Fターム[4C086ZC61]の内容

Fターム[4C086ZC61]の下位に属するFターム

Fターム[4C086ZC61]に分類される特許

41 - 60 / 725


【課題】動物上のノミ、シラミ又はハエのような寄生虫の皮膚的抑制のために特に適しており、低温(−30℃の低温まで)におけるその優れた保存安定性により傑出している、皮膚適用のための新規な水−含有調剤を提供する。
【解決手段】a)1〜20重量%の濃度における昆虫のニコチン性アセチルコリンレセプターのアゴニストもしくはアンタゴニスト;b)2.5〜15重量%の濃度における水;c)少なくとも20重量%の濃度におけるアルコール、又は場合により置換されていることができるピロリドンの群からの溶媒;d)5〜50.0重量%の濃度における環状カーボネートもしくはラクトンの群からの溶媒;e)場合により、調剤の全重量に関して0.025〜10重量%の濃度における増粘剤、展延剤、着色剤、酸化防止剤、噴射剤、防腐剤、乳化剤及び乳化剤の群からの他の添加剤を有する動物の皮膚上の寄生虫及びダニを防除するための水性調剤。 (もっと読む)


【課題】動物外部寄生虫に対して優れた効力を有する動物外部寄生虫防除剤を提供する。
【解決手段】式(1)


〔式中、Gは式G−1〜G−3のいずれかで示される基を表し、Mは酸素原子等を表し、Q1、Q2、Q3及びQ4は同一又は相異なり、窒素原子又はCR3基を表し、mは0から5の整数のいずれかを表し、R2はハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C6アルキル基等を表し、R5及びR6は同一又は相異なり、群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R4は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表す。〕で示されるヒドラジド化合物を有効成分として含有することを特徴とする動物外部寄生虫防除剤は、動物外部寄生虫に対する優れた防除効果を示す。 (もっと読む)


【課題】甲殻類動物、及び他の無脊椎動物における、dsRNAで誘導された特異的、及び非特異的免疫、及びそこで使用する生物送媒体の提供。
【解決手段】少なくとも1種のdsRNAを投与することによる、無脊椎動物、好ましくは甲殻類動物における、全身性非特異的、及び/配列特異的免疫応答を誘導する方法であって、該dsRNAが病原体に対する免疫を与えるか、成長、生殖、及び健康一般、又は"ロバスト性"に関与するような遺伝子の発現を調節する方法。また、発現が病原体に対する非特異的(全身性)免疫応答の誘導に関与する、甲殻類動物遺伝子などの、無脊椎動物遺伝子を同定する方法。また、甲殻類動物に、少なくとも1種のdsRNAを恒常的に投与する、好ましい送達系、及び方法であって、該dsRNAが、注入、浸漬、餌料、又は栄養媒体を経て投与されるか、或いdsRNAを発現し、かつエビなどの甲殻類動物により摂取可能である方法。 (もっと読む)


【課題】動物外部寄生虫に対して優れた効力を有する動物外部寄生虫防除剤を提供する。
【解決手段】式(1)


〔式中、R3はハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C6アルキル基等を表し、R5は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R6は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R9は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R10は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表す。〕で示されるヒドラジド化合物を有効成分として含有することを特徴とする動物外部寄生虫防除剤は、動物外部寄生虫に対する優れた防除効果を示す。 (もっと読む)


【課題】(1)日々の疲れ、(2)疲れやすさ、疲れの取れやすさ、(3)肩こり、(4)頭痛感、(5)目覚めのすっきり感、(6)目の疲労回復等の疲労回復や、さらには(7)目の乾燥、(8)風邪の引きやすさの改善、(9)物忘れ、(10)憂鬱な気分、(11)肌のたるみ、(12)髪の毛のボリュウム等疲労に伴う不定愁訴に対して顕著な効果を有する疲労改善組成物の提供。
【解決手段】大豆サポニンBグループを含有する疲労改善組成物。 (もっと読む)


【課題】動物外部寄生虫に対して優れた効力を有する動物外部寄生虫防除剤を提供する。
【解決手段】式(1)


〔式中、R3はハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C6アルキル基等を表し、R5は群E2より選ばれる基で置換されていてもよいベンゾイル基等を表し、R6は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表し、R4は群E1より選ばれる基で置換されていてもよいC1−C12鎖式炭化水素基等を表す。〕で示されるヒドラジド化合物を有効成分として含有することを特徴とする動物外部寄生虫防除剤は、動物外部寄生虫に対する優れた防除効果を示す。 (もっと読む)


【課題】 家畜の糞便または厩肥周辺における害虫を防除する方法を提供すること。
【解決手段】 サイロマジンを経口投与することを含み、前記投与によって、処置される動物の糞便中に殺虫量のサイロマジンが含まれる方法が開示される。本発明はさらに、家畜の糞便または厩肥でのハエの幼虫の成長を阻害する方法を提供する。そのような方法は、サイロマジンを経口投与することを含み、前記投与によって、処置される動物の糞便中に殺虫量のサイロマジンが含まれる方法である。 (もっと読む)


