説明

Fターム[4C083AC30]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | カルボン酸(有機酸) (13,085) | オキシカルボン酸 (4,875)

Fターム[4C083AC30]に分類される特許

341 - 360 / 4,875


【課題】本発明は、香質に優れ、特徴のあるムスク様香気を有する新規大環状化合物およびその製造方法を提供すること、ならびに新規大環状化合物を用いて新規香料組成物、飲食品、香粧品、日用・雑貨品、及び口腔用製品を提供することを目的とする。
【解決手段】一般式(1)で表される化合物。
[式(1)中、波線は、C=C二重結合のE配置およびZ配置のうち少なくとも1つを示す。mは0〜10の整数、nは1〜11の整数を表す。ただしmが0〜4または6〜10の整数のときnは1〜11の整数を表す。また、mが5のときnは1または3〜11の整数を表す。]
【化1】
(もっと読む)


【課題】乾燥後の毛髪に良好な柔軟性を付与し、フケ・かゆみだけでなく、吹き出物・かさつきも抑制する地肌ケア効果に優れる毛髪化粧料を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)及び(C)を含有し、水で20重量倍に希釈したときの25℃におけるpHが1〜4.5である毛髪化粧料。
(A) ヒドロキシ基を有していてもよい有機ジカルボン酸若しくはヒドロキシモノカルボン酸又はそれらの塩 0.1〜20重量%
(B) 少なくとも1種の消炎剤 0.001〜10重量%
(C) 高級アルコール 0.1〜20重量% (もっと読む)


【課題】 これまでに知られていない微生物を用いて得られる大豆を原料にした発酵物を有効成分として配合した新規な育毛剤を提供すること。
【解決手段】 乳酸菌に属するラクトバチルス デルブリッキー(Lactobacillus delbruekii)またはその亜種から選択される少なくとも1種を用いて豆乳を発酵することで得られる豆乳発酵物(ただしその他の微生物の共存下で得られる豆乳発酵物を除く)を有効成分として配合した育毛剤である。 (もっと読む)


【課題】崩れるようなのびの軽い使用感を持つ、付着の良さ、化粧膜の均一性、発色の良さを演出することができる油性スティック状口唇化粧料の提供。
【解決手段】(A)コメヌカロウ、(B)フィッシャートロプシュワックス、(C)キャンデリラワックス、(D)長鎖アシルアミノ酸ステロール誘導体、を含有し、成分(A)と成分(B)が(A):(B)=65:35〜95:5の質量比であり、成分(D)を1〜10質量%含有することを特徴とする油性スティック状口唇化粧料。 (もっと読む)


【課題】従来に比べて「のび」および「もち」に優れた化粧料用の六方晶窒化ホウ素粉末を、それを使用することにより、仕上がりのツヤ感や透明感(素肌感)を格段に向上させた化粧料と共に提供する。
【解決手段】六方晶窒化ホウ素粉末について、平均長径が2〜20μmで厚みが0.05〜0.5μmの扁平形状の一次粒子が積層した板状の凝集体とし、かかる凝集体のうち、比表面積が1〜10m2/gでかつ目開き45μm篩下の凝集体の割合を50質量%以上とし、さらに可溶性ホウ素量を100ppm以下とする。 (もっと読む)


【課題】使用感触に優れ、十分な防腐性を確保しかつ優れた防腐力が持続しながらも、皮膚刺激が低く、使用性、安全性、安定性を著しく向上させた皮膚外用剤組成物を提供する。
【解決手段】
下記成分(A)〜(C)を含有することを特徴とする皮膚外用剤組成物。
(A)L−アスコルビン酸及びその誘導体からなる群より選択される1種以上
(B)下記一般式(I)で表されるジカルボン酸ビスエトキシジグリコールの1種以上
O−CO−R−CO−OR ・・・(I)
(式中、Rは炭素数2〜10の直鎖、分岐鎖又は環状の炭化水素基を表し、Rはエトキシジグリコール基を表す。)
(C)2−フェノキシエタノール、カプリン酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン及び下記一般式(II)で表される1,2−アルカンジオールから選択される1種以上
−CH(OH)−CH−OH ・・・(II)
(式中、Rは炭素数3〜8のアルキル基を表す。) (もっと読む)


