説明

Fターム[4C083AC39]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | エステル (27,006) | 多価アルコールの1価カルボン酸エステル (2,269)

Fターム[4C083AC39]に分類される特許

2,141 - 2,160 / 2,269


【課題】皮膚や毛髪に対する親和性、付着性、湿潤性に富み、抱水力に優れ、低価格で製造可能で、耐温度変化性に優れた、ペースト状油性基剤を提供すること、並びにそのペースト状油性基剤を含有した化粧料及び外用剤を提供すること。
【解決手段】グリセリン縮合物とヒドロキシ脂肪酸と直鎖飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、分岐脂肪酸から選ばれる一種または二種以上の脂肪酸と直鎖飽和二塩基酸、不飽和二塩基酸、分岐二塩基酸から選ばれる一種または二種以上の二塩基酸をエステル化して得られる油性基剤I。また、この油性基剤Iとデキストリン脂肪酸エステルを加えた油性基剤II。また、この油性基剤I及び/又は油性基剤IIを含有する化粧料及び外用剤。 (もっと読む)


【課題】水溶液状の物性を有し、クリーム状の使用感触を備え、しかも肌へのなじみが早くべたつかない水中油型乳化組成物を提供する。
【解決手段】 (A)水相と、
(B)IOBが0.50以上の高極性油分を含み、該水相中に分散した油相と、
(C)両親媒性物質と、
(D)親水性界面活性剤とを含み、
平均乳化粒子径が0.01〜0.15μmであることを特徴とする水中油型乳化組成物。
前記水中油型乳化組成物において、高極性油分が、下記一般式(I)で表されるジネオペンタン酸アルキレンポリグリコールであることが好適である。
(化1)


(式中、mは2〜4の整数、nは2〜3の整数を表わす。)
両親媒性物質は、炭素鎖長が16以上である高級アルコールであり、親水性界面活性剤は、N−長鎖アシル酸性アミノ酸塩であることが好適である。 (もっと読む)


本発明は、キウイフルーツの抽出物、これを含む組成物および食品を提供する。本発明は、人または哺乳類の脱毛および脂漏性皮膚疾患を予防および治療するためのキウイフルーツの粗抽出物、非極性溶媒の可溶抽出物または精製抽出物の用途、および前記抽出物を含むヘルスケア食品、食品添加剤、飼料添加剤および化粧品組成物に関する。本発明のキウイフルーツの抽出物は血中DHTレベルを下げ、マウスモデル実験で毛根形成を促進し、角質皮膚および脂漏性皮膚を有する志願者の脂漏性皮膚疾患を改善させることができる。 (もっと読む)


【課題】化粧料配合原料として有用な新規共重合体及びこれを配合する化粧料を提供すること。
【解決手段】ヒドロキシエチルアクリルアミドと、下記構造式(I)で示される不飽和単量体とを共重合して得られることを特徴とする共重合体及びこれを含有する化粧料である。


(I)
式中、R1は水素原子またはメチル基、R2、R3はそれぞれ独立に水素原子または炭素数1から12の直鎖若しくは分枝アルキル基又はフェニル基を示す。 (もっと読む)


【解決手段】 (A)シラカバ抽出物及び(B)抗菌剤を含有することを特徴とするフケ・痒み防止組成物。
【効果】 本発明によれば、シラカバ抽出物と抗菌剤の併用により、乾燥や刺激物質によりダメージを受け荒れた頭皮に対して、高いフケ・痒みの防止及び改善効果を有し、低刺激性のフケ・痒み防止組成物を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】血行促進効果に優れ、皮膚に優しく、違和感を与えない血行促進剤を提供すること。
【解決手段】少なくとも1種類の式(A):




(式中、−Rは、水素原子、ヒドロキシ基、C〜Cアルキル基、またはC〜Cアルコキシ基であり、−RおよびRは、互いに独立に、水素原子またはC〜Cアルキル基である)
で表される化合物を血行促進剤とする。 (もっと読む)


【課題】化粧料の安定性に優れ、十分な美白効果を発現し、かつ刺激性の小さい美白化粧料の提供。
【解決手段】分子内に長鎖疎水基と親水基とを2個以上づつ有する多鎖多親水基型化合物を含有する事を特徴とする美白化粧料。 (もっと読む)


