説明

Fターム[4C088AB45]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648) | 被子植物 (11,933) | 双子葉植物 (9,895) | ツバキ科 (401)

Fターム[4C088AB45]に分類される特許

121 - 140 / 401


本発明は種々の植物抽出物の組合せに関する。水とアルコールとの混合溶液を用いた抽出により、未発酵ルイボスから植物抽出物が得られる。このルイボス抽出物は、式Iの化合物(aspacat)を含有する。
式Iの化合物を以下に示す。


他の植物の抽出物は、発酵ルイボス、緑茶、クルクマ、および/または朝鮮人参から得られる。これらの組合せは、薬剤および/または補助食品として、認知症疾患の予防および/または治療に使用することができる。
(もっと読む)


【課題】嗜好性が高く、安全性も高いグルコシルトランスフェラーゼ阻害剤または抗う蝕剤を提供すること。
【解決手段】エピガロカテキンガレートの重合体またはその塩を有するグルコシルトランスフェラーゼ阻害剤または抗う蝕剤。特に、クマロン環の6位および/または8位でメチレン基を介して結合した化合物であるエピガロカテキンガレート重合体を含む上記剤。 (もっと読む)


【課題】ヒトにおいて煙を解毒するためのウコン含有組成物の提供。
【解決手段】組成物は、有効量のウコンの超臨界抽出物及び水アルコール抽出物を含むことができ、又、組成物は有効量の(A)ショウガの超臨界抽出物及び水アルコール抽出物、(B)ローズマリー、パセリの種子、ペパーミント及びクローブの超臨界抽出物、(C)ローズマリー、パセリの葉、ペパーミント及びクローブの水アルコール抽出物、並びに(D)緑茶の水抽出物を含んでいてもよい。本組成物は、例えば、超臨界抽出/水アルコール抽出の2重のプロセスで調製されるウコン抽出物を含み改善された煙解毒性を示す。 (もっと読む)


【課題】 持久力の増強や疲労の回復などに有効な天然由来の新規な成分を提供すること。
【解決手段】 本発明によれば、持久力の増強や疲労の回復などに有効な天然由来の筋肉遅筋化促進剤を提供することができる。本発明の筋肉遅筋化促進剤は、ウーロン茶や紅茶などの発酵茶から抽出された高分子ポリフェノールを有効成分とすることを特徴とするものである。 (もっと読む)


前立腺癌の進行を予防または減退させる緑茶抽出物およびザクロ抽出物を活性成分として有する組成物を開示する。 (もっと読む)


【課題】 安全かつ口臭、体臭及び糞尿臭改善に優れた食品または化粧品を提供すること。
【解決手段】 本発明者らは、鉄クロロフィリンと組み合わせることで優れた口臭、体臭及び糞尿臭改善作用を示す機能性素材を見つけるため、アンケートによる口臭、体臭及び糞尿臭の評価により機能性素材のスクリーニングを実施した。その結果、松樹皮抽出物を鉄クロロフィリンと組み合わせた場合に優れた口臭、体臭及び糞尿臭改善作用が認められることが分かった。すなわち、松樹皮抽出物及び鉄クロロフィリンを含む組成物は優れた口臭、体臭及び糞尿臭の改善作用を示し、食品や化粧品のような形態で用いることができる。 (もっと読む)


本発明は、ガレートカテキン(GC)を含む緑茶抽出物(GTE)と、GCの腸内吸収を防止するために高分子とを含む血糖制御用組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】DDP−IV阻害作用が強く、しかも、カロリーが低く、日常的に摂取して安全な飲食用素材由来の調製物を有効成分とするジペプチジルベプチダーゼ−IV阻害剤を提供する。
【解決手段】本発明にかかるジペプチジルベプチダーゼ−IV阻害剤は、固形分濃度3.5mg/mL以下でのジペプチジルペプチダーゼIV阻害率が60%以上の飲食用素材由来の調製物を有効成分として含有することを特徴とする。前記飲食用素材由来の調製物は、蛋白質含有食品素材由来のピーク分子量が2000以下のペプチドであるか、海藻、茶類、クルミ、ザクロ、ブドウ種子、黄杞葉、カカオ、ブドウ新芽、グアバ、生コーヒー豆、コタラヒムブツ、タマリンドの各抽出物から選ばれる少なくとも一種である。 (もっと読む)


化粧用に許容される担体中にイソニコチンアミドを含有する外用組成物および該組成物を用いる角質表面の処置方法が提供される。 (もっと読む)


本発明は、米プロラミンを活性成分として含むことを特徴とする抗消化性潰瘍組成物に関するものである。本発明の抗消化性潰瘍組成物は、消化性潰瘍において卓越した予防または治療効果を有し、かつ一般食品の蛋白質を活性成分として含むことから安全性が高いので、広範囲に利用できる。
(もっと読む)


