説明

Fターム[4C086MA44]の内容

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (749,791) | 配合剤、剤型、適用部位 (152,798) | 剤型 (29,724) | 固型状 (13,587) | 粉末剤 (2,545) | 凍結乾燥粉末 (385)

Fターム[4C086MA44]に分類される特許

281 - 300 / 385


イクサベピロンを患者に投与する方法が提供され、その中でイクサベピロンは式(I):


(I)
を有する。本発明の一つの態様には、高いイクサベピロン安定性を提供し、注入時間および/または生成物の調製において優れた柔軟性を与えるYサイト投与技術またはデュアルソース投与技術の使用が含まれる。
(もっと読む)


本発明は、ピリドキサール5'−リン酸の凍結乾燥製剤およびその製造方法を提供する。また、本発明は、当該凍結乾燥製剤から再構成される、ピリドキサール5'−リン酸の注射可能な製剤を提供する。さらに、本発明は、凍結乾燥された注射可能な製剤の使用を提供する。 (もっと読む)


メチルナルトレキソンを投与するのに有用な安定な医薬組成物およびこれを製造するための方法を記載する。これらの医薬組成物を含むキットもまた、提供する。 (もっと読む)


本発明は、治療有効量のアンスラサイクリン系抗腫瘍抗生物質、リン脂質のポリエチレングリコール誘導体、及び医薬上許容されるアジュバントを含む、静脈注射が可能なアンスラサイクリン系抗腫瘍抗生物質のナノミセル製剤を提供する。形成されたナノミセル中に薬物を包み込んで、静脈注射可能なアンスラサイクリン系抗腫瘍抗生物質のナノミセル製剤が製造される。アンスラサイクリン系抗腫瘍抗生物質とリン脂質のポリエチレングリコール誘導体は、粒径が極めて均一であるナノミセルを形成している。ミセルにおいて、ポリエチレングリコール分子は、薬物を包み込んだ疎水核の周囲に親水性の保護層を形成し、薬物が血液中の酵素などのタンパク質分子と接触すること、及び体内の細網内皮系に識別・貪食されることを防止し、ミセルの体内の循環時間を延長している。 (もっと読む)


【課題】
ステロイド化合物の投与によるステロイド誘発性の眼圧上昇を軽減または回避すること。
【解決手段】
ステロイド化合物を微粒子に含有させることにより、ステロイド誘発性の眼圧上昇を軽減または回避することができる。 (もっと読む)


αヒドロキシル有機酸の少なくとも一つの天然に存在する形の遊離酸、塩またはキレートの有効量を含む、哺乳動物への投与用の単離された医薬組成物の製造方法であって、αヒドロキシ有機酸の少なくとも一つの天然に存在する形と、一定量の塩基とを、水溶液であって、αヒドロキシル有機酸の全含量が、その溶液の約0.5%w/w〜約35%w/wになる水溶液中において、存在するαヒドロキシル有機酸の実質的に全ての形を加水分解する一定時間混合し、その溶液を約6.9〜約7.6のpHへと中和して、αヒドロキシル有機酸の実質的に全ての天然に存在する形の遊離酸、遊離酸の塩またはキレートを生じ、そして場合により、その溶液を凍結乾燥させて、単離された医薬組成物を製造することを含む方法を記載する。これら方法によって製造される組成物を、開示し且つ請求の範囲に記載する。DNA修復を促進する、免疫応答を促進する、炎症を制御する、または腫瘍の進行を阻害する方法であって、本明細書中に記載の方法によって製造された組成物の有効量を投与することを含む方法を記載する。
(もっと読む)


ヨウ化グリコピロニウムなどのグリコピロニウム塩は臭化グリコピロニウムより低いガラス転移温度を有する。そのため、製剤により適している。 (もっと読む)


MPA、その塩またはプロドラッグを含む非経腸投与に適する、注射のための粉末または凍結乾燥組成物の形態の医薬組成物。 (もっと読む)


本発明は、以下の反応により、アロエレシンAをアロエシンに加水分解で変換する方法に関する。その結果、アロエ植物の液汁からの抽出物として入手可能なアロエシンの量は増大され、そしてアロエシンの抽出及び精製はより有用でありかつ費用も安い。アロエシンはアロエレシンAより商業的に価値が高いので、当該方法は、アロエ植物からの液汁又はアロエビターの商業的価値も増大する。本発明は、場合により、p−クマリン酸からアロエシンを分離するステップも含む。当該方法において使用される典型的な加水分解ステップは、酸加水分解、塩基加水分解、及び酵素加水分解である。酸加水分解の場合、当該酸は、塩酸、硫酸、硝酸、若しくはリン酸の如きいずれかの好適な有機酸又は無機酸である。酵素加水分解の場合、当該加水分解酵素は、典型的には、エステラーゼ、リパーゼ又はプロテアーゼである。 (もっと読む)


