説明

Fターム[4C083CC11]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 皮膚用 (28,288) | メーキャップ化粧料 (5,599)

Fターム[4C083CC11]の下位に属するFターム

Fターム[4C083CC11]に分類される特許

161 - 180 / 1,118


本発明は、バニリン及びエチルバニリンを含有する化合物を主成分として含む組成物の製造方法に関する。2のバニリン/エチルバニリンモル比のバニリン及びエチルバニリンを含有する化合物を主成分として含む組成物の製造方法は、粉末の状態で、かつ、バニリン/エチルバニリンモル比が少なくとも2に等しくなる量で使用されるバニリン及びエチルバニリンの、50℃〜57℃の温度で実施される同時造粒工程と、その後、得られた組成物の温度を周囲温度に戻すことを可能にする工程とを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 皮膚外用剤や機能性経口組成物などの分野に幅広く応用が可能な抗酸化剤、抗炎症剤、抗老化剤を提供する。
【解決手段】 サクラソウ科ウミミドリ属植物の抽出物を含有する抗酸化剤、抗炎症剤、抗老化剤、皮膚外用剤、及び機能性経口組成物。 (もっと読む)


【課題】 皮膚外用剤の分野に幅広く応用が可能な保湿剤を提供する。
【解決手段】 ヤシ科クリサリドカルパス属植物の抽出物を含有する保湿剤及び皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】新規唇用組成物を開示する。
【解決手段】唇用組成物はガルバーニ微粒子を含み、以下の効果をもたらす:唇の色を向上させる、細かい線及びしわを低減する、ふくよかさを高める、保湿、滑らかさ、質感を改善する、並びに境界及び唇の輪郭をはっきりさせる。 (もっと読む)


【課題】本発明が解決しようとする課題は、バラつきの大きいウコン色素を特殊加工せずに、低粘度で安定したウコン色素を含有する水系着色組成物およびその分散体製剤を提供することであり、経済性と品質を両立することにある。
【解決手段】ウコン色素と分散剤と水とを含有する水系の着色組成物であって、分散剤が、HLB16.0〜13.0、5.9〜4.1、3.4〜2.5である少なくとも3種類の分散剤を含有する事を特徴とする水系着色組成物。
水系着色組成物全量を100重量部とした場合、HLB16.0〜13.0の分散剤が4〜12重量部、HLB5.9〜4.1の分散剤が2〜8重量部、HLB3.4〜2.5の分散剤が4〜12重量部である事を特徴とする上記水系着色組成物。 (もっと読む)


【課題】他の化粧料原料との相溶性がよく、したがって、化粧料の配合安定性を向上させ、また、化粧料に良好な耐水性、耐皮脂性、光沢、触感、毛髪・皮膚への付着性等を付与し得る化粧料原料、並びに、該化粧料原料を配合してなる優れた表面保護特性、外観及び使用感を備えた化粧料を提供すること。
【解決手段】特定のカルボシロキサンデンドリマー構造及び炭素原子数14〜22の長鎖アルキル基を所定の割合で有する共重合体を化粧料原料として使用する。 (もっと読む)


【課題】ゲル化せず再分散性に優れるとともに、伸びがよく、ぬめりもなく、かつ、乳化安定性に優れるエアゾール型の油中水型乳化メーキャップ用化粧料を提供する。
【解決手段】油中水型乳化組成物からなる原液と、噴射剤とを容器内に充填してなるエアゾール型メーキャップ用化粧料であって、前記原液中に乳化剤として分岐シリコーン鎖を有するポリエーテル変性シリコーン(ただし、該シリコーンは長鎖アルキル変性部分を有していてもよい)を含有するエアゾール型メーキャップ用化粧料。 (もっと読む)


