説明

Fターム[4C083AC39]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | エステル (27,006) | 多価アルコールの1価カルボン酸エステル (2,269)

Fターム[4C083AC39]に分類される特許

2,181 - 2,200 / 2,269


【課題】天然物で人体に安全であることが分かっており且つ有効性の高い、メカブ粉末をさらに有効にヘアシャンプー、ヘアトリートメント、育毛料及び化粧クリームの原料として利用する。
【解決手段】皮膚に有効なミネラル分やフコイダンを多く含むと同時に高い安全性を有し、さらに皮膚を滑らかにし毛髪を保護する作用を有し、育毛作用を奏するように製造したメカブ粉末を配合するヘアシャンプー、ヘアトリートメント、育毛料及び化粧クリームの発明である。 (もっと読む)


【課題】実用的で、安全かつ有効な表皮剥離毒素阻害剤を提供する。
【解決手段】本発明の表皮剥離毒素阻害剤は、ムラサキ(Lithospermum erythrorhizon Sieb. et Zucc.)などのむらさき科植物、ツキミソウ(Oenothera tetraptera Cav.)などのあかばな科植物、ノブドウ(Ampelopsis brevipedunculata Tiautv.)などのぶどう科植物、ビンロウジュ(Areca catechu L.)などのやし科植物のいずれか1種もしくは2種以上を、水やメタノール、エタノール、エチルエーテルなどの溶媒で抽出した植物抽出物からなる。この皮膚剥離毒素阻害剤は、アトピー性皮膚炎などの治療予防剤として、また健康な皮膚を維持する化粧品等の皮膚外用剤として用いられる。 (もっと読む)


【課題】皮膚真皮繊維芽細胞より産生分泌されるエラスターゼの活性を抑制してエラスチンの変性を防止し、皮膚老化防止作用を呈する化粧料を得る。
【解決手段】アブラナ科植物に含まれる有効成分として含有し、エラスタ―ゼの活性を抑制してエラスチンの変性を防止し、皮膚老化を抑制する。アブラナ科植物に含まれる成分としては、アブラナ科植物の粉砕、すりおろし等の物理的手段、溶媒による抽出手段、乾燥手段、またはこれらの組み合わせによって得られる、アブラナ科植物に含まれる成分の代表例としては、6−メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートが挙げられる。 (もっと読む)


