説明

Fターム[4C083CC12]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 皮膚用 (28,288) | メーキャップ化粧料 (5,599) | ファンデーション(白粉、パウダーを含む) (2,188)

Fターム[4C083CC12]に分類される特許

2,001 - 2,020 / 2,188


選択的に赤外線を遮蔽し、高いすべり性を有する酸化チタン粒子が開示される。この酸化チタン粒子は0.5〜2.0μmの一次粒子径と、95%未満の可視光線反射率を有し、0.05〜0.4重量%の酸化アルミニウムと、0.1〜0.8重量%の酸化亜鉛と、残余の酸化チタンよりなる。この酸化チタン粒子は、含水酸化チタンへ、少割合のアルミニウム化合物、亜鉛化合物およびカリウム化合物を混合し、混合物を焙焼することによって製造される。
(もっと読む)


【課題】 粉末化粧料を均一な強度で固形化して、割れ等が生じにくく、高い商品価値を維持することができる粉末固形化粧体を提供する。
【解決手段】 底板11aと該底板11aの周縁11bから立設された周壁11bとを備えた略皿状の容器11に粉末化粧料Aを充填する充填機1と、前記充填機1によって充填された粉末化粧料Aを容器11の周壁11b側に移送する型押し機2と、前記型押し機3によって移送された粉末化粧料Aを押圧して、容器11内の粉末化粧料Aを略同厚に固形化するプレス機3と、を備える充填装置である。 (もっと読む)


【課題】自然な皮膚外観を維持しつつ、良好な被覆特性を有する不連続フィルムの形成方法を提供する。
【解決手段】静電スプレーにより局所適用組成物を皮膚上へ沈着させて不連続フィルムを形成する方法であって、前記局所適用組成物が少なくとも1つの液状希釈剤キャリアに分散された1つ以上の微粒子状の粉末材料を含み、1〜30ml/時間の流量、3〜20kVの電圧、及び0.01〜12mgの組成物/皮膚cmの適用割合にて前記皮膚上に沈着させた際に、前記フィルムが、0.5〜150μmの平均粒子サイズ、少なくとも3μmの粒子間の平均間隔、及び0%を超え80%以下の被覆値を有する不連続フィルムの形成方法とする。 (もっと読む)


本発明は、ケラチン物質、特に皮膚、爪、毛、又は口唇にメイクアップを施与するための方法であって、以下の工程、すなわちゼロではない磁化率を示す物質及び外的刺激に敏感である光学的性質を有する少なくとも1の着色剤を含む少なくとも1の化粧料組成物を表面の上に堆積させる工程、及び組成物の少なくとも一部を磁場に暴露して、磁性体の少なくとも一部の配向を変更し、及び/又は該少なくとも一部を移動させる工程を含む方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、ケラチン物質、特に皮膚、口唇、爪、又は毛髪にメイクアップを施与するための、以下の工程、少なくとも1の化粧料組成物をメイクアップされるべき表面の上に堆積する工程(該組成物は、ゼロではない磁性感受性を示し、磁場の影響下で可動性である少なくとも1の物質、及び少なくとも1の干渉性顔料を含む);及び該組成物の少なくとも一部を磁場に暴露して、磁性体の少なくとも一部の配向を変更する及び/又は磁性体の少なくとも一部を移動させる工程を含む方法。 (もっと読む)


本発明は、表面、例えば皮膚、爪、毛髪、又は口唇にメイクアップを施与するためのキットにおいて、磁場の影響下で可動性である磁性粒子を含む第一化粧料組成物(C);第一組成物(C)を被覆する、又は第一組成物により被覆されるための第二化粧料組成物(C)を含むキットに関する。 (もっと読む)


【課題】 皮脂中の脂肪酸の種類を問わず固定化することができ、種々の原因による化粧崩れに対する防止効果に優れた化粧品を提供すること。
【解決手段】 本発明は、薄片状微細結晶からなる管状の炭酸マグネシウムを化粧料に含有させることにより、粉体構造に内包部分を持たせ、汗や皮脂、涙腺からの液体を十分に吸収させ、且つ皮脂中の脂肪酸や油脂等の成分種を問わず少量で速やかに皮脂を固定化し、この薄片状微細結晶からなる管状の塩基性炭酸マグネシウムをファンデーション等に用い、化粧崩れ防止効果を長時間にわたって持続させる。上記薄片状微細結晶からなる管状の炭酸マグネシウムとしては、その大きさが内径0.5〜5μm、外径0.5〜10μm、長径10〜50μmであるものが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 高い美肌効果を発揮し、シワ,たるみ,肌荒れといった肌の老化症状を防止する美肌組成物を提供する。
【解決手段】 ウツボ及び/又はその抽出物を美肌用組成物として用いる。かかる組成物を用いて外用剤,飲食品とし、化粧料,医薬部外品,医薬品,食品,健康食品,機能性食品に応用することができる。 (もっと読む)


