説明

Fターム[4C088AB26]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648) | 被子植物 (11,933) | 双子葉植物 (9,895) | キク科 (668)

Fターム[4C088AB26]の下位に属するFターム

Fターム[4C088AB26]に分類される特許

381 - 400 / 570


脂質基を有する水溶性汚染物質、例えばエンドトキシンを含む水性組成物の精製工程において、該組成物をその汚染物質と複合体を形成する親油性成分と接触させ、その複合体よりもサイズの大きな物質を除去する第一工程、および該複合体を除去する第二工程を含む精製工程。
(もっと読む)


【課題】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有し、脳機能障害の改善・予防の効果が優れ、副作用がなく安全性が高く、長期間にわたり服用できる医薬品及び飲食物を提供すること。
【解決手段】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善剤及び予防剤を提供する。また、アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善効果及び予防効果を有する飲食物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 メイラード反応生成物分解活性が高く、かつ、飲食品等に使用しやすいメイラード反応生成物分解剤を提供する。
【解決手段】 本発明のメイラード反応生成物分解剤は、ハス葉エキス、アカショウマエキス、黄杞葉エキス、ヒキオコシエキス、プーアール茶エキス、月見草エキス、グァバ葉エキス、ビワ葉エキス、タマネギ外皮エキス、羅布麻エキス、オリーブ葉エキスおよびカテキン等の活性物質を含む。本発明のメイラード反応生成物分解剤は、前記活性物質が水溶性であり、人体への副作用がないか、極めて少ないため、飲食品、食品原料、化粧品組成物等に配合しやすく、幅広い応用が可能である。本発明のメイラード反応生成物分解剤を含む飲食品、サプリメントまたは医薬品は、例えば、糖尿病合併症の治療、予防および改善等の用途に有用である。 (もっと読む)


【課題】 新規なPPAR活性化剤を見出すことを課題とする。更には、肌荒れや皮膚炎症、皮膚バリア機能低下の予防・改善に有効な皮膚外用剤組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】 ムクゲ、ヤエムグラ、コウリョウ、ナンバンゲ、セイヨウカノコソウ、コウブシ、フランキンセンス、ソウジシ、モッコウ、アキノキリンソウ、ヒマワリ、コトウニン、デビルスクロウ、コクシマ、イチゲサクラソウ、サルオガセ、ミドリハッカ、ガジュツ等から選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を有効成分とするPPAR活性化剤を提供する。また、これら植物抽出物を有効成分として含有する皮膚外用組成物を提供する。
【効果】 本発明品は、優れたPPARβ/δ活性化作用を有しており、これを有効成分として含有する皮膚外用剤組成物は肌荒れや皮膚炎症、皮膚バリア機能低下の予防・改善に有効である。 (もっと読む)


【課題】刺激感の少ないクレンジング料として好適な化粧料を提供する。
【解決手段】1)キク科ゴボウ等の生薬のエキスと2)ジグリセリンモノラウリン酸エステルとをクレンジング化粧料に含有させる。 (もっと読む)


【課題】シクロオキシゲナーゼ−2(COX−2)選択的阻害作用を有する薬剤、さらに、副作用が少なく、有効にシクロオキシゲナーゼ介在疾病を治療できる医薬組成物、またはシクロオキシゲナーゼが介在する症状を予防若しくは抑制しえる機能性食品を提供することを目的とする。
【解決手段】センダングサ属植物抽出物を活性成分として含むCOX−2選択的阻害剤、並びに、前記阻害剤を含む医薬組成物、機能性食品により上記目的が達成される。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、血管の攣縮に起因する種々の疾患の予防に関連し、血管攣縮の原因物質であるSPCにより活性化される反応経路を特異的に阻害する物質を有効成分とし、血管攣縮に起因する種々の疾患に予防効果のある食品組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】
前記課題の解決手段として、本発明は、魚類などに含まれる不飽和脂肪酸の一種であるEPAを有効成分とし、EPAがSPC刺激によって生じる血管攣縮の一連の反応経路を特異的に阻害する性質を利用して、血管攣縮に起因する疾患を予防する効果のある食品組成物を提供する。また本発明は、上記有効成分が効果的に体内に取り込まれるための種々の補助成分も提供する。 (もっと読む)


