説明

Fターム[4C086ZC37]の内容

Fターム[4C086ZC37]に分類される特許

21 - 40 / 881


【課題】本発明の目的は、4−エチルフェニル硫酸の血液中の濃度が上昇している経口投与用吸着剤の投与を必要としている患者と、必要としていない患者とを判別する方法、すなわち経口投与用吸着剤による治療対象を検出する方法、並びに投与用吸着剤の投与によって、4−エチルフェニル硫酸の血液中の濃度が低下したか否かを判定する方法、すなわち経口投与用吸着剤の対象への投与による治療効果を判定する方法を提供することにある。
【解決手段】前記課題は、ヒト由来の液体試料中の4−エチルフェニル硫酸濃度を分析することを特徴とする、経口投与用吸着剤の投与対象の検出方法、並びにト由来の液体試料中の4−エチルフェニル硫酸濃度を分析することを特徴とする、経口投与用吸着剤の対象への投与による治療効果の判定方法によって解決することができる。 (もっと読む)


【課題】ジアザベンゾ[デ]アントラセン−3−オン化合物、及び、PARPの阻害方法の提供。
【解決手段】本発明は、ポリ(ADP−リボース)ポリメラーゼ(「PARP」)を阻害するジアザベンゾ[デ]アントラセン−3−オン化合物、これらの化合物を含む組成物、並びに、本明細書中に記載の症状の影響を治療、予防及び/又は緩和するためのこれらのPARP阻害剤の使用方法に関する。 (もっと読む)


【課題】難水溶性ポリフェノールの含有量が高く、かつ水への溶解性に優れるポリフェノール組成物を効率的に製造する方法の提供。
【解決手段】次の工程(1)及び(2):
(1)水性媒体の存在下、難水溶性ポリフェノール(A)を100〜180℃で加熱処理する工程、
(2)加熱処理後600分以内に処理液を噴霧乾燥又は凍結乾燥する工程、
を含み、
前記加熱処理を、難水溶性ポリフェノール(A)と可溶化剤(B)の合計に対する可溶化剤(B)の質量比[(B)/((A)+(B))]が0.1未満である条件で行う、ポリフェノール組成物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】ピロロキノリンキノン、又は生理的に許容されるその塩、及びEDTA又は生理的に許容されるその塩を含み、優れたエラスターゼ活性阻害作用を有する外用組成物を提供する。
【解決手段】(a) ピロロキノリンキノン、又は生理的に許容されるその塩、(b) EDTA又は生理的に許容されるその塩、及び(c) 炭素数2〜6、水酸基数2〜4の多価アルコール、及びグリコールエーテルからなる群より選ばれる少なくとも1種の水酸基含有化合物を含み、水酸基含有化合物(c)の含有量が、ピロロキノリンキノン、又は生理的に許容されるその塩(a)の1重量部に対して5重量部以上である外用組成物。 (もっと読む)


【課題】多量栄養素及び微量栄養素を供給するのに適しており、粘膜の損傷、特に放射線又は化学療法からもたらされるものを防ぐ及び/又は緩和する栄養組成物の提供。
【解決手段】蛋白質供給源、脂質供給源及び炭水化物供給源を含有する、ml当り少なくとも1.3kcalのエネルギー含量を有する栄養組成物であり、蛋白質供給源が、前記組成物のエネルギーの20〜30%を提供し、40〜80重量%のカゼイン及び60〜20重量%のホエーを含有し、前記組成物の100kcal当り0.5〜20μgのTGF−βを含有し、前記組成物のエネルギーの2〜15%を提供する量で遊離グルタミンを含有する、栄養組成物。該遊離グルタミンは、栄養組成物のエネルギーの5〜10%を提供するものであることが好ましい。脂質供給源が、脂質供給源の重量%で30〜70%の中鎖トリグリセリドを含有するものであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】所望の物質を高効率で吸着することができる多孔質炭素材料を提供する。
【解決手段】本発明の多孔質炭素材料は、泥炭を原料とし、非局在化密度汎関数法によって求められた直径1×10-8m乃至2×10-7mの細孔の容積の合計が0.5cm3/グラム以上であり、あるいは又、BJH法によって求められた細孔の容積が0.5cm3/グラム以上である。 (もっと読む)


