説明

Fターム[4C087CA47]の内容

動物、微生物物質含有医薬 (68,243) | 機能によって特徴づけられる物質 (5,368) | 有機系活性物質 (5,250) | 物性データが不明な物質 (142)

Fターム[4C087CA47]に分類される特許

1 - 20 / 142


【課題】リジルオキシダーゼ活性を有する卵殻膜粉末等を提供することを主な目的とする。
【解決手段】
本発明の卵殻膜粉末は、リジルオキシダーゼ活性を有し、レーザー回折式粒度分布測定により測定した平均粒子径が300μm以下である。リジルオキシダーゼ活性が、基質としてベンジルアミンを用いた場合のベンズアルデヒドの生成速度が0.01nmol/mg・min以上であることが好ましい。卵殻膜粉末に含まれる生菌数が1.0×10cfu/g以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】本発明は、腸炎の優れた予防・治療剤を提供することを目的とする。
【解決手段】間葉系幹細胞(MSC)の培養上清を含む腸炎の予防・治療剤である。かかるMSCの培養上清としては、MSCを低酸素濃度下で培養して得られる培養上清であることが好ましい。また、MSCとしては、骨髄間葉系幹細胞(BMSC)であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】簡便かつ日常的に摂取することにより血栓性疾患の発症を有効に予防し得る食品を提供すること。
【解決方法】コーンスターチを含む澱粉をアミラーゼで加水分解した糖化物を培地用基材とし、これに野菜汁および窒素源としてイーストを添加して発酵用培地を調整し、この培地に納豆菌であるバチルス・ズブチリスAK(受託番号:FERM P−18291)および乳酸菌を含む発酵菌を接種し、発酵および熟成させた後、生成した液状成分を分取した成分を有効成分として含む血栓性疾患予防食品。 (もっと読む)


【課題】ポリフェノール成分、例えば、松樹皮、ピーナッツ渋皮、ブドウ種子、小豆等の水抽出物を利用した乳酸菌発酵物及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】乳酸菌発酵物は、例えば、小豆の水抽出物をラクトバチルス・プランタラム(Lactobacillus plantarum)により乳酸発酵させて得られる。小豆の水抽出物としては、例えば製餡過程において小豆を水で煮る時に得られる煮汁が用いられる。本発明に係る乳酸菌発酵物は未発酵物に比べて抗SARS(Sub-Acute Respiratory Syndrome)コロナウイルス活性が3倍以上向上する。上記乳酸菌発酵物は、例えば、飲料、アイス、焼き菓子、アメ、ガム、デザート等の食品の添加原料、錠剤、注射剤、予防・治療用鼻溶液組成物、ドロップス、うがい液、洗口液等の添加原料として広く利用することができる。 (もっと読む)


【課題】埋入されたインプラントの定着率を簡便に高めるインプラント定着補助剤を提供する。
【解決手段】骨形成能を有する細胞、好ましくは、骨分化誘導された骨髄間質細胞と、医薬として許容可能な担体とを含むインプラント定着補助剤並びに、骨分化誘導剤を含む培地で骨髄間質細胞を培養すること、培養後の骨髄間質細胞を、基材と混合すること、を含むインプラント定着補助剤の製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた末梢血単核球細胞の活性調節用組成物を提供することにある。
【解決手段】本発明の発明者らはパパイア発酵物の有効性について鋭意研究を重ねた結果、該発酵物に末梢血単核球細胞の活性を調節する優れた作用を有することを見出し本発明の完成するに至った。即ち、本発明はパパイア発酵物を有効成分として含有する末梢血単核球細胞の活性調節用組成物を提供するものである。本発明にかかる組成物は、末梢血単核球細胞の活性調節作用を有するパパイア発酵物を含むことから、末梢血単核球細胞の活性を調節する作用を有する。また、本発明はパパイア発酵物を有効成分として含有する末梢血単核球細胞の活性調節用組成物を含む飲食物、健康食品又は飼料添加物(以下、飲食物等)を提供するものである。本発明にかかる組成物を含む飲食物等には、末梢血単核球細胞の活性調節作用を有するパパイア発酵物を含むことから、末梢血単核球細胞の活性を調節する作用を有する。 (もっと読む)


