Fターム[4C084AA02]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 発明の種類 (49,201) | 蛋白質、リポイドなどの医薬発明 (20,537) | 具体的用途関連の記載があるもの (13,022)

Fターム[4C084AA02]に分類される特許

2,001 - 2,020 / 13,022


腫瘍上の機能的に活性な葉酸受容体及びそれらの腫瘍に関連する処置を検出及び評価する方法を記載する。更に、患者の腫瘍上の機能的に活性な葉酸受容体を同定することによる、葉酸−ビンカコンジュゲートを用いた治療に卵巣癌及び肺癌の患者を選択する方法を記載する。更に、白金製剤耐性卵巣腫瘍及び白金製剤感受性卵巣腫瘍を含む卵巣腫瘍、子宮内膜腫瘍、又は非小細胞肺癌腫瘍を含む葉酸受容体発現上皮性腫瘍を、ペグ化リポソームドキソルビシン等のドキソルビシンと葉酸−ビンカコンジュゲートを併用して処置する方法及び組成物を記載する。更に、患者の腫瘍上の機能的に活性な葉酸受容体を同定することにより患者を選択して、又は選択せずに、葉酸標的薬物を用いて白金製剤耐性卵巣癌を処置する方法を記載する。 (もっと読む)


【課題】癌の診断および治療剤として用いることができる遺伝子およびタンパク質を提供する。
【解決手段】特定のヌクレオチド配列を有する遺伝子によりコードされるタンパク質またはそのフラグメント、これらを認識する抗体またはその抗原結合性フラグメント、または特定のヌクレオチド配列の少なくとも12個の連続するヌクレオチド配列もしくはこれに相補的なヌクレオチド配列を有するポリヌクレオチド。 (もっと読む)


【課題】B細胞悪性腫瘍および自己免疫疾患のようなB細胞疾患において、B細胞機能を変化させるための改良された試薬および方法を提供する。
【解決手段】CD20に特異的に結合するモノクローナル抗体またはその抗原結合性フラグメント、ならびにこれらを含む薬学的組成物。さらに、B細胞を枯渇させる方法において、またはB細胞疾患の処置において、前記モノクローナル抗体、またはその抗原結合性フラグメント、ならびにこれらを含む薬学的組成物を用いる方法。また、モノクローナル抗体を産生する細胞、核酸および方法。1つの実施形態において、このB細胞へのmAbまたは抗原結合性フラグメントの結合密度は、B細胞および/またはそれらの悪性対応物への1以上の従来のmAb(例えば、mAb 1F5)の結合密度よりも、少なくとも2倍高いことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】最小限の貯蔵後操作しか必要としない単純な処方によって、安定化した、長期間持続するタンパク質治療分子を提供する。
【解決手段】アルブミンまたはアルブミンのフラグメントもしくは改変体に融合された治療用タンパク質(ポリペプチド、抗体、またはそれらのフラグメントもしくは改変体)を含むアルブミン融合タンパク質からなる。アルブミン融合タンパク質をコードする核酸分子、これらの核酸を含むベクター、これらの核酸ベクターで形質転換される宿主細胞を用い、アルブミン融合タンパク質を生成することからなる。 (もっと読む)


【課題】抗HIV感染及びエイズ予防・治療における一組のヌクレオチド配列及びその応用を提供する。
【解決手段】抗HIV感染及びエイズ予防・治療における一組のヌクレオチド配列及びその応用。該RNA配列断片は、全てのHIV配列と高度な相同性を持ち、当該系列断片から誘導された二本鎖RNA配列を用いて、有効にHIV遺伝子の発現を抑制することができ、また細胞内で転写した該系列RNAを用い、HIV遺伝子の発現を抑制することもできる。さらに、該断片を持つ対応DNAアデノ随伴ウイルスで細胞を感染した後、対応する二本鎖RNAを転写してHIV遺伝子の発現を抑制することもできる。 (もっと読む)


【課題】生体内で強い炎症などの副作用を引き起こさず、骨芽細胞が存在するところでのみ作動し、軟骨形成を伴い自然治癒と同じ経過で骨形成を速やかに誘導する医薬の提供。
【解決手段】本発明は、炎症を起こさずに骨を処置するための、NELL1を含む骨治療剤を提供することによって上記課題を解決した。本発明は、病巣掻爬もしくは切除後の骨欠損補填、骨折の治癒遷延、偽関節、仮骨延長術、人工関節置換術、脊椎固定術、軟骨移植、顎裂骨移植、外傷による骨欠損部補填、開頭術後骨欠損補填、歯槽提形成術、上顎洞底挙上術、歯槽骨再生、人工歯根周囲の顎骨再生等において用いられる。 (もっと読む)