【課題】茶ポリフェノールを含む組成物であって、糖類及び/または脂質分解酵素阻害活性を有する機能性食品組成物、及び前記機能性食品組成物の酵素阻害活性増強方法を提供する。
【解決手段】茶テアフラビン類として、テアフラビン2〜7質量%、テアフラビン−3−ガレート2〜7質量%、テアフラビン−3’−ガレート2〜10質量%、及びテアフラビン−3,3’−ジガレート2〜16質量%を含むことを特徴とする機能性食品組成物、及び茶テアフラビン類を含む機能性食品組成物中のカフェイン含量を1質量%以下とすることによってα−グルコシダーゼ阻害活性及び/またはリパーゼ阻害活性を増強することを特徴とする酵素阻害活性増強方法。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、痛風を治療・予防する新規な物質を提供することにある。
【解決手段】痛風、痛風性関節炎、高尿酸血症を治療・予防し、血脂を降下させ、及び/或いは炎症を抑制する組成物を製造するための、梅エキスの使用が開示される。さらに、上述の効果を有する抽出物と組成物が開示される。 (もっと読む)


【課題】 茶の花部の抽出物は、抗アレルギー作用、中性脂肪吸収抑制作用、糖吸収抑制作用、胃粘膜保護作用等の機能が知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、茶の花部の抽出物を有効成分として用いる治療剤の提供にある。
【解決手段】 茶の花部の抽出物を有効成分とする、高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、抗鬱・抗ストレス剤、アディポネクチン産生促進剤、コレステロール低下剤、血圧降下剤、二日酔い予防又は改善剤、皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】男性および女性の受精能を促進するための、生物学的に効果のある化合物の組み合わせを提供する。
【解決手段】ビタミンCおよびE、セレン、フェルラ酸、亜鉛およびビタミンBの有効量の成分を組み合わせに含むことを特徴とする薬学的組成物。具体的に例示すると成分が、重量で:20から80%のL−カルニチン、5から30%のビタミンCおよびE、0から10%の補酵素Q10、0.001から1%のセレン、0.2から20%のフェルラ酸、0.1から2%の亜鉛、および0.001から1%のビタミンBの割合であることを特徴とする薬学的組成物。 (もっと読む)


本発明は、漢方加工技術である炮製を活用して加工された薬用植物抽出物及びこれを含有する皮膚外用剤組成物に関し、さらに詳しくは、a)薬用植物を煮るか、蒸すか、火で炒めるか、火で焼くか、温める炮製加工段階またはこれらの方法を混合する段階と、b)水または有機溶媒を利用して上記a)段階を進行した薬用植物の炮製漢方抽出物を収得する段階とを含む方法で製造された薬用植物抽出物を含むことによって、改善した抗酸化効能を示す皮膚外用剤組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】優れたATP産生促進作用を有し、かつ安全性の高いATP産生促進剤及び/又は表皮細胞賦活化剤を提供すること。
【解決手段】本発明のATP産生促進剤及び/又は表皮細胞賦活化剤は、ウコン、ヒバマタ、カンゾウ、キナ、アンズ、マルメロ、クララ、クチナシ、サンシシ、クマザサ、グレープフルーツ、ゲンノショウコ、紅茶、緑茶、冬虫夏草、ゴボウ、コメヌカ、シイタケ、アカヤジオウ、シソ、ボダイジュ、ショウガ、ワレモコウ、ドクダミ、シラカバ、スギナ、セキセツソウ、タマサキツヅラフジ、クワ、トウキンセンカ、ダイダイ、マツホド、ブッチャーズブルーム、プルーン及びマロニエからなる群から選ばれる1種又は2種以上の抽出物を有効成分として含有せしめる。 (もっと読む)


本発明は、口腔感染の治療および予防に有用である、ベンゾフェナントリジンアルカロイド、ベンゾフラン化合物およびカテキンポリフェノールを含む組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、チャカの新規用途の開発を課題とする。
【解決手段】本発明によれば、安全に使用できるチャカ抽出物、または該抽出物に含まれる本発明による化合物の少なくとも一つを有効成分とする胃排出機能抑制、ひいては過食または抗肥満用組成物ならびにその組成物を含む健康食品を提供する。 (もっと読む)


【課題】脂肪組織炎症抑制作用及び脂肪酸合成阻害作用に優れた脂肪組織炎症抑制剤及び脂肪酸合成阻害剤、並びにそれらを含有する生活習慣病予防剤及び機能性食品を提供する。
【解決手段】脂肪組織炎症抑制剤として、カフェインを有効成分として含有することを特徴とする。脂肪酸合成阻害剤として、カフェインを有効成分として含有することを特徴とする。カフェインは、コーヒー豆、茶、カカオマス及びそれらの抽出物から選ばれる少なくとも一種として配合されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
ニキビを予防及び/又は改善するための新規な素材を開発し、これを利用した皮膚外用品を提供することを課題とした。
【解決手段】アカショウマ等のチダケサシ属に属する植物の抽出物、より好ましくは該抽出物とポリフェノール類とを併用したものを有効成分としてなるニキビ改善剤、及び、このニキビ改善剤を配合してなる皮膚外用品が提供される。 (もっと読む)


121 - 140 / 401