説明

Fターム[4C086GA09]の内容

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (749,791) | 有機活性成分の化学構造の特徴 (48,357) | 複数の単式複素環を含む化合物 (42,762) | 環構成に窒素原子を含む複素環 (33,114) | 同一環に酸素原子及び窒素原子を含む複素環 (4,501)

Fターム[4C086GA09]に分類される特許

2,121 - 2,140 / 4,501


【課題】CCR5レセプターの阻害剤としての新規種類のビピペリジニル化合物を提供すること。
【解決手段】多くの実施形態において、本発明は、CCR5レセプターの阻害剤としての新規種類のビピペリジニル化合物、そのような化合物を調製する方法、一つ以上のこのような化合物を含む薬学的組成物、一つ以上のこのような化合物を含む薬学的処方物を調製する方法、およびこのような化合物または薬学的組成物を使用してCCR5に関連する一つ以上の疾患を処置、予防、阻害または軽減する方法を提供する。本発明はまた、本発明の化合物と、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の処置において有用な一つ以上の抗ウイルス剤または他の薬剤との組み合わせの使用に関する。
(もっと読む)


眼内圧を制御するのに有用な、スルホンアミドおよび式(I)の化合物を含有する医薬組成物が開示される。この組成物を投与して眼内圧を制御する方法も開示される。
【化1】

(もっと読む)


【課題】DPP-IV阻害作用を有する医薬、特に糖尿病治療剤として有用な、新規な化合物の提供。
【解決手段】発明者等は、DPP-IV阻害作用を有する化合物について鋭意検討した結果、置換ピペラジン、ジアゼパンやアザビシクロオクタン等の環状ジアミン化合物の一方の窒素原子にβ-アミノ酸が統合し、更に他方の窒素原子にもアシル基を有するジアシルピペラジン誘導体又はその塩がDPP-IV阻害作用を有することを見出し、本発明を完成した。 (もっと読む)


本出願は、一般式(I)[式中、R、R、R、X、Y及びZ、並びにm、n、p及びqは、明細書中に更に詳細に説明される意味を有する]の置換ピペリジンの新規な硝酸エステル誘導体、その製造方法、並びに心臓血管疾患における、特に高血圧、及び高血圧を伴う血管及び臓器障害における治療薬としてのこれらの化合物の使用に関する。
(もっと読む)


【課題】呼吸器疾患の治療用医薬組成物の提供。
【解決手段】本発明は、一般式(1)(式中、n、A、R1、R2及びR3は、特許請求の範囲及び詳細な説明に定義した通りである)の一以上、好ましくは一の化合物のほかに、更に少なくとも一つの有効成分2を含む新規な医薬組成物、その製造方法、及び医薬品としてのその使用に関する。
【化1】
(もっと読む)


本発明は、式I
【化1】



(式中、R1、R2、R3、R4、R5及びR6は、明細書に記載されている通りである)の(3-アミノ-1,2,3,4-テトラヒドロ-9H-カルバゾール-9-イル)-酢酸誘導体、様々なプロスタグランジン介在疾病及び疾患の処置におけるプロスタグランジン受容体調節因子、最も特にはプロスタグランジンD2受容体調節因子としてのそれらの使用、これらの化合物を含有する医薬組成物、並びにそれらの製造方法に関する。
(もっと読む)


【課題】線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)が仲介する障害、特に8p11骨髄増殖性症候群(EMS)などを有する温血動物の処置法、ならびに、局在的な新軟骨形成を促進する方法、ならびに肝細胞癌腫、肺癌、とりわけ肺腺癌、口部扁平細胞癌腫または食道扁平細胞癌腫、またはこのような疾患の2種またはそれ以上の組み合わせの処置法を提供すること。
【解決手段】式(I)


〔式中、R、R、R、R、X、X、Y、Zおよびnは明細書中に定義の通りである。〕の化合物を投与することにより解決される。 (もっと読む)


【課題】CB1受容体拮抗作用を有するピラゾール化合物を提供する。
【解決手段】一般式[I]:


〔式中、R及びRは置換基を有していてもよいアリール基等、Rはハロゲン原子等で置換されていてもよいアルキル基等、Eは下式(i)〜(iv):


のいずれかで示される基、Rはシクロアルキル基、式:−N(R)(R)で示される基又は置換基を有していてもよい飽和もしくは不飽和複素環式基、Qは単結合手等、Qは単結合手等、R及びRは一方が水素原子等で、他方がアルキル基、式:−N(R)(R)で示される基等、R及びRは一方が水素原子等であり、他方がアルキル基等、RA1はアミノ基等、RA2は置換基を有していてもよい脂肪族複素環式基、Rは1〜3個のハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基等を表す。〕
で示される化合物又はその薬理的に許容し得る塩。 (もっと読む)