【課題】 酸化剤による毛髪への悪影響を抑制するとともに向上した化粧品特性を有し、なおかつ選択性が低く、化学試薬又は天然の作用因子に対して良好な耐性を持つ強力な色調を得ることを可能にする酸化染色用組成物を提供する。
【解決手段】 染色に適した媒体に、少なくとも一種の酸化染料を含有してなるヒトの毛髪等のケラチン繊維の酸化染色用組成物において、少なくとも一種のジアルキルジアリルアンモニウムの環状ホモポリマーと少なくとも一種の他の特定の第4級ポリアンモニウムとの組み合わせをさらに含有せしめることを特徴とする組成物。 (もっと読む)


パーソナルケア組成物であって、(a)分子量が1,000〜200,000、電荷密度が0.7meq/g〜7meq/gの水溶性陽イオン変性デンプンポリマーを0.01重量%〜10重量%、(b)1つ以上の陰イオン性界面活性剤を含んでいるとともに、(i)エトキシル化レベルが1〜6、及び(ii)陰イオン化レベルが1〜6である陰イオン性界面活性剤系を5重量%〜50重量%、並びに(c)化粧品に許容可能な媒質を含むパーソナルケア組成物。前記パーソナルケア組成物は、更に1つ以上の油性コンディショニング剤を約0.01重量%〜約10重量%含んでいる。毛髪又は皮膚を処理する方法は、前記パーソナルケア組成物を毛髪又は皮膚に適用する工程、及び毛髪又は皮膚をすすぐ工程から構成されている。 (もっと読む)


【課題】活性酸素種の発生を抑制し、安全性も高くまた比較的安価に製造することが可能である新規抗活性酸素剤を提供する。
【解決手段】下記一般式(III)で表わされるアミノ酸誘導体。


(式中、Arは2−ヒドロキシ−1−ナフチル基を表わし、Rはロイシン、イソロイシン等のアミノ酸の側鎖を表わし、Xは−CH=N−を表わし、Yは水素原子、−COOR、−SOH、−CON(R)R、−CONHCH(R)COORまたは−CHOHを表わし、そしてnは0または1の整数を表わす。) (もっと読む)


【課題】 本発明は、紫外線吸収剤の刺激性を緩和し、環境汚染の問題が少なくて、お肌にとって快適な化粧品を提供することを課題とする。
【解決手段】 紫外線吸収剤のいずれか1種または複数種、紫外線遮断剤のいずれか1種または複数種、および、植物エキスとして、アボカドエキス、ローズマリーエキス、ラベンダーエキスの1種または複数種を必須成分とすることを特徴とする、日焼け止め化粧料。紫外線吸収剤のいずれか1種または複数種、紫外線遮断剤のいずれか1種または複数種、および、植物エキスとして、アボカドエキス、ローズマリーエキス、ラベンダーエキスの1種または複数種に、モズクエキスを必須成分として更に加えることを特徴とする、日焼け止め化粧料。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、所望の化粧品特性を提供することを同時に可能にしながら、処方物内での分離の問題を回避する新規で特殊な高級分枝状コポリマーを提供することによって従来技術の欠点を克服することである。さらに、これらのポリマーは、親油性媒体の化粧組成物中で処方するのが容易である。
【解決手段】 本発明は、それぞれが少なくとも1個の分枝点を含む少なくとも2種のポリマー分枝を含む高級分枝状コポリマーに関するものであり、該コポリマーの1つの分枝が、アクリル酸イソボルニル、メタクリル酸イソボルニル、アクリル酸イソブチル、メタクリル酸イソブチル、およびアクリル酸2-エチルヘキシルからなる群から選択される少なくとも1種の第一の選択のモノマーを含み、該コポリマーの第二の分枝が、前記第一のモノマーと同一または異なり前記群から選択される第二の選択のモノマーを含む高級分枝状コポリマーに関する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、透明ゲルの形態を有しかつ、良好な美容的特性を有するクレンジング組成物に関する。この組成物により得られた泡は繊細で、すすぎ落ちが良好である。
【解決手段】 本特許出願は、水性媒体中に、アルキルグリコールカルボン酸およびその塩から選択される少なくとも1種のアニオン性界面活性剤、ならびに300,000g/mol以上の分子量を有する少なくとも1種のオキシエチレン化化合物を含む、局所適用のためのクレンジング組成物に関する。
アニオン性界面活性剤は、特にラウリルグリコールカルボン酸ナトリウム(Beaulight SHAA)またはその酸型とすることができる。 (もっと読む)