【課題】 人体に悪影響を与えることが知られている活性酸素種やフリーラジカルを消去することができる天然物抽出清浄剤を提供すること。
【解決手段】 オイゲノール、イソオイゲノール、チモール、カルバクロール、シトロネラール、サフロール、イソサフロール、ピペロナール、シンナムアルデヒド及びカルボンからなる群から選択される一種以上の精油成分と、沸点が140〜180℃のモノテルペン類とを含有することを特徴とする天然物抽出清浄剤とする。 (もっと読む)


透明または半透明であり、かつ/または透明もしくは半透明付着物をもたらすことができる、ケア用および/またはメーキャップ用化粧組成物であって、モノカルボン酸と、モノアルコールおよびポリアルコールのエステルから選択した少なくとも1種のエステル油を含む液体脂肪相を含み、重量平均分子量が500〜500000の範囲の少なくとも1種の構造化ポリマー(ホモポリマーまたはコポリマー)によって構造化した組成物であり、このポリマーは、その部分の鎖中にあるか、またはグラフトの形をとる、1〜1000個のオルガノシロキサン単位からなる少なくとも1個のポリオルガノシロキサン基と、エステル、アミド、スルホンアミド、カルバマート、チオカルバマート、尿素、ウレタン、チオ尿素、オキサミド、グアニジノ、およびビグアニジノの各基、ならびにそれらの組合せから選択した、水素間相互作用を確立することができる少なくとも2個の基を有する、少なくとも1個の部分を含有し、このポリマーは、室温で固体であり、温度25〜250℃で液体脂肪相に可溶性であり、液体脂肪相と該構造化ポリマーが、生理学的に許容される媒体を形成する。 (もっと読む)


1)重量平均分子量が500〜500000の範囲であり、
部分鎖中にまたはグラフトの形でオルガノシロキサン1〜1000単位からなる少なくとも1個のポリオルガノシロキサン基、ならびに
水素間相互作用を確立することができ、エステル基、アミド基、スルホンアミド基、カルバマート基、チオカルバマート基、尿素基、チオ尿素基、オキサミド基、グアナミド基、ビグアニジノ基、およびそれらの組合せから選択した少なくとも2個の基であるが、ただし基の少なくとも1個はエステル基ではない基
を含む少なくとも1個の部分を含むポリマー(ホモポリマーまたはコポリマー)であって、
25℃で固体であり25〜250℃の温度では前記オイルに可溶性であるポリマーからなる少なくとも一つの構造化ポリマーで構造化された少なくとも一つのオイル、ならびに
2)少なくとも1種の液体脂肪相のためのゲル化剤
を含む少なくとも1種の液体脂肪相を含む組成物であって、
前記少なくとも一つのオイルを含む少なくとも一つの液体脂肪相が、前記構造化ポリマー及び/または前記ゲル化剤と親和性を有し、
前記液体脂肪相、構造化ポリマー、及びゲル化剤が、生理的に許容される媒体を形成する組成物。 (もっと読む)


500から500000の範囲の重量平均分子量を有する少なくとも1つの構造化ポリマーにより構造化されている液体連続脂肪相を含む、メーキャップ用化粧品組成物であって、前記ポリマーが少なくとも1つの部分を含み、前記部分が、・前記部分の鎖中にまたはグラフトの形態で、1から1000個のオルガノシロキサン単位からなる少なくとも1つのポリオルガノシロキサン基、および・エステル基、アミド基、スルホンアミド基、カルバマート基、チオカルバマート基、尿素基、ウレタン基、チオ尿素基、オキサミド基、グアニジノ基およびビグアニジノ基、ならびにそれらの組合せから選択される水素の相互作用を確立することが可能な少なくとも2つの基を含み、・該ポリマーが、室温で固体であり、該液体脂肪相に25から250℃の温度で可溶性であり、 前記液体脂肪相が、該構造化ポリマーの溶融のエンタルピーを低下させることが可能な少なくとも1つの化合物を含み、前記組成物が、少なくとも1つの顔料を含み、さらに、前記液体脂肪相、前記構造化ポリマーおよび前記構造化ポリマーの溶融のエンタルピーを低下させることが可能な該化合物が、生理的に許容できる媒体を成す、組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、糖尿病合併症の予防または治療のために、安全性が高く、安定供給についても問題がなく、且つコンプライアンスの点でも十分な、日常的に継続して使用できるアルドース還元酵素阻害剤を提供する。
【解決手段】
オーク類などブナ科コナラ属植物の溶媒抽出物に含まれる、エラグ酸およびその他の天然由来の物質を有効成分として含有するアルドース還元酵素阻害剤。 (もっと読む)


