサンシチニンジン抽出物とを併せて用いることにより、スティンギングを誘発することなく、相乗的にニキビの改善効果が増強される。 (もっと読む)


【課題】皮膚老化の予防改善効果に優れた皮膚老化予防改善剤を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の皮膚老化予防改善剤は、S−アデノシルメチオニン及び/またはその塩を有効成分として含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】イオン性物質の存在下でも、(1)容易に粘性の製剤に調製でき、(2)安定性に優れ、(3)施術中に垂れ落ちがなく、均一に毛髪に塗布できるので操作性が良く、(4)施術後の毛髪にべたつき感やごわつき感を与えず、優れた官能特性を付与することが可能な毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】2−アクリルアミド−2−メチルプロパンスルホン酸のアンモニウム塩、N,N−ジメチルアクリルアミド、ラウリルメタクリレート、及びエチレンオキサイドの付加モル数が4のラウロキシポリエチレングリコールモノメタクリレートを共重合して得られる共重合体を増粘剤として含有させて毛髪処理剤を構成する。上記毛髪処理剤は、酸性染毛料、酸化染毛剤、縮毛矯正剤、パーマネントウェーブ用剤として調製することが好ましく、特に酸性染毛料として調製することが好ましい。 (もっと読む)


101 - 120 / 5,227