説明

Fターム[4C083AC39]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | エステル (27,006) | 多価アルコールの1価カルボン酸エステル (2,269)

Fターム[4C083AC39]に分類される特許

21 - 40 / 2,269


【課題】紫外線散乱剤として疎水化処理酸化亜鉛及び/又は疎水化処理酸化チタンを含有し、有機紫外線吸収剤を含有しないノンケミカルな日焼け止め化粧料において、高い紫外線防御効果を維持しつつ、優れた乳化安定性と使用感を発揮する日焼け止め水中油型乳化化粧料を提供すること。
【解決手段】下記成分(A)〜(F)を配合し、有機紫外線吸収剤を配合しないことを特徴とする日焼け止め水中油型乳化化粧料である。
(A)オクチルトリエトキシシラン及び/又はジメチルポリシロキサンで疎水化処理した酸化亜鉛及び/又は疎水化処理した酸化チタン
(B)液状高級脂肪酸
(C)カルボキシル基を構造中に有するシリコーン又は糖エステル
(D)非イオン性界面活性剤
(E)カルボキシメチルセルロースナトリウム
(F)水 (もっと読む)


【課題】本発明は、噴射剤なしの泡分配装置を用いて無加圧容器から安定な泡として分配され得る、低級アルコール含有量の高い(>40% v/vのC1−4)液体組成物を提供する。
【解決手段】アルコールC1−4(>40% v/v)、発泡性組成物を調製するために少なくとも0.001重量%のシリコーン・ベースの界面活性剤、所望の性能(発泡性組成物)を得るために添加される0〜10% w/wの追加の少量成分、及び残余の精製水を含む液体組成物であって、アルコール性のゲル又は泡、エアゾール組成物又はバスルーム化粧品、美容化粧品、医薬品等に普通に添加される乳化剤−皮膚軟化剤及び保湿剤、第二の界面活性剤、泡安定剤、香料、抗菌剤、他のタイプの医薬成分、並びに同様の成分又は添加物又はその組み合わせを含むことができる液体組成物。 (もっと読む)


【課題】肌に対する刺激が少なく、皮膚改善効果に優れた化粧料を提供する。
【解決手段】マルトトリイトールを糖アルコール混合物全量に対して固形分換算で50%以上含有する糖アルコール混合物を含有する化粧料を提供する。 (もっと読む)


【課題】保存安定性が高く使用感の良好な油中水型乳化組成物を提供すること。
【解決手段】次の構成の組成物。
(A):両親媒性のビタミン誘導体、
(B):多価アルコールのポリ(12−ヒドロキシステアリン酸)エステル、
(C):油剤、
(D):水、
を含有する油中水型乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、従来のカチオン化ポリマーよりコンディショニング効果の高い天然高分子から誘導されるカチオンポリマーであるカチオン化βグルカンを提供することにある。
【解決手段】本発明のカチオン化βグルカンは、β−1,3−1,6−グルカンのようなβグルカンをカチオン化したものである。 (もっと読む)


【課題】仕上がり時のべたつき感が低く、良好なまとまりと保湿感とを付与することができ、さらにすすぎを行った後にもこれらの効果を良好に持続させ、仕上がり時のしっとり感も良好で、毛髪の根元から毛先にわたり感触の均一性に優れた低臭の毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】成分(A):一般式 R1O−(PO)n/(EO)m−R2 (1)
(式中、R1は炭素数6〜12の直鎖若しくは分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を示し、POはプロピレンオキシ基を示し、EOはエチレンオキシ基を示し、平均付加モル数nは3.0超6.0未満の数を示し、平均付加モル数mは0〜1.0の数を示し、R2は水素原子又はメチル基を示す。)で表される化合物、及び成分(B):成分(A)以外の界面活性剤を含有し、R1O−PO−H(式中、R1は炭素数6〜12の直鎖若しくは分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を示し、POはプロピレンオキシ基を示す。)で表される化合物の含有量が、毛髪化粧料中に0.1質量%以下である、毛髪化粧料(但し、パーマネントウェーブ剤及び染毛剤を除く)。 (もっと読む)


