説明

Fターム[4C083EE29]の内容

化粧料 (399,993) | 効果 (36,752) | 毛髪に特有の効果 (5,073) | 毛髪保護(損傷防止、枝毛防止) (659)

Fターム[4C083EE29]に分類される特許

301 - 320 / 659


【課題】 毛髪変形剤による毛髪変形処理の前に毛髪に適用するための毛髪保護剤であって、毛髪変形剤による変形作用の減力を可及的に抑制しつつ、変形処理後の毛髪にやわらかさを付与し得る毛髪保護剤と、該毛髪保護剤を用いた毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】 還元剤を含有する第1剤と酸化剤を含有する第2剤とで構成される毛髪変形剤を用いた毛髪変形処理の前に毛髪に適用される毛髪保護剤であって、炭素数が12〜14の直鎖型高級アルコール(A)、炭素数が15〜18の直鎖型高級アルコール(B)、および炭素数が19〜22の直鎖型高級アルコール(C)を含有することを特徴とする毛髪保護剤である。また、本発明の処理方法は、本発明の毛髪保護剤を毛髪に塗布した後、洗い流すことなく、毛髪変形剤による変形処理を行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 毛髪又は皮膚の表面を油性成分で均一にカバーすることのできる化粧料を提供する。
【解決手段】 (1)高級脂肪酸塩を含有する第1剤と、酸性成分を含有する第2剤とから成り、第1剤と第2剤とを順次毛髪又は皮膚に適用することを特徴とする化粧料である。
(2)第1剤の高級脂肪酸塩がホホバ油のアルカリ加水分解物である上記(1)記載の化粧料である。
(3)第2剤の酸性成分が有機酸である上記(1)(2)記載の化粧料である。
(4)第1剤に、高級脂肪酸塩の他に油性成分を含有する上記(1)(2)(3)記載の化粧料である。
(5)第1剤の油性成分がホホバアルコールである(4)記載の化粧料である。 (もっと読む)


【課題】損傷を受けた毛髪に対して補修・改善するための毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】 生体類似部分構造を有するアクリル系ポリマーとセラミドとを毛髪化粧料に含有させる。前記生体類似部分構造を有するアクリル系ポリマーは、ポリメタクロイルリジン、ポリメタクロロイルオキシエチルホスホリルコリン、グルコシルエチルメタアクリレートから選ばれるいずれか1種であることが好ましく、前記セラミドは、セラミドタイプ1からセラミドタイプ7の7種のセラミドから選ばれるいずれか1種であることが好ましい。かかる毛髪用の化粧料は、損傷した毛髪の補修・改善効果を有し、該損傷した毛髪の補修・改善効果はが、セラミドが損傷した毛髪内部へ吸着することを特徴とする。
(もっと読む)


【目的】洗髪によって毛髪の質感が損なわれにくいようにする。
【構成】洗剤を用いて毛髪を洗浄し、多価陽イオンが除去されかつナトリウムイオンが付与された機能水からなるすすぎ水を用いてこの毛髪から洗剤を洗い流す。使用可能な洗剤は、実質的に石鹸または合成界面活性剤からなるものであり、種類を問わない。必要に応じ、洗剤が洗い流された毛髪に対して毛髪用調整剤を適用し、この毛髪用調整剤を上記機能水からなるすすぎ水を用いて洗い流すこともできる。 (もっと読む)


【課題】海藻パックと同様の効果を、アレルギー反応を人に生じさせることなく且つヒートマットや遠赤外線ドームサウナでの加温を必要とせずに、家庭でも手軽に得られるパック剤組成物を提供する。
【解決手段】パック剤組成物は、緑藻類化石の粉末を含有する。必要に応じ、増粘剤及びpH調製剤を更に含有する。緑藻類化石の粉末の含有量は、50〜90重量%である。 (もっと読む)


本発明は、新規ポリアミド−ポリシロキサン化合物、これらの調整プロセス、これらの用途、これらの調整の為の前駆体、前駆体を含む反応組成物に関する。 (もっと読む)


(a)ベンゾフェノン誘導体から選択される有機微粉化UV吸収剤と(b)ジベンゾイルメタン誘導体とを含む化粧品組成物の安定化のためのアミン類およびアミド類の使用を開示する。アミン類およびアミド類の使用の結果として最終製品配合物が安定化される。 (もっと読む)


