Fターム[4C084BA13]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 化学構造 (35,356) | α−アミノ酸の数 (8,796)

Fターム[4C084BA13]の下位に属するFターム

 (643)
 (553)
4〜5 (631)
6〜10 (1,229)
11〜23 (1,344)
24〜50 (1,015)
51〜100 (492)
101〜150 (394)
151〜 (2,462)

Fターム[4C084BA13]に分類される特許

1 - 20 / 33


揮発性シリコーンオイル、極性脂質、C2−C4脂肪族アルコール、および創傷治療剤、特に低〜中サイズの天然または合成ペプチドを含有する脂質層形成の創傷治療促進組成物。また、創傷上に該脂質層を形成する方法および該組成物を具備した医療用パッチも開示されている。 (もっと読む)


本発明は、配列番号2のアミノ酸配列を含むかもしくはそれからなる黄色ブドウ球菌の走化性阻害タンパク質(「CHIPS」)の生物活性を有するポリペプチド、またはCHIPSの生物活性を有するそのフラグメントもしくはバリアントであって、該フラグメントまたはバリアントが、配列番号1の野生型CHIPSタンパク質に対してK40E、D42V、N77H、K100R、K105R、N111Kおよび/またはG112Aのアミノ酸置換を保持するポリペプチドを提供する。ある実施形態において、ポリペプチドは、配列番号2のアミノ酸配列からなる。本発明の関連する態様は、本発明のポリペプチドを含む医薬組成物を、それを作製する方法および使用する方法とともに提供する。
(もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ウイルス病原体に対する有効なT細胞エピトープを提供することである。
【解決手段】本発明は、病原性ウイルスの別のリーディングフレームによりコードされるポリペプチドであって、メチオニンアミノ酸残基から開始し、抗原決定基を含み、7を超えるアミノ酸残基を含むもの、および7を超えるアミノ酸を含む該ポリペプチドの断片を提供する。 (もっと読む)


癌の治療に使用するための、一般式I:


の化合物(式中、R11、R12、R13、R14、R15、W、Y、R1、R2、R3、R4、R5およびR6は、様々な意味をもつ)。
(もっと読む)


【課題】肝細胞増殖因子(HGF)を有効成分として含有する創傷の治療剤を提供する。
【解決手段】肝細胞増殖因子(HGF)、血管内皮増殖因子(VEGF)、繊維芽細胞増殖因子(FGF)及びhypoxia inducible factor(HIF)等の遺伝子から選択される血管新生因子遺伝子を有効成分として含有する組成物を、治療剤又は予防剤として用いて、皮膚疾患の患部を標的部位として投与する治療法。 (もっと読む)


【課題】HCVポリメラーゼに対する改良された阻害活性を有する新規化合物を提供すること。
【解決手段】下記式で表される化合物及びその類縁体。
(もっと読む)


本発明は、脂肪肝疾患を治療するためのインターロイキン−22(IL−22)の使用に関する。トランスアミナーゼの数値を減少させる際のIL−22の使用も提供する。 (もっと読む)


本発明は、自己免疫性の疾患、例えば、関節炎または炎症性疾患、例えば、炎症性腸疾患などを治療および/または予防のための熱ショックタンパク質のフラグメントの使用に関する。好ましくはHSP70ファミリーに属する細菌性および/または哺乳類の熱ショックタンパク質が使用される。 (もっと読む)


本発明は、高コレステロール血症および心血管疾患に関連した障害を治療するためのペプチド模倣体に関する。特に、本発明は、アポリポタンパク質A−I(ApoAI)の活性を模倣するペプチドに関する。 (もっと読む)


インスリン様成長因子(IGF)のシグナル伝達は細胞の増殖を刺激し、細胞の生存期間を延長させる。循環血中IGF−1濃度の上昇に伴い、乳癌、前立腺癌および膵癌などよく見られるいくつかの癌のリスクが増大することが研究から示された。本発明は、ヒトインスリン様成長因子−1受容体(HIGF−1R)に結合する新規なペプチドおよびタンパク質と、それをコードする核酸と、そうした核酸を含むベクターおよび細胞と、そうした化合物を含む医薬組成物と、そのいずれかの使用方法とを対象とし、これを提供する。IGF−1受容体を標的にする治療戦略の多くには抗癌活性が明らかにされている。
(もっと読む)


特定の態様において、本発明は、ヒトにおける乳癌を治療または予防するための組成物および方法を提供する。一部分において、本開示は、乳癌または乳癌関連骨量減少を治療または予防するための、アクチビンアンタゴニスト、およびActRIIaアンタゴニストの使用に関する。特に本開示は、アクチビンの阻害剤として作用する可溶形のActRIIaを使用する、乳癌を治療または予防するための方法を提供する。可溶性ActRIIaはアクチビンアンタゴニズム以外の機構によって癌細胞の増殖または生存に影響を与えることができるが、それにもかかわらず望ましい治療剤は、アクチビンアンタゴニズムまたはActRIIaアンタゴニズムまたは両方に基づいて選択することができる。
(もっと読む)


