Fターム[4C088AB00]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648)

Fターム[4C088AB00]の下位に属するFターム

裸子植物 (434)
被子植物 (11,933)
その他 (276)

Fターム[4C088AB00]に分類される特許

1 - 5 / 5


多数の生体活性化合物の定量方法を開示する。 (もっと読む)


【課題】炭化乾留液から有害成分のみを簡易にかつ効率的に除去し、かつ血糖降下作用のある有効成分を残すことのできる炭化乾留液の精製方法を提供する。
【解決手段】セルロース及びリグニンを含む木質材料から生成される炭化乾留液から有害物質を除去するものであって、炭化乾留液にパイナップル未熟果実からのプロテアーゼ及びタンニンを添加して、炭化乾留液に残留するタール成分を分解及び凝集沈降する。また、その後に炭化乾留液のタール成分をプロテアーゼ及びタンニンにより分解及び凝集沈降した後、減圧蒸留により精製処理する。 (もっと読む)


【課題】成長ホルモン分泌状態を改善する効果を有する成長ホルモン分泌促進剤を提供する。
【解決手段】食物繊維及びオリゴ糖等のプレバイオティクス、又は乳酸菌、酪酸菌、納豆菌、有胞子性乳酸菌等のプロバイオティクスを有効成分とする成長ホルモン分泌促進剤。プレバイオティクスは1食あたり1g以上、プロバイオティクスは1食あたり菌原体として10mg(菌数にして約10個)以上とするのが好ましい。食物繊維、オリゴ糖及びプロバイオティクスを組み合せても使用することができる。 (もっと読む)


本願発明は、概して、アレルゲン特異的免疫療法のためのin vivo方法および組成物に関する。 この組成物は、アレルゲンのアミノ酸配列全体と共に、複数の連続する重複ペプチド断片を含んでいる。 (もっと読む)


本発明は、肝癌予防及び治療用組成物を提供するものであり、本発明は、エンテロラクトン(ENL)又はその植物リグナン前駆体であって、肝癌の増殖抑制作用を有する化合物を有効成分として含むことを特徴とする肝癌予防及び治療用組成物、エンテロラクトン(ENL)又はその植物リグナン前駆体であって、肝癌の増殖抑制作用を有する化合物及び薬学的に許容される担体成分から成ることを特徴とする肝癌予防及び治療用薬剤、及びエンテロラクトン(ENL)又はその植物リグナン前駆体であって、肝癌の増殖抑制作用を有する化合物を機能性成分として食品素材に配合したことを特徴とする機能性食品素材、に関する。 (もっと読む)


1 - 5 / 5