説明

Fターム[4C088AA12]の内容

Fターム[4C088AA12]の下位に属するFターム

褐藻類 (197)
紅藻類 (70)
緑藻類 (111)

Fターム[4C088AA12]に分類される特許

121 - 140 / 171


藍藻類のスピルリナ・プラテンシス(Spirulina platensis)の乾燥バイオマスと、アスタキサンチンとを含むヒト用栄養補助組成物が開示される。本発明の組成物は、健康なヒト又は不健康なヒトの健全及び健康を支援するために安定で、効果的で、好都合である。さらに、ヒト対象のウイルス感染を、本発明の組成物を当該対象に投与することによって改善する方法が開示される。 (もっと読む)


【課題】消化管粘膜障害や消化管粘膜萎縮の予防や抑制、カベオリン遺伝子の発現促進及びストレス性疾患の予防や治療に優れて有効な、医薬品、食品、医薬部外品及び化粧品を提供する。
【解決手段】グリセロ糖脂質を有効成分として含有する、医薬品としての消化管粘膜保護剤、カベオリン遺伝子発現促進剤及び抗ストレス剤。更に、消化管粘膜保護作用、カベオリン遺伝子発現促進作用及び抗ストレス作用を生じる量のグリセロ糖脂質を含有する食品、医薬部外品及び化粧品。 (もっと読む)


【課題】 ケール加工物と大豆胚芽抽出物、スピルリナおよび/またはカルシウム含有物からなる骨吸収抑制剤、ならびに骨吸収抑制剤を含有する食品を提供する。
【解決手段】 ケール加工物と大豆胚芽抽出物、スピルリナおよび/またはカルシウム含有物からなる骨吸収抑制剤、ならびに骨吸収抑制剤を含有する食品を提供する。この骨吸収抑制剤ならびに骨吸収抑制剤を含有する食品は、優れた骨吸収抑制作用を有する。さらに、骨吸収抑制剤は嗜好性も高く、様々な食品への適用が可能である。 (もっと読む)


【課 題】海藻から抗アレルギー効果を有する物質の探索・確認し、効率よく抗アレルギー性物質を製造する方法を提供すること。
【解決手段】RBL-2H3細胞を抗DNP IgE抗体と炭酸ガスを含む炭酸ガス培養器で培養した後、乾燥した海藻を低級アルコール及び/又は水により抽出して得た物質を加えて培養し、抗原として2,4-ジニトロフェニル(DNP)結合牛血清アルブミン(BSA)を加え、培養上清中に誘導・放出された酵素β-ヘキソサミニダーゼの酵素活性を測定することによって抗アレルギー性物質を誘導・確認することにより海藻から高濃度に抗アレルギー性物質を製造する。
【選択図面】図1
(もっと読む)


【課題】 酸化されやすいDHAを魚油として摂取するのではなく、生体内でDHAの合成を促進する生体内DHA合成促進剤を提供し、これにより生体へのDHAの補給を代替することにある。
【解決手段】 生体内DHA合成促進剤に関する検討を鋭意に進め、入手が容易でかつ大量・安定・安価なワカメ端物を原料に用いることでフコキサンチンを多く含む海藻油又は純度99%以上のフコキサンチンを得ることが出来た。そして、これらが生体内DHA合成促進剤としての機能を有することを種々の動物実験により確認した。 (もっと読む)


【課題】燕窩(海燕の巣)を主成分とする、糖鎖栄養素を含む免疫強化食品及びその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】燕窩成分に、少なくとも、グルコース、ガラクトース、マンノース、フコース、キシロース、N−アセチルグルコサミン、N−アセチルガラクトサミン、N−アセチルノイラミン酸の内、1種以上の成分を配合してなり、或いは又、燕窩成分に、少なくとも、きのこ抽出成分、海藻抽出成分、キダチアロエ末成分、ムコ多糖体、たんぱく、グルコサミン、グルコン亜鉛の内、1種以上の成分を配合してなる糖鎖栄養素を含むことを特徴とする、免疫強化食品並びに間歇滅菌工程を含む糖鎖栄養素を含む免疫強化食品の製造方法による。 (もっと読む)


