Fターム[4C084ZA06]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 医薬用途・器官 (69,166) | 神経系に作用する医薬 (17,023) | 中枢神経系用薬 (13,224) | 中枢神経抑制剤 (3,386) | 抗てんかん剤 (645)

Fターム[4C084ZA06]に分類される特許

141 - 160 / 645


【課題】標的治療活性を有するテトラサイクリン化合物で疾病を治療するための方法および化合物の提供。
【解決手段】テトラサイクリン化合物は、抗細菌性および/又は抗感染性の活性を有するが疾病の治療は、異なる標的治療活性を介して生じることは理解すべきである。標的治療活性の例は、炎症性プロセスに関連した状態、神経疾患(神経変性疾患、精神神経性疾患、その他)、癌、およびテトラサイクリン化合物で治療され得るその他の疾患を治療することができる。 (もっと読む)


【課題】対象におけるカロリー摂取、食物摂取、および食欲を低下させる方法が開示される。
【解決手段】方法は、PYYまたはそのアゴニストと、GLP−1またはそのアゴニストとを同時にまたは逐次に、対象に末梢的に投与し、それによって、対象のカロリー摂取を低下させることを含む。 (もっと読む)


本発明は、ミルクのαS1−カゼインに由来するペプチドを含み、ベンゾジアゼピン型活性、特に、抗不安活性を有する医薬組成物及び食品に関する。 (もっと読む)


【課題】炎症は、機械的損傷、感染、または抗原性刺激によって引き起こされるような傷害に対する体の防御反応である。炎症が自己抗原のような不適切な刺激によって誘導される場合、炎症反応は、病理学的に発現され得る。このような炎症反応は、特定のサイトカインの産生を含み得る。TNFは、感染および傷害のような種々の刺激に対する炎症性応答に関連する多くの異なる標的細胞における重要な生理学的効果を有する。機能的に活性なTNFインヒビターを提供することを本発明の課題とする。
【解決手段】上記課題は、腫瘍壊死因子の活性を調節する、腫瘍壊死因子結合タンパク質という、タンパク質が開示することによって解決された。組換え遺伝子工学技法によって腫瘍壊死結合タンパク質を得るためのプロセスもまた開示される。 (もっと読む)


本発明は、JNKシグナル伝達に強く関連する種々な疾患または障害を治療するための、プロテインキナーゼ阻害剤の使用に関し、特に、プロテインキナーゼc−Junアミノ末端キナーゼの阻害剤、JNK阻害剤配列、キメラペプチド、または、これをコードする核酸、およびこれを含有する薬剤組成物の使用に関する。ここで、上記疾患または障害は、自己免疫疾患、心疾患、癌疾患、糖尿病(1型または2型糖尿病を含む)、炎症性疾患、脱毛症(円形脱毛症を含む)、肺の疾患、神経疾患または神経変性疾患、肝臓の疾患、脊椎の疾患、子宮の疾患、ウイルス感染症、および鬱病から選択される。 (もっと読む)


本発明は、式I、IA、II、IIA、IIIまたはIIIAで示される化合物、およびその医薬用途に関する。本発明の具体的な態様は、1またはそれ以上のカスパーゼの選択的阻害のためのこれらの化合物の使用に関する。また、式I、IA、II、IIA、III、またはIIIAで示される化合物を、対象の種々の疾患および症状、例えば、カスパーゼ介在疾患、例えば敗血症、心筋梗塞、虚血性脳卒中、脊髄傷害(SCI)、外傷性脳傷害(TBI)および神経変性疾患(例えば、多発性硬化症(MS)およびアルツハイマー、パーキンソン、およびハンチントン病)の予防および/または治療に用いる方法を記載する。 (もっと読む)


本発明は、患者に施す、NMDA受容体へのPSD-95の特異的な結合を阻害する薬剤の有効な投与計画で、てんかんにかかっている患者を治療する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、ソルチリン結晶および前記結晶を成長させるための方法を提供する。本発明はさらに、ソルチリンの結晶構造に基づいて特異的なリガンドを設計するための方法を提供する。本発明はまた、中枢神経系および末梢神経系の疾患、損傷、または障害の処置用の薬物を調製するためのそのようなリガンドの調製および使用に関する。 (もっと読む)


【課題】ペプチドYY(PYY)分泌促進因子を同定するための方法を提供すること。
【解決手段】上記方法は、
(a)試験化合物と、宿主細胞または該Gタンパク質共役レセプターを含む宿主細胞の膜とを接触させる工程であって、該Gタンパク質共役レセプターは、
(i)配列番号2のアミノ酸1〜335;
(ii)配列番号2のアミノ酸2〜335;ならびに
(iii)(i)に規定されたアミノ酸配列における1個または数個のアミノ酸の置換、欠失または付加によって(i)から得られるポリペプチドのアミノ酸配列を含むアミノ酸配列;など
からなる群より選択されるアミノ酸配列を含む、工程;ならびに
(b)該レセプターの機能性を刺激する該試験化合物の能力を決定する工程であって、
該レセプターの機能性を刺激する該試験化合物の能力は、該試験化合物がPYY分泌促進因子であることを示す、
工程;を包含する。 (もっと読む)


一般式Ik’’のイソキノリン誘導体が提供される。該化合物はNK3アンタゴニストであり、例えば精神病および統合失調症の治療に有用である。

(もっと読む)


