説明

Fターム[4C088AB45]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648) | 被子植物 (11,933) | 双子葉植物 (9,895) | ツバキ科 (401)

Fターム[4C088AB45]に分類される特許

81 - 100 / 401


【課題】胆肝機能の改善効果を有する製剤を提供すること。
【解決手段】本発明に係る胆肝機能改善剤は、化学式(1)で示されるメチル化カテキンからなる。式中、R,R,R,Rは、それぞれ独立に水素原子、メチル基のいずれかであり、X,Xは、それぞれ独立に水素原子、ヒドロキシ基のどちらかである。本発明に係る胆肝機能改善剤は、経口投与されることが好ましい。メチル化カテキンは、「べにふうき」、「べにふじ」、「べにほまれ」、「やえほ」、「するがわせ」、「ゆたかみどり」、「かなやみどり」、「おくむさし」、「青心大パン」、「青心烏龍」、「大葉烏龍」、「紅花」、「べにひかり」、「やまかい」、「やまみどり」、「からべに」、「香駿」、「そうふう」及び「おくみどり」、もしくはこれらの混合物の茶葉由来のものであってよい。 (もっと読む)


【課題】アロマセラピーにおいて有効に使用することができる、認知症に合併したせん妄及び/又はBPSDを抑制するための認知症者用治療剤を提供する。
【解決手段】本発明の認知症者用治療剤は、ティートリー精油等の覚醒系植物精油を含有し、認知症者に対して日中に適用される。本発明の認知症者用治療剤は、空気中に散布し、認知症者の体内に呼吸、粘膜及び経皮吸収を通して導入するのが好ましい。また、鎮静系植物精油を含有し、夜間に使用される効能調節剤と併用することができる。本発明の認知症者用治療剤により、短期間に顕著にせん妄及び/又はBPSDが抑制される。 (もっと読む)


【課題】食生活に簡便に組み込むことが可能であり、血流を促進及び/又は改善することにより、発毛促進、育毛及び/又は養毛効果のある素材を開発するとともにこれを産業上有効活用できる態様の組成物を提供する。
【解決手段】ツバキ科ツバキ属に属するツバキ(Camellia japonica)の実及び/又は種子の脱脂粕の水性成分を有効成分として含有してなる、望ましくは経口的に摂取又は投与される育毛剤。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、食生活に簡便に組み込むことが可能であり、血流を促進及び/又は改善し得る素材を開発するとともにこれを産業上有効活用できる態様の組成物を提供することを課題とした。
【解決手段】
ツバキ科ツバキ属に属するツバキ(Camellia japonica)の実及び/又は種子の脱脂粕の水性成分を有効成分として含有してなる血流促進改善剤が提供され、これを配合してなる血流の促進及び/又は改善のための経口組成物、望ましくは飲食品が提供される。 (もっと読む)


本発明は、緑茶抽出物を有効成分として含有する組成物に関する。前記組成物は、肥満等の治療又は予防に効果的であり、これを食品及び医薬分野等において多様に活用可能である。 (もっと読む)


本発明は、酵母を発酵菌株として緑茶に接種し、一定時間発酵させた後に得られた後発酵茶抽出物を有効成分として含有する組成物に関し、優れた嗜好性を有しながらも、血清及び肝のコレステロール及び中性脂肪を減少させ、血管収縮を抑制し、優れた血管弛緩能を有し、血液循環改善に有用であり、このような血液循環改善機能を通じて脳卒中、心筋梗塞症、高血圧、高脂血症、糖尿または肥満のような疾患に効果的な健康食品、医薬
品などで使用することができる。 (もっと読む)


健康な皮膚を維持及び保護するために、水溶性ビタミン、非水溶性ビタミン、茶抽出物及び没食子酸から成る抗酸化物質の組み合わせを含有する経口組成物を使用することによって、有益な量のこのような抗酸化物質を摂取者の血流中で維持する。この独特な成分組み合わせが、UVB線に曝された際の酸化ストレスを低下させて、健康な皮膚を促進する。 (もっと読む)


【課題】エグ味が低減されたカメリアシネンシス由来のポリフェノール組成物を提供すること。
【解決手段】カメリアシネンシス由来のフラボノールアグリコン及びフラボノール配糖体を含有するポリフェノール組成物であって、
次の(A)及び(B):
(A)高速液体クロマトグラフィーにより測定される、加水分解後の当該ポリフェノール組成物の固形分中のフラボノールアグリコン総量。
(B)酒石酸鉄法により測定される、当該ポリフェノール組成物の固形分中に含有されるポリフェノール総量。
の質量比[(B)/(A)]が0.01〜18であることを特徴とする、ポリフェノール組成物。 (もっと読む)


【課題】食品用添加剤および組織障害予防・治療剤、飲食品、外用剤として使用でき、副作用を生じさせることのないグリケーション阻害剤の提供。
【解決手段】アグリモニー、ウィッチヘーゼル、甘葉懸鈎子、ハゴロモソウ、チャノキ、サラシア・オブロンガ、ガラナなどより選ばれる植物を抽出溶媒として有機溶媒または有機溶媒および水を組み合わせたものを用いて抽出された抽出物の1種又は2種以上を含有することを特徴とするグリケーション阻害剤。 (もっと読む)


