説明

Fターム[4C083BB11]の内容

化粧料 (399,993) | 機能特定成分 (18,580) |  (1,939)

Fターム[4C083BB11]の下位に属するFターム

Fターム[4C083BB11]に分類される特許

121 - 140 / 800


【課題】トラネキサム酸を配合した皮膚外用剤においては、トラネキサム酸は非常に結晶性が強いため、容器の口元に付着した製剤が経時で蒸発乾固し硬い結晶が析出する。特にディスペンサー容器に充填され、容器口元で結晶が固化した場合は問題が多い。現在は容器形態を工夫することで本課題に対応しているが、本発明は中味基剤からの根本的な解決を目的とし、容器口元でトラネキサム酸の結晶析出の少ない皮膚外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】下記成分(A)〜(E)を配合した乳化組成物からなる皮膚外用剤において、成分(D)の酸により当該皮膚外用剤のpHを5.5以下に調製したことを特徴とする皮膚外用剤。
(A)トラネキサム酸
(B)油分
(C)PEG−60水添ヒマシ油
(D)有機酸及び/又は無機酸
(E)水 (もっと読む)


【課題】べたつきがなく、みずみずしさ及びなめらかな使用感を有し、且つ乳化安定性に優れた水中油型乳化化粧料を提供する。
【解決手段】(a)抱水性油分を含む油相成分1〜30質量%からなる油滴粒子と、(b)特定なポリオキシエチレン硬化ヒマシ油誘導体により形成され、前記油滴表面に付着するベシクル粒子と、(c)水相成分とを含み、且つ、前記油相成分における抱水性油分の割合が10〜50質量%であることを特徴とする水中油型乳化化粧料。 (もっと読む)


【課題】顔面の皮膚に優れたハリ感を付与し、保存安定性にも優れた保湿クリーム等の皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】下記成分(A)〜(E)を含有し、乳化組成物からなることを特徴とする皮膚外用剤。
(A)カルナウバロウ
(B)油分
(C)界面活性剤
(D)増粘剤
(E)水 (もっと読む)


【課題】経時安定性および使用性(肌へののび、肌へのなじみ、べたつきのなさ、はり感)に優れる水中油型皮膚外用組成物の提供。
【解決手段】(a)被乳化油性成分からなる油滴粒子と、(b)特定なポリオキシエチレン硬化ヒマシ油誘導体により形成され、前記油滴表面に付着するベシクル粒子と、(c)水相と、(d)アクリルアミド系増粘剤と、を含有することを特徴とする水中油型乳化皮膚外用組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、アルコール類を含む化粧水におけるどのような希釈方法に対しても、良好な経時安定性を持ち、微細かつ均一な乳化粒子を得ることが可能である、特定の組成からなる乳化物、及びこの乳化物を配合した外観上半透明である水性化粧料を提供することを目的とする。
【解決手段】酸化エチレンの平均付加モル数が5,20,40であるポリオキシエチレン硬化ヒマシ油を3種含み、これら3種をすべて混合したポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、油剤、グリセリン、水の4成分からなり、かつ、酸化エチレンの平均付加モル数5及び40の混合物と20を特定の重量比率で用いた乳化物において、これが良好な経時安定性を持ち、微細かつ均一な乳化粒子を有すること、また、この乳化物を化粧水で希釈した場合もその経時安定性や乳化粒子に変化がないことを見出し、本発明を完成するに至った。 (もっと読む)





【課題】本発明は、肌荒れ改善効果を有し、安全性、使用感触、特にべたつき感がなく、肌のなめらかさが良好で、且つ基剤安定性に優れたポリマーソーム組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】下記式(I)で示されるブロック型アルキレンオキシド誘導体を膜成分とするポリマーソーム。
(化1)
Y−[O(EO)a−(AO)b−(EO)c−R]k (I)
(式中、Yは3〜6個の水酸基を有する多価アルコールの水酸基を除いた残基、kは前記多価アルコールの水酸基数、EOはオキシエチレン基、AOは炭素数3〜6のオキシアルキレン基でそれぞれブロック状に付加されている。a×k、b×kおよびc×kはそれぞれオキシエチレン基、炭素数3〜6のオキシアルキレン基、オキシエチレン基の平均付加モル数であり、0≦a×k≦100、1≦b×k≦100、0≦c×k≦100、ただし(a+c)×k>1である。式(I)中の全オキシエチレン基と炭素数3〜6のオキシアルキレン基の合計に対する、式(I)中の全オキシエチレン基の割合は、10〜80質量%である。Rは炭素数1〜4の炭化水素基である。) (もっと読む)


【課題】無機塩を含有する固体状の浴用剤であって、入浴中や入浴後の肌感触が良好で、且つ、打錠障害やブロッキングなどが生じ難い固体状浴用剤を提供する。
【解決手段】次の成分(A)及び(B)、
(A)エチレンオキサイド鎖1本当たりの平均エチレンオキサイド付加モル数(EO付加モル数/EO鎖数)が30以上300以下のポリオキシエチレン系非イオン性界面活性剤0.1〜18質量%、
(B)無機塩類10〜99質量%
を含有する固体状浴用剤組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、紫外線防御能、使用感触に優れた日焼け止め組成物を得ることを目的とする。さらには、塗布時の皮膚へののびがよく塗膜均一性に優れ、皮膚へのなじみがよく、透明なバイコンティニュアスミクロエマルション相からなる日焼け止め組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】
(a)界面活性剤
(b)水
(c)油分
(d)水溶性紫外線吸収剤および/または油溶性紫外線吸収剤
を含有し、25℃においてバイコンティニュアスミクロエマルション相であることを特徴とする日焼け止め組成物。 (もっと読む)