【課題】ピルフェニドン投与に応答して肝機能のバイオマーカーの異常を示した患者に、ピルフェニドンを投与する方法が、提供される。
【解決手段】上記方法は、一定期間、完全な目標用量よりも少ない用量のピルフェニドンを患者に投与し、引き続き完全な目標用量のピルフェニドンを上記患者に投与する工程を含む。上記方法はまた、減少せずに、完全な目標用量のピルフェニドンを投与する工程、および、一貫して減少した用量のピルフェニドンを投与する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】新規ベンゾイソフラノン誘導体がガンマーインターフェロンによる上皮系・間質系細胞間応答に作用することによって臓器組織傷害後の修復再生を誘導する医薬を提供する。あるいは、新規ベンゾイソフラノン誘導体がリンフォトキシンアルファによる上皮系・間質系細胞間応答に作用することによって臓器組織傷害後の修復再生を誘導する医薬を提供する。さらに、新規ベンゾイソフラノン誘導体がTGF-ベータ1による障害をうけた細胞の損傷過程の応答反応を修飾することにより臓器組織傷害後の修復再生を誘導する医薬を提供する。
【解決手段】傷害をうけた細胞の損傷過程を修飾する作用を有する臓器組織の修復再生治療薬。 (もっと読む)


【課題】 スフィンゴミエリンの新規の医薬用途を見出し、種々の疾患の予防剤または治療剤並びにこれらの剤を配合した飲食品及び飼料を提供することを課題とする。
【解決手段】 スフィンゴミエリンを有効成分として含有し、下記のいずれかの剤である医薬:1)悪酔い予防剤、2)抗アレルギー剤、3)抗酸化剤、4)感染防御剤、5)養毛剤、6)脱髄疾患治療剤、7)抗色素沈着剤または8)抗炎症剤。スフィンゴミエリンは乳由来であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 飲料水などに水素ガスを溶解させる際、水素ガスを安全にしかも簡便な方法で安定的に得られるような水素ガス発生装置を提供することである。
【解決手段】 この水素ガス発生装置1は、マグネシウムを含有する吸水体10が収容される本体部2と、この本体部2の下方に延びるガス通路管3とを備え、前記本体部2内には前記ガス通路管3と連通する中空管6が本体部2内に収容される吸水体10の上方まで延びている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、過剰増殖性疾患、および哺乳類癌、特に、ヒト癌の治療において有用である新規化合物に関する。本発明はまた、キナーゼ活性を調整するための方法、医薬組成物、および個人を治療する方法、該化合物を組み込む、または使用するための方法に関連する。
【解決手段】好ましい化合物は、式Ia〜Iwwに説明される活性小分子である。 (もっと読む)


【課題】天然の油又は脂肪から、カロテン濃縮物、ビタミンE濃縮物、スクアレン濃縮物及び植物ステロール濃縮物を、超臨界流体を用いて抽出する一段階又は二段階の超臨界流体抽出(SFE)法を提供すること。
【解決手段】 該方法は、天然の油又は脂肪をエステル化して、カロテン、ビタミンE、スクアレン及び植物ステロールの濃縮された混合物を形成する工程と、超臨界流体抽出を行う一つ又は二つの工程と、のみを含む。使用することができる超臨界流体の一つである超臨界二酸化炭素は、非引火性であり、無毒、かつ無害である。超臨界流体抽出法は溶媒残渣を残さず、環境に好ましいものである。 (もっと読む)


【課題】溶媒の単独使用を避けるか又は排除して、有害でないビタミンE異性体の単離方法を提供する。
【解決手段】ビタミンEを含んでなる化合物からのビタミンE異性体のクロマトグラフ単離の方法であって、(a)ビタミンE濃縮物を選択的吸着剤上に導入してビタミンE異性体の吸着を行い、続いて、(b)該吸着されたビタミンE異性体の個々の脱着を行う工程を含み、その際、該ビタミンE異性体の吸着及び/又は脱着が超臨界流体環境下で行われる方法。 (もっと読む)


【課題】栄養補助剤又は医薬品として使用されるリポソームの製造方法を提供する。
【解決手段】少なくとも約18w/w%のベシクル形成脂質を約1〜12w/w%の水性溶媒又は水混和性溶媒に室温で可溶化して脂質溶液を形成し、前記薬剤を0.005〜0.01w/w%のEDTAに室温で可溶化して薬剤含有溶液を形成し、前記薬剤含有溶液をろ過し、前記脂質溶液を前記薬剤含有溶液に攪拌しながら注入し、得られる脂質及び薬剤含有溶液を頻回攪拌しながら少なくとも1時間水和させ、リポソームを製造する。 (もっと読む)