【課題】流れずに肌に留まり、伸ばしやすく、なめらかな泡で、洗いにくい部位まで、すみずみ洗え、しかもすすぎ直後は残留感がなく、乾き際にはべたつかない素肌感が得られる皮膚洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】(A)一般式(1)
【化1】


(式中、R1は炭素数4〜22のアルキル基を示し、nは0〜20の数を示し、Mは水素原子、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム又は有機アンモニウムを示す)
で表されるアルキルエーテルカルボン酸又はその塩であって、R1の平均炭素数が10.8〜12.8であり、n=0の成分を9.6質量%を超え27質量%以下、n=1の成分とn=2の成分を合計で21質量%以上40質量%未満含むアルキルエーテルカルボン酸又はその塩 0.5〜15質量%、
(B)両性界面活性剤 0.25〜10質量%、
(C)水
を含有する皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】特別な精製工程を必要としない新規グリセロール基含有オルガノポリシロキサン及びその製造方法を提供、さらに、経時で臭気を発生せず、べたつきのない、しっとりとした感触を与える化粧料を提供する。
【解決手段】主鎖を構成するオルガノポリシロキサンセグメントのケイ素原子の少なくとも一つに、下記一般式(1)で表されるグリセロール基含有置換基が結合してなるものであるグリセロール基含有オルガノポリシロキサン。




(上記一般式(2)中、Rは炭素数2〜12の2価の炭化水素基であり、m’は1〜5の整数である。) (もっと読む)


【課題】広範な水中油型エマルション基剤に適用することができる、シリコーンエラストマー分散性(安定性)を向上させる処方の提供。
【解決手段】以下の成分(a)〜(d):(a)疎水基を持つ水溶性増粘剤、(b)14以上のHLBを持つ非イオン性界面活性剤、(c)3〜5のHLBを持つポリエーテル変性シリコーン、及び(d)非乳化性の架橋型シリコーンを含有することを特徴とする水中油型乳化皮膚外用剤。(d)非乳化性架橋型シリコーンは、常温で液状の油分で膨潤した膨潤物の形態で配合するのが好ましく、組成物全体の粘度を30000mPa・s以下とするのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】肌に安全で使用感の良い、抗酸化効果を有する外用抗酸化剤の提供。
【解決手段】オウレン、オウバク、オウゴンおよびサンシシの混合物をエタノール水溶液で抽出して得られる抗酸化性植物抽出物を含有する外用抗酸化剤。該抗酸化剤は、オウレン0.2〜3.8部(質量部、以下同じ)、オウバク0.2〜3.8部、オウゴン0.3〜7.5部およびサンシシ0.2〜5部の混合物をエタノール水溶液で抽出して得られるものであることが好ましい。該抗酸化剤は、化粧料、浴用剤及び洗剤から選ばれる外用剤に配合されることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】新規カチオン性オリゴマー状アゾ染料、およびこれを用いたケラチン含有繊維の染色方法の提供。
【解決手段】モノアゾ中間体式(1a)とエチレンジアミン、N,N’−ジメチルエチレンジアミン、1,3−プロパンジアミン、2,2−ジメチル−1,3−ジアミノプロパン、システアミン等のジアミノ化合物との反応によって得られるカチオン性オリゴマー状アゾ染料。


(式中、Yはアニオンを表わし、Zはベンズイミダゾリル基を表す) (もっと読む)


【課題】乳化安定性に優れ、べたつき感に寄与する塗布後の乾きの遅さを改善し、優れた制汗効果を持続させることができるとともに、洗浄時の肌からの洗い落ちにも優れた効果を発揮する乳化型制汗化粧料の提供。
【解決手段】(A)制汗成分、(B)HLBが2〜8のグリセリン脂肪酸エステル型非イオン性界面活性剤、(C)HLBが12〜18の非イオン性界面活性剤、(D)高級アルコール、並びに(E)シリコーン油(E1)および/又は脂肪酸エステル油(E2)を含有してなる乳化型制汗化粧料とする。所望により、(F)殺菌成分を含有させることができる。 (もっと読む)