【課題】抗微生物剤及びヘパリン治療と関連する出血性合併症のための解毒薬としてのポリマー及びオリゴマーの提供。
【解決手段】新規な表面的に両親媒性のポリマー及びオリゴマーならびに製薬学的組成物を含むそれらの組成物。抗微生物剤及びヘパリン治療と関連する出血性合併症のための解毒薬としてのポリマー及びオリゴマーの製薬学的使用を含む、表面的に両親媒性のポリマー及びオリゴマーの使用方法。さらに、表面的に両親媒性のポリマー及びオリゴマーの設計及び合成を開示する。 (もっと読む)


【課題】筋疾患および心臓血管障害に関与する新規なオリゴヌクレオチド治療剤(マイクロRNA)の提供。
【解決手段】新たなmiRNA、mir−208−2を同定した。該miRNAは、500個未満のヌクレオチドの単離核酸分子であって、mir−208−2を含むことを特徴とする単離核酸分子に関する。1つの態様において、例えばpri−miRNAを標的とするために、mir−208−2を含む単離核酸分子は200ヌクレオチド長未満を有する。他の態様において、例えばpre−miRNAを標的とするために、mir−208−2を含む単離核酸分子は80ヌクレオチド長未満を有する。該miRNAは、オリゴヌクレオチド治療剤(アンチセンスオリゴヌクレオチドおよび/または二本鎖オリゴヌクレオチド、例えばdsRNA)および、mir−208−2の調節異常によって惹起される筋疾患および心臓血管障害の処置に使用される。 (もっと読む)


【課題】優れた効力を有する動物外部寄生虫卵の孵化阻害組成物を提供する。
【解決手段】4−フェノキシフェニル 2−(2−ピリジルオキシ)プロピル エーテルと、(E)−1−(2−クロロ−1,3−チアゾール−5−イルメチル)−3−メチル−2−ニトログアニジンとを含有する組成物は、動物外部寄生虫卵に対する優れた孵化阻害効果を示す。 (もっと読む)


【課題】本発明は、長期間にわたってコンパニオン動物における外部寄生虫の侵襲を防除するための方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、長期間にわたってコンパニオン動物における外部寄生虫の侵襲を防除するための1回用量の経口製剤に関するものであって、該経口投与形態の製剤はスピノシン成分またはその生理学的に許容し得る誘導体もしくは塩、および担体を含む。 (もっと読む)


【課題】組織の増殖又は再生を必要としている哺乳類の疾病又は疾患の治療用製剤を製造する方法を提供する。
【解決手段】サッカロポリスポラ・スピノサ(Saccharopolyspora spinosa)の培養によって産生されるマクロライドであるスピノシン因子、個々のスピノシン因子のN−デメチル誘導体、これらの組み合わせ又は生理学的に許容される塩を投与することを含む方法。 (もっと読む)


【課題】
犬における免疫賦活と感染防御を高めることの重要性に着目し、さらに無理なく継続的に与えることができる嗜好性と機能性を十分に考慮することにより、犬の免疫賦活と感染防御に優れ、かつ飼い主が容易に犬に与えることができる嗜好性の高いサプリメントを提供すること。
【解決手段】
消化促進機能を持つビール酵母、乳酸菌(死菌剤)、腸内における乳酸菌(死菌剤)の餌となるオリゴ糖を配合し、かつ顆粒状に製剤することで、十分な免疫賦活・感染防御の効果が発揮される顆粒状の犬用のサプリメント。 (もっと読む)


【課題】副作用や耐性菌の発現を抑制し、入手が容易であるため、長期間において予防的に使用可能である尿路感染症予防改善剤を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の尿路感染症予防改善剤はD−(+)−マンノースを含有することを特徴とする。D−(+)−マンノースは、植物のヘミセルロース由来であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】家畜やペット等を含む哺乳類の受胎や分娩の確率を高めることが可能な、哺乳類に適用される出産率向上促進剤を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明にかかる出産率向上促進剤は、イソプレノイド化合物を含有することを特徴としている。より具体的には、このイソプレノイド化合物は、ゲラニルゲラノイン酸、ファルネソイン酸、ゲラニルゲラニルアミン、ファルネシルアミン、ゲラニルアミン、ゲラニルゲラニオール、ゲラニルゲラニアール、ゲラニルゲラニルピロリン酸、および4,5−ジデヒドロゲラニルゲラノイン酸から選択された少なくとも一つの物質であることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】PCVからの遺伝子、特にPCV−2のORF1、PCV−2のORF2、PCV−1のORF1およびPCV−1のORF2から成る群から選択される遺伝子をコ−ドし、発現するプラスミドと、免疫応答を増加させる要素とから成る免疫原製剤およびワクチンの提供。
【解決手段】該要素は、遺伝子の発現産物に応答するカルボマ−、ブタサイトカイン、例えばGM−CSF、式(I)のカチオン脂質にすることができる(R1は12〜18の炭素原子を有する飽和または不飽和の直鎖脂肪族基、R2は2〜3の炭素原子を有する他の脂肪族基、Xは水酸基またはアミン基)。カチオン脂質はDMRIEでよく、DOPEと組み合わせることができる。式(I)
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

41 - 60 / 725