説明

Fターム[4C088CA04]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の分離、精製又は安定化の手段 (9,815) | 機械的又は物理的処理 (8,976) | 抽出によるもの (6,047) | 親水性溶媒による抽出 (4,069)

Fターム[4C088CA04]の下位に属するFターム

Fターム[4C088CA04]に分類される特許

121 - 140 / 310


【課題】がんおよび腫瘍、糖尿病、内分泌疾患、血液系疾患、結核などの疾患における悪液質改善治療製剤及び食品製剤を提供する。
【解決手段】
本発明の悪液質改善治療製剤及び食品製は、ナンキンハゼおよび/またはその抽出物を有効成分として含む。 (もっと読む)


【課題】ミネラル分の吸収を阻害する作用を有する成分を含有することなく、アントシアニンの生体吸収率を向上させたアントシアニン含有組成物及びその製造方法を提供する。
【解決手段】微細化されたアントシアニン含有素材及び分散剤を含有するアントシアニン含有組成物において、前記分散剤は、レシチン、グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、及びポリグリセリン脂肪酸エステルから選ばれる少なくとも一種であることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は糖尿病を治療するための医薬組成物の製造方法および該方法によって製造される医薬組成物に関する。本発明の医薬組成物は、以下の生薬の抽出物:5〜40重量部の天花粉(Tianhuafen)の抽出物、10〜30重量部の柴胡(Chaihu)の抽出物、3〜15重量部の枳実(Zhishi)の抽出物、1〜6重量部の大黄(Dahuang)の抽出物、1〜12重量部の半夏(Banxia)の抽出物、3〜15重量部の黄ごん(Huangqin)の抽出物、1〜12重量部の黄連(Huanglian)の抽出物、3〜15重量部の白芍(Baishao)の抽出物および5〜20重量部の烏梅(Wumei)の抽出物を含み、任意に、薬理学的に許容される賦形剤を含む。また、本発明の医薬組成物はさらに山査(Shanzha)を含み得る。加えて、本発明は該医薬組成物の4種の製造方法を開示する。 (もっと読む)


【課題】生活習慣病を予防したり腸過敏症など難治性の症状を軽減するために、安全であり毎日でも飲用できるものであって、且つ広い作用効果が期待できるPPAR活性化剤、およびPPAR活性化作用を有する健康食品を提供する。
【解決手段】本発明に係る健康食品およびPPAR活性化剤は、金時ショウガ(Zingiber officinale Rosc)の水系溶媒抽出物を有効成分として含有する点に要旨を有する。 (もっと読む)


ヤシ科の植物からの葉を前処理する段階;極性溶媒を用いて前処理葉を抽出する段階;前処理葉用いた極性溶媒から前処理葉を除去する段階;および薬草抽出物を得るために用いた極性溶媒を濃縮する段階を含む、薬草抽出物を調製する方法。 (もっと読む)


本発明は、キトサンカルボキシアルキルアミドのヒドロゲルであって、6.5〜7.2の間の、皮膚のpH値に近いpH値を有し、前記キトサンカルボキシアルキルアミドが、40〜90mol%の一般式(I)


(式中、nは1〜8の範囲の整数)のD−グルコサミン N―カルボキシアルキルアミド単位と、60〜10mol%のプロトン化Dグルコサミン単位と、5〜15mol%のN−アセチル−D−グルコサミン単位((C)単位)とにより構成されるヒドロゲルに関する。また、本発明は、かかるゲルの無水生成物並びにゲル及び無水生成物の美容的及び/又は皮膚科的利用にも関する。
(もっと読む)


【課題】本出願は一般に炎症および癌を治療するための植物抽出物に関する。
【解決手段】COX‐2を阻害する、炎症を治療する、または癌を治療する方法は、患者に治療的有効量のCampsiandra angustifolia抽出物を投与することからなっていてもよい。本明細書に記載の薬物は、薬剤的に受容可能なベヒクルおよびベヒクルに懸濁した治療的有効量のCampsiandra angustifolia抽出物からなっていてもよい。Campsiandra angustifolia抽出物を作る方法は、抽出器と溶媒によりCampsiandra angustifolia原料を処理することによって成分溶液を作り出すこと、および成分溶液から少なくとも部分的に液体を除去することによって抽出物を生み出すことを含んでいてもよい。Campsiandra angustifolia抽出物は種々の溶媒を使用して抽出された成分からなっていてもよい (もっと読む)