【課題】 高い美肌効果を発揮し、シワ,たるみ,肌荒れといった肌の老化症状を防止する美肌組成物を提供する。
【解決手段】 ナマコ及び/又はその抽出物を美肌用組成物として用いる。かかる組成物を用いて外用剤,飲食品とし、化粧料,医薬部外品,医薬品,食品,健康食品,機能性食品に応用することができる。 (もっと読む)


【課題】解決しようとする課題点としては、産業上における、柿の蒂部分の有効利用方法の開発である。
【解決手段】本発明は柿蒂抽出物を有効成分とする活性酸素消去剤、美白剤、抗炎症剤、コラゲナーゼ活性阻害剤又はコラゲナーゼ産生抑制剤を提供するものである。また本発明は柿蒂抽出物を有効成分とする活性酸素消去剤、美白剤、抗炎症剤、コラゲナーゼ活性阻害剤又はコラゲナーゼ産生抑制剤を用いる、紫外線曝露に起因する光老化を効果的に予防又は改善する方法を提供するものである。 (もっと読む)


炭化水素、アルキルエステル、油脂、脂肪酸、脂肪族アルコール及びシリコーン油からなる群から選ばれた少なくとも1種の、化粧品として許容され得る溶剤中に可溶性である、炭素数6〜18の脂肪酸からのエステル置換基又は残基の置換度が約1.0超の長鎖脂肪酸セルロースエステル(LCCE)を含むパーソナルケア製品組成物。 (もっと読む)


本発明は、シリコーン-ポリアミド型の少なくとも一の構造化ポリマーで構造化された少なくとも一の液状脂肪相で、該ポリマーが室温で固体状であり、25〜250℃の温度で液状脂肪相に溶解するものと、少なくとも一の短鎖エステルを含有し、該油が、該構造化ポリマー及び/又は短鎖エステルとの親和性を有し、さらに該液状脂肪相、ポリマー、及び短鎖エステルが生理学的に許容可能な媒体を形成している、生理学的に許容可能な組成物、特に化粧品用組成物に関する。この組成物は、滲出がなく、適用されて、経時的に良好な保持力を有する光沢のある付着物を作り出す、安定したスティック形態のリップスティックであってよい。 (もっと読む)


【課題】自然の外観と良好な皮膚の感触を提供しながら、良好な皮膚の被覆及び摩耗耐性又は転移耐性の双方を付与すること。
【解決手段】静電スプレーにより局所適用組成物を皮膚上へ沈着させて転移耐性の不連続フィルムを形成する方法であって、前記局所適用組成物が、
(a)1つ以上の液状希釈剤を含むキャリア、
(b)1つ以上の、転移耐性を付与する材料、及び
(c)組成物中に分散される1つ以上の微粒子状材料
を含み、1〜30ml/時間の流量、3〜20kVの電圧及び0.01〜12mgの組成物/皮膚cmの適用割合にて前記皮膚上に沈着させた際に、前記フィルムが、6mg以下の平均擦耗抵抗性、80%以下の被覆値及び少なくとも3μmの粒子間平均間隔を有することを特徴とする不連続フィルムの形成方法。 (もっと読む)


【課題】 高い美肌効果を発揮し、シワ,たるみ,肌荒れといった肌の老化症状を防止する美肌組成物を提供する。
【解決手段】 ホヤ及び/又はその抽出物を美肌用組成物として用いる。かかる組成物を用いて外用剤,飲食品とし、化粧料,医薬部外品,医薬品,食品,健康食品,機能性食品に応用することができる。 (もっと読む)


【課題】保湿性に優れ、肌荒れの防止や改善に優れた効果を発揮する皮膚外用剤を提供す
る。
【解決手段】保湿性に優れ、肌荒れの防止や改善に優れた有効成分を見出すために、種々
の物質について鋭意研究を重ねた結果、阿里紅を見出した。この阿里紅若しくはその抽出物を皮膚外用剤に配合することにより、保湿性に優れ、肌荒れの防止や改善に優れた効果を発揮する皮膚外用剤を得ることが出来る。 (もっと読む)


2,001 - 2,020 / 2,188