説明

Fターム[4C086ZA11]の内容

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (749,791) | 医薬用途・器官 (155,670) | 神経系に作用する医薬 (47,470) | 中枢神経系用薬 (39,352) | 中枢神経興奮剤 (4,418)

Fターム[4C086ZA11]の下位に属するFターム

抗抑うつ剤 (3,945)

Fターム[4C086ZA11]に分類される特許

121 - 140 / 473


本発明のアリール置換およびヘテロアリール置換テトラヒドロベンゾ-1,4-ジアゼピン誘導体化合物は、以下の構造を有する式I(A〜D)によって示され、式中、置換基XおよびR1〜R8は本明細書において定義される通りである。

(もっと読む)


本発明は、新規化合物群、当該化合物を含む医薬組成物ならびに異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性に関連した疾患または障害、特にc−kit、PDGFRおよびPDGFRキナーゼの異常な活性化が関与する疾患または障害の処置または予防のための、当該化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、カリウムチャネルの強力な調節剤であることが判明し、そのため、カリウムチャネルの調節に反応するもののように多様な疾患又は障害の治療のための重要な候補である、式(I)の新規のベンズアミジン誘導体に関する。立体異性体若しくはその立体異性体の混合物、それらのN−オキシド、又はそれらの医薬として許容できる付加塩であって、Bは存在しなくてもよく(即ち、複素環が形成されておらず)、存在しない場合、Bに隣接する窒素は水素を保持し(即ち「NH」)、AはNH若しくはOHを表し、又はBは存在してもよく(即ち、複素環の一部を形成する)、存在する場合、Bは、C=O若しくはC=Sを表し、AはNH若しくはOを表し、残りの変数は請求項1に明記されている通りである。
(もっと読む)


ジアゼパムなどのベンゾジアゼピン類の粒子組成物が、患者に対するジアゼピン薬の経鼻投与に使用される。ベンゾジアゼピン類の多峰性粒子製剤及び例えば発作の治療のために経鼻投与によってそれを使用する方法もまた提供される。 (もっと読む)


本発明は、新規ピリミジン誘導体群、そのような化合物を含む医薬組成物、またそのような化合物を、異常なまたは調節解除されたキナーゼ活性と関連のある疾患または障害、特にc−kit、PDGFRαおよびPDGFRβキナーゼの異常活性化が関与する疾患または障害を処置するまたは予防するために使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、イオンチャネル、特にカリウムチャネル及び塩化物チャネルの強力な調節剤であることが見出され、それ自体、カリウムチャネルの調節に反応するもののように様々な疾患又は障害の治療のための有用な候補である新規なβ−ケト−アミド誘導体に関する。 (もっと読む)


本発明は、式Iによる化合物、並びにその全ての立体異性体、溶媒和物、プロドラッグおよび医薬的に許容される形態を提供する。さらに、本発明は、少なくとも1つの式(I)による化合物および、適宜、少なくとも1つのさらなる治療薬を含有する医薬組成物を提供する。最後に、本発明は、治療上有効な用量の式(I)(ここでR1、R1a、R1b、A、R3、R4、R5、R5bおよびR6は本明細書に記載の通りである)による化合物を投与することによる、MCHR-1調節疾患または障害、例えば、肥満症、糖尿病、うつ病もしくは不安症などを患っている患者の治療方法を提供する。

(もっと読む)



本発明は、サイクリン依存性キナーゼの阻害剤及びその治療的適用に関する。さらに、本発明は、サイクリン依存性キナーゼの有効量の少なくとも1つの阻害剤の投与を含む、いずれかの種類の疼痛、炎症性障害、免疫学的疾患、増殖性疾患、感染性疾患、心血管疾患及び神経変性疾患を予防し及び/又は治療する方法に関する。
【化1】
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物、疾患療法のためのそれらの組合せ及び使用、又はそれらの全ての互変異性体及び立体異性体を含む、それらの医薬として許容し得る塩、溶媒和物若しくは多形体に関する(式中、Aは式(A)又は式(B)を表し、かつB、R1、R2、R3、R4、R5、R6、及びZは、説明及び特許請求の範囲を通じて規定されている。)。
【化1】
(もっと読む)