【課題】安全性や感触を損なわずに、発毛あるいは伸長してくる毛髪のハリコシやツヤを改善できる、頭皮に直接作用させる外用剤を提供する。
【解決手段】水性頭皮外用剤は、(a)ユーカリエキス、(b)血行促進剤、(c)抗炎症剤、(d)アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10−30)コポリマー、(e)エタノールを含有する。成分(b)の血行促進剤としては、センブリエキス、ビタミンE類、及びニコチン酸類から選ばれるものが好ましい。また、(c)抗炎症剤としては、グリチルレチン類が好ましい。 (もっと読む)


【課題】パーマ処理をすることなく、ちぢれ毛矯正効果、毛髪のうねり矯正効果を有し、毛髪のまとまり性に優れる毛髪洗浄剤を提供する。
【解決手段】(A)安息香酸誘導体、2−フランカルボン酸誘導体、α−ケトカルボン酸誘導体、炭素数5〜11のオレフィンスルホン酸誘導体、ベンゼンスルホン酸誘導体、炭素数4〜12のアルカンスルホン酸誘導体、炭素数4〜10のアルコール硫酸化物誘導体、10−カンファースルホン酸、イノシトールリン酸、及びアミノ酸、並びにこれらの塩からなる有機酸群から選ばれる有機酸又はその塩と、
(B)ヒドロキシモノカルボン酸及びその塩、ケトカルボン酸及びその塩、ジヒドロキシジカルボン酸及びその塩、並びにヒドロキシスルホン酸及びその塩からなる有機酸群から選ばれる2種以上の有機酸又はその塩と、
(C)アニオン性界面活性剤と
を含有することを特徴とする毛髪洗浄剤。 (もっと読む)


【課題】保存安定性が良く、損傷した毛髪を修復し、毛髪に滑らかさを付与する効果が高い酸化型染毛剤を除く毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】下記の一般式(I)
【化1】


〔式中、Rは炭素数10〜22の飽和または不飽和のアルキル基で、nは1〜5の整数である〕で表されるアルキルグルコシドを0.1〜2.0質量%とセテアリルアルコールを0.4〜12質量%含有することによって、酸化型染毛剤を除く毛髪化粧料を構成する。アルキルグルコシドはセテアリルグルコシドが好ましい。 (もっと読む)


【課題】損傷の程度に応じて、毛髪を「選択的」(又は優先的)に保護・修復することができる毛髪前処理剤及び毛髪修復剤等の提供。さらには、毛より損傷毛が、また毛髪の根本部分より毛先が、より厚く被膜にて保護され、それ故、パーマネント薬剤の浸透抑制・低減効果もより大きく、その結果、健康毛と同程度に迄、損傷毛(特にその毛先)が切断されにくくなり、且つ頭髪を斑無く、均一・均質・均整にパーマネント処理することができる、乳化安定性並びに耐シャンプー性にも優れた毛髪前処理剤、並びに切れ毛・枝毛等の発生を防ぎ極めて優れた修復機能を有する毛髪修復剤等の提供。
【解決手段】アミン系官能基を2個以上有する有機変性シリコーンオイルを0.10〜20.0重量%含有するA剤、並びに多塩基酸(塩)及び/又は酸無水物を0.70〜15.0重量%含有するB剤から少なくとも成る多剤式毛髪処理剤。 (もっと読む)


【課題】染色性と染色堅牢性が良好であり、さらに、使用感に優れ、毛髪の損傷を最小限に抑えた、毛髪色彩調整用組成物を提供すること。
【解決手段】還元剤及びアルカリ剤を含有する第1剤、及び、酸化剤を含有する第2剤からなる毛髪色彩調整用組成物において、特定のヒドロキシエーテルアミン化合物若しくはその第4級アンモニウム塩、及び、特定のジェミニ型カチオン活性剤を配合することにより、上記の課題を解決し得ることを見出した。 (もっと読む)