【課題】新規なペプチド、その製造方法、及びそれを有効成分とするアンジオテンシン変換酵素阻害剤(ACE阻害剤)、並びに当該ACE阻害剤を含有する医薬組成物、健康食品または食品の提供。
【解決手段】スピルリナから抽出された蛋白質をプロテアーゼで分解し、分離された特定のL−アミノ酸配列からなるペプチド;上記ペプチドを有効成分とするACE阻害剤;かかるACE阻害剤を含有する医薬組成物、健康食品、食品;水溶液中で微細藻類をタンパク質分解酵素で処理して、ペプチド類を水溶液中に抽出させた後、水溶液中の不溶分を除去して、得られたペプチド類を分画する工程を有することを特徴とするペプチドの製造方法。 (もっと読む)


【課題】経口的に投与又は摂取可能であり、ヒトにも適用できる、摂食抑制作用を有するペプチド、特に、低コストで実用的な、安全で摂取しやすいペプチド、及びこれを含有する摂食抑制剤、食品、医薬組成物、飼料等を提供する。
【解決手段】豚肉又は豚肉由来タンパクをペプシンによって分解して得られるペプチドであって、コレシストキニン分泌促進活性又は摂食抑制活性を有するペプチドを含有する組成物。 (もっと読む)


本発明は、前もって形成されたアルブミン抱合体の製造のための方法を提供する。特に、本発明は、組換えアルブミンに対する治療的化合物のインビトロでの抱合のための方法であって、反応基を含む治療的化合物を溶液中で組換えアルブミンに接触させて抱合体を形成する、前記方法を提供する。本方法は、均質性を増加してアルブミン種に対する抱合を提供する。生じる抱合体は、クロマトグラフィー、特にフェニルセファロース及びブチルセファロースクロマトグラフィーを含む疎水性相互作用クロマトグラフィーによって精製される。 (もっと読む)


本発明は、一般的には、ドーパミン作動性ニューロンの再生、成長、および生存を促進するための方法に関する。この方法には、上記ドーパミン作動性ニューロンを、Sp35アンタゴニストを含む組成物の有効量と、接触させる工程が、含まれる。加えて、本発明は、一般的には、ドーパミン作動性ニューロンの変性または死が関係している様々な疾患、障害、あるいは損傷を、Sp35アンタゴニストの投与によって処置する方法に関する。
(もっと読む)


【課題】少量の摂取でも十分な排便促進等の便通改善効果を示す、安全性の高い、また、ミネラル吸収抑制の弊害のない優れた便通改善剤、及びこの便通改善剤を添加した便通改善効果を有する飲食品を提供すること。
【解決手段】γ−PGAを有効成分とする便通改善剤および便通改善食品。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物、もしくはその薬学的に受容可能な塩、またはそれらの混合物に関し、これらは、セリンプロテアーゼ活性、特に、C型肝炎ウイルスNS3−NS4Aプロテアーゼの活性を阻害する。このようにして、これらは、C型肝炎ウイルスの生活環を妨害することによって作用し、そして抗ウイルス剤として有用である。本発明はさらに、上記化合物を含有する薬学的に受容可能な組成物に関し、これは、エキソビボでの使用か、またはHCV感染を罹患する患者への投与のいずれかのためのものである。また本発明はさらに、上記化合物を調製するためのプロセスに関する。本発明はまた、本発明の化合物を含有する薬学的組成物を投与することによる、患者におけるHCV感染を処置する方法に関する。
(もっと読む)


HFE2Aのポリヌクレオチドおよびポリペプチド、および若年性ヘモクロマトーシスに関連する突然変異、および有機小分子を含む鉄代謝の疾患の処置のための物質のスクリーニングおよび同定についてこれらを利用する方法は、鉄代謝の疾患の処置およびまたは改善の方法と共に開示される。特にヒト患者におけるものが開示される。HFE2Aを用いた診断用化合物、キットおよび方法もまた開示される。
(もっと読む)


【課題】組織における脈管形成を抑制する医薬組成物を提供する。
【解決手段】αvβ3拮抗物質として、αvβ3に対して免疫特異的な単クローン性抗体又はそのフラグメントを使用する。 (もっと読む)


【課題】離乳後の多全身系消耗症候群(PMWS)を表すブタから単離された新規なブタシルコウィルスII型(PCVII)の単離及び特性決定のためのポリヌクレオチドの提供。
【解決手段】PCVIIヌクレオチド配列に対して選択的にハイブリダイズすることができ、特定の配列を有し、少なくとも8個の隣接ヌクレオチドを含む、単離されたポリヌクレオチド。このポリヌクレオチドを利用して、組換PCVIIポリペプチドを製造することができる。このポリペプチドは、脊椎動物の被検体におけるPCVII の感染を治療または予防するためのワクチン組成物において、ならびにPCVII の感染の存在を決定する診断方法において使用することができる。また、PCVIIゲノムから誘導された前記ポリヌクレオチドは、診断のプライマーおよびプローブとしても使用することができる。 (もっと読む)


1 - 20 / 33