説明

Fターム[4C087ZA36]の内容

動物、微生物物質含有医薬 (68,243) | 医薬用途・器官 (10,719) | 個々の器官に作用する医薬 (8,512) | 循環器官用薬 (1,749)

Fターム[4C087ZA36]の下位に属するFターム

Fターム[4C087ZA36]に分類される特許

201 - 220 / 915


【課題】線維筋痛症候群の治療剤並びに血管平滑筋攣縮による疼痛の治療剤を提供する。
【解決手段】a)RNA、リボヌクレオチド及びリボヌクレオシドからなる群より選択される1種以上の化合物、
b)L−アルギニン、L−シトルリン及びL−オルニチンからなる群より選択される1種以上の化合物、及び
c)L−アスコルビン酸
を含む線維筋痛症候群の治療剤又は血管平滑筋攣縮による疼痛の治療剤であって、
成分b):成分c)の質量比が1:0.2〜20である線維筋痛症候群の治療剤又は血管平滑筋攣縮による疼痛の治療剤。 (もっと読む)


胎盤幹細胞、胎盤幹細胞を含む細胞の集団、および/または胎盤幹細胞を含む組成物を脳卒中犠牲者に投与することを含む、脳卒中を治療する方法が本明細書で提供される。
(もっと読む)


【課題】これまで治療が困難であった各種の線維性病変に対して,病変部の改善(線維化の縮小、消失)を図ること。
【解決手段】脂肪由来幹細胞(ASC)と、線維芽細胞増殖因子(FGF)および血小板由来増殖因子(PDGF)からなる群より選択される少なくとも1つの因子とを含む治療剤または予防剤。本発明はまた、線維芽細胞増殖因子(FGF)の存在下で脂肪由来幹細胞(ASC)を培養する工程を包含する、肝細胞増殖因子(HGF)の生産方法を提供する。本発明はさらに、線維芽細胞増殖因子(FGF)を含む、脂肪由来幹細胞(ASC)増殖刺激剤を提供する。本発明はなおさらに、線維芽細胞増殖因子(FGF)を含む、脂肪由来幹細胞(ASC)に対する肝細胞増殖因子(HGF)生産刺激剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】 摂取しやすく、しかも、長期間連用しても安全な、アディポネクチン産生増強剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 プロポリス抽出地物を有効成分とするアディポネクチン産生増強剤を提供することにより解決する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、安全に摂取可能な抗酸化剤を提供することである。本発明のさらなる目的は、特定の原料を組み合わせて含むことにより相乗的に抗酸化効果を発揮する抗酸化剤を提供することである。
【解決手段】本発明により、蜂の子を含む抗酸化剤、蜂の子およびプロポリスを含む抗酸化剤、ならびに蜂の子、プロポリス、およびローヤルゼリーを含む抗酸化剤が提供される。 (もっと読む)


【課題】移植手術に耐え得る、実際の手術に使用可能な、培養によって生産され得る人工組織またはシートの提供。さらには、細胞治療に代わる新たな治療法の提供。
【解決手段】特に、心筋以外の部分に由来する細胞を材料として移植手術に耐え得る人工組織を作製する。一部、特定の培養条件によって細胞を培養することによって予想外に組織化が進展し、かつ、培養皿から剥離し易いという性質をもつ人工組織を得ることにより達成される。さらには、スキャフォルドを用いず、成体の心臓を構成する心筋組織以外の部分に由来する筋芽細胞からなる、心臓疾患に適用するためのシート状三次元構造体が適用される。 (もっと読む)


【課題】水に対する溶解性を高めた可溶化蜂の子処理物、並びに可溶化蜂の子処理物を含有する医薬品、化粧品又は飲食品を提供する。
【解決手段】本発明の可溶化蜂の子処理物は、蜂の子を、プロテアーゼ処理及び酸性化処理を組み合わせて処理することにより得られることを特徴とする。プロテアーゼ処理に用いるプロテアーゼとしては、例えば、バチルス・サブティリス由来の中性プロテアーゼ、アスペルギルス・オリザエ由来の中性プロテアーゼ、バチルス・リケニフォルミス由来のアルカリ性プロテアーゼが挙げられる。 (もっと読む)


本発明は、ヒト幹細胞から高活性幹細胞を分離する方法、該方法によって分離された高活性幹細胞、該幹細胞を含む細胞治療剤、及び特定のサイトカインを含む幹細胞から高活性幹細胞を分離するための培地に関するものである。
本発明によると、本発明の方法を用いる際、種々の起源の間葉系幹細胞から高活性幹細胞を分離するのに非常に有用であり、また他の条件で培養されている種々の起源の幹細胞においても適用可能であるため、高活性の細胞治療剤を開発する上で、非常に有用に用いられ得る。体外で種々の継代により増大する老化された幹細胞を効果的に分離することができるため、幹細胞の活性を回復する方法として提示され得る。 (もっと読む)


【課題】腫瘍の発生を予防し又は遅延させ及び腫瘍の緩解を誘導する。
【解決手段】病気又は生理的状態と関係するタンパク質の選択的スプライスフォームに由来するペプチド又は抗体を、治療剤又は予防剤として利用する。タンパク質の血管内皮成長因子(VEGF)ファミリーの選択的スプライスフォームに由来するペプチド又は抗体は、腫瘍の発生を予防し又は遅延させ及び腫瘍の緩解を誘導するのに特に有用である。 (もっと読む)