本発明は、皮膚上への活性成分および感覚マーカーの付着を促進させる目的で棒状せっけん中に組み込まれうる、改善された制御デリバリーシステムに関する。このキャリアーシステムはまた、皮膚からのこれらの活性成分の長期間にわたる制御された放出または持続的な放出を提供する。本発明の制御放出システムは、湿気に感受性のマイクロスフェア中に封入された、固体状で疎水性であり、正に荷電した、封入活性成分のナノスフェアからなる実質的に流動性の粉末を含む。ナノスフェアの高いカチオン性電荷密度により、皮膚上への活性成分の付着が改善される。ナノスフェア表面の高いカチオン性電荷密度は、ナノスフェアの固体状の疎水性マトリックス中にカチオン性仕上げ剤を導入することにより、湿気に感受性のマイクロスフェアマトリックス中にカチオン性電荷「増強剤」を導入することにより、または、ナノスフェア中のカチオン性仕上げ剤をマイクロスフェアマトリックス中のカチオン性電荷「増強剤」と組み合わせて用いることにより、作製されうる。本発明はまた、本発明の制御放出システムを含むせっけん製品をも含む。
(もっと読む)


【課題】 本発明は、紫外線吸収剤の刺激性を緩和し、環境汚染の問題が少なくて、お肌にとって快適な化粧品を提供することを課題とする。
【解決手段】 紫外線吸収剤のいずれか1種または複数種、紫外線遮断剤のいずれか1種または複数種、および、玄米の麹菌発酵抽出物あるいは白米の麹菌発酵抽出物を必須成分とすることを特徴とする、日焼け止め化粧料。紫外線吸収剤のいずれか1種または複数種、紫外線遮断剤のいずれか1種または複数種、および、玄米の麹菌発酵抽出物あるいは白米の麹菌発酵抽出物に、ウコンの麹菌発酵抽出物を必須成分として更に加えることを特徴とする、日焼け止め化粧料。 (もっと読む)


少なくとも部分的にシリコーンオイルに溶解するフレグランスを含む流動性パーソナルケア製品であって、たとえばシャンプーまたは液体石鹸など。好ましくは、フレグランスのシリコーンオイル可溶成分をシリコーンオイルにあらかじめ溶解し、不溶成分と分離して添加する。そのような製品中のフレグランスは、同じフレグランスを使用する慣用の製品に比べて皮膚および髪上により長く残存する。 (もっと読む)


【課題】布地に転移したりせず快適に施与することができ、時間が経っても美的効果を保持することができる化粧料組成物の提供。
【解決手段】生理学的に許容される媒体中に、ポリグリセリル−3ポリメチルシロキシエチルジメチコンなどのシリコーンポリマー及び少なくとも1種のシリコーン界面活性剤を含む化粧料組成物。該組成物は特にスティック又はクレヨン又はディッシュの形態に注型され得る。 (もっと読む)


(A)ビタミンA及び/又はその脂肪酸エステル、(B)無水ケイ酸、(C)油溶性抗酸化剤及び(D)室温でペースト状及び/又は液状の油性成分を含有する油性固形化粧料を開示する。また、成分(B)が煙霧状無水ケイ酸である前記油性固形化粧料、及び成分(D)がポリブテン及び/又は重質流動イソパラフィンである前記油性固形化粧料を開示する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、広範な微生物に対して優れた抗菌活性を有し、人体に安全な抗菌剤を提供することを目的とする。
【解決手段】 下記一般式(1)で表わされるカチオン化オリゴ糖からなる抗菌剤。
【化1】


(式中、Rは、H又は下記化学式(2)で表される基であり、Rは、炭素数が12〜22の炭化水素基であり、nは1〜250の整数である。)
【化2】
(もっと読む)


【課題】 乳化安定性、外観及び使用感に優れた水中油型乳化組成物の提供。
【解決手段】 (A)25℃で液体のエステル油、
(B)一般式(1)で表わされるスフィンゴシン類
【化1】


(R1は置換基を有していてもよい炭化水素基;Yはメチレン、メチン又はO;X1、X2、X3はH、OH、アセトキシ基;X4はH、アセチル基等;R2、R3はH、OH等;RはH、アミジノ基等;aは2又は3)、
(C)無機酸及び炭素数5以下の有機酸から選ばれる酸性化合物、並びに
(D)コレステロール又はフィトステロール、
を含有し、全油相総量に対して成分(A)を含む液体の油性成分の占める割合が5〜90質量%である水中油型乳化組成物。 (もっと読む)


2,141 - 2,160 / 2,269