説明

Fターム[4C086ZA11]の内容

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (749,791) | 医薬用途・器官 (155,670) | 神経系に作用する医薬 (47,470) | 中枢神経系用薬 (39,352) | 中枢神経興奮剤 (4,418)

Fターム[4C086ZA11]の下位に属するFターム

抗抑うつ剤 (3,945)

Fターム[4C086ZA11]に分類される特許

41 - 60 / 473


本発明は、精神病、統合失調症、統合失調感情障害、統合失調症様障害、精神障害、妄想性障害、躁病または双極性障害の処置における、ホスホジエステラーゼ1(PDE1)阻害剤の新規使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、ヒートショックタンパク質HSP90の活性を阻害する置換レゾルシノール誘導体に関する。従って、本発明の化合物は増殖性疾患(例えば、癌及び神経変性疾患)の治療において有用である。本発明は、前記化合物の製造方法、前記化合物を含む医薬組成物、疾患の治療方法及び前記化合物を含む医薬組成物をも提供する。 (もっと読む)


ドーパミンレセプターのオクタヒドロベンゾイソキノリンモジュレーターが本明細書に記載される。ドーパミン機能不全の治療においてドーパミンレセプターのオクタヒドロベンゾイソキノリンモジュレーターを使用する方法も、本明細書に記載される。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、高い抗酸化作用を有する医薬組成物、その製造方法及び徐放性基材の提供を課題とする。
【解決手段】
本発明は、薬物、キトサン及びペクチン酸を含む医薬組成物及びその製造方法を提供する。好ましくは、キトサンがペクチン酸と複合化してなる医薬組成物及びその製造方法を提供する。また、キトサン及びペクチン酸を含む徐放性基材を提供する。本発明は、キトサン単体又はペクチン酸単体の徐放性基材よりも徐放性に優れ、かつ、キトサン単体の徐放性基材よりも高い抗酸化作用を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、カフェインを配合した従来の眠気防止用組成物よりも効果感および持続性に優れた、簡便に摂取できる組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】トウガラシ抽出物と、ショウガ抽出物と、アルギニンと、カフェインとを含有する本発明の組成物は、カフェインを単独で配合した従来の眠気防止用組成物と比較して眠気防止効果が顕著に高い。 (もっと読む)


【課題】月経困難症等の治療に用いられる化合物の提供。
【解決手段】式(1)の化合物(式中、A及びGは本明細書に定義される通りである); その化合物を含む組成物; 治療におけるその化合物の使用; その化合物で患者を治療する方法。
【化1】
(もっと読む)


【課題】客観性、信頼性を担保しつつ投薬の効果を定量的に評価することのできる新規な精神神経疾患のスクリーニング方法を提供する。
【解決手段】動物に社会性発達阻害処置を施して社会性発達不全モデル動物を作成し、得られた社会性発達不全モデル動物に対して、高感受性期直前から高感受性期直後までの何れかの時期から少なくとも高感受性期後の所定の時期まで継続して投薬を行うとともに、高感受性期後の前記投薬ステップによる投薬期間またはその直後の何れかの時期から所定期間以上継続して社会性発達誘導処置を施し、前記社会性発達不全モデル動物の社会性獲得度を評価することにより投薬効果を評価する。 (もっと読む)


本出願において、縮合イミダゾリル化合物、その合成方法及びその使用方法を提供する。本出願において、化合物は、神経障害及び代謝障害等の種々の疾患の治療、予防及び/又は管理に有用である。本出願において、化合物は、ヒスタミンH3受容体の活性を阻害し、(例えば、シナプスの)ヒスタミン、アセチルコリン、ノルエピネフリン及びドーパミン等の種々の神経伝達物質の放出を制御する。また、本出願において、化合物を含む医薬製剤、及びそれらの使用方法も提供する。 (もっと読む)


種々の実施態様において、本発明は、シクロアルキルピロリジン化合物、並びに、中枢神経系(CNS)疾患、例えば、うつ病、不安、統合失調症、及び睡眠障害を含む種々の疾病、病態、及び症候群の治療及び/又は予防におけるその使用方法、並びにその合成方法を提供する。本発明は、本発明の化合物を含む医薬組成物並びにシナプス間隙からの、ドーパミン、セロトニン、及びノルエピネフリンなどの内因性モノアミンの再取込みを阻害する方法及び1種以上のモノアミントランスポーターを調節する方法にも関する。 (もっと読む)


【課題】ポリマーを包接したCDに対し様々な有効成分を含有することが可能であって、作製が容易で、さまざまな薬物に応用可能な薬剤及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】シクロデキストリン誘導体と、シクロデキストリン誘導体を貫通する鎖状高分子と、シクロデキストリン誘導体に外部包接される有効成分と、を含む薬剤とする。また、シクロデキストリン誘導体に鎖状高分子を貫通させる工程、シクロデキストリン誘導体に有効成分を外部包接させる工程と、を有する薬剤の製造方法とする。 (もっと読む)