【課題】ヒト及び動物の中枢神経に作用する安全性の高い抗鬱・抗ストレス薬の提供。
【解決手段】下記式で示されるトリプタミンのN−アシル誘導体であり、アシル基の炭素数が2〜30の飽和もしくは不飽和の炭化水素で示される化合物、またはその生理学上許容される塩、水和物もしくは溶媒和物。
(もっと読む)


【課題】ポリフェノール類とは異なる化学構造を有し、抗酸化活性を有する2,4-ヘキサジエナール誘導体やこれらを含む抽出物からなり、飲食品、医薬品、化粧料、動物飼料等の抗酸化剤としての用途に、及び/又は、活性酵素消去作用を有する健康飲食品等の用途に有用なキク科植物由来の抗酸化剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】キク科植物の塊根又は塊茎に酸含有アルコール水溶液を接触させて溶剤抽出を行い、得られた溶剤抽出物にエステル系溶剤を接触させて抽出し、次いで得られたエステル系溶剤抽出液からエステル系溶剤を除去して得られた抗酸化活性を有する下記の化学式(1)


を有する2,5,6-トリヒドロキシ-2,4-ヘキサジエナール等の2,4-ヘキサジエナール誘導体やこれらを含む抽出物からなる抗酸化剤及びその製造方法である。 (もっと読む)


本発明は、FN3Kおよび/またはFN3KRPの発現を刺激するための少なくとも1種の有効薬剤を含む組成物を皮膚に局所適用することを含む、バリア機能の非病理的な損傷に起因する皮膚の徴候を予防し、またはそれを抑制するための、ヒトの皮膚をケアするための化粧方法に関する。本発明は、バリア機能の非病理的な損傷に起因する皮膚の徴候を予防し、またはそれを抑制するための、この有効薬剤の使用にも関する。 (もっと読む)


本発明は、シャジクソウ属、大豆属またはイチョウ属から、セコイトール含有抽出物を取得する方法と、当該方法を利用して取得される抽出物と、糖尿病及びその合併症の薬物を製造するための前記抽出物の使用を提供する。前述の方法は、下記のステップを含む:溶媒で抽出し、溶媒を回収してエキスを得、エキスに対して二相抽出し及びカラムクロマトグラフィーで処理し、セコイトールを含有する分留を収集し、濃縮し、濾過し且つ乾燥する。 (もっと読む)


カモミールの花の水性抽出物を含む組成物は、増殖性及び/又は炎症性疾患の治療に有用である。 (もっと読む)


局所使用のための消炎及び鎮痛組成物は、ヒアルロン酸ナトリウム 0,01重量%〜3重量%、アルニカグリコールエキス 0.5重量%〜7重量%、任意のヒドロゲル−可溶性非ステロイド系抗炎症剤 2重量%〜10重量%及びヒドロゲル 70重量%〜95重量%からなる。 (もっと読む)