【課題】アリール尿素CB−1受容体の調節性化合物の有効量を処置の必要な被験者に投与することによって、CB−1受容体に関連する疾患(特に、肥満症)を処置する方法を提供する。
【解決手段】式(I):


[式中、Yは、フェニル、ヘテロアリール基、等、Wは、COOR、COR、等、Wは、水素、ハロゲン、等、Zは、C1〜3アルキレン、等、Qは、フェニル、ピリジル、等、Tは、ハロゲン、COOR、等、TおよびTは独立して、水素、ハロゲン、等、Rは、C1〜6アルキル、フェニル、等、であり、RおよびRはそれらが結合する窒素と一緒になって、5−〜7−員ヘテロ環を形成し、mは、0、1、2または3であり;そして、nは、2または3である。]で示される化合物またはその医薬的に許容し得る塩。 (もっと読む)


【課題】日常生活のなかで老化や紫外線などにより引き起こされる酸化反応などが原因となる肌荒れ、シワ、色素沈着、ニキビ及び皮膚炎など各種肌トラブルの改善予防効果及び治療効果に優れ、安定で安価なかつ安全性に優れる抗酸化剤、化粧料、飲食品組成物及び医薬品組成物を提供すること。
【解決手段】フルクトシルシトルリンを有効成分として含有する抗酸化剤である。またフルクトシルシトルリンを配合した化粧料であり、フルクトシルシトルリンを配合した飲食品組成物であり、フルクトシルシトルリンを配合した医薬品組成物である。 (もっと読む)


【課題】例えば便秘等の副作用を低減させることができるとともに、例えばざらつき感が無く、少量の水で済む等、摂取を容易にした腸内毒素吸着剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の腸内毒素吸着剤は、ゼリー状又はゲル状の剤型であり、ヤシ殻由来の植物炭末及び熱硬化性樹脂由来の炭末から選ばれる少なくとも一種の活性炭、並びにローカストビーンガム、カラギーナン、ペクチン、ポリデキストロース、アガロース、アガロペクチン及びキサンタンガムから選ばれる少なくとも一種の多糖類を含有する。好ましくは、植物炭末は、水蒸気賦活されたヤシ殻由来の植物炭末である。好ましくは、多糖類は、少なくともポリデキストロースを含んで構成される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、放射線の被爆により発生する造血抑制、臓器の繊維化、遺伝的な影響、皮膚の萎縮、老化の促進、更には、癌の発生を低減乃至抑制することができ、且つ、生体に投与しても安全な放射線障害軽減剤及びこの放射線障害軽減剤を配合した組成物を提供することを課題とするものである。
【解決手段】 α−D−グルコピラノシル−(1→2)−L−アスコルビン酸を有効成分として含有する放射線障害軽減剤及びこの放射線障害軽減剤を配合した組成物を提供することにより解決する。 (もっと読む)


【課題】アルツハイマー病(AD)、脳アミロイド血管症(CM)、およびプリオン媒介疾患などの神経変性障害および/または神経障害の治療薬としてのβ−セクレターゼ(BACE)阻害剤の提供。
【解決手段】下記式で表される化合物88などの1,8−ジアザスピロ[4.5]デカン−2−オン誘導体。
(もっと読む)


【課題】 新規なアセトアミノフェン肝傷害の治療又は予防のための医薬組成物を提供する。
【解決手段】 本発明は、(E)−3−[p−(1H−イミダゾール−1−イルメチル)フェニル]−2−プロペン酸(オザグレル)又はその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有する、アセトアミノフェン肝傷害の治療又は予防用医薬組成物を提供する。
すなわち、本発明は、アセトアミノフェン投与前又は投与後に、オザグレル又はその薬理学的に許容される塩を投与することにより、肝アラニントランスアミナーゼ(ALT)の上昇抑制、肝総グルタチオン量の増加、肝組織傷害の顕著な抑制効果を有するアセトアミノフェン肝傷害の治療又は予防用医薬組成物に関するものである。 (もっと読む)


21 - 40 / 881