【課題】安定性に優れると共に、鉄の吸収促進効果を有する、鉄ラクトフェリン含有液体経口組成物を提供する。
【解決手段】(A)鉄ラクトフェリンと、(B)有機酸と、(C)カルシウム、マグネシウム、銅及びカリウムから選ばれる1種又は2種以上とを含有し、(カルシウム、マグネシウム、銅及びカリウムから選ばれる1種又は2種以上の合計含有モル数)/(鉄含有モル数)で表されるモル比が7以上である液体経口組成物。 (もっと読む)


【課題】新たに見出したヒト胎盤由来のα−フェトプロテインの機能を用いた新規な抗がん剤及び細胞分裂抑制方法を提供する。
【解決手段】本発明の抗がん剤は、ヒト胎盤由来のα−フェトプロテインを有効成分とする抗がん剤である。α−フェトプロテインは肝臓がんのマーカーであることは公知のところであるが、非がん細胞性α−フェトプロテイン及び胎児性α−フェトプロテインが細胞分裂抑制機能を有することを見出し、発明を完成させた。本発明の抗がん剤及び細胞分裂抑制方法は、ヒト胎盤由来のα−フェトプロテインを用いるので副作用が少ない治療効果が期待できる。 (もっと読む)


【課題】抗ウイルス薬として有用な新規化合物の提供。
【解決手段】一般式(I)の化合物(式中、Rはアミノ又はグアニジノであり;Rはアセチル又はトリフルオロアセチルであり;XはCONH、NHCO又はOであり;Yはアルキル、シクロアルキル、アルコキシアルキル、アミノ酸又はジペプチドである)。
(もっと読む)


【課題】PSA-依存性NCAM機能を特異的に調節するための、ならびに神経変性疾患、脳および脊髄の損傷、加齢性の学習および記憶の問題および癌の治療のためのポリ-α2,8-シアル酸(PSA)模倣ペプチドの提供。
【解決手段】5〜30アミノ酸残基、好ましくは9〜15、最も好ましくは約12アミノ酸残基からなるペプチドの、神経変性疾患、脳および脊椎の損傷、加齢性の学習および記憶の問題ならびに癌の予防および/または治療のために投与されるNCAM機能の調節用の医薬の製造のための使用。該ペプチドは、抗-ポリ-α2,8シアル酸(PSA)抗体により認識されるNCAMに結合したポリ-α2,8シアル酸のBエピトープを含む。 (もっと読む)


【課題】テラバンシンの安定性を改良すること
【解決手段】約2.4重量%〜4.8重量%の塩素イオン含量を有するテラバンシン塩酸塩が、開示される。開示された塩は、他の塩酸塩と比較して周辺温度での安定性を改善した。またそのような塩を調製するためのプロセスもまた、開示される。1つの実施形態では、本発明は、約2.4重量%〜約4.8重量%の塩素イオン含量を有するテラバンシン塩酸塩に関する。さらに別の実施形態では、本発明は、テラバンシン塩酸塩および水性溶媒系を含み、その組成物のpHが、約2.5〜約5.0の範囲にある組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】腎臓標的部位での線維細胞形成を抑制するのに有用な線維細胞抑制組成物、及び該組成物の使用方法の提供。
【解決手段】腎臓標的部位での線維細胞形成を抑制するのに十分な量の、Fcγ受容体に結合して単球から線維細胞への分化を阻害する、血清アミロイドP(SAP)またはその部分を含む線維細胞抑制組成物、および該組成物の使用方法。これらの方法は、強皮症や喘息などの線維性疾患の治療および予防を含む様々な適用例においても有用である。 (もっと読む)


【課題】比較的毒性の強い活性化合物の、特にインターフェロンのクラス由来の生物活性タンパク質に関する、制御放出のための薬学的組成物の提供。
【解決手段】ポリ(エチレングリコール)テレフタレート(PEGT)およびポリ(ブチレンテレフタレート)(PBT)から構築される生分解性ブロックコポリマーを含み、注射可能な微粒子、自己ゲル化の性質を有しうる注射可能な液体、又は固体インプラントの形態であり、さらに、組成物を含む薬学的キット、組成物を調製するための方法、及びそれに関する薬学的使用である。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ボツリヌス毒素、又は化学的変性によってか又は遺伝子操作によってボツリヌス毒素から誘導される毒素を含む医薬組成物中で、哺乳類由来の蛋白に代わる非-蛋白性代替物を提供することにある。この新規の製剤は、ヒト患者に注射された場合、低い, そして好ましくはごく僅かな, 免疫原性を有しなければならない。
【解決手段】 本発明は、ボツリヌス菌由来のボツリヌス神経毒を含む医薬組成物に関し、この神経毒はボツリヌス神経毒複合体中に自然に存在する複合体形成蛋白, 又は化学的に変性されているか又は遺伝子操作によって変性されているボツリヌス神経毒を含まず、この変性されたボツリヌス毒素は、ボツリヌス神経毒との複合体を自然に生じる複合体形成蛋白を含まない。更に、本発明の医薬組成物は良好な安定性を有し、そしてヒト血清アルブミン不含で製剤化-されるのが有利である。 (もっと読む)