【課題】メロシアニン誘導体の提供。
【解決手段】紫外線の悪影響に対して、ヒトの毛髪及び肌を保護するための、式


[式中、
Qは、水素原子;炭素原子数1ないし22のアルキル基;−OH;−OR7;−NR78;又は−N=R9を表わし;
1は、水素原子;炭素原子数1ないし22のアルキル基;−OR7、−SR7;−NR78;炭素原子数1ないし22のアルキル基;炭素原子数2ないし12のアルケニル基;炭素原子数2ないし12のアルキニル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルケニル基;炭素原子数7ないし12のアラルキル基;炭素原子数1ないし12のヘテロアルキル基;炭素原子数2ないし11のヘテロアラルキル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;又は炭素原子数1ないし9のヘテロアリール基を表わし;
4は、シアノ基;COR7;COOR7;CONR78;SO2(炭素原子数6ないし12の)アリール基;炭素原子数2ないし12のアルケ−1−エニル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルケ−1−エニル基;炭素原子数2ないし12のアルキ−1−イニル基;炭素原子数2ないし12のヘテロアルキル基;炭素原子数3ないし5のヘテロシクロアルキル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;又は炭素原子数1ないし9のヘテロアリール基を表わし;
5は、−COR7;−COOR7;−OR7;−SR7、−NHR7、−NR78;炭素原子数1ないし22のアルキル基;炭素原子数2ないし12のアルケニル基;炭素原子数2ないし12のアルキニル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルケニル基;炭素原子数7ないし12のアラルキル基;炭素原子数1ないし12のアルキルフェニル基;炭素原子数1ないし12のアルコキシ−炭素原子数6ないし10のアリール基;炭素原子数1ないし12のヘテロアルキル基;炭素原子数2ないし11のヘテロアラルキル基;炭素原子数3ないし12のシクロへテロアルキル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;炭素原子数1ないし12のアルコキシ−炭素原子数6ないし10のアリール基;又は炭素原子数1ないし9のヘテロアリール基を表わし;
6は、水素原子;炭素原子数1ないし22のアルキル基;炭素原子数1ないし22のアルコキシ基;又はCOR7を表わし;
7及びR8は、互いに独立して、水素原子;炭素原子数1ないし22のアルキル基;炭素原子数2ないし12のアルケニル基;炭素原子数2ないし12のアルキニル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルケニル基;−(CH2tCOOH;炭素原子数7ないし12のアラルキル基;炭素原子数1ないし12のヘテロアルキル基;炭素原子数2ないし11のヘテロアラルキル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;炭素原子数1ないし9のヘテロアリール基;Si−R101112;Si(OR10)(OR11)(OR12);SiR10(OR11)(OR12);SiR1011(OR12);−(CH2u−O−(CH2v−SiR101112;又は基X−Silを表わし;
t、u及びvは、互いに独立して、1ないし5の数を表わし;
9は、(炭素原子数1ないし6の)アルキリデン基を表わし;
10、R11及びR12は、互いに独立して、炭素原子数1ないし22のアルキル基を表わし;
Xは、結合を表わし;
Silは、シラン−、オリゴシロキサン−又はポリシロキサン基を表わし;
1及びR2、R1及びQ、R1及びR6、R1及びT、R2及びR3、R2及びR4、R2及びR6、R2及びQ、R4及びR6、R4及びT、R6及びQ、T及びQは、互いに独立して、一緒に結合して、1、2、3又は4つの、炭素環又はN、O及び/又はS−複素環を形成し、ここで、それらの各々は、互いに独立して、1つの芳香族環又は複素芳香族環、及び/又はそれ以上のN−、O−及び/又はS−複素環と縮合し得り、そしてN−複素環の各N原子は、炭素原子数1ないし22のアルキル基で置換され得り;
nは、1ないし4の数を表わし;ここで、基R1、R6又はQの少なくとも1つは、水素原子とは異なり;
n=1の場合、
Tは、−COR5;−CN;炭素原子数6ないし10のアリール基;−NHR5;又は−SO2−(炭素原子数6ないし12の)アリール基を表わし;
2及びR3は、互いに独立して、炭素原子数1ないし22のアルキル基;ヒドロキシ−炭素原子数1ないし22のアルキル基;炭素原子数2ないし12のアルケニル基;炭素原子数2ないし12のアルキニル基;炭素原子数3ないし12のシクロアルキル基、炭素原子数3ないし12のシクロアルケニル基;炭素原子数7ないし12のアラルキル基;炭素原子数1ないし12のヘテロアルキル基;炭素原子数3ないし12のシクロヘテロアルキル基;炭素原子数6ないし10のアリール基;炭素原子数1ないし9のヘテロアリール基;又は式


で表わされる基を表わし;
pは、5ないし100の数を表わし;
qは、1ないし5の数を表わし;
sは、0ないし4の数を表わし;
n=2の場合、
2及びR3は、互いに、炭素原子数1ないし5のアルキレン基を表わし;かつ同時に、Tは、n=1の場合と同様に定義されるか;又は、
Tは、式−NR7−V−NR7−(式中、Vは、フェニレン基;又は炭素原子数1ないし5のアルキレン基を表わし;R7は、水素原子;又は炭素原子数1ないし5のアルキル基を表わす。)で表わされる2価の基を表わし;かつ同時に、R2及びR3は、n=1の場合と同様に定義され;
n=3の場合、
2、R3又はTの1つは、3価の基を表わし;
n=4の場合、
2、R3又はTの1つは、4価の基を表わす。]で表わされるメロシアニン誘導体の使用を開示する。 (もっと読む)


【課題】 良好な化粧特性を備えた種々の質感を得ることを可能にし、容易に水中に溶解または分散し、バッチ間のゲル化特性に再現性があり、広範囲のpHに適応し、かつ、粘度が室温またはより高温で経時的に安定であり、適用時に柔軟かつ滑りがよく、貯蔵時に安定な、均質、非流動性、かつ流れにくい製品を提供する。
【解決手段】 ジブロック構造A-B(ここでAはイオン性の水溶性ポリマーブロックであり、Bは疎水性ポリマーブロックであり、かつ、ポリマーブロックAの量がジブロックポリマーの全重量の60%以上である)の少なくとも一つの水溶性または水分散性ポリマーを用いる。 (もっと読む)