【課題】安全性の高い天然物からコリネバクテリウム属菌及び/もしくはミクロコッカス属菌に対する抗菌作用、又は酪酸及び/もしくはカプロン酸による臭気に対する消臭作用を有するものを見出し、それを有効成分とするコリネバクテリウム属菌及び/もしくはミクロコッカス属菌に対する抗菌剤、コリネバクテリウム属(Corynebacterium)菌及び/もしくはミクロコッカス属(Micrococcus)菌を原因菌とする疾患の予防及び/もしくは治療剤、又は酪酸及び/もしくはカプロン酸による臭気に対する消臭剤を提供する。
【解決手段】コリネバクテリウム属菌及び/もしくはミクロコッカス属菌に対する抗菌剤、コリネバクテリウム属(Corynebacterium)菌及び/もしくはミクロコッカス属(Micrococcus)菌を原因菌とする疾患の予防及び/もしくは治療剤、又は酪酸及び/もしくはカプロン酸による臭気に対する消臭剤に紅茶からの抽出物を含有せしめる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、植物由来の成分を有効成分とするHB-EGF遺伝子発現促進剤を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、アンジェリカ抽出物、ズイコウロウドク抽出物、カシニュウコウジュ抽出物、カンズイ抽出物、ホウセンカ抽出物、レンギョウ抽出物、ムラサキウマゴヤシ抽出物、モツヤクジュ抽出物、クィーンズ・ディライト抽出物、ヒカゲノカズラ抽出物、トキンソウ抽出物、ジャショウ抽出物、イチジク抽出物、モクレン抽出物、ハクモクレン抽出物、シラカンバ抽出物、及びウスバアカザ抽出物からなる群から選択される少なくとも1種を有効成分とするHB-EGF遺伝子発現促進剤に関する。 (もっと読む)


【課題】マルビジン−3,5−ジグルコシドが安定に維持され、経時安定性の良いスイートピーエキスを提供する。
【解決手段】脱塩処理をしたスイートピー抽出物であって、マルビジン−3,5−ジグルコシドを含有することを特徴とするスイートピー抽出物。 (もっと読む)


熟地黄、三七人参またはそれの混合物からの抽出物を活性成分として含む、歯周病の治療および予防のための医薬組成物が開示される。該抽出物は、歯槽骨を保護する活性、および歯根膜細胞の細胞増殖を促進する活性を有し、並びにTNF−α放出を阻害するので、歯周病の治療および予防に有用な、医薬組成物または健康食品組成物の製造に用いることができる。 (もっと読む)


本発明は、皮膚の状態を改善するための、より具体的には、真皮表皮接合部を強化することによる、かつ/または、真皮の線維芽細胞合成および細胞外マトリックスの化合物を活性化することによる、化粧品、医薬および食物サプリメントにおけるマダガスカル原産のベルノニア属の植物の抽出物の使用に関する。
(もっと読む)


【課題】健康な皮膚とすることを補助できる角層溶解剤及び皮膚化粧料等の皮膚外用剤、皮膚の角質層のターンオーバー速度を早め、古い角質を速やかに除去することで肌荒れを改善し、古い角質層に含まれるメラニンを除去し、シミ・ソバカスや肌のくすみを改善しつつ、肌の透明感を向上させる効果に優れ、しかも、皮膚に刺激の少ない化粧料を提供することである。
【解決手段】ウマゴヤシ属アルファルファ(Medicago M.sativa)の全草又はスプラウトの水又は極性溶媒又はその混液による抽出物を1種又は2種以上含有し、かつそれら溶液のpHが4.5〜6.5であるよう調整することにより、優れた角層溶解効果を有し、しかも、皮膚刺激が少なく、それを配合することにより優れた角層溶解効果を有する皮膚外用剤の提供を可能とした。 (もっと読む)


【課題】神経芽細胞の増殖を促進させ、また、神経芽細胞の神経突起の伸展を促進させることにより、神経芽細胞に障害が起こっていない状態であっても、神経芽細胞が神経細胞に変化することを促進し、これにより、脳による老化を効果的に予防し、また、脳の機能を更に向上させることができる新規な神経芽細胞増殖促進剤等を提供する。
【解決手段】 ハマウツボ科の植物の抽出物を有効成分とすることを特徴とする。
また、フェニルエタノイド配糖体を有効成分として含有することが好ましい。フェニルエタノイド配糖体としてエキナコサイド及びアクテオサイドのうちの少なくとも1種を含有することが好ましい。また、エキナコサイド及びアクテオサイドの両方を含有することが好ましい。更に、上記神経芽細胞増殖促進剤等は、ヒトを含む哺乳類動物の医薬品、皮膚外用剤、飲食品、哺乳類動物用飼料として利用することができる。 (もっと読む)


121 - 140 / 310