【課題】安定的であり、皮膚または唇上に施用することが容易であり(良好な滑らかさ)、経時的に良好な残留特性、およびリップスティック組成物の場合は任意に良好な光沢特性を示す付着物を形成し、かつ快適である、このようなポリエステルを含む固体組成物(特に、ワンドとしてまたは別の固体形態で、コンディショニングと適合性である)を提供すること。
【解決手段】本発明は、外表面のみを本質的に軟化させ、かつその運動摩擦係数を低下させるために、固体化粧品組成物の小片を局在的に加熱するために、前記小片の前記外表面を、加熱装置に接触または接近させる工程と、次いで、このように加熱した組成物の外表面を、処理される領域に施用する工程とを含み、前記固体化粧品組成物は、生理学的に許容される媒体中に、(i)- 4〜10個の炭素原子を含有するテトラオールと、- 9〜23個の炭素原子を含有する直鎖状または分岐状の飽和モノカルボン酸と、- 6〜12個の炭素原子を含有する環状ジカルボン酸と、- 7〜11個の炭素原子を含有する芳香族モノカルボン酸とを反応させることによって得ることができる少なくとも1種のポリエステル、ならびに(ii)ワックスおよびペースト状脂肪物質、ならびにその混合物から選択される少なくとも1種の固体脂肪物質を含む、非線維性ヒトケラチン材料、特に皮膚、その粘膜または爪をメイクアップおよび/または手入れするための非治療的方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 シリル化ペプチド−シラン化合物共重合組成物を含有する油性化粧料において、シリル化ペプチド−シラン化合物共重合組成物に由来する特有の酸化物臭が抑えられた油性化粧料を提供する。
【解決手段】 シリル化ペプチド−シラン化合物共重合組成物を含有する油性化粧料に、3−[(2−エチルヘキシル)オキシ]−1,2−プロパンジオールを含有させることでペプチド−シラン化合物共重合組成物に由来する特有の酸化物臭が抑えられる。油性化粧料中のシリル化ペプチド−シラン化合物共重合組成物の含有量が0.01〜20質量%で3−[(2−エチルヘキシル)オキシ]−1,2−プロパンジオールを含有量が0.02〜20質量%が好ましい。 (もっと読む)


複合微粒子、複合微粒子を含有する局所組成物、皮膚の深み、立体感またはアンダートーンの外観を改善するための方法;皮膚上のカラー化粧品組成物の白っぽい(ashy)、粉っぽい(chalky)、または仮面のような外観を改善するための方法;ならびに複合微粒子を用いてカラー化粧品を調製することによる、カラー化粧品の色調範囲における色調の数を削減するための方法。 (もっと読む)


【課題】棒状化粧料容器の所定の操作部をスライド操作することによって、該操作部と連結した油性棒状化粧料を保持する保持部をスライドさせる機構及び、該化粧料の繰り出しの際に油性棒状化粧料を収納するスリーブによって棒状化粧料容器の蓋部を押し開ける機構を備えた油性棒状化粧料の使用性を損なうことなく安定性に優れた油性棒状化粧料を提供することである。
【解決手段】棒状化粧料容器の所定の操作部をスライド操作することによって、該操作部と連結した油性棒状化粧料を保持する保持部をスライドさせる機構及び、該油性棒状化粧料の繰り出しの際に油性棒状化粧料を収納するスリーブによって棒状化粧料容器の蓋部を押し開ける機構を有し、常温で固形状の炭化水素系ワックス、ロウエステル、常温で固形状又は半固形状のステロール骨格を有するエステル油及び多糖脂肪酸エステル誘導体を配合した油性棒状化粧料。 (もっと読む)


【課題】組成物全体が高屈折率を呈し、化粧料への配合安定性、取り扱い性にすぐれ、その粘度を容易に調整可能なフェニル基含有オルガノポリシロキサン組成物、該組成物からなる化粧料原料、それを含有してなる化粧料、特にメイクアップ化粧料の提供を目的とする。
【解決手段】組成物全体の屈折率が1.50以上であり、25℃における組成物全体の粘度が200〜500,000mPa・sの範囲にあるフェニル基含有オルガノポリシロキサン組成物であって、好適には、(A)数平均分子量が500〜2,000の範囲であるフェニルシルセスキオキサン樹脂および(B)屈折率1.45以上のフェニル基含有オルガノポリシロキサンを含有してなる組成物。 (もっと読む)


【課題】しわや毛穴等の皮膚の表面の凹凸を簡便な手段で目立たなくすることができるメイクアップ方法を提供すること。
【解決手段】本発明のメイクアップ方法は、多数の空孔11を含み、自己粘着性を有し、皮膚と一体感のある色に着色された皮膚被覆用弾性皮膜10でヒトの皮膚を覆う操作を含む。皮膚の表面の凹凸のある部位を弾性皮膜10で覆い、該部位が収縮したときに、弾性皮膜10を該部位の収縮に追従させて収縮させるとともに、収縮による弾性皮膜10の面方向の収縮に起因する膜厚の増加を、空孔11の体積の減少で吸収することを利用して抑制するようにした。 (もっと読む)