本発明は、カチオン性官能基を有するアミノ酸モノマー単位を含むポリマー骨格を有し、該骨格の全て又は一部に共有結合して親水性グラフト部を有するポリマーを含有する化粧品用組成物を適用することを含む、ケラチン繊維、特に毛髪の美容処理方法に関する。
同様に、本発明は、前記ポリマーと化粧品的に許容可能な媒体を含有する化粧品用組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】従来の美容用保護剤の欠点を示さず、個々の皮膚および/あるいは毛髪の素質に応じて、また個々の皮膚および/あるいは毛髪の類型に応じて個別に手入れすることができる美容用保護剤を提供すること。
【解決手段】本発明の美容用保護剤は、使用前には、分離して保管されている、第一成分と第二成分からなる毛髪保護剤で、使用する直前まで、最終使用状態の製品を形成するように混合されないものであって、上記第一成分が少なくとも一種のカチオン性界面活性剤及び/又は少なくとも一種のカチオン性ポリマーを合計で1.0ないし20.0重量パーセントの量で含み、上記第二成分が、0.1ないし20.0重量パーセントの少なくとも一種のモノアルコール及び0.1ないし30.0重量パーセントの少なくとも一種の両性又は非イオン性界面活性剤を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、組成物中に存在する全ソフォラアルカロイドの少なくとも95重量%が、XがOまたは非共有電子対である一般構造式(I)の四環系キノリジジンアルカロイドであることを特徴とする、ソフォラ属の植物から誘導可能な1つ以上のアルカロイド(ソフォラアルカロイド)を含む毛髪トリートメント組成物を提供する。本発明はまた、毛髪繊維、特に損傷した毛髪繊維のトリートメントにおける上記組成物の使用も提供する。

(もっと読む)


【課題】 毛包形成、発毛、脱毛に関わる因子を提供するとともに、これらの因子を含む新規な発毛剤、育毛剤ないしは養毛剤を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は、Frizzled3からGsタンパク質(stimulatory G Protein)を介する情報伝達を調節することにより、細胞分化、発生、増殖を制御する物質であり、この細胞分化、発生、増殖を制御する物質を有効成分とする細胞分化・発生・増殖調節剤である。さらに、本発明はこのような細胞分化、発生、増殖を制御する物質あるいは細胞分化・発生・増殖調節剤を含む発毛剤、育毛剤、養毛剤ないしは脱毛剤を提供するものである。また、上記の細胞分化、発生、増殖を制御する物質としては、Wnt5aなどがあげられる。 (もっと読む)


【課題】パーマ・染色・脱色や紫外線によりダメージを受けた毛髪を修復・保護する毛髪化粧料を提供すること。
【解決手段】泡盛蒸留粕の加工物を含有することを特徴とする毛髪化粧料。 (もっと読む)


本発明は、酸化亜鉛、硫酸バリウム、および結合銀イオンを含む組成物、ならびに、化粧品、インク、ラッカー、またはプラスチック等の様々な用途におけるその使用に関する。 (もっと読む)


【課題】 利便性およびダメージ毛ケア効果に優れた毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】 毛髪化粧料組成物は、毛髪に対して適用したのち、好ましくは洗い流さないで使用するものであり、
下記に示す成分(A)〜成分(D)が配合されたものである。
成分(A)界面活性剤 0.07質量%〜12.5質量%
成分(B)ジメチコノールまたはアミノ変性シリコーンから選ばれる少なくとも一種の
シリコーン誘導体 0.07質量%〜12.5質量%
成分(C)ポリオール類 22.5質量%〜72.5質量%
成分(D)水 0.07質量%〜12.5質量%
さらに成分(E)25℃で液体の油性成分22.5質量%〜72.5質量%が配合されることが好ましく、成分(A)はカチオン性界面活性剤であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】デンプンリン酸類を配合した毛髪処理剤における問題点を良好に解決した毛髪処理剤組成物と、この毛髪処理剤組成物を用いて行う毛髪処理方法とを提供する。
【解決手段】(A)成分:デンプンリン酸(スターチホスフェート)類、(B)成分:カチオン性化合物、(C)成分:酸性又は中性アミノ酸類、を含有する毛髪処理剤組成物。好ましくは、(A)成分の配合量が0.1質量%〜3.0質量%の範囲内であり、(B)成分の配合量が0.1質量%〜5.0質量%の範囲内であり、(C)成分の配合量が00.1質量%〜3.0質量%の範囲内である。 (もっと読む)


301 - 320 / 659