【課題】 製造コストを抑えながらも糖衣層にひび割れが生じ難く、その表面が長期に渡って平滑に維持される糖衣錠および該糖衣錠を低い製造コストで製造できる製造方法を提供すること。
【解決手段】 温度25℃で相対湿度80%の条件下に14時間放置した時に水分含有割合が9重量%以上となる核錠(A)上に、下塗り層(B)とゼイン層(C)と糖衣層(D)とが、(A)/(B)/(C)/(D)の順で積層されている糖衣錠、温度25℃で相対湿度80%の条件下に14時間放置した時に水分含有割合が9重量%以上となる核錠(A)表面に、下塗り層(B)を被覆した後乾燥し、該下塗り層(B)の上にゼイン層(C)を被覆した後乾燥し、さらに、該ゼイン層(C)の上に糖衣層(D)を被覆した後乾燥する糖衣錠の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 安全であり、吸収に優れ、便秘にならなく、効果的であり、しかも味も良好な植物性カルシウム製剤を提供する。
【解決手段】 ゴマ科ゴマ属(Sesamum indicum)の種子表皮の粒径40μm以下の微粉末が10〜90重量%、乾燥野菜粉末及び乾燥海藻粉末の群から選ばれる粒径が40μm以下の少なくとも1種の第2微粉末が90〜10重量%含有しており、 前記第2微粉末が、アルファルファ、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、オリーブの葉、大麦葉、ケール、ビートの葉、緑茶葉の群から選ばれる少なくとも1種の乾燥野菜粉末である。 (もっと読む)


【課題】 皮膚細胞に作用することにより、コラーゲン、ラミニン等の細胞外マトリクスを構成しているタンパク質の合成能を向上させ、或いはメラニン合成能を抑制する等、皮膚老化に関連のあるタンパク質や色素等の成分の産生を調整する産生調整剤と、
そのような産生調整剤を配合して優れたシワ抑制効果や色素沈着等の抑制効果を有する皮膚老化防止用外用剤に関し、低分子化された成分を直接皮膚細胞に作用させることにより、コラーゲンやラミニン等の細胞外マトリクスを構成するタンパク質の合成を促進させ、或いはメラニンの生成を抑制し、それによって老化による皮膚のシワやシミ・ソバカスの発生を予防し、或いは発生したシワ、シミ・ソバカスを軽減させて、滑らかでみずみずしく若々しい肌を実現させる皮膚老化防止用外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類の加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 優れた脱毛防止効果や発毛効果等の養毛効果を有する毛成長サイトカインの産生調整剤、及びそのサイトカインの産生調整剤を配合した養毛剤に関し、脱毛防止効果や発毛効果に優れた養毛剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類、又はその加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、飽和脂肪と長鎖多価不飽和脂肪酸を有する微生物油とを有する油ならびに乳化剤を含む固形脂肪組成物を含む。特に、固形脂肪組成物は、高レベルの長鎖多価不飽和脂肪酸および少量の乳化剤を有し得る。好ましい態様において、多価不飽和油は脱ろうされていない微生物油である。本発明はまた、そのような組成物、ならびにそのような組成物を含む食品、栄養製品、および薬学的製品を製造する方法に関する。本発明はまた、LC-PUFAを少なくとも1種含む油含有画分を微生物バイオマスから抽出し、真空蒸発工程により画分を処理することによって調製される微生物油産物であって、溶媒脱ろう段階、腐食精製工程、冷却濾過工程、または漂白工程の1つまたは複数に供していない油産物を含む。

(もっと読む)


L-セレクチンリガンドなどのセレクチンリガンドが富化されているアファニゾメノンフロス・アクア(Aphanizomenonflos aquae)などの藍藻類の抽出物を、本明細書において開示する。藍藻類細胞から単離したセレクチンリガンドを本明細書において開示する。これらのセレクチンリガンドの単離方法を記載する。これらの精製セレクチンリガンドは、被験者における幹細胞動員の誘導に有用である。従って、セレクチンリガンドが富化されている抽出物または単離セレクチンリガンドの治療有効量の投与を含む、幹細胞単離の誘導方法を、本明細書において開示する。

(もっと読む)


【課題】 フコイダンを含有する抽出物の抽出効率を高めること。
【解決手段】 前処理として、にがりを添加した水溶液中にフコイダンを含有する海藻類を浸漬処理して、浸漬処理した海藻類を微細化してフコイダンを含有する抽出物を抽出するようにした。このようにして、にがりを添加した水溶液中に、フコイダンを含有する海藻類を浸漬して前処理をするため、にがりに含まれるMgイオン等のミネラルにより、海藻類に含まれるアルギン酸が抽出されるのを抑制することができる。その結果、後続の処理である海藻類を微細化してフコイダンを含有する抽出物を抽出する前に、抽出物が流出するのを防止することができて、抽出物の抽出効率を高めることができる。 (もっと読む)