【課題】 羽毛由来の水溶性成分の新規な医薬用途を提供すること。
【解決手段】 羽毛を可溶化処理して得られる水溶性成分、または、羽毛を可溶化処理した後、タンパク質分解酵素で処理して得られる水溶性成分を有効成分とする腫瘍細胞増殖抑制剤である。本発明によれば、例えば焼却したり埋め立てたりして処分されている養鶏の羽毛の新たな利用方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】物性の低下を抑制し、飲食品・医薬品等の様々な用途に利用することができる抗酸化剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の抗酸化剤は、ローヤルゼリーを抽出原料として亜臨界流体を用いて抽出処理して得られる抽出物を有効成分として含有することを特徴とする。好ましくは、実質的に発現されない程度にアレルギー性が低下されている。 (もっと読む)


【課題】筋成長の促進及び筋萎縮の抑制に有効なサプリメントを提供する。
【解決手段】ミネラル成分(リンを除く。)を含有する飲料水であって、重量配合比で、ナトリウムを8.3、カリウムを33.0、マグネシウムを3.1、カルシウムを3.8、鉄を0.30、亜鉛を0.09含有することを特徴とする筋萎縮抑制剤及び筋成長促進剤。これを摂取することにより、例えば高齢者、リハビリ中の者、低体力の者、宇宙飛行士、寝たきり老人などの筋力低下を効果的に抑制することができる。 (もっと読む)


【課題】健康食品として用いられている安全性に問題のない物質を用いて胃の中に硫化水素を発生させる方法、胃の中に硫化水素を発生させることができる健康食品、医薬品を提供。
【解決手段】硫化水素水より強い酸からなる物質と、水素ガスを吸蔵させた造礁サンゴカルシウムとを胃酸と反応させ、胃の中に硫化水素ガスを発生させる。前記硫化水素水より強い酸からなる物質は、乳酸オリゴマーである。硫化水素水より強い酸からなる物質と水素ガスを吸蔵させた造礁サンゴカルシウムはこれらを同時に口中に摂取する。前記硫化水素水より強い酸からなる物質は、乳酸オリゴマーが好適である。 (もっと読む)


【課題】免疫寛容を誘導できるT細胞反応性を有し、ヒトにおいて大豆アレルギーの治療および予防に供することのできる免疫寛容誘導剤を提供する
【解決手段】本発明に開示される免疫寛容誘導剤は、ダイズの種子成分を含有する発酵原料を納豆菌によって発酵して得られるペプチド画分を有効成分として含有する。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、ヒトが日常的に飲用することにより、体臭、殊に、高齢臭の生成を効果的に抑制することのできる飲料用水を提供することを課題とする。
【解決手段】
カルシウムイオン濃度が250ng/ml以上2,500ng/ml未満、カルシウムイオン以外のミネラルイオンから選ばれる1種又は2種以上のミネラルイオン濃度のいずれかが10ng/ml以上600ng/ml未満となるように人為的に含有せしめてなる飲料用水を提供することにより前記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】樹状細胞のトランスフェクションのための有効な非ウイルス性技術を提供すること。
【解決手段】本発明は、非ウイルス方法によって樹状細胞をトランスフェクトするための有効な方法を提供する。この方法は、樹状細胞と特定のトランスフェクション剤とをインキュベートすることによって、この利点を提供する。トランスフェクション剤は、ポリヌクレオチドおよび微粒子を含み、この微粒子は、生分解性ポリマーおよびカチオン性界面活性剤からなる。樹状細胞およびトランスフェクション材は、樹状細胞をこのポリヌクレオチドでトランスフェクトするのに十分な時間インキュベートされる。 (もっと読む)


