説明

Fターム[4C084DA40]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 生体防御機能関連蛋白物質 (6,180) | 細胞外壁マトリックス蛋白質 (150)

Fターム[4C084DA40]に分類される特許

41 - 60 / 150


【課題】本発明は、抗体媒介性移植拒絶を処置または予防するための、組成物および方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、血液型エピトープが、高密度で、かつムチン型タンパク質骨格の異なるコア糖鎖によって特異的に発現され得るという発見に一部基づく。ポリペプチドは、本明細書中でABO融合ポリペプチドと称される。1つの局面において、本発明は、第1ポリペプチドを含む融合ポリペプチドを提供し、この第1ポリペプチドは、ムチンポリペプチドの少なくとも1領域を含み、第2ポリペプチドに作動可能に連結されるα1,2フコシルトランスフェラーゼによってグリコシル化される。第1ポリペプチドは、α1,3 N−アセチルガラクトサミニルトランスフェラーゼおよび/またはα1,3 ガラクトシルトランスフェラーゼによって連続的にグリコシル化される。ムチンポリペプチドは、例えば、PSGL−1である。 (もっと読む)


【課題】コラーゲンペプチドを有効成分として含有する肥満防止剤及びそれを含有する飲食品を見出し、更には、運動負荷と組み合わせて摂取することにより肥満防止作用が顕著に増大すると共に脂肪代謝促進効果をも有することを見出し、かかる肥満防止剤及びそれを含有する飲食品により、安全で且つ効果の優れた肥満防止効果を有すると共に脂質代謝促進効果を有する肥満防止剤及びそれを含有する飲食品を提供する。
【解決手段】肥満防止剤として、コラーゲンペプチドを有効成分とし、また運動負荷と組み合わせて使用する。 (もっと読む)


【課題】牛由来コラーゲンの代替となり得る、安全で有効な骨再生剤を提供することが本発明の課題である。
【解決手段】低分子化した魚コラーゲンペプチドを含有することを特徴とする骨再生剤である。 (もっと読む)


本発明は、アルブミンおよび/またはアミリン受容体と結合するヒトアミリンまたはそのアナログの誘導体、これらの誘導体を含む薬学的組成物及びこれを得る方法に関する。 (もっと読む)


【課題】効果の高い妊娠線の予防及び/又は治療剤の提供。
【解決手段】Gly-Xaa-Yaa(Xaa、Yaaは任意のアミノ酸)で表されるアミノ酸配列からなるトリペプチドを含有するコラーゲン加水分解物を含有する妊娠線の予防及び/又は治療剤。 (もっと読む)


必要とする対象において、創傷治癒または結合組織再建を促進する方法および虚血を処置する方法が開示される。この方法は、創傷組織1cmあたり約10〜30μgのエリスロポイエチンと、創傷組織1cmあたり約100〜300μgのフィブロネクチンとを対象に局所投与し、それにより、対象において創傷治癒または結合組織再建を促進するか、または虚血を処置することを含む。エリスロポイエチンおよび/またはフィブロネクチンを含む単位投薬形態、医薬組成物、化粧用組成物、および配合物もまた開示される。 (もっと読む)


【課題】XVII型コラーゲン欠損においてみられる白毛化と脱毛が、どのようなメカニズムでおこるかを解明し、脱毛治療、白髪治療、皮膚や毛髪の再生老化制御、あるいは皮膚恒常性維持等へ役立つ技術の提供を目的とする。
【解決手段】XVII型コラーゲンを含むことにより、色素幹細胞又は毛包幹細胞の異所性分化、細胞死又は消失が抑制される。 (もっと読む)


本発明は、コラーゲン模倣3重らせん及びその原線維に非共有的自己集合できる、N−及びC−末端に疎水性アミノ酸を有するコラーゲン関連ペプチド(CRP)、並びにその合成、使用方法及び組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】レトロウイルスベクターまたは遺伝子導入の物理的技術のいずれかを用いたヒト造血細胞への遺伝子導入に伴ういくつかの問題を改善すること。
【解決手段】本発明は、例えば、C末端疎水性ドメインが置換または欠失されているヘモグロビンα鎖を含むポリペプチド、C末端ハプトグロビン結合ドメインが置換または欠失されているヘモグロビンα鎖を含むポリペプチド、またはヒトαヘモグロビン鎖のアミノ酸1-97を含むポリペプチドなどを提供する。 (もっと読む)


【課題】効果の高い異常蛋白質除去用組成物を提供すること、また蛋白質分解異常による疾患の予防及び治療等に寄与する組成物、剤、食品を提供する。
【解決手段】大豆サポニンBグループを主要成分とする異常蛋白質除去用組成物。 (もっと読む)