【課題】ブラックジンジャーの抽出物を含有する抗酸化剤、抗老化剤、抗炎症剤、育毛剤、抗肥満剤及び美白剤並びに化粧料及び美容用飲食品の提供。
【解決手段】ブラックジンジャーの抽出物を含有し、スーパーオキサイドジスムターゼ(SOD)様作用、一重項酸素による膜脂質の過酸化抑制作用、過酸化水素消去作用、ラジカル消去作用、MMP−2活性阻害作用、MMP−9mRNA発現上昇抑制作用、表皮角化細胞増殖促進作用、ヘキソサミニダーゼ遊離抑制作用、NO産生抑制作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害作用、COX−2活性阻害作用、アンドロゲンレセプター拮抗作用、毛乳頭細胞増殖促進作用、cAMP−ホスホジエステラーゼ活性阻害作用、脂肪分解促進作用、ET−1mRNA発現上昇抑制作用及びSCFmRNA発現上昇抑制作用の少なくともいずれかを有する抗酸化剤、抗老化剤、抗炎症剤、育毛剤、抗肥満剤又は美白剤である。 (もっと読む)


【課題】抗酸化剤、ハリ・タルミ改善剤、ラジカル消去剤、エラスターゼ活性阻害剤、抗老化剤を提供すること。
【解決手段】シソ科タツナミソウ属スカルキャップ(Scutellaria lateriflora L.)の抽出物を含有する抗酸化剤、ハリ・タルミ改善剤、ラジカル消去剤、エラスターゼ活性阻害剤、並びに、抗老化剤。 (もっと読む)


【課題】新たなチロシナーゼ活性抑制剤及び美白用香粧品の提供。
【解決手段】アヤメ科クロッカス属サフラン(Crocus sativus)抽出物のグルコシダーゼ処理物を有効成分とするチロシナーゼ活性抑制剤及び美白用香粧品。 (もっと読む)


【課題】腐植土抽出物を有効成分とするコラーゲンゲル収縮促進剤およびこれを含有する皮膚外用剤ならびにコラーゲンゲル収縮促進剤の提供。
【解決手段】腐植抽出物を有効成分とするコラーゲンゲル収縮促進剤;。水及びアルコール類から選ばれる1種以上のもので抽出し得られるものが好適である;前記腐植土抽出物が、フミン質を100mg/L以上含有したものが好適である;前記腐植土抽出物の配合量が、固形分濃度として0.0001〜0.1質量%であるのが好適である。 (もっと読む)


【課題】新規な美白剤及び美白用皮膚外用剤又は美白用化粧料を提供すること。
【解決手段】ヤシ科シェロ属ソーパルメット(Serenoa repens L.)の抽出物からなるメラニン産生抑制剤、美白剤、および該抽出物を有効成分として含有する美白用皮膚外用剤又は美白用化粧料。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は種々の有効性成分を組み合わせることによって美白作用を有する美白化粧料を得ることである。
【解決手段】
油溶性美白剤と、油溶性抗炎症剤と、ショ糖不飽和脂肪酸エステルとを含む油相と、水溶性美白剤を含む水相とを乳化した美白化粧料、或いは、油溶性美白剤と、油溶性抗炎症剤と、ショ糖不飽和脂肪酸エステルを含む油相と、水相とを乳化した乳化液を、水性液に配合した水溶性美白剤を含む美白化粧料が本発明の目的を達成することがわかった。 (もっと読む)


【課題】グラム陰性菌に対しても有効な抗菌性物質を産生する新規な乳酸菌を提供する。
【解決手段】ラクトバチルス・ヘルベティカス(Lactobacillus helveticus)に属する乳酸菌MSC003株(受託番号NITE P−1026)、およびその培養物。さらに、該培養物を炭素数1〜3のアルコールを用いて抽出する工程を経て得られる抽出組成物、および発酵工程を用いて製造された食品組成物、また該抽出組成物を有効成分として含有する抗菌剤。 (もっと読む)