乳児における網膜の健康および視覚の発達を促進するための乳児用製剤および対応使用方法を開示する。該製剤は卵リン脂質を含有せず、ドコサヘキサエン酸およびそのまま摂取される形態に基づき少なくとも約50mcg/リットルのルテインを含む、脂肪、タンパク質、炭水化物、ビタミンおよびミネラルを含み、ルテイン(mcg)対ドコサヘキサエン酸(mg)の重量比は約1:2から約10:1である。該製剤は早期産児における未熟児網膜症のリスクの軽減にも特に有用だと考えられる。
(もっと読む)


本発明は、食物繊維製剤及びその投与のための関連方法を提供する。一実施形態では、本発明が、部分加水分解グアーガム(PHGG)及びフルクトオリゴ糖(FOS)を含む食物繊維製剤を提供し、この食物繊維製剤が、PHGG及びFOS個々のプレバイオティク能より大きいプレバイオティク能を示している。 (もっと読む)


【課題】新規血管内皮増殖因子(VEGF)発現促進剤の提供。
【解決手段】本発明はヤグルマギクエキス(Cornflower Extract)、アシタバエキス(Angelica Extract)及びビャクジュツエキス(Atractylodes Extract)、オノニスエキス(Ononis Extract)及びセイヨウノコギリソウエキス(Achillea millefolium Extract)から成る群から選ばれる1又は複数種の生薬を活性成分として含有ことを特徴とする、血管新生促進剤及びVEGF発現促進剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】 従来、腸内の硫化水素量を減少させる技術には、抗生物質を用いる方法があるが、副作用や耐熱性菌の出現が懸念されるため長期摂取をすることが困難であるといった問題があり、未だに満足のいく結果が得られていないのが現状で、腸内における硫化水素量を効果的に低減する組成物の開発が望まれている。本発明は、腸内における硫化水素量を効果的に低減する組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】 水溶性難消化性糖質を有効成分として含有することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


本発明は、ソリダゴ種(Solidago sp.)の一部分(前記部分は地上で生育した部分である)のエキス又は該エキスの溶媒分の除去後に有効成分として残留する固体残渣の、糖尿病性歯周炎の治療に好適な医薬組成物の調製における使用に関する。 (もっと読む)


【課題】反応性が高く、生体の様々な成分を破壊する活性酸素が増加すると、生体内に酸化タンパク質、いわゆる異常タンパク質が蓄積するが、紫外線暴露などにより生体組織、特に皮膚に生じた異常タンパク質を効率的に除去する組成物を提供する。
【解決手段】シリビン、シラン抽出物、アヤメ抽出物から選ばれる1種又は2種以上を含有する異常タンパク質除去用組成物。 (もっと読む)


【課題】 通常の手段では対応の出来にくい、回復に時間のかかる疲れ目を改善する手段を提供する。
【解決手段】 癌化若しくは不死化していない、角膜上皮細胞の培養において、紫外線を角膜上皮細胞が死滅しない程度照射し、被験物質の存在下で培養した場合、非存在下で培養した場合よりも細胞が生存する蓋然性が高いか否かを判定し、蓋然性がより高い場合、疲れ目抑制のための食品素材としてより適していると判定し、蓋然性がより低い場合、疲れ目抑制のための食品素材としてより適していないと判定することを指標とし、疲れ目抑制のための食品素材を評価する。クワ科クワ、マメ科カワラケツメイ、キク科キク、キク科ベニバナ、ナス科クコ及びスイカズラ科クロミノウグイスカグラから選択される植物の植物体の一部乃至は全部の抽出物乃至はその溶媒除去物であるが前記評価法において適した食材として評価された。
(もっと読む)


