Fターム[4C083AC24]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | カルボン酸(有機酸) (13,085) | 脂肪酸 (6,041)

Fターム[4C083AC24]の下位に属するFターム

Fターム[4C083AC24]に分類される特許

1 - 20 / 4,639



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】水溶性高分子シートを構成に含む皮膚外用貼付剤の取扱い性を向上させる技術を提供する。特に、支持体(基材)なしで皮膚に貼り付けることができる皮膚外用貼付剤の取扱い性を向上させる技術を提供する。
【解決手段】水溶性高分子シートからなる皮膚外用貼付剤において、前記水溶性高分子シートの表面を、IOB値0.8〜3.2の液状組成物でぬらす。 (もっと読む)


【課題】剤が垂れ落ちることなく使いやすく、全体の界面活性剤量が減っても泡立ち、泡質に優れ、さらに皮膚に対する安全性が高いジェル状皮膚洗浄料を提供する。
【解決手段】カルボキシル基及び/又はスルホン基を含有するアニオン界面活性剤0.1〜40質量%と、アクリル酸アルキル・メタクリル酸アルキル・ポリオキシエチレン共重合体及び/又はセルロース系増粘剤0.1〜10質量%を含有し、25℃における粘度が5,000〜100,000mPa・sであることを特徴とするジェル状皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】
本発明の課題は、水性媒体中OH基を持つ天然高分子及び/または天然高分子誘導体を共存させ、ビニル基を有する1種以上の水溶性単量体を光重合する場合、作業環境上安全性の高い光源として、紫外領域の光量の極力少ない光源を用いた手法を完成させることである。
【解決手段】
上記課題を解決する方法として、OH基を持つ天然高分子及び/または天然高分子誘導体、1種以上のビニル基を有する水溶性単量体、有機色素および過酸化物を必須として水性媒体中に含有する溶解液に可視光照射することで、重合反応が進行し高分子組成物を得られることを見出し、本発明の課題を解決した。
(もっと読む)


【課題】皮脂吸収能に優れたメイクアップ化粧料組成物の提供。
【解決手段】有効成分として、洋麻パウダーを含有するメイクアップ化粧料組成物。皮膚から分泌される皮脂を吸油する能力に優れ、組成物を塗布して長時間が経過しても、てかつくことなく滑らかな皮膚状態を維持できるようにする。それゆえ、化粧が崩れることなく長時間維持されることができて、繰り返し化粧を直す必要がなく便利であり、天然素材から由来するため人体安定性にも優れている。 (もっと読む)


【課題】幹細胞からメラノサイトへの分化誘導抑制活性を有するメラノサイト分化誘導抑制剤を提供することを目的とする。
【解決手段】アイヌワカメの抽出物を有効成分として含有するメラノサイト分化誘導抑制剤。 (もっと読む)


【課題】天然物であるイネの葉を素材として得られ、イネの葉の抽出物よりもすぐれた美白効果及び皮膚老化防止効果、並びに経時安定性を有するイネの葉の加水分解物を創出し、かかる加水分解物を化粧料配合成分として用いることにより、すぐれた美白効果及び皮膚老化防止効果を奏し、かつ、生体安全性及び経時安定性にすぐれた化粧料を提供する。
【解決手段】イネ(Oryza sativa)の葉の抽出物を加水分解処理して得られる加水分解物を有効成分とする化粧料であって、好ましくは、出穂前のイネの葉の抽出物を繊維素分解酵素により酵素加水分解処理して得られる酵素加水分解物を有効成分とするものである。 (もっと読む)


【課題】 シリコーン類を配合しなくともシリコーン類を配合したと同等以上の滑らかさや艶を毛髪に付与できるヘアトリートメントやヘアリンス等を提供することを、目的とする。更に、毛髪のザラツキ感を抑えることができる毛髪化粧料を提供することを、目的とする。
【解決手段】 下記エステル交換油脂を含有することを特徴とする毛髪化粧料。
植物性油脂と水添植物性油脂とのエステル交換反応により調製される油脂であって、構成脂肪酸中、C18脂肪酸を70〜90重量%及び飽和脂肪酸を40〜60重量%含有し、且つ上昇融点が40〜50℃であるエステル交換油脂 (もっと読む)


【課題】毛髪のメラニン量を増加し、白髪防止に有用なチロシナーゼ活性促進剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】米発酵抽出物が有効成分であるチロシナーゼ活性促進剤。 (もっと読む)


【課題】ゲル状、半固形状の化粧料等として安全で有用性のある皮膚洗浄用ゲル組成物の提供。
【解決手段】キシログルカン、キサンタンガム、カードラン、ガラギーナン、ローカストピーガム等で代表される天然由来のゲル化、半固形化成分をカルボン酸塩を有するアニオン性界面活性剤及び両性界面活性剤に配合して作られるゲル状、半固形状の洗浄料。 (もっと読む)