本発明はケラチン繊維の化粧メイックアップ組成物に関する。本発明の組成物は、非水性溶媒媒体、組成物の全重量に対して少なくとも3wt%の少なくとも1種のワックス、組成物の全重量に対して多くても20wt%の水および/または水溶性溶媒を含むことを特徴とする。前記組成物は、組成物の全重量に対して少なくとも45wt%の乾燥固形物を含み、平衡剛性率Gpが35,000Pa以下であるということによりさらに特徴づけられる。 (もっと読む)


【課題】 肌にさらさら感を確保したまま、かさつきがなくなめらかな感触を付与することができ、更に肌のさらさら感やなめらかさの持続性に優れたシート状化粧料の提供。
【解決手段】 (a)圧縮強度が0.7〜10kgf/mm2である架橋(メタ)アクリル酸エステル系樹脂粉体及び(b)油剤を含有する水性分散液を、シート状基材に含浸させてなるシート状化粧料。 (もっと読む)


【課題】 大きなシワや毛穴迄きれいに隠し、見た目や感触の違和感のない凹凸部隠し用化粧料及び凹凸部隠し化粧方法の提供。
【解決手段】 以下の成分(A)及び成分(B)を含有する凹凸部隠し用化粧料、成分(A)及び成分(B)を含有する1剤、及び炭化水素系油剤及びエステル系油剤から選ばれる少なくとも1種を含有する2剤からなる凹凸部隠し用化粧料、並びに該1剤を皮膚の凹部に塗布し、次にその上から該2剤を塗布する、凹凸部隠し化粧方法。
成分(A):1個の重合性不飽和基を有する親油性モノマーと2個以上の重合性不飽和基を有する架橋性モノマーを少なくとも構成モノマー単位とし、架橋性モノマーの割合が親油性モノマーに対し0.001〜5重量%である膨潤型吸油性ポリマー粒子
成分(B):シリコーン油 (もっと読む)


【課題】
整髪料の洗浄効果が高く、毛髪に滑らかさを与える整髪料洗浄剤及びその使用方法を提供する。
【解決手段】
(a)IOBが0.6〜1.5の水溶性油分と、
(b)カチオン性高分子と、
(c)金属イオン封鎖剤とを含む整髪料洗浄剤。
前記水溶性油分は、ランダム型アルキレンオキシド誘導体及びコハク酸ジエトキシエチルから選択される1種または2種以上であり、カチオン性高分子は、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、カチオン化ヒドロキシエチルセルロース−2、ポリクオタニウム−39、ポリクオタニウム−7から選択される1種または2種以上であり、金属イオン封鎖剤が、ヒドロキシエタンジフォスホン酸類、エデト酸塩、N−アシルエチレンジアミントリ酢酸塩から選択される1種または2種以上であることが好適である。
さらにクエン酸及びトリエタノールアミンを含むことが好適である。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つのプロトン化されうる窒素原子を有する少なくとも1つの単量体およびそれと共重合しうる少なくとも1つの他の単量体を共重合形態で含有する、カチオン生成基を有する少なくとも1つの水溶性または水分散性共重合体を含む水性製剤に関する。該製剤は、少なくとも1つの化粧料上許容される担体をも含み、pH 4〜pH 6の範囲のpHを有する。 (もっと読む)


本発明は、人間の毛髪処理のための、特に毛髪の光沢を改良するための蛍光ペリレン化合物の使用、及び、対応するヘアトリートメント組成物に関するものである。好ましいペリレン化合物は、N−アルキル置換された3,4:9,10−ビス(ジカルボキシイミド)ペリレンである。 (もっと読む)


本発明には、規定された組成範囲のビニルカプロラクタム(VCL)と、ビニルピロリドン(VP)と、ジメルチルアミノプロピルメタクリルアミド(DMAPMA)と、C−C24アルキル4級化ジメチルアミノプロピルアクリル(メタクリル)アミド若しくはメタクリル酸4級化モノマー(QDMAPMA)とを有するコンディショニング/スタイリングテトラポリマーに関するものでる。これらのテトラポリマーを含むヘア及びスキンケア組成物は、有利な低い粘着性及び高い耐湿性を有する。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも2つの異なるタイプの顔料と、担体とを含む独特の化粧品組成物を提供するもので、該異なるタイプの顔料は、担体内で、個々のカプセルに入って互いからは物理的に離間されている。本発明の組成物は、肌に鮮やかな色を与えるが、伝統的な顔料粉末含有組成物で典型的に見られる灰色の感じはしない。 (もっと読む)