本発明は、固体および溶液状態の両方で改良された安定性を有する新規チゲサイクリン組成物、およびこれらの組成物の製造方法に関する。これらの組成物は、チゲサイクリン、適当な炭水化物、および酸または緩衝剤を含む。 (もっと読む)



本発明は、下記式(I):(式中、Rは、無置換又はヒドロキシメチル基で置換されたピリジルメチル基を表す。)で示される結晶形態の6−N−ピリジルメチルアミノ−12,13−ジヒドロ−2,10−ジヒドロキシ−12−β−D−グルコピラノシル−5H−インドロ[2,3−a]ピロロ[3,4−c]カルバゾール−5,7(6H)−ジオンの遊離塩基、その医薬上許容される塩又はその溶媒和物に関する。
(もっと読む)


ナノ粒子状のドセタキセルまたはその類似体の組成物を説明する。ナノ粒子状のドセタキセルまたはその類似体、および、少なくとも1種の表面安定剤を含む組成物は、癌治療に用いることができる。
(もっと読む)


高熱力学活性の親油性会合体(LA)の調製および処方が開示され、このLAにおいて、イオン化可能な薬剤と、この薬剤とは反対のイオン特性を有する親油性種との間に、対形成が存在する。そのような親油性会合体は、室温で主に液相中にあることまたは水よりも低い誘電性溶媒中で溶媒和化されることにより示されるような、高い熱力学活性を示す。さらに、この薬剤が可溶化されていることは、溶解は、経粘膜吸収に対する律速ではないことを意味する。このLAまたはLA溶媒和物は、低誘電性投与形態へと処方され、この投与形態から、この投与形態が水和した際に、上記薬剤は、粘膜組織を通って体循環中へと駆動される。従って、本発明は、生理的pHでかまたはその付近で、イオン化可能な薬剤のための増強された経粘膜薬物送達系を提供する。 (もっと読む)


乾燥または保存製品を提供する。この製品は、糖、荷電物質、および感受性の生物学的成分を含む。糖はアモルファス固体マトリックスを形成する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、腸内でダイゼインを資化してエコールを生産するもしくは腸内細菌叢全体のエコール生産を向上させる能力を有する腸内細菌を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、ダイゼインを資化してエコールを生産する能力を有する、ヒトの腸内細菌(特に、Slackia属菌TM−30)および、腸内細菌叢全体のダイゼインを資化してエコールを生産をする能力を効果的に向上させる能力有する腸内細菌(Bifidobacterium adolescentis、Bifidobacterium breve)およびそれらの利用方法を提供する。エコール生産能を向上させるための方法であって、本発明の腸内細菌または組成物を、処置が必要とされる被験体に投与する工程を包含する方法もまた提供される。 (もっと読む)


生体内でイオン化し、水溶性が高くて生体脂質膜を通過できず、生物学的利用率が10%未満のビスホスフォネート系薬物から選ばれる1種以上の活性物質と、生体適合性水溶性キトサンから選ばれる1種以上を必須構成成分とする、ビスホスフォネート系薬物の経口吸収を改善させる薬剤学的組成物を提供する。 (もっと読む)


一般式(1)の置換イミダゾール誘導体、[式中、Yは-CH2-または-CO-であり、R1はH、ハロゲンまたはヒドロキシであり、R2はHまたはハロゲンであり、R3はHまたは低級アルキル(たとえばC1〜C4アルキル、好ましくはC1またはC2アルキル)である]、または一般式(I)の化合物の薬剤として許容される塩、たとえば塩酸塩などの酸付加塩を含む、改良された製剤は胃前吸収に適した固形の急速分散性剤形の形である。
(もっと読む)


固形で経口の急速分散性の凍結乾燥された医薬剤形の崩壊時間を短縮するため、医薬活性成分は低い水溶性しか有しない前記剤形を製造するために用いられる組成物中に、クエン酸などの食用酸を含有させる。 (もっと読む)


本発明は、PDE阻害剤の静脈投与のための新規医薬投与形およびその疾患の処置への適用に関する。 (もっと読む)


281 - 300 / 385