LTB4が仲介する多形核白血球の走化性、および/またはIL−1βが仲介する多形核白血球の接着に影響を及ぼすために有効な量の、シロタモギタケ(Hypsizygus ulmarius)抽出物を含む局所適用組成物を開示する。シロタモギタケ抽出物は単独で使用してもよいし、あるいは副次的な抗炎症性の皮膚に作用する物質、たとえば他のキノコ抽出物および/または天然抽出物と併用してもよい。副次的な抗炎症物質は、LTB4の仲介する走化性、およびIL−1βの仲介する接着に拮抗することによって作用してもよいし、またはそうでなくてもよい。シロタモギタケ抽出物は、化粧品として許容される基剤に組み入れることができる。本発明は、定められた治療計画において、抗炎症に有効な量のシロタモギタケ抽出物を、炎症を起こした皮膚に塗布することによって、皮膚炎を治療する方法を包含する。 (もっと読む)


本発明は、代謝症候群、心臓血管障害及び炎症性疾患の予防及び治療のための体液、細胞及び組織中のリパーゼ及び/又はホスホリパーゼを阻害するタンパク質、及び前記タンパク質を含む組成物に関する。前記タンパク質は、植物種から分離されるか或いは組換えDNA技術により合成又は生成される。最も好ましい実施形態において、本発明のタンパク質は、5〜100個のアミノ酸残基を含有し、分子量が0.5〜10kDであり、グリコシル化を有するかまたは有さない。 (もっと読む)


【課題】 優れたヒアルロン酸産生促進作用を有するヒアルロン酸産生促進剤、およびそれを配合した皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】 Solena amplexicaulis (Lam.) Gandhi、Laggera alata (D. Don) Sch.-Bip. ex Oliv、Pedilanthus tithymaloides (L.) Poit.、Kalimeris indica (L.) Sch.-Bip.、Anredera cordifolia (Tenore) SteenおよびBougainvillea glabra Choisyから選ばれる植物またはその抽出物を含むものとする。 (もっと読む)


【課題】 製剤に含まれるソウジュツ中に含まれるβ−オイデスモール含有量を、製剤中に配合されている添加物によって妨害されることなく測定する方法の提供。
【解決手段】 (a)ソウジュツ又はその抽出物、並びに(b)メチルメチオニンスルホニウムクロライド、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースカルシウム、トウモロコシデンプン、ステアリン酸マグネシウム、モノステアリン酸グリセリン、硬化油、タルク、ポリビニルアルコール、結晶セルロースから選ばれる1種以上の添加物を含有する製剤と、水及びヘキサンとを混合し、次いで該混合液のヘキサン層を分取し、ヘキサン層を液体クロマトグラフ法で測定することを特徴とする当該製剤に含まれるβ−オイデスモールの定量方法。 (もっと読む)


【解決課題】表皮細胞において角質の剥離に関与しているカテプシンDの産生促進剤を提供することにある。
【解決手段】ケイガイ、モッコウ、ケンゴシ、シャクヤク、チャ、ログウッド、ジオウ、タイム、モモ、ボタン、ショウキョウ、オンジ、オオバコ、チクセツニンジン、ニガキ、ゴバイシ、シラカバ、ヨクイニン、アマチャ、アルニカ、ゴボウ、レイシ及びユリから選ばれる植物の抽出物並びにラクトフェリンより選ばれた1種以上からなる表皮細胞のカテプシンD産生促進剤。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、優れた保湿効果を示し、皮膚外用剤において安全性上でも問題のない新規保湿剤、およびそれを含有する保湿用又は肌荒れ改善用皮膚外用剤を提供することにある。
【解決手段】 ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)シオガマギク属(Pedicularis)、シソ科(Lamiaceae)独一味属(Lamiophlomis)またはドラコセファルム属(Dracocephalum)、ナデシコ科(Caryophyllaceae)アレナリア属(Arenaria)、ラン科(Orchidaceae)テガタチドリ属(Gymnadenia)、ギョリュウ科(Tamaricaceae)水柏枝属(Myricaria)、バラ科(Rosaceae)キジムシロ属(Potentilla)、アブラナ科(Brassicaceae)ペガエオフィトン属(Pegaeophyton)、ハマビシ科(Zygophyllaceae)ニトラリア属(Nitraria)に属する植物から選ばれる1種または2種以上の抽出物からなる保湿剤、および、これらを含有する皮膚外用剤を提供することにより、上記課題を解決することを見いだしたもの。 (もっと読む)


381 - 400 / 570