式(1)に記載の縮合複素環式化合物が提供される:ここで、R、R、Rおよびmは、本明細書中において定義されるとおりである。提供される化合物およびその薬学的組成物は、ヒトをはじめとした哺乳動物における、種々の状態(例えば、疼痛、炎症、認知障害、不安、鬱病などが挙げられるがこれらは非限定的な例である)の予防および処置に有用である。一つの実施形態において、本発明で提供される化合物、薬学的組成物および方法は、哺乳動物における一連の状態(例えば、様々な起源または病因の疼痛、例えば、急性、慢性、炎症性および神経因性の疼痛、歯痛および頭痛(例えば、片頭痛、群発性頭痛および緊張性頭痛)であるがこれらに限定されない)を処置、予防または改善するために有用である。

(もっと読む)


本発明は、一般式(I)で表わされる、新規バニロイド受容体リガンド、その製造方法、これらの化合物を含有する医薬及び偏頭痛;うつ病;神経組織変性疾患;認知疾患;不安状態;てんかん;咳;下痢;そう痒症;炎症;心臓血管系障害;食物摂取障害;薬物依存;薬物乱用及び殊に尿失禁治療用医薬の製造へのこれらの化合物の使用に関する。

(もっと読む)


構造式(I)の新規な化合物は、カンナビノイド−1(CB1)受容体のアンタゴニスト及び/又はインバースアゴニストであり、かつCB1受容体によって媒介される疾患の治療、予防及び抑制に有用である。本発明の化合物は、精神病、記憶障害、認識障害、アルツハイマー病、片頭痛、神経障害、多発性硬化症及びギラン・バレー症候群及びウイルス脳炎の炎症性後遺症を含む神経炎症障害、脳血管発作及び頭部外傷、不安障害、ストレス、てんかん、パーキンソン病、運動障害及び統合失調症の治療で中枢作用薬として有用である。この化合物はまた、薬物乱用障害の治療、肥満症又は摂食障害の治療、並びに喘息、便秘、慢性偽腸閉塞、肝硬変、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の治療、並びに覚醒状態の促進に有用である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、新規な1,3,8−三置換−1,3,8−トリアザ−スピロ[4:5]デカン−4−オン誘導体、それらを含有する薬学的組成物、並びにORL−1 G−タンパク質共役受容体により媒介される疾患及び病状の処置におけるそれらの使用に関する。R3は、よりなる群から選択され、R0は、−CCH、ヒドロキシ、−N3、−O−C(O)−C1〜4アルキル、−O−SO2−C1〜4アルキル、−O−(2−テトラヒドロピラニル)よりなる群から選択され、R1は、1−アセナフテニルであり、R2は、4−フルオロフェニルであり、A1は、−CH2−、−CH2CH2−、−CH2CH2−及び−CH2CH2CH2CH2よりなる群から選択される。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、ニューロキニン-1(NK-1)受容体拮抗薬、およびタキキニンおよび特にサブスタンスPの阻害剤として有用な特定のヒドロキシメチルエーテルヒドロイソインドリン化合物を対象とする。また本発明は、有効成分としてこれらの化合物から構成される薬剤の製剤形態、ならびに嘔吐、尿失禁、LUTS、鬱病、および不安神経症を含む一定の障害の治療における化合物およびその製剤の使用に関する。 (もっと読む)