【課題】(R)−α−(2,3−ジメトキシフェニル)−1−[2−(フルオロフェニル)エチル]−4−ピペリジンメタノールの種々の製造方法を提供。
【解決手段】(R)−α−(2,3−ジメトキシフェニル)−4−ピペリジンメタノールを4−フルオロフェニルエチルアルキル化剤と反応させる方法、4−[1−オキソ−1−(2,3−ジメトキシフェニル)メチル]−N−2−(4−フルオロフェン−1−オキソ−エチル)ピペリジンをキラル還元剤と反応させる方法や、α−(2,3−ジメトキシフェニル)−1−[2−(4−フルオロフェニル)エチル]−4−ピペリジンメタノール、酪酸エステルを選択的酵素加水分解する方法など。 (もっと読む)


本発明はイミダゾピリジンメチレン置換ピペリジン誘導体及び医薬としてのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、オランザピンを含有する医薬的に洗練された製剤を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、パモ酸オランザピンまたはその溶媒和物を含む製剤を提供する。 (もっと読む)




本発明は、式(I)の一過性受容体電位バニロイド(TRPV)モジュレーターを提供する。特に、本明細書に記載の化合物は、TRPV3によってモジュレートされる疾患、状態、および/または障害の処置または予防に有用である。本明細書では、本明細書に記載の化合物の調製方法、その合成で使用する中間体、その医薬組成物、ならびにTRPV3によってモジュレートされる疾患、状態、および/または障害を処置または予防する方法も提供する。
(もっと読む)


【課題】特定なピペラジン塩酸塩誘導体により、抑うつ障害、双極性障害、痴呆、肥満症、脳梗塞、等の処置及び予防のため、又は高血圧、慢性疼痛、月経前症候群等の処置における副作用を治療する薬剤及びその使用を提供する。
【解決手段】1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン塩酸塩の新規な結晶変態、1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン二塩酸塩の結晶変態、アモルファスである1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン塩酸塩の提供。 (もっと読む)


本発明は、4位にオキソピリジンまたはイソキノロンを有し、Sが式(IIa)
または式(IIb)である式(I)を有する、3,4−置換ピペリジニルをベースとする
レニン阻害剤化合物に関する。本発明はさらに、前記化合物を含有する医薬組成物、なら
びに心血管系事象および腎機能不全の治療におけるそれらの使用に関する。
(もっと読む)


【課題】特定なピペラジン塩酸塩誘導体により、抑うつ障害、双極性障害、痴呆、肥満症、脳梗塞、等の処置及び予防のため、又は高血圧、慢性疼痛、月経前症候群等の処置における副作用を治療する薬剤及びその使用を提供する。
【解決手段】1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン塩酸塩の新規な結晶変態、1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン二塩酸塩の結晶変態、アモルファスである1−[4−(5−シアノインドール−3−イル)ブチル]−4−(2−カルバモイル−ベンゾフラン−5−イル)−ピペラジン塩酸塩の提供。 (もっと読む)


本発明は、所望により置換されていてよい3−アミノ−4,5−ジヒドロ−(1Hまたは2H)−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6(7H)−オンおよびそれらの4−イミノまたは4−チオキソ誘導体、例えば3−アミノ−4−(チオキソまたはイミノ)−4,5−ジヒドロ−2H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6(7H)−オン、3−アミノ−4−(チオキソまたはイミノ)−4,5−ジヒドロ−2H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6(7H)−オン、3−アミノ−4−(チオキソまたはイミノ)−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6(7H)−オン、それらの製造方法、医薬としてのそれらの使用、およびそれらを含む医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、NPY Y5受容体のリガンドである、生物活性を有するアミドを対象とする。本発明はさらに、治療有効量の本発明の化合物と薬学的に許容可能な担体とを含む医薬組成物を提供する。本発明はまた、一定量の本発明の化合物を対象に投与することを含む、特定の障害に罹患している対象の治療方法を提供する。さらに、本発明は、特定の障害に罹患している対象を治療する医薬を製造するための、本発明の化合物の使用も提供する。 (もっと読む)


メチルフェニデートを含有するコア物質;及び、前記コア物質上に形成された放出制御用高分子コーティング層を含む複数の放出制御用粒子を含み、前記複数の放出制御用粒子は、前記放出制御用高分子コーティング層の平均厚さを基準に2種類以上の群に分けられ、それぞれの粒子群は、高分子コーティング層の高分子組成が同一であるが、コーティングの平均厚さが異なることを特徴とする放出制御用薬剤学的組成物が開示される。前記放出制御用薬剤学的組成物は、コア物質に含有されているメチルフェニデートの放出パターンを自由に制御することができ、速崩解性錠剤をはじめ多様な形態の経口用製剤として活用可能である。 (もっと読む)


41 - 60 / 473