【課題】血管新生および脈管形成の誘導に使用するための治療薬を提供する。
【解決手段】治療薬は幹細胞から単離した血管新生および脈管形成誘導因子を製薬学的に許容され得る細胞治療と一緒に含む。血管新生および脈管形成誘導因子の生産を増加させるために、幹細胞を暴露し、そして幹細胞と化合物を共培養することにより分泌される血管新生および脈管形成誘導因子の生産増幅法。治療に使用するために幹細胞から単離そして精製された血管新生および脈管形成誘導因子。上に説明した血管新生および脈管形成誘導因子を得る方法、その工程はヒトの間葉系幹細胞を分化前の組織から単離そして精製し、そして次いで間葉系幹細胞を培養拡大して神経学的および筋骨格治療用の道具を生産する工程を含む。組織修復に必要な所望の細胞表現型に分化し、そして生産することができる、単離され、そして必要な化合物の影響下で培養拡大した間葉系幹細胞。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質、遺伝子、及び細胞の治療的使用の分野に関わり、特に、分泌性治療用タンパク質METRNLの生物学的機能に基づく治療、特に神経系の障害の治療に関わる。METRNLは、神経保護及び/又は神経発生作用を有する、神経生存及び成長因子である。 (もっと読む)


【課題】少量を薄く短時間塗布するだけで強い美容及び医療効果を得ることができる二酸化炭素外用組成物並びにその製造方法の提供。
【解決手段】少なくとも水と増粘剤とからなる粘性物に二酸化炭素が非気泡状態で溶解している二酸化炭素外用組成物。該組成物は不透過性密閉型混合機を使用して、簡単に大量生産できる。他の二酸化炭素外用組成物の製造方法は、密閉可能容器中で発酵菌に二酸化炭素を産生させることにより、二酸化炭素外用組成物の製造と密閉容器への充填が一度ですむだけでなく、菌株により二酸化炭素の美容及び医療効果に相加的もしくは相乗的に作用する二次代謝産物が産生され、より付加価値の高い二酸化炭素外用組成物が得られる。他の二酸化炭素外用組成物は、少なくとも発酵菌と該菌の代謝産物、増粘剤、水、及び二酸化炭素を含んでいる。このような二酸化炭素外用組成物により、少量で強い美容及び医療効果が簡便に得られる。 (もっと読む)


本発明の態様は、導電性の高い緩衝液における振幅の大きい長い電気パルスの送達を許容して、電気穿孔を受ける細胞に対する損傷を最小限にする電気穿孔のための技術に向けられる。

(もっと読む)


【課題】DDP−IV阻害作用が強く、しかも、カロリーが低く、日常的に摂取して安全な飲食用素材由来の調製物を有効成分とするジペプチジルベプチダーゼ−IV阻害剤を提供する。
【解決手段】本発明にかかるジペプチジルベプチダーゼ−IV阻害剤は、固形分濃度3.5mg/mL以下でのジペプチジルペプチダーゼIV阻害率が60%以上の飲食用素材由来の調製物を有効成分として含有することを特徴とする。前記飲食用素材由来の調製物は、蛋白質含有食品素材由来のピーク分子量が2000以下のペプチドであるか、海藻、茶類、クルミ、ザクロ、ブドウ種子、黄杞葉、カカオ、ブドウ新芽、グアバ、生コーヒー豆、コタラヒムブツ、タマリンドの各抽出物から選ばれる少なくとも一種である。 (もっと読む)


【課題】細胞中で安定に保持され、大きなサイズの外来遺伝子を簡便に挿入し、細胞に導入することができるヒト人工染色体ベクター及びその作製方法の提供。
【解決手段】長腕遠位及び/又は短腕遠位が削除されたヒト21番染色体断片を含み、長腕近位及び/又は短腕近位に部位特異的組換え酵素の認識部位が挿入されているヒト人工染色体(HAC)ベクター及びその作製方法。ヒト人工染色体ベクターを用いた外来DNAの導入方法、外来DNA発現細胞の作製方法及びタンパク質の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、分子生物学および医学の分野に関し、より具体的には、心臓病の治療および予防に関する。本発明は、心臓病を抑制、軽減、治療、遅延、および予防するための代替方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】 長期間服用しても安全で、運動前に経口摂取することにより、短時間で心肺機能を向上させることができ、運動パフォーマンス向上効果が期待できる心肺機能向上用組成物を提供する。
【解決手段】 心肺機能向上用組成物の有効成分として、卵白加水分解物と有機酸を含有させる。本心肺機能向上用組成物においては、卵白加水分解物(固形分)1質量部に対して、有機酸を0.2〜1.2質量部含有することが好ましい。また、前記有機酸はクエン酸であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】消費するエネルギー量が小さく、処理能力が高い水処理技術を提供する。
【解決手段】被処理水を貯めるバブル導入槽、該バブル導入槽内の該被処理水中にナノバブルまたはマイクロナノバブルを発生させる複数のバブル発生機、該ナノバブルまたはマイクロナノバブルを含有せしめた該被処理水を貯め、酸化還元電位計を備え、かつ、ポリビニルアルコール担体が充填されている処理水槽、および該酸化還元電位計により測定される該被処理水の酸化還元電位に基づいて該複数のバブル発生機のそれぞれを動作または停止させるバブル発生機制御手段を備えている水処理装置を用いる。 (もっと読む)


ろ過滅菌ステップが精製工程の最終ステップではない、ろ過滅菌ステップを含むレトロウイルス又はレンチウイルスベクター製剤の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、間葉系幹細胞(MSC)を含む組成物、及び心臓障害の修復や炎症性疾患の治療におけるその新規な使用方法を提供する。また、本発明は、特定の条件下でMSCによって分泌されるTSG−6タンパク質を心臓障害や炎症性疾患の修復に使用する方法を提供する。本発明の組成物は、限定されるものではないが、心筋梗塞などの心臓障害後の心臓機能の回復、及び炎症性疾患の症状の低下に特に有用である。 (もっと読む)


201 - 220 / 915