【課題】目尻、口元、額、首部など、皺が発生している、あるいは発生するおそれのある部位の保湿を行って、皺の改善又は発生抑制を図るための美容方法を提供すること。
【解決手段】皮膚上に、油性成分を5〜50質量%含有する乳化化粧料を塗布した後、シート基材層と皮膚表面に粘着可能な粘着剤層を有し、かつ、シート基材層と粘着剤層を含むシート全体の水蒸気透過度が200〜2,000g/m・24hrsである皮膚貼付用シートを貼付することからなる美容方法である。シート基材層と粘着剤層を含むシート全体の引張強度が20〜200N/cm、シート基材層がポリウレタン、シート基材層の厚みが30〜250μm、粘着剤層が有機液状成分を含有するゲル系粘着剤であることなどが好ましい。 (もっと読む)



本発明は、毛髪に用いることが意図される、オイルおよび両性界面活性剤とアルキルポリグルコシドとからなる混合物を含む組成物における、毛髪に付着されるオイルの量を増加するための新規な薬剤の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】新規なシリコーンリン酸トリエステルを開発し、それを化粧料として応用すること。
【解決手段】新規なシリコーンリン酸トリエステルは、式(I)(式中、各Rは、それぞれ独立して、炭素数1〜4のアルキル基を表し、Rは−O−及び−CO−から選ばれる少なくとも1種を有していても良い炭素数2〜7の2価の炭化水素基を表し、nは5〜40のいずれかの整数を表す)で表される化合物であり、これを化粧料に使用すると、トリートメント効果や滑らかな使用感や化粧持続効果に優れる。化粧料には、シリコーンリン酸ジエステル及び/又はシリコーンリン酸モノエステルを含有していてもよい。
【化1】
(もっと読む)


【課題】化粧料が接触する面がポリエチレンからなる容器に充填された場合にも白濁感が失われない白濁化粧料を提供する。
【解決手段】油性成分と水と界面活性剤を含有し、660nmにおける吸光度が0.01〜3.2である白濁化粧料において、前記油性成分として、オクタカプリル酸ポリグリセリル−6又はテトライソステアリン酸ジグリセリル−2など、1分子のポリグリセリンが有する全ての水酸基残基がエステル化されたポリグリセリン脂肪酸エステルを0.05%以上、好ましくは1.0%以下を配合する。 (もっと読む)


【課題】新規唇用組成物を開示する。
【解決手段】唇用組成物はガルバーニ微粒子を含み、以下の効果をもたらす:唇の色を向上させる、細かい線及びしわを低減する、ふくよかさを高める、保湿、滑らかさ、質感を改善する、並びに境界及び唇の輪郭をはっきりさせる。 (もっと読む)


本発明は、概して膜の分野に関する。本発明は特に、膜に囲まれた物体を含む組成物に関する。この組成物は、例えば食用組成物である。本発明の一実施形態は、油性画分、親水性画分及び少なくとも1つの物体を含有する組成物であって、物体は、タンパク質及び少なくとも1種のホスファチジン酸界面活性剤の分子層を何層か含むシェルと、親水性成分及び/又は疎水性成分を含有する内相を含む内容物と、を含む、組成物に関する。組成物を使用して、例えば食品を保護し又は特定の性質を製品に送達することができる。 (もっと読む)


【課題】 紫外線吸収剤を高配合して紫外線防御能を向上させるととともに、乳化安定性に優れ、なおかつ使用性も良好な水中油型乳化日焼け止め化粧料を提供する。
【解決手段】 (A)1〜7.5質量%のオクチルメトキシシンナメート、(B)0.5〜4質量%のt−ブチルメトキシジベンゾイルメタン及び/又は2−ヒドロキシ−4−メトキシベンゾフェノン、(C)0.5〜3質量%の特定構造のポリオキシエチレン・ポリオキシアルキレンアルキルエーテルブロックポリマー、及び(D)総油分量に対して10質量%以上の非極性油を含有し、平均乳化粒子径が700nm以下であることを特徴とする水中油型日焼け止め化粧料。 (もっと読む)


【課題】
水性成分の含有量が60体積%を超えた場合でも乳化分散安定性が高く、かつ、使用感に優れた乳化分散組成物を提供することである。
【解決手段】
両親媒性粒子(a)、水性成分(b)及び油性成分(c)を含む乳化分散組成物であって、両親媒性粒子(a)が、シリカ及び/又はアルミナで構成される親水性微粒子と、疎水性微粒子とからなる二次凝集粒子からなり、二次凝集粒子の表面が、親水性表面と疎水性表面とに二分割されていることを特徴とする乳化分散組成物を用いる。両親媒性粒子(a)を水性成分(b)に分散して両親媒性粒子水性分散体(dw)を得る分散工程;及び油性成分(c)と両親媒性粒子水性分散体(dw)とを混合し、乳化分散する乳化分散工程を含むことを特徴とする乳化分散組成物の製造方法を用いる。 (もっと読む)


121 - 140 / 800