本発明は、新規なケラチン結合性タンパク質有効成分、その調製および使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、5nmから数100マイクロメートルの範囲の直径を有する油滴が親油性添加剤によって形成される、0.5から200nmの範囲の直径を有する親水性ドメインを含むナノサイズ構造化を示す、水中油型エマルションに関する。 (もっと読む)


【解決手段】 三環式3,4−プロピノペルヒドロプリンの少なくとも1つの有効量を含む、神経伝達を阻害する薬学的組成物が開示されている。本発明の組成物の有効量を含む顔用クリームを含有する顔の若返りのための調製物が提供される。本発明の薬学的組成物の有効量の局所適用を含む神経伝達を阻害する方法が提供される。本発明の別の形態においては、有効量の該薬学的組成物及び経皮治療システムが、三環式3,4−プロピノペルヒドロプリン少なくとも1つの経皮投与のために提供される。該薬学的組成物は三環式3,4−プロピノペルヒドロプリン1種以上を含有し、経皮薬剤送達を目的として製剤できる。経皮薬剤送達システムは、積層化された複合材料でもよく、該複合材料は、支持層、薬剤リザーバ、及び該複合材料を皮膚に貼付する手段を有する。 (もっと読む)


化粧品配合物におけるUVフィルターとしての、特に、メトキシシンナメート誘導体及び/またはジベンゾイルメタン誘導体からなる群から選択されるUVフィルターと組み合わせた下式の化合物の使用が記載されている。
【化1】


(式中、
R1-R3は、相互に独立して、水素、C1-C8-アルキルまたはC1-C8-アルコキシであり、
R4は、COR、CO2R、CONR2であって、式中のRはC1-C8-アルキルまたはC3-C8-シクロアルキルであり、
R5は、HまたはC1-C8-アルキルであり、
R6は、アリール、3個までのC1-C8-アルキルまたはC1-C8-アルコキシで置換されたアリール、またはC3-C8-シクロアルキルであり、
R4がCORの場合には、R5はHである。)
(もっと読む)


(A)i)少なくとも1つの粘着性皮膜形成ポリマー粒子の水性分散物;およびii)構造化水性ポリマー粘着性相を、粘弾性的に増粘するが固結しないために有効な量の少なくとも1つの構造剤を含む少なくとも1つの構造化水性ポリマー粘着性相と、(B)少なくとも1つの脂質構成要素を含む少なくとも1つの脂肪相とを含む化粧組成物であって、(A)は(B)と組み合わされるときに相溶性であって、長期装着化粧料組成物の粘度が(B)単独の粘度よりも高く、長期装着化粧料組成物のtanδ値が(B)単独のtanδ値未満であるように長期装着化粧料組成物を形成する。 (もっと読む)


本発明の課題は、脱毛、痩毛、枝毛、白髪化等に対し、育毛促進作用を奏する育毛剤について、公知の5−アミノレブリン酸類を有効成分とする育毛剤に比べ、より安定性、安全性の高い育毛剤を提供するものである。5−アミノレブリン酸又はその塩及び誘導体と、ジエチレントリアミン五酢酸鉄ナトリウムやジエチレントリアミン五酢酸鉄アンモニウム等のジエチレントリアミン五酢酸鉄ナトリウム又はジエチレントリアミン五酢酸鉄アンモニウム鉄化合物を含む組成物を有効成分とすることにより、優れた毛髪伸張促進並びに安定性及び安全性を有する育毛剤及び育毛方法が提供される。この育毛剤及び育毛方法により、上記の課題が解決される。 (もっと読む)


スクロース酢酸イソ酪酸エステルと、ある種のジオール及びグリセロールのカルボン酸エステルとの混合物を含むスキンケア組成物を開示する。本発明のスキンケア組成物は、化粧用、保護用及び皮膚治療用の組成物として有用であって、スクロース酢酸イソ酪酸エステルと、プロピレングリコール及びグリセロールから選ばれるポリオールの1種又はそれ以上のカルボン酸エステルとの混合物を含み、そのカルボン酸エステル残基は炭素原子2〜10を含むカルボン酸の残基である。このスキンケア組成物は、目蓋や唇を含む人体などの皮膚に適用したとき、平滑性と耐水性を発揮する。 (もっと読む)


2,181 - 2,200 / 2,269