Array ( [0] => 抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 [1] => 機能特定成分 [2] => 抗原 ) 抗原、抗体含有医薬:生体内診断剤 | 機能特定成分 | 抗原
説明

Fターム[4C085KA01]の内容

Fターム[4C085KA01]に分類される特許

1 - 20 / 20












肝蛭症は肝蛭を原因とする人畜共通感染症で、反芻動物、即ち、ヒツジ、ヤギ及びウシ等に共通の感染症である。成虫は宿主の胆管中で発見され、畜産業に重大な損失を与える。肝蛭症診断は糞便中の虫の卵の顕微鏡同定、胆管中の成虫の観察又は血清学的手段で行われる。これらの診断は飼育場で動物に直接利用できない。69個のアミノ酸を暗号化する8kDaの分子量であるcDNAクローンは、Fh8又はfasciolinとして同定された(遺伝子バンク番号 AF213970)。Fh8は、アレルゲンとして働く。fasciolin又は変異体及び化学修飾で得られる関連分子の皮膚投与による肝蛭症宿主の検出を目的とする。投与系及び結果の読取は、ヒツジ及びウシに対し特別に行われ、いかなる最終宿主に対しても利用できる。この試験は容易に良好な結果を迅速に得られる。これは、この人畜共通感染症を制御するための本発明の主な利点である。 (もっと読む)



【課題】ガストリン依存性腫瘍の治療の為の免疫学的方法の提供、特に免疫原、免疫性の組成、およびガストリン依存性腫瘍の処理方法を提供する。
【解決手段】免疫原は、スペーサーおよび免疫性キャリアに接合するCCK−B/ガストリン−レセプターからのペプチドを含む。この免疫原は、腫瘍細胞においてCCK−B/ガストリン−レセプターに結合するインビボの抗体を誘導でき、これにより、成長を刺激するペプチドホルモンがレセプターに結合するのを防止し、腫瘍細胞の成長を抑制できる。また、この免疫原は、パッシブな免疫化のためのCCK−B/ガストリン−レセプターに対する抗体を含む。更に、インビボでまたは本発明の抗体を用いた組織片検査からガストリン依存性腫瘍を検出するための診断方法に利用することができる。 (もっと読む)









1 - 20 / 20