【課題】簡便にスフェロイド形態に培養可能な促進剤を提供すること。
【解決手段】 粘膜質の体表皮を有する所定の魚類の、表皮から筋肉組織までの部位より採取された体液を用いたことを特徴とするスフェロイド形成促進剤である。特に、ノロゲンゲ、タナカゲンゲ、カレイを用いた体液が好ましい。また、イカやタコの胴部の内面にある体液または肝臓から採取された体液を用いたことを特徴とするスフェロイド形成促進剤である。採取は、圧搾もしくは遠心分離して得られる体液、または、凍結融解によるドリップによることができる。 (もっと読む)


【課題】飲食品、医薬品等の様々な用途に利用することが可能である花粉荷を有効成分として含有する角質層機能保護剤を提供する。
【解決手段】花粉荷、又は花粉荷の溶媒抽出物を有効成分として含有し、経口剤として適用される角質層機能保護剤に関する発明であり、例えば、乾燥性敏感肌の改善剤、乾皮症の治療剤、又は皮脂欠乏性湿疹の治療剤として適用される。 (もっと読む)


【課題】ヒト細胞におけるIL−17産生を抑制できるヒト細胞IL−17産生抑制剤を提供する。
【解決手段】ビフィズス菌またはその菌体由来成分を有効成分として含有することを特徴とするヒト細胞IL−17産生抑制剤。前記ビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム・ロンガムおよびビフィドバクテリウム・ブレベからなる群から選択される少なくとも1種であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】飲食品、化粧品等の様々な用途に利用することが可能である花粉荷を有効成分として含有する育毛剤を提供する。
【解決手段】花粉荷、又は花粉荷の溶媒抽出物を有効成分として含有することを特徴とする育毛剤であって、該育毛剤は、例えば経口育毛剤又は塗布用育毛剤として用いられる。 (もっと読む)


【課題】モラクセラ・カタラーリス(Moraxella catarrhalis)の外膜タンパク質ポリペプチドおよびそれから誘導されるポリペプチド(まとめて「OMP21」という)、OMP21をコードするヌクレオチド配列、ならびにOMP21と特異的に結合する抗体の提供。
【解決手段】OMP21、OMP21に対する抗体、またはOMP21をコードするヌクレオチドを含有する医薬組成物。動物(好ましくはヒト)においてモラクセラ・カタラーリスおよびOMP21に対する免疫応答を引き出す方法、動物(好ましくはヒト)のモラクセラ感染症を治療および診断する方法、ならびにそのためのキット。 (もっと読む)


【課題】顕著な降糖効果を有し糖尿病等の疾患の予防および治療に有効であり、使用する患者にとって抵抗感の少ない薬を提供する。
【解決手段】ナンバンカラスウリの種子、ケンゴシ、オウギ、キバン、カンゾウ、ゴミシ、ジオウ、オケラ、タイシジン、ホッコシ、ハクカ、およびシロコショウを、各々の重量比が28.2:23.5:9.4:7.1:2.4:4.7:4.7:4.7:4.7:4.7:4.7:1.2となるように混合したものを、無精子の鶏卵の卵白と混ぜ合わせて足裏の中央に定着させ15時間湿布する。 (もっと読む)


【課題】にきびを誘発させる原因菌として知られたプロピオニバクテリウムアクネスに対し、坑菌作用に優れ、炎症発生部位をより拡張させて、にきびの悪化に影響を及ぼす皮膚常在菌にも強い坑菌作用を表し、にきびにより損傷された皮膚細胞の再生を助ける優れる物質を含んだにきび予防及び治療用組成物を提供する。
【解決手段】
プロピオニバクテリウムアクネスに対し、坑菌作用に優れ、炎症発生部位をより拡張させて、にきびの悪化に影響を及ぼす皮膚常在菌にも強い坑菌作用を表し、にきびにより損傷された皮膚細胞の再生を助ける優れる物質を含んだにきび予防及び治療用組成物に関するものであって、本発明の組成物は蜂毒(蜂針液、Apis meliffera)を含み、これを化粧料または石鹸化するか、医薬品として、軟膏、バンド、ドレッシング形態などの皮膚外用剤としてにきびを原因的に予防、治療するためのにきび治療剤組成物に関するものである。 (もっと読む)


1 - 20 / 142