【課題】優れた美肌又は美白効果を奏する新規な皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】本発明は、次の成分(A)及び(B):(A)紅芋の根茎を麹菌及び酵母を用いて醗酵させ、搾った後の固形物を抽出して得られた紅芋醗酵抽出物、及び(B)抗炎症剤及び美白剤からなる群から選ばれる少なくとも1種の薬剤を含有することを特徴とする皮膚外用剤である。 (もっと読む)


【課題】経時でのゲル化を抑制し、なめらかな使用感で、べたつきがなく肌なじみのよさに優れた使用感を得ることができる水中油型乳化化粧料の提供。
【解決手段】特定の高級アルコール変性シロキサン化合物と炭素数16〜22の高級アルコール、極性油、リン脂質を含有することを特徴とする水中油型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、粒子の分散性がよく、化粧料の安定性に優れ、隠ぺい力があり肌への付着性が良いため化粧持ちに優れ、滑らかでさっぱりした感触を有するため使用感に優れ、更には、紫外線遮断効果を十分に発揮できる化粧料を提供するものである。
【解決手段】 次の成分(a)〜(c);(a)アクリル−シリコーン系グラフト共重合体中に粒径5nm〜150nmの金属酸化物粒子を混練してなる組成物、(b)グリセリン鎖及び/又はポリオキシアルキレン鎖を有するシリコーン系界面活性剤、(c)揮発性油剤を配合する水中油型化粧料に関するものである。 (もっと読む)


【課題】毛髪化粧料の成分として使用された場合に、すべり感、しっとり感、やわらかさ等の化粧特性をバランスよく毛髪へ付与することのできる変性シリコーンを提供すること。
【解決手段】アミノ基を有し、且つ、側鎖に特定の長鎖炭化水素基、好ましくは特定の長鎖アルキル基、を有する一方で、鎖末端に当該特定の長鎖炭化水素基を有さない共変性オルガノポリシロキサン。 (もっと読む)


【課題】すべり感、しっとり感、やわらかさ等の化粧特性をバランスよく付与することのできる化粧料を提供すること。
【解決手段】アミノ基を有し、且つ、アミド部位に特定の長鎖炭化水素部位、好ましくは特定の長鎖炭化水素基、を有し、好ましくは官能基を有しないシリコーン主鎖部分が長い共変性オルガノポリシロキサンを含む化粧料、特に毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】 工業的生産が容易なシリカの構造体を含有する化粧品であって、光散乱性と使用時の好感覚とを両立できる化粧品を提供すること。
【解決手段】 直鎖状ポリエチレンイミン骨格を有するポリマーを水性媒体中で会合させる工程、水性媒体の存在下で、得られたポリマーの会合体にアルコキシシランを加えることにより、前記ポリマーとシリカとの複合体を得る工程、これを複合体を焼成し、ポリマーを除去する工程で得られた、太さ又は厚みが5〜100nmでアスペクト比が2以上のファイバー状又はリボン状の基本構造体の集合体であって、該集合体の大きさ(TEM画像で観測したときの、最も長い部分)が1μm〜20μmの範囲であるシリカナノ構造体を含有してなることを特徴とする化粧品、さらには。前記シリカナノ構造体のファイバー状またはリボン状のシリカ表面に、2〜10nmの大きさの金属酸化物ナノ結晶が結合しているものを含有する化粧品 (もっと読む)


【課題】十分な乳化安定性を有しながらも肌に塗布した際の肌なじみ、メイクアップ化粧料に対するクレンジング力、洗い流し後の後肌のしっとり感に優れる水中油型クレンジング化粧料の提供。
【解決手段】次の成分(A)〜(C);(A)下記一般式(1)で表される高級アルコール変性シロキサン化合物;


(B)N−アルキロイル−N−メチルタウリン塩(C)25℃で液状の油を含有することを特徴とする水中油型クレンジング化粧料。 (もっと読む)


【課題】入浴の際に用いることにより、基礎代謝量自体を上げる作用を発揮し、過体重又は肥満化傾向にあるヒトに対して有用な基礎代謝向上浴用剤の提供。
【解決手段】(A)有機酸、(B)炭酸塩、(C)油性成分及び(D)非イオン界面活性剤を含有する浴用剤からなり、(B)炭酸塩中に炭酸ジアルカリ金属塩を75質量%〜100質量%含有する微細発泡性の基礎代謝向上浴用剤。該有機酸としては、フマル酸、リンゴ酸及び酒石酸であることが好ましい。該炭酸ジアルカリ金属塩としては、炭酸ナトリウムや炭酸カリウムであることが好ましい。油性成分としては、分子量が100以上でありClogP値が4〜18である脂肪酸エステル、例えば、パルミチン酸イソプロピルやミリスチン酸オクチルドデシルであることが好ましい。 (もっと読む)


1 - 20 / 4,639