【課題】本発明は、そのプロトプラストが植物体に再生可能な、カッサバまたは近縁種のプロトプラストを生成する方法に関するものである。
【解決手段】本発明の方法は、カッサバまたは近縁種の外植体から脆性胚形成性カルスを生成し、この脆性胚形成性カルスからプロトプラストを単離することを含む。本発明はまた、当該方法により得られるプロトプラストに関するものである。さらに本発明は、カッサバまたは近縁種のこのようなプロトプラストを形質転換させる方法、およびそれにより得られる形質転換したプロトプラストに関するものである。加えて、本発明は、これらのプロトプラストから植物体を再生させる方法、およびそれにより得られるカッサバ植物体または近縁種に関するものである。 (もっと読む)


化粧品(例えばスキンクリーム)として用いるのに好適な組成物を開示する。化粧品として用いるのに好適な組成物を製造及び使用する方法も開示する。 (もっと読む)


【課題】使用時に塗布具への取れが良好で、肌に塗布した際には均一に伸び広がり、滑沢性と肌への密着性に優れるなどの使用感が良く、肌への保湿効果と皮膚保護効果に優れ、かつ、耐衝撃性に優れ、着臭や吸湿による化粧料自体の安定性が損なわれることがない固形粉末化粧料を提供する。
【解決手段】
水溶性ケラチンの粉体を含有する固形粉末化粧料であって、数平均分子量が20,000〜60,000であり、構成アミノ酸であるシスチン及びシステインがシステイン酸に変換されており、さらに陰イオン性官能基を有するアミノ酸の割合が20.0〜40.0モル%である羊毛由来の水溶性ケラチンの粉体を含有することを特徴とする固形粉末化粧料。 (もっと読む)


【課題】皮膚トラブル(肌あれ、赤いブツブツ、ニキビ等)を生じさせないためのメイクアップ化粧品を提供するものである。
【解決手段】植物エキスを40〜50重量%の割合で含有する液状化粧料をスポンジに含浸させたことを特徴とするメイクアップ化粧品である。本発明において使用するスポンジは、化粧用コンパクト内に収容し、外枠や中枠等によって取り付け、スポンジがコンパクトから剥離したり、落下しないようにしてもよい。 (もっと読む)


【課題】ゲル化せず再分散性に優れるとともに、伸びがよく、ぬめりもなく、塗布中における冷却感から清涼感への転相感に優れるエアゾール型の油中水型乳化メーキャップ用化粧料を提供する。
【解決手段】油中水型乳化組成物からなる原液と、噴射剤を容器内に充填してなるエアゾール型メーキャップ用化粧料であって、前記原液中に乳化剤として下記式(I)で表されるポリグリセリン変性シリコーンを含有することを特徴とするエアゾール型メーキャップ用化粧料。


〔式中、R1はC1-12の直鎖または分岐鎖のアルキル基、若しくはフェニル基;R2はC2-11のアルキレン基;pは10〜120の数;qは1〜11の数を示す。〕 (もっと読む)


本発明は、OH-官能化またはCOOH-官能化されたワックスと、次式(I)または(II)の少なくとも1つの単位を含んでおり、1種または複数のパートナー結合基と水素結合を確立することができる結合基との間の反応によって得ることができる化合物を、化粧品として許容される媒体中に含む化粧品組成物に関する。


本発明は、前記化合物を使用する化粧処置方法にも関する。
(もっと読む)


【課題】耐にじみ性、ボリューム付与性、カール性、カール保持性、水で容易に除去できること、防水性、耐油性、適用に応じた感触(例えばテクスチャ、減少した抵抗性または粘着性)、輝き/カラー特性、および/または、着用性などの化粧品特性を有する、睫毛、唇または皮膚をメイクアップするための組成物の提供。
【解決手段】少なくとも1つのポリウレタン水分散液と、少なくとも1つの油溶性極性修飾ポリマーと、少なくとも2つのアミン基を有する少なくとも1つのポリアミン化合物とを含有する組成物。 (もっと読む)


161 - 180 / 1,118