【課題】毛髪の水分保持力を高め、その結果毛髪に対して、べたつきや重さを感じることなく、しなやかでしっとりとした仕上がり感を与えることができ、かつ低湿度下でのパサツキ防止とうるおい感に優れたヘアリンス組成物を提供する。
【解決手段】下記(A)〜(D)成分を含有するヘアリンス組成物。
(A)N−アセチルグルコサミン
(B)下記一般式(I)で表されるアルキル型カチオン
【化1】


(式中、R〜Rのうちいずれか1個が炭素数8〜24のアルキル基、アルケニル基、ヒドロキシアルキル基又はヒドロキシアルケニル基であり、残りは炭素数1〜3のアルキル基若しくはヒドロキシアルキル基又はベンジル基を表し、Yはハロゲン原子又は炭素数1〜3のアルキル硫酸基を示す。)
(C)炭素数14〜24の長鎖のアルキル基を有する高級アルコール
(D)アミノ変性シリコーンエマルジョン (もっと読む)


【課題】刺激作用を軽減する及び/又は全体的な快適性を高める、組成物及び/又は物品を提供する。
【解決手段】特定の実施形態では、本発明は、眼、口腔、耳、鼻、咽喉、又は膣領域の粘膜の軽度の刺激作用を軽減する及び/又は全体的な鎮静作用、快適性、又は爽快感を高めるための鎮静剤の使用を目的とする。本発明は、更に、テルペン類及び/又はフェノール剤等の感覚化合物の刺激特性をマスキング又は低減するための組成物、物品、及び方法に関する。 (もっと読む)


【課題】洗髪時に泡立ちが良く髪が絡まない滑り性に優れ、すすぎ時に髪のきしみがなく指通り性に優れ、乾燥後に髪がぱさつかず、まとまりが良好であるシャンプー組成物を提供する。
【解決手段】下記(A)〜(D)成分を含有するシャンプー組成物。
(A)N−アセチルグルコサミン
(B)エーテル硫酸塩型アニオン性界面活性剤及び/又はベタイン型両性界面活性剤
(C)ヤシ油脂肪酸N−メチルエタノールアミド
(D)カチオン化タラガム及び/又はカチオン化グアガム (もっと読む)


【課題】良好な一重項酸素消去剤を提供すること。
【解決手段】腐植土抽出物を有効成分とする一重項酸素消去剤。前記腐植土抽出物が、水及びアルコール類から選ばれる1種以上のもので得られるものが好適である;前記腐植土抽出物が、水溶液としたときにフミン質を100mg/L以上含有したものが好適である;前記腐植土抽出物の配合量が、固形分濃度として0.0001〜0.1質量%であるのが好適である。 (もっと読む)


【課題】新規な抗酸化剤、ハリ・タルミ改善剤、ラジカル消去剤、エラスターゼ活性阻害剤、抗老化剤を提供すること。
【解決手段】ヤシ科シェロ属ソーパルメット(Serenoa repens L.)の抽出物からなる抗酸化剤、ハリ・タルミ改善剤、ラジカル消去剤、エラスターゼ活性阻害剤。 (もっと読む)


【課題】腐植土抽出物を有効成分とする収斂剤の提供。
【解決手段】水及びアルコール類から選ばれる1種以上のもので得られる腐植土抽出物で、フミン質を100mg/L以上含有したものが収斂剤として好適であり、固形分濃度として0.0001〜0.1質量%の上記腐植土抽出物を有効成分として含有する組成物又は化粧料。 (もっと読む)


【課題】地肌汚れを抑制し、染毛力を維持しつつも、粘度の安定性を高めることの容易な染毛料組成物及びそれを用いた染毛方法を提供する。
【解決手段】染毛料組成物には、(A)直接染料、(B)芳香族アルコール、及びアルキレンカーボネートから選ばれる少なくとも一種の有機溶剤、並びに(C)水が含有されている。(C)水の含有量は、1.0〜20質量%である。染毛料組成物には、(D)増粘剤として、二価カルボン酸を含むカルボン酸とポリグリセリンとのオリゴマーエステル、12−ヒドロキシステアリン酸、及びパルミチン酸デキストリンから選ばれる少なくとも一種が含有されている。染毛方法は、染毛料組成物を濡れた毛髪に適用する方法である。 (もっと読む)


341 - 360 / 4,875