【課題】ガロタンニンを含有する植物抽出物の美白作用を損なうことなく、着色を防止することである。
【解決手段】ガロタンニンを含有する植物抽出物にエチレンジアミンジコハク酸を組み合わせることによって、美白作用を有し、着色の問題のないガロタンニン含有組成物を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】経時安定性に優れ、べたつきが無くのび広がりの良好な油中水型乳化化粧料を提供すること。
【解決手段】
次の成分(A)〜(E);
(A)トリアルコキシアルキルシランで表面処理された微粒子金属酸化物
(B)ポリヒドロキシステアリン酸
(C)非シリコーン系油剤
(D)HLB2〜7のポリオキシアルキレン・アルキル共変性シリコーン及び/又はHLB2〜7のポリグリセリン・アルキル共変性シリコーン
(E)水性成分
を配合することを特徴とする油中水型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】経時安定性に優れ、べたつきが無くのび広がりの良好な水中油型乳化化粧料を提供すること。
【解決手段】
次の成分(A)〜(D);
(A)トリアルコキシアルキルシランで表面処理された微粒子金属酸化物
(B)ポリヒドロキシステアリン酸
(C)非シリコーン系油剤
(D)アルキルメチルタウリン塩及び/又はリン脂質から選ばれる界面活性剤
を配合することを特徴とする水中油型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】 生薬であるヤバツイの抽出物を含有することを特徴とするヒートショックプロテイン(HSP)発現・誘導作用に基づくメラニン産生抑制化粧料、すなわち美白用化粧料を提供すること。
【解決手段】 サワヒヨドリ(Eupatorium lindleyanum)の地上部乾燥生薬(ヤバツイ)の抽出物を含有することを特徴とするヒートショックプロテイン(HSP)発現誘導作用に基づくメラニン産生抑制化粧料であり、ヤバツイのアルコール抽出物を各種カラムクロマトグラフィー、更にはHPLCによる分画操作により分画させたHSP70を特異的に発現・誘導する画分を含有するメラニン産生抑制化粧料である。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は泡立ちの優れ、且つすすいだ後にキシミがなく、しっとりした後感にも関わらず、毛髪のハリやコシのある状態を保つシャンプーを得ること。
【解決手段】
陰イオン界面活性剤と、両性界面活性剤と、カチオン化高分子と、ポリグリセリル脂肪酸エステルと、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、テトラデカン二酸ポリグリセリル−10、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコールから選択される1種以上の水溶性エステル類を配合したシャンプーが本課題を解決することがわかった。
さらにカチオン化高分子が塩化ジメチルジアリルアンモニウム/アクリルアミド共重合体であるとより効果の高いシャンプーが得られた。 (もっと読む)


【課題】皮膚の水分蒸散を抑制し、皮膚柔軟性に優れ、さらに油膜の持続性、べたつきの無さ、経時安定性に優れる皮膚柔軟化用皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】
次の成分(A)〜(C);
(A)デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0mol%以上50mol%未満を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル
(B)融点35℃以上の固形油
(C)25℃において液状の高級アルコール
を含有することを特徴とする皮膚柔軟化用皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】安定性が高く、皮膚美白効果に優れた化粧料を提供する。
【解決手段】2−エチル−ヘキサン酸2−(2−エチル−ヘキサノイルオキシ)−シクロヘキシルエステルと、ハイドロキノン配糖体またはその誘導体、L−アスコルビン酸またはその誘導体、レゾルシノールまたはその誘導体、トラネキサム酸またはその誘導体、コウジ酸および胎盤抽出物からなる群より選択される一種または二種以上の美白成分とを含有する化粧料を提供する。 (もっと読む)


【課題】白色度と光輝度に優れるパール光沢組成物を提供すること、並びにかかるパール光沢組成物の製造方法を提供すること。
【解決手段】脂肪酸グリコールエステルを含む結晶を含有するパール光沢組成物であって、前記結晶の遠心沈降式粒度分布測定装置で測定される平均粒径が250〜700nmであり、平均アスペクト比(長径/厚み)が12以上である、パール光沢組成物、並びに脂肪酸グリコールエステルを含む溶融混合液を平均冷却速度が0.05〜20℃/minで冷却する工程を有する、かかるパール光沢組成物の製造方法。 (もっと読む)


21 - 40 / 2,269