【課題】安全で、かつ簡便に用いることができる、ヒトにおけるヒアルロン酸産生能を促進させヒアルロン酸量を増加させるヒアルロン酸産生促進剤を提供する。該剤は皮膚外用剤、飲食品、経口用製剤等に好適に用いられ、ヒアルロン酸産生量低下等が関与する種々の症状や疾病、病態等の治療、予防、改善等に役立つ。
【解決手段】ツバキ科ツバキ(Camellia japonica)の種子またはその抽出物と、ショウガ科マンゴージンジャー(Curcuma amada ROXB.)の植物体またはその抽出物からなるヒアルロン酸産生促進剤。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、苦渋味が抑制された、茶を原料とするマンガン含有物を提供することである。
【解決手段】本発明によって、茶葉に水洗処理を施し、さらに、水洗処理を施した茶葉を溶媒中で抽出することによって、固形分1%あたり10ppm以上のマンガンを含有し、マンガンに対するカリウムの重量比(K/Mn)が20以下であるマンガン含有物を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】新規なアグリカン分解抑制剤を提供する。
【解決手段】グァバ、オールスパイス、プーアール、クローブ、タマリンド、タマネギ、カカオ、ゲンノショウコ及びローズからなる群より選ばれる少なくとも1種の植物の抽出物を有効成分として含有するアグリカン分解抑制剤。 (もっと読む)


本発明は、アトポビウム(Atopobium)種により生じる感染を治療するための、ニフラテルまたはその生理学的に許容される塩の使用に関する。本発明は、アトポビウム属の1つまたは複数の種がそれら感染症の原因病原体中にある際に、女性の細菌性膣炎または複合膣感染に加えて、細菌尿症、尿路感染、両性における外生殖器の感染を治療するためのニフラテルの使用をさらに指向する。 (もっと読む)


【課題】 発酵茶の調製条件、原料茶葉による含有成分の変化等について検討し、新規な有効成分により、茶葉を更に幅広く活用する手段を提供することを課題とする。
【解決手段】 黒麹を用いた発酵により、原料茶葉、特には二番茶を好気発酵で、3〜10日間発酵させることによって、没食子酸起因化合物を発生させて含有せしめて発酵茶とし、さらには、前記没食子酸起因化合物を抽出し利用することにより、茶葉を更に幅広く活用することを可能とした。 (もっと読む)


【課題】食後の血糖値上昇抑制剤の提供。
【解決手段】カメリアシネンシス由来のフラボノールアグリコン及びフラボノール配糖体を含有するポリフェノール組成物であって、次の(A)及び(B):(A)高速液体クロマトグラフィーにより測定される、加水分解後の当該ポリフェノール組成物の固形分中のフラボノールアグリコンの総量(B)酒石酸鉄法により測定される、当該ポリフェノール組成物の固形分中のポリフェノールの総量の質量比[(B)/(A)]が0.01〜18である組成物。 (もっと読む)


【課題】安全性が高いLKB1活性化剤を提供する。
【解決手段】カテキン類、カプサイシン類及びフラバノン類からなる群より選ばれる少なくとも一種の化合物を含有するLKB1活性化剤。 (もっと読む)


植物性材料の生産及び使用のための方法及び組成物を提供する。本方法は、別個のオキシド還元酵素源または触媒源に適用するか、または別個のオキシド還元酵素源または触媒源と組み合わせたときに、タンパク質結合親和性や微生物制御活性が増大し活性化された生体高分子を形成させる、安定な活性酸素種源と組み合わせた生体高分子またはその合成等価物の使用を含む。 (もっと読む)


【課題】
特にシャンプーや毛髪染めなどによって生じる美容師の手荒れの防止と治療効果を有する殺菌・抗カビ・保湿性組成物を提供すること。
【解決手段】
この発明に係る新規殺菌・抗カビ・保湿性組成物は、グリセリンと、エチルアルコールと、カテキンと脂肪酸グリセリンエステルとからなる。本発明の組成物は、美容師などの手荒れに対して著功があるばかりではなく、多くの細菌・カビに起因する疾病や状況に対して特異な効果を発揮する。 (もっと読む)


【課題】レチノイド、好ましくはレチノールの局所塗布によって、経時老化を防止および治療する薬剤の提供。
【解決手段】ヒトの皮膚の光老化(すなわち、太陽に誘発された早期皮膚老化)によって活性化した同じ経路のうちいくつかは、高齢者の皮膚において同様に増える。また、他の経路(すなわち、マイトジェン活性化ERK経路)が同じ皮膚において抑制される。経時的に老化した皮膚をレチノイドで処理すると、真皮コラーゲンの分解が抑制されると同時に、プロコラーゲンの合成が促進される。高齢者(80を越える年齢)の皮膚から得た生検切片は、単回処理によって表皮厚を増し、真皮コラーゲン密度を高め、網状組織の突出部分および真皮乳頭の形成を促進でき、かつc−Junの量を減らし、I型およびIII型のプロコラーゲンの量を増やすことができる。 (もっと読む)


【課題】安全性が高いコレステロール低減剤を提供する。
【解決手段】テアシネンシン、および数平均分子量が5,970かつ重量平均分子量が13,200であるカテキン酸化重合体からなる群から選ばれる1種以上を有効成分として含有するコレステロール低減剤を提供する。 (もっと読む)


81 - 100 / 401