【課題】核酸製剤の薬品をつくる事です。
遺伝病の治療薬は核酸製剤を使用しないと治りません。
【解決手段】原因不明・治療不明の疾患はホルモンと深くかかわっているものと思われます。
核酸製剤を作って治療すべきです。
遺伝病は必ず核酸を使用して治療するものだと思います。
DNAに対して、対応を研究してほしいと思っております。
そして整形外科のレベルアップを望んでおります。 (もっと読む)


【課題】少ない錠数で生理活性が期待できる量のコラーゲンを手軽に摂取でき、かつ、口腔内で噛んで摂取しても、コラーゲンが歯や口腔内に付着することなく、良好な食感を有するコラーゲン錠剤を提供すること。
【解決手段】平均粒子径が50μm以下の非水溶性カルシウム塩(A)及び/又は平均粒子径が100μm以下の難水溶性多糖類(B)を含有し、コラーゲンの含有量が10〜60質量%であり、錠剤の硬度が5〜13kgfであり、1錠当りの質量が1,000〜3,000mgであるコラーゲン錠剤。 (もっと読む)


【課題】煮沸抽出残渣の廃棄物を利用して高収率、且つ環境に優しく、低コストの低分子コラーゲンの製造方法を提供する。
【解決手段】魚鱗を脱灰処理し、90〜100℃の熱水中にてコラーゲンを煮沸抽出した抽出残渣物を原料にして、蛋白質分解酵素である酸性プロテアーゼを作用させた後、活性炭で脱色することを特徴とする低分子コラーゲンの製造方法。 (もっと読む)


長期増強(LTP)のアミロイド媒介性阻害を抑制するための方法および組成物が提供される。 (もっと読む)


種々な病態生理学的状態に関連した損傷の回復、安定化及び修復によって骨及び関節の健康を増進するために用いることができる方法及び組成物を開示する。 (もっと読む)


【課題】骨欠損などの治療において、簡便に調製でき、安全かつ操作性の優れた治療用材料を提供することを、本発明の課題とする。さらに、組織再生治療において、細胞を移植するために良好な材料を提供すること、および、骨再生に利用可能な細胞移植用の材料を提供することを、本発明の課題とする。
【解決手段】本発明者らは、水溶性カプセルの内壁を、水を遮断する内壁用コーティング剤でコーティングすることによって、上記課題を解決する材料を提供することができた (もっと読む)


本出願は、体細胞超変異(SHM)系及び合成遺伝子に関する。合成遺伝子は、コンピューターベースのアプローチを使用して体細胞超変異に対するポリヌクレオチドの感受性を増加又は減小させることによって設計することができる。目的の遺伝子はベクター中に挿入され、体細胞超変異を誘導するために活性化誘導シチジンデアミナーゼに曝露される。改変された遺伝子によってコードされるタンパク質又はその部分は、体細胞超変異のためにSHM系に導入することができ、また、所望の表現型又は機能を示すタンパク質又はその部分を、in vitro又はin vivoの診断用途又は治療用途のために単離することができる。 (もっと読む)


本発明は、細胞付着を伴う幾つかの用途、たとえば細胞培養作業、および足場依存性細胞の細胞培養を伴う用途、ならびに多様な医療用途にも特に有用な、組換えCBEゼラチン、およびCBEモノマー配列のマルチマーを有する組換えゼラチンに関する。 (もっと読む)


【課題】プロタミンとホウ酸の抗菌・防腐・保存効果を簡便な方法で相乗的に向上させ、プロタミンの含有量が少ないものであっても、その殺菌、静菌、殺真菌及び/又は静真菌効果が優れた水性組成物を提供すること。
【解決手段】プロタミンに対し、高濃度のホウ酸を含有する殺菌性、静菌性、殺真菌性及び/又は静真菌性組成物であり、さらにポリソルベート類及び/又はエデト酸類を含有することができ、具体的には、プロタミン1重量部あたりに対し、ホウ酸6〜630,000重量部を含有する殺菌性、静菌性、殺真菌性及び/又は静真菌性組成物である。 (もっと読む)


【課題】 香成分を利用した機能性食品は時代の要請によりもっと機能的な側面が求められているという課題がある。また、匂い成分はその分子量が小さい為匂いの劣化が早いという課題がある。
【解決手段】 バラの花蕾を凍結乾燥微粉末又はバラエキス又はその微粉末10〜20%、紅茶微粉末50〜60%、ローズヒップス微粉末又はレモン果汁微粉末5〜10%、シナモンパウダー又はエキス3〜5%、乳酸菌生成物質又はラクトフェリン又はオリゴ糖5%、必要に応じてヘミセルロース、サイクロデキストリン又は乳糖を使用するものとする。バラの花蕾を湿潤乾燥又は滅菌洗浄後天日乾燥したものを添加しても良く、蜂蜜及び乾燥蜂蜜の粉、甘草エキス、羅漢果糖、果糖、メープルシロップ、キシリトール、トレハロースから選択される甘味料5〜10%を持って機能性食品、お茶、飲料水とすることで課題を解決する手段として提供する。 (もっと読む)


41 - 60 / 150