説明

Fターム[4C083DD06]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の形態 (34,465) | 多剤 (441)

Fターム[4C083DD06]に分類される特許

1 - 20 / 441


【課題】整髪料の付いた毛髪であっても良好な泡性能及び良好な塗布性を有することにより、色ムラを生ずることなく染めることができるノンエアゾールタイプの二剤式染毛剤の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤、過酸化水素を含有する第2剤、及び第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するためのノンエアゾール・フォーマー容器からなり、混合液中に次の成分(A)及び(B):
(A)非イオン界面活性剤
(B)カチオン界面活性剤
を含有し、
成分(A)中の90質量%以上が、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、アルキルアルカノールアミド及びポリオキシエチレンアルキルアミンからなる群から選択される少なくとも1種から構成され、混合液中における成分(A)全体の含有量が10〜35質量%である、二剤式染毛剤。 (もっと読む)


【課題】 毛髪の資質は、人により区々であり、パーマネントの処理をするさいに、美容師の勘と経験を頼りとして施術するので、パーマのかかりが区々となったり、毛髪にダメージを与えたり、希望通り仕上がない等のトラブルが発生する。この問題を解決するには、毛髪の寸法、及び弾力等の正確な測定と、この測定に沿った使用薬剤と、捲装力による巻付け等を的確に選定し、かつパーマネントの処理をする必要がある。
【解決手段】 本発明は、毛髪の太さと弾力とを測定した後に、経験則でデータ化した資料を基にして、使用薬剤の選択と、ロッドに毛髪を巻く捲装力と、を調整し、最適な施術を行う構成としたパーマネントの処理方法である。 (もっと読む)


【課題】毛髪中間部から毛先にかけてのうねりや毛先のハネを改善する毛髪処理剤組成物および毛髪処理方法の提供。
【解決手段】サッカリンを含有する第1剤、下記に示す成分を含有する第2剤よりなる毛髪処理剤組成物。


(上記化1中、Xは水素又は炭素数1〜3の飽和炭化水素を示す。) (もっと読む)


【課題】少なくとも1つの3-アミノピラゾロ-[1,5-a]-ピリジン誘導体またはその付加塩のうちの1つを含むケラチン線維、特に人間のケラチン線維(例えば、毛髪)の染色のための組成物、およびこの誘導体を使用する方法を提供すること。
【解決手段】本発明の組成物は、多様な色合いで、強力、有色、美的、低選択性であり、毛髪が受ける可能性の高い攻撃的因子(例えばシャンプー、光、汗、およびパーマ整髪)への優れた耐性を備えた着色を達成することを可能にする。 (もっと読む)


【課題】粘度が高められた酸化染毛剤用第1剤の提供。
【解決手段】酸化染料、下記式(I)で表される高級脂肪酸と高級アルコールとのエステル、及びアルカリ剤が配合されたクリーム状の酸化染毛剤用第1剤。
−COO−R (I)
[上記式(I)において、Rは不飽和度が1である炭素数12以上22以下の直鎖状アルケンを表し、Rは不飽和度が1である炭素数12以上22以下の直鎖状アルケンを表す。] (もっと読む)


【課題】パーマネントウェーブ処理後の毛髪の手触り感を著しく改善すると共に、その効果を持続させることができるパーマネントウェーブ用剤(パーマネントウェーブ用第1剤および第2剤)、並びにこれらを用いて上記の効果を発揮することのできる毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】本発明のパーマネントウェーブ用第1剤は、少なくとも還元剤としての(A)システアミンを含有する他、(B)アニオン性高分子を含有するものであり、パーマネントウェーブ用第2剤は、(C)酸化剤の他、(D)第四級アンモニウム塩からなるカチオン性界面活性剤を含有するものである。 (もっと読む)