【化1】


本発明は、同時に細胞中のカルシウムイオンの恒常性を制御するセロトニン5−HT受容体のアンタゴニストに関し、そして一般式(1)の置換された2,3,4,5−テトラヒドロ−1h−ピリド[4,3−b]インドールの形態であり、ここにおいて、Rは、所望により置換されていてもよいC−Cアルキルから選択されるアミノ基置換基であり;Rは、水素、ハロゲン、C−Cアルキル、CF、OCFから選択される一つ又はそれより多い置換基であり;Arは、非置換の又はハロゲンによって置換されたC−Cアルコキシ、C−Cアルキル、アミノ基置換基又はトリフルオロメチルによって置換されたフェニル、或いは所望により置換されていてもよい環中に1−3個の窒素原子を含んでなる芳香族の6員の複素環であり;そしてWは、−CH−CH−エチル基、ビニル又はアセテニル(acetenyl)基である。一般式1の化合物から選択される新規な化合物、その製造のための方法、医薬組成物及びその使用のための方法も更に開示される。
(もっと読む)


式1aまたは1b(式中、R、R、およびRは、本明細書で規定する通りである)の縮合へテロ環化合物が提供される。ヒトを始めとする哺乳類における種々の状態、限定ではない例示として、疼痛、炎症、認知障害、不安症、うつ状態、その他の予防および治療に有用な、化合物およびその医薬組成物が提供される。一つの実施形態において、提供される化合物、医薬組成物および方法は、哺乳類において、さまざまな状態、たとえば、種々の成因または病因の疼痛、たとえば、急性、慢性、炎症性および神経因性疼痛、歯痛および頭痛(たとえば、偏頭痛、群発性頭痛および緊張性頭痛)(これらに限定されない)を治療する、予防するまたは改善するのに有用である。

(もっと読む)


本発明は、R、R、R3a、R3b、R3c、R3dおよびR100が本明細書で規定するとおりである式(I)の化合物に関する。このような化合物は、5−HT2c作動薬として働く。 (もっと読む)


本発明は、AがC−C−アルキル、C−C−ハロアルキル、C−C−ヒドロキシアルキル、C−C−アルケニル、C−C−ハロアルケニル、C−C−シクロアルキル、アリール−C−C−アルキル、アリール−C−C−アルケニル、アリールまたはヘタリールであり;−−−が単結合または二重結合であり;XおよびXがN、CRx1、NRx2またはCRx3x4であり;Rx1、Rx3およびRx4がH、ハロゲン、CN、NO、C−C−アルキル、C−C−アルコキシ、C−C−アルキルカルボニルなどであるか、2個のジェミナル基Rx3およびRx4がそれらが結合している炭素原子とともにカルボニル基または3から6員の炭素環もしくは複素環スピロ環状環を形成していることができ;Rx2が水素、C−C−アルキル、C−C−アルキルカルボニル、C−C−ハロアルキルなどであり;または2個の隣接する基Rx1、Rx2、Rx3もしくはRx4がXおよびXとともに5員もしくは6員の炭素環もしくは複素環縮合環を形成しており;Y、YおよびYがNまたはCRであり;RがH、ハロゲン、CN、NO、C−Cアルキル、C−C−アルコキシ、C−C−アルキルカルボニル、C−C−ハロアルキルなどであり;前記基X、X、Y、YおよびYのうちの最大3個がNRx1およびNから選択され;Rが水素、C−C−アルキル、C−C−ヒドロキシアルキル、C−C−ハロアルキルなどであり;RがC−C−アルキルまたはC−C−ハロアルキルであり;nは0、1または2である式(I)の化合物;それの生理的に耐容される酸付加塩およびN−オキシド、それらを含む医薬組成物、処置を必要とする対象者に対して有効量のそのような化合物を投与する段階を有する中枢神経系の疾患、耽溺疾患もしくは肥満から選択される医学的障害の治療方法ならびに医薬組成物を製造する上でのそのような化合物の使用に関するものである。

(もっと読む)


【課題】新規動物細胞及びその使用。
【解決手段】プロテインキナーゼCのεイソ酵素(PKCε)をコードする遺伝子の少なくとも1つの対立遺伝子の中に操作された突然変異を含有する二倍体動物細胞であって、前記突然変異により、野生型細胞に比べて低いPKCε活性レベルを有する細胞、前記の細胞を含んでなる非ヒトトランスジェニック動物、及びその使用。 (もっと読む)


121 - 140 / 473