本発明は、細胞ホスホジエステラーゼで毒素によって生じる活性化に基づいて魚介類のyessotoxinsを検出するための方法及びこの活性化の治療的な使用に関する。yessotoxin(YTX)及びその類似物の細胞標的はホスホジエステラーゼ(PDEs)の活性化である。PDEs−YTX結合は測定可能なシグナルを生成する。親和性バイオセンサー又は蛍光によって結合を定量することができる。バイオセンサーは生体分子の相互作用を検出し、そのPDEsとの相互作用のためにYTXの存在を検出することができる。プレート蛍光によって蛍光誘導体のアントラニロイル−cAMPの分解率の変化を決定する。PDEsがこの分子を分解する割合がYTXの存在で増加する。YTXはラットのマスト細胞の免疫学的活性を抑制し、ヒト肝細胞癌細胞の細胞毒性を誘発する。これは抗アレルギー及び抗腫瘍の化合物としてYTXsの2つの治療的な使用を示唆する。 (もっと読む)


脂質分解活性の低減、脂肪消化の遅延、食欲の抑制、体重の減少、および/または血中脂質の低下のための、細胞膜を含む組成物または前記細胞膜に由来する疎水性ペプチドの使用。脂肪に対する満腹感は主に腸からの働きかけによる。腸粘膜に脂肪が接触することにより様々な満腹ペプチドが放出されるので、食欲および食物摂取量が抑制される。脂肪消化率を低下させることで、満腹ペプチドの持続放出を通じて脂肪に対する満腹感を最適化できた。膵臓リパーゼの脂質分解活性を低減することにより、脂肪消化を遅らせることができる。本実施例は、植物細胞膜(チラコイド)の画分が膵臓リパーゼの脂質分解活性を阻害することを示している。 (もっと読む)


【課題】より短時間でより簡便な方法で海藻に含まれる有効成分を抽出する、海藻高温抽出組成物の製造方法を提供すること。また、抽出動作の制御が容易で、得られる海藻抽出組成物の収率に優れた海藻高温抽出組成物の製造方法を提供すること。さらに、上記の製造方法により得られた海藻高温抽出組成物を調味料を含む食品全般、化粧料及び健康食品等に応用して利用すること。
【解決手段】海藻類を、pH1〜13の水性媒体中で温度105〜200℃において加熱処理する工程を含むことを特徴とする海藻高温抽出組成物の製造方法。 (もっと読む)


本発明は、INSP093と命名され、ここではタンパク質を分泌するものとして同定された、特にインターロイキン(IL)8-様ケモカインファミリーの構成員としての、新規なタンパク質、及びこれらタンパク質及びこれをコードする遺伝子由来の核酸配列の、疾患の診断、予防及び治療における使用に関するものである。 (もっと読む)


シュロソウ属(Veratrum)植物、ツゲ属(Buxus)植物、ホラルレーナ属(Holarrhena)植物、ナス属(Solarium)植物、及びインドジャボク属(Rauwolfia)植物より選択されるステロイドアルカロイド含有植物からの1つ又はそれ以上の抽出物を含む、毛髪成長を促進するためのシステムが提供される。このシステムはさらにピロカルプス属(Pilocarpus)植物からの抽出物及び海藻抽出物を含み得る。このシステムはまた、脱毛を減らし、毛髪の色を強化若しくは回復し、毛髪の太さを増大させ、毛髪の全体的な外観を改善し、かつ/又はふけを低減するか若しくはなくすのに使用され得る。毛髪の成長を促進する方法も提供される。 (もっと読む)


【課題】ハスカップの実やハスカップの植物体(葉、茎、根)を含む美味しい健康的な有用な食品や各種産物の提供。
【解決手段】(a)ハスカップの実、又は、植物体を収穫した後、生の状態で、すぐナトリウムイオンを含む塩で加塩処理し、塩漬けにする。b)必要に応じて、収穫した植物体などの素材はそのまま、又は、微粉末化、又は、抽出エキス化して、ナトリウムイオンを含む塩で加塩し塩蔵処理をする。(c)ハスカップ製造物に凍結する手段を加える。
【効果】ハスカップ植物体を含む各種産物はSOD様活性、抗菌効果(リノレン酸(γ、α)やリノール酸由来)や痒み改善効果が期待される。食品では、美味しく、色彩豊かな又は、健康的なハスカップ産物ができる。 (もっと読む)


【課題】抗潰瘍作用を有するトルキノン化合物の提供。
【解決手段】次式(1)又は(2)


で表されるトルキノン化合物は、海藻(例えば、ホンダワラ科の海藻トゲモク、ヨレモクなど)から抽出した成分を精製して得た抗潰瘍薬。 (もっと読む)


121 - 140 / 171