【課題】染毛力の経時的劣化が無く、使用時に染毛力を最大限に引き出すことができるばかりでなく、多彩な色調に染毛でき、更に、容貌を急変させることなく徐々に染毛することができる染毛料を提供する。
【解決手段】金属イオンと反応して発色する発色剤を含有する第1剤と、金属塩を含有する第2剤からなる染毛料であって、前記第1剤が更に芳香族アルコール、アニオン性界面活性剤及び尿素からなる群より選択される少なくとも1種の添加剤を含有することを特徴とする染毛料である。 (もっと読む)


【課題】すべり感、しっとり感、やわらかさ等の化粧特性をバランスよく付与することのできる化粧料を提供すること。
【解決手段】アミノ基を有し、且つ、アミド部位に特定の長鎖炭化水素部位、好ましくは特定の長鎖炭化水素基、を有し、好ましくは官能基を有しないシリコーン主鎖部分が長い共変性オルガノポリシロキサンを含む化粧料、特に毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】毛髪化粧料の成分として使用された場合に、すべり感、しっとり感、やわらかさ等の化粧特性をバランスよく毛髪へ付与することのできる変性シリコーンを提供すること。
【解決手段】アミノ基を有し、且つ、側鎖に特定の長鎖炭化水素基、好ましくは特定の長鎖アルキル基、を有する一方で、鎖末端に当該特定の長鎖炭化水素基を有さない共変性オルガノポリシロキサン。 (もっと読む)


【課題】染色性と色相持続性が向上し、毛髪損傷を緩和させることができる成分を含有する染毛剤組成物の提供。
【解決手段】緑茶多糖体、ヒノキ多糖体、シャクヤク、蓮根及び旱蓮草よりなる群から選択された1種以上の天然成分と、炭水化物、炭水化物の誘導体またはこれらの混合物とを有効成分として含有する染毛剤組成物。単糖類は、炭水化物の単位体であり、多糖類(澱粉、セルロースなど)を酸または酵素で加水分解した時に生ずる糖類を意味する。より具体的には、上記単糖類は、ラムノース(rhamnose)、グルコース(glucose)、ガラクトース(galactose)、フルクトース(fructose)またはキシロース(xylose)であることができる。 (もっと読む)


【課題】使用者の視覚に訴える炭酸ガスの発泡量・保持力と、肌からの垂れ防止等の使用性の良さを両立した発泡型皮膚外用剤の提供。
【解決手段】基:−CHCH(OH)CHOC2j+1[jは6〜26の整数を示す。]を必ず含む疎水化変性アルキルセルロースを必須成分とし、炭酸塩及び重炭酸塩からなる群から選ばれる少なくとも1種の塩を含むA剤と、水溶性酸を含むB剤が分離されており、使用時に混合される、顔面に使用するパック化粧料。 (もっと読む)


【課題】新規カチオン性オリゴマー状アゾ染料、およびこれを用いたケラチン含有繊維の染色方法の提供。
【解決手段】モノアゾ中間体式(1a)とエチレンジアミン、N,N’−ジメチルエチレンジアミン、1,3−プロパンジアミン、2,2−ジメチル−1,3−ジアミノプロパン、システアミン等のジアミノ化合物との反応によって得られるカチオン性オリゴマー状アゾ染料。


(式中、Yはアニオンを表わし、Zはベンズイミダゾリル基を表す) (もっと読む)


【課題】ケラチン質、特にヒトのケラチン繊維、殊に毛髪を、明色効果をもって染色するための、既存の漂白方法の欠点をもたない新しい系を提供すること。
【解決手段】本発明は、蛍光ジスルフィド染料を含む染色組成物、および、前記組成物を用いる、ケラチン繊維の染色+明色化方法に関する。本発明はまた、新しい蛍光ジスルフィド染料、およびケラチン質の明色化におけるそれらの使用に関する。前記組成物は、特に長続きする明色効果を得ることを可能にする。 (もっと読む)