【課題】0.05−1.0gのヨクイニン油および0.05−1.5mgの酸化防止剤を含有する前立腺疾病を治療するためのヨクイニン油軟カプセル剤を提供すること。
【解決手段】前記ヨクイニン油の各理化学測定値がそれぞれ、酸価が<0.56、ヨウ素価が95.00−107.00、ケン化価が185.00−195.00、比重が0.914−0.918(20℃)、屈折率が1.470−1.475(20℃)である。本願のヨクイニン油軟カプセル剤がLupron併合で投与すれば、その前立腺ガン成長への抑制作用は前記二つの医薬の単独使用よりも強い。 (もっと読む)


薬学的に許容できる担体に結合したペプチドを含んでなるワクチンであって、該ペプチドはアミノ酸配列 (X1)m (X2)n (X3)o X4 X5 H P X6 (式I)を有し、レニンで活性化されたアンギオテンシン系と関連した身体的障害の治療用および/または予防用であり、式中、X1はGまたはDであり;X2はA、P、M、GまたはRであり;X3はG、A、HまたはVであり;X4はS、A、DまたはYであり、X5はA、D、H、S、NまたはIであり、X6はA、LまたはFであり;ここでm、nおよびoは、oが0のときはmおよびnは0であり、nが0のときはmが0であるとの前提の下で、独立に0または1であり、但し、ペプチドはDRVYIHPFではない、ワクチン。 (もっと読む)


本発明は、生物医学の技術分野に関し、心筋虚血を予防および治療する薬物を調製するための低分子量ペプチドMLIFの新規用途に関する。低分子量ペプチドMLIFのアミノ酸配列はMet-Gln-Cys-Asn-Serである。ラットにおける冠動脈結紮による心筋虚血のモデルの薬理実験によると、低分子量ペプチドMLIFは、心筋虚血によるラットの心筋損傷及び心筋梗塞領域のサイズを大きく低減させることができ、よって、心筋虚血を予防および治療する効果があり、心筋虚血を予防および治療する薬物の調製に使用できる。 (もっと読む)


本発明は、特に生物学的に活性のある巨大分子、核酸又はペプチド等の化合物の細胞への送達を容易にするコンジュゲートを含む送達システムに関する。本発明は、化合物、例えば生物学的に活性のある巨大分子、核酸又はペプチドを細胞に送達するための上記コンジュゲートにも関する。本発明は更に、上記コンジュゲートを含む医薬組成物及びその使用に関する。本発明は、細胞又は生物、好ましくは患者に化合物を送達する方法にも関する。コンジュゲートは、(a)細胞の標的化を媒介し、細胞取り込みを容易にする少なくとも1つのモジュールと、(b)小胞体(ER)への輸送を容易にする少なくとも1つのモジュールと、(c)ERからサイトゾルへの転位を媒介する少なくとも1つのモジュールと、(d)送達対象の少なくとも1つの化合物とを含み、モジュール(a)〜モジュール(c)及び化合物(d)が任意の配置で互いに結合する。 (もっと読む)


Fasリガンドに特異的であるリガンド結合部分、および薬理学的活性剤またはマーカーのためのキャリアを含む、薬理学的活性剤またはマーカーを細胞に送達するための送達媒体。 (もっと読む)


本発明は、インスリン様増殖因子−1(IGF−1)の新規類似体、前記の類似体を含有する医薬組成物、ならびにIGF−1受容体に仲介される病気、例えば低身長の処置、糖尿病療法、神経変性疾患の処置、および軟骨の修復のための前記の類似体の使用に関する。より詳細には、本発明は59位にアミノ酸置換を有するIGF−1の新規類似体、例えば(Asn59)hIGF-1(1-70)-OH (SEQ ID NO:1)、および本明細書で定められる他の置換(単数または複数)に関する。 (もっと読む)


2,001 - 2,020 / 13,022