本発明は、弱塩基性薬物コアと、アルカリ性緩衝剤の層と、徐放性コーティングとを含有する微粒子を含む医薬組成物、及びかかる組成物の製造方法に関する。本発明はまた、口腔内崩壊錠、従来の錠剤、及びカプセルを含む医薬剤形、並びにその調製方法にも関する。 (もっと読む)


本明細書においては、アルキル化およびフルオロアルキル化半合成グリコサミノグリカンエーテル(本明細書においては「SAGE」と称する)の合成について記載をする。硫酸化アルキル化およびフルオロアルキル化SAGEの合成についても記載する。本明細書に記載する化合物は、創傷治癒、薬物送達、ならびに多くの炎症性疾患および皮膚障害の治療を含む多くの用途に有用である。 (もっと読む)


【課題】増殖因子欠乏および活性酸素種への曝露などによる組織傷害で生じるプログラム細胞死であるアポトーシスによって生じる筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン病、アルツハイマー病およびAIDS痴呆などの慢性神経変性疾患、ならびに急性焦点性脳梗塞および脊髄損傷もしくは他の形態の中枢神経系外傷の治療薬を提供する。
【解決手段】偽カスパーゼ酵素を含む治療用組成物。さらにS-ニトロシル化化合物を投与する。 (もっと読む)


【課題】不均斉および病的なニューロンエキソサイトーシスによって媒体された疾患および変質の新しい治療剤を提供する。
【解決手段】タンパク質SNAP−25のアミノ末端からの3〜30の隣接アミノ酸の配列を有し、ニューロンエキソサイトーシスインヒビターとして有用な新しいペプチドを使用。本発明の医薬組成物は、該ペプチドおよび任意にSNAP−25のカルボキシル末端からの1またはそれ以上のペプチドを含む。 (もっと読む)


【課題】アルブミンまたはアルブミンのフラグメントもしくは改変体に融合された治療用タンパク質を提供する。
【解決手段】治療タンパク質を含有するアルブミン融合タンパク質、前記アルブミン融合タンパク質をコードする核酸分子、これらの核酸を含むベクター、これらの核酸ベクターで形質転換される宿主細胞、ならびに前記アルブミン融合タンパク質を含む薬学的組成物および前記アルブミン融合タンパク質を用いた疾患、障害または状態の処置、予防、または改善の方法。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造であってNMDA型グルタミン酸受容体の活性に作用を及ぼす医薬組成物および保健機能食品の添加物を提供する。
【解決手段】一方のアミノ酸がグリシン、グルタミン酸、アスパラギン酸およびセリンからなる群から選ばれたアミノ酸であるジペプチドを含有している医薬組成物および保健機能食品の添加物であってNMDA型グルタミン酸受容体活性を阻害する、またはNMDA型グルタミン酸受容体を作動させるものである。主成分がジペプチドという簡単な構造であるので、手に入れやすく安価であり、生体内に入っても安全性が高い。 (もっと読む)


【課題】哺乳動物細胞(特に、神経細胞)の生存または増殖の促進、あるいは死または変性の阻害のための薬物の提供。
【解決手段】OP/BMP活性化セリン/スレオニンキナーゼレセプターおよびGDNF/NGF活性化チロシンキナーゼレセプターを発現する哺乳動物細胞(特に、神経細胞)の生存または増殖の促進、あるいは死または変性の阻害における、GDNF/NGF神経栄養因子と組み合わせたOP/BMPモルフォゲンの相乗的効果を開示する。そのような細胞に対する損傷または傷害に罹患したか、あるいは損傷または傷害の切迫した危険にある哺乳動物についてのインビボでの処置を含む、そのような細胞のインビボおよびインビトロでの処置のための新しい方法、ならびに、そのようなインビボおよびインビトロでの処置のための新しい薬学的調製物を開示する。 (もっと読む)


【課題】望ましくない副作用を回避しつつ、疾患の症状または損傷効果を処置するために十分に多い量のNMDArアンタゴニストを被験体に送達の方法および組成物を提供。
【解決手段】NMDArアンタゴニスト、およびポリマーマトリックス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースおよびポリマーコーティングを用いてコーティングされたなどの持続放出マトリックス、または持続放出ビーズマトリックスなどの持続放出構成要素を含有する組成物。 (もっと読む)


本発明は、ヒスタミンHアンタゴニスト活性を有する化合物、およびそれを使用し、調製する方法に関する。

(もっと読む)


プロトカドヘリン19(PCDH19)タンパク質欠損又はPCDH19タンパク質機能改変と関連する疾患、特にEFMR(女性に限られた癲癇及び精神遅滞)の診断のための方法及びキットを提供する。さらに、かかる疾患の素因の同定のための方法及びキット、並びに、かかる疾患の保因者を同定するための対象者のスクリーニング方法、並びに、PCDH19欠損又はPCDH19タンパク質機能改変の治療又は予防のための方法及びキットも提供する。さらに、完全PCDH19オープンリーディングフレーム(ORF)に相当するヌクレオチド配列及びアミノ酸配列、非機能的PCDH19 mRNA又は改変PCDH19 mRNAをコードする変異配列が、野生型又は変異型PCDH19ORFヌクレオチド配列を有する形質転換細胞及び非ヒトトランスジェニック動物と共に記載される。 (もっと読む)


141 - 160 / 645