【課題】耐光堅牢性に優れた濃い橙色の色味を含んだ色調に染めることができる酸化染毛剤用第1剤及び酸化染毛剤の提供。
【解決手段】酸化染毛剤を得るための酸化染毛剤用第1剤において、酸化染料としてパラメチルアミノフェノール、パラアミノフェノール、及び5−アミノオルトクレゾールを含有させ、かつ、(パラメチルアミノフェノールの含有量/パラアミノフェノールの含有量)により算出される比を0.20未満とする。 (もっと読む)


【課題】HC染料及び塩基性染料をベースカラーとして用いても、長期間色持ちを維持できる染毛方法を提供することを目的とする。
【解決手段】染料主成分である塩基性染料とHC染料とを含有するベースカラー染料液を毛髪に塗布し、所定の時間放置する第一工程と、ベースカラー染料液を塗布された毛髪をリンスする第二工程と、第二工程の後に毛髪に茶カテキン水溶液を塗布し、所定の時間放置する第三工程と、を備える染毛方法を用いる。 (もっと読む)


【課題】ヘアカラー時の染毛効果が向上し、毛髪へのダメージを軽減できるヘアカラー前処理用組成物の提供。
【解決手段】ポリオキシエチレンオレイルエーテルリン酸と、アセチル化ヒアルロン酸又はその塩類とを含み、pHが7.5〜10であるヘアカラー前処理用組成物。該ポリオキシエチレンオレイルエーテルリン酸としては、下記式で示されるものであることが好ましい。


(式中、nはオキシエチレン基の平均付加モル数であり、特に、nが1〜20であることが好ましい。) (もっと読む)


【課題】使用時の混合での溶解性または分散性に優れ、シート材等の力を借りずとも皮膚上に静止できる程度の粘性を確保できる含水粘性組成物作成用剤を提供する。
【解決手段】2以上の剤を有し、前記2以上の剤を混合すると二酸化炭素が発生して前記二酸化炭素を保有する含水粘性組成物が得られる含水粘性組成物作成用剤について、前記2以上の剤は、(1)第1剤:炭酸塩を含む液状又は粘性の組成物、第2剤:緩衝液を含む液状又は粘性の組成物、または、(2)第1剤:酸に組み合わせて緩衝液になる塩基性物質と炭酸塩を含む液状又は粘性の組成物、第2剤:酸を含む液状又は粘性の組成物、を含有するとともに、少なくとも1つの剤が増粘剤を含有するものとした。 (もっと読む)


【課題】毛髪への優れた浸透促進効果を有し、更に水溶性を兼ね備えた浸透促進剤の提供。また、該浸透促進剤と水溶性有効成分とを含有した、有効成分の浸透性に優れる毛髪化粧料の提供。
【解決手段】化1で表されるジカルボン酸と化2で表されるポリオキシエチレンモノアルキルエーテルとのジエステルを含有する浸透促進剤を用いる。
【化1】
HO−CO−R1−CO−OH
(式中、R1は炭素数2〜10の直鎖、分岐鎖若しくは環状の炭化水素基を表す)
【化2】
R2−(OCH2CH2)n−OH
(式中、R2は炭素数1〜12の直鎖、分岐鎖若しくは環状の炭化水素基であり、nは2〜11の整数を表す) (もっと読む)


【課題】毛髪の柔軟性、指通りおよび手触り感が良好であり、且つ、毛髪にハリコシを与え、毛髪のボリュームアップ効果を発揮することのできる毛髪処理剤の提供。
【解決手段】毛髪に対して順次適用される第1剤および第2剤の少なくとも二剤を備え、ヘアリンス、ヘアトリートメント又はヘアコンディショニングに用いる多剤式毛髪処理剤であって、前記第1剤は、カチオン性ポリマーおよび多価アルコールを少なくとも含有し、前記第2剤は、シリコーン油、高級アルコールおよびカチオン性界面活性剤を少なくとも含有することを特徴とする多剤式毛髪処理剤とする。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として構成される毛髪化粧料組成物に関し、保湿性を向上させるとともに、明度を向上させることができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として構成される毛髪化粧料組成物であって、(A)アルキルグルコシド型界面活性剤及び(B)トレハロースを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 441