本発明は、式(I)、(II)もしくは(III)の化合物;あるいはその薬学的に許容され得る塩、溶媒和物、エステルおよび/またはホスホネート、かかる化合物を含む組成物、ならびにかかる化合物の投与を含む治療方法に関する。本発明は、治療有効量の式(I)、(II)もしくは(III)の化合物あるいはその薬学的に許容され得る塩、溶媒和物および/またはエステルを、かかる処置を必要とする患者に投与することを含む、HIV逆転写酵素を阻害するための方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、抗生物質と抗生物質の有効性又は活性を亢進させる増感剤とを含む抗菌性組成物であって、増感剤は好ましくは長いアルキル鎖を含む第一級アミンである抗菌性組成物を提供する。このような組成物は、特に薬剤耐性細菌による感染の治療に有用である。 (もっと読む)


本発明は、式I(式中、R〜Rは、本明細書および特許請求の範囲に定義されたとおりである)で示される化合物、および薬学的に許容され得るその塩に関する。該化合物は、肥満などの疾患およびH3受容体のモジュレーションに関連する他の疾患の治療および/または予防に有用である。
(もっと読む)


本明細書では、脊髄性筋萎縮症(SMA)の治療に有用な式(I)の2,4−ジアミノキナゾリンを提供する。一実施形態では、2,4−ジアミノキナゾリン化合物は、本明細書で開示する化合物のいずれかから選択され、単独で処方することも、また治療有効量のSMAを改善する第2の薬物と併用して処方することもできる。特定の実施形態では、SMAを改善する第2の薬物は、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤およびメチル化酵素阻害剤から選択される。


(もっと読む)


本発明はウロテンシンII受容体アンタゴニストに向けたものである。より具体的には、本発明は、新規な特定化合物、この化合物、組成物、中間体および誘導体の製造方法に関する。また、本発明の化合物を用いてウロテンシン−II媒介障害を治療または予防するための製薬学的組成物および方法も記述する。 (もっと読む)


本発明は、カスパーゼ阻害剤として使われるピリダジノン誘導体、その製造方法、及びそれを含有するカスパーゼ阻害用薬剤学的組成物に関する。 (もっと読む)


可溶性エポキシド加水分解酵素(sEH)を阻害するウレア化合物およびチオウレア化合物および組成物、上述の化合物および組成物の調製方法、ならびにこのような化合物および組成物を用いて患者を治療する方法が開示される。上述の化合物、組成物および方法は、高血圧、心血管、炎症および糖尿病に関連する疾患を含む、sEHによって媒介される種々の疾患の治療に有用である。本発明の1つの局面によれば、式(I)を有する化合物またはその立体異性体または医薬的に許容される塩が提供される。 (もっと読む)


【課題】新規中枢神経系障害治療用の置換モルホリン化合物の提供。
【解決手段】式(I)で示される化合物。


(式中:AはOまたはSである;Xは、複素環であり、R1〜R5は各々、H、-C1〜C6アルキル、アリール、-C3〜C8シクロアルキル、-C1〜C6アルケニル、-C5〜C8シクロアルケニル、-(CH2)nC3〜C8シクロアルキル、-C1〜C6アルコキシ、-O-アリールなど;*は第1キラル中心である; また@は第2キラル中心である。)で示される化合物又は医薬として許容されるその塩。 (もっと読む)


本発明は、新規アニリン誘導体および治療、特に真菌感染の処置、におけるその使用に関する。 (もっと読む)


【課題】中枢および/または末梢レベルに局在化した、カンナビノイド受容体CBの拮抗薬特性を有する新規なN−[(1,5−ジフェニル−1H−ピラゾール−3−イル)メチル]スルホンアミド誘導体の提供。
【解決手段】本発明は式(I)に対応する化合物、調製の方法および治療における応用に関する。
(もっと読む)


式(I)
【化1】


の化合物が開示される。本発明の化合物はCB2受容体に結合し、CB2受容体のアゴニスト、アンタゴニスト又は逆アゴニストであり、炎症を治療するのに有益である。アゴニストであるこれらの化合物は更に痛みを治療するのに有益である。
(もっと読む)


本発明は、選択的および/または強力なUPPS阻害剤である化合物に関する。UPPSを阻害する化合物に加えて、本発明はまた、これらの化合物を含む医薬組成物、および細菌性疾患、例えば細菌感染を処置するためのこれらの化合物を用いる方法を提供する。 (もっと読む)


2,121 - 2,140 / 4,501