Fターム[4C088CA04]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の分離、精製又は安定化の手段 (9,815) | 機械的又は物理的処理 (8,976) | 抽出によるもの (6,047) | 親水性溶媒による抽出 (4,069)

Fターム[4C088CA04]の下位に属するFターム

Fターム[4C088CA04]に分類される特許

1 - 20 / 310


【課題】 メチルメルカプタンに対して優れた消臭効果を示す消臭剤組成物を提供すること。
【解決手段】 ウラジロガシ抽出物とタイム抽出物を含有する。さらに、ペルオキシダーゼを含有させてもよい。上記消臭剤組成物は食品の添加原料として好適である。食品としては、例えば、チューインガム、グミ、キャンディー、錠菓等の菓子類、フィルム状食品等が挙げられる。 (もっと読む)


【課題】1以上のプレグナン配糖体を主な、および重要な成分として含む、医薬品、栄養補助食品、および食品に適用するための組成物の提供。
【解決手段】ガガイモ(Asclepiadaceae)科に属する1以上のカラルマ(caralluma)属の植物の抽出の工程によって得られる組成物。前記植物が、1以上のカラルマ種;フィンブリアタ(fimbriata)、インディカ(indica)、アテヌアタ(attenuata)、チューバークラータ(tuberculata)、スタラグミフェラ(stalagmifera)、ウンベラータ(umbellata)、ラシアンサ(lasiantha)、エジュリス(edulis)などを含む。 (もっと読む)


【課題】本発明は、γセクレターゼ阻害、特にアルツハイマー病の処置および/または予防に有用な物質、当該物質を含む、γセクレターゼの阻害またはアルツハイマー病の処置および/もしくは予防用の組成物、剤、食品、飲料および食品/飲料添加剤を提供する。
【解決手段】ヒシュカ、カンジュウ、ライコウトウ、フンボウイ、クジン、クレンピ、カダンリュウおよびハクシュウの少なくとも1種以上、とりわけヒシュカ、カンジュウまたはライコウトウ、特にヒシュカのエキスを含む、γセクレターゼ阻害、特にアルツハイマー病の処置および/もしくは予防用の組成物、剤、食品、飲料または食品/飲料添加剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】有効成分であるゲンクワニン配糖体の溶出効率を向上できる沈香葉組成物及びその製造方法を提供する。また、ゲンクワニン配糖体の抽出量を増加させることができる沈香葉抽出物の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の沈香葉組成物は、焙煎された沈香葉を含有することを特徴とする。また、沈香葉組成物の製造方法において、沈香葉を130〜170℃で焙煎することを特徴とする。また、沈香葉抽出物の製造方法において、沈香葉組成物に水、有機溶媒、又は水/有機溶媒の混合液を添加することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ストレス性大腸運動亢進、ストレス性大腸知覚過敏等の炎症を伴わない過敏性腸症候群の予防又は改善剤の提供。
【解決手段】ライチ果実又はその抽出物を有効成分とする過敏性腸症候群の予防又は改善剤。 (もっと読む)


【課題】MFAP−4産生を促進し、ECM及び弾性線維の構築を促進することができる天然由来素材の提供。
【解決手段】ヒメウズ、ローズマリー及びセイヨウシナノキ、ならびにそれらの抽出物から選択される少なくとも1つを有効成分とするMFAP−4産生促進剤。 (もっと読む)


【課題】 ヤブコウジ科(Myrsinaceae)のヤブコウジ属マンリョウ(Ardisia crenata Sims)の抽出物を含有することを特徴とする、マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤、エラスターゼ阻害剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤及びシワ防止用皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】 本発明はヤブコウジ科(Myrsinaceae)のヤブコウジ属マンリョウ(Ardisia crenata Sims)の抽出物を含有することを特徴とする、マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤、エラスターゼ阻害剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤及び皮膚外用剤である。本発明のマンリョウ抽出物は優れたマトリックスメタロプロテアーゼ阻害作用、エラスターゼ阻害作用、ヒアルロニダーゼ阻害作用を有し、これらの作用を応用した皮膚外用剤は、安全性が高く、優れたシワ予防作用を示した。 (もっと読む)


【課題】安全、安価かつ簡便に日常的に継続して摂取することができ、かつ顕著な炎症抑制作用を有する素材の提供。
【解決手段】青大豆種子を非極性溶媒とともに加熱処理した後、極性溶媒を用いて加熱条件下で抽出処理することによって得られた抽出物を有効成分として含有する抗炎症用組成物。 (もっと読む)


【課題】ヒト又は動物において安全かつ有効である、感染予防治療剤、抗エンドトキシン剤、ワクチンアジュバント剤および成長促進剤の提供。
【解決手段】甘蔗汁、甘蔗の溶媒抽出液および甘蔗由来の糖蜜より選ばれる原料を、固定担体としてのイオン交換樹脂を充填したカラムでの親和力の差を利用したカラムクロマトグラフィー処理により分離して得られる画分のうち、波長420nmの光を吸収する画分である治療剤及びこれらを含食品および飼料。 (もっと読む)


【課題】うつ状態(抑うつ気分)の改善作用を有する気分障害改善剤を提供する。
【解決手段】ハマウツボ科のオニク(Boschniakia rossica)の抽出物を含有する気分障害改善剤。 (もっと読む)


【課題】経口摂取又は経管摂取により簡便に投与でき、継続が容易でかつ安全性の高い血中成長ホルモン増加剤の提供。
【解決手段】カテキン類を有効成分とする血中成長ホルモン増加剤、及び10〜3000mgのカテキン類を4日以上連続して摂取する、血中成長ホルモン増加剤の摂取方法。 (もっと読む)


【課題】アクテオシド含量の高い、廉価な植物体を提供する。
【解決手段】胡麻若葉を多く含む胡麻の葉から、大量のアクテオシドを含有する胡麻若葉乾燥末およびそのエキス粉末を得る。 (もっと読む)


【課題】種々の原因により生じる薄毛や脱毛症に適用可能で、脱毛防止作用及び発毛,育毛作用が相乗的に向上し、且つ頭皮に対し安全性の高い頭部用外用剤を提供する。
【解決手段】本発明は、カキドオシ・エキスの水相画分は天然物由来であり、高い安全性・低コストで、発毛・育毛効果ある発毛剤として有用であることを見出し、本発明を完成するに至ったものである。本発明はまた、壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に有用である。発明はまた、シャンプー・コンディショナーなどの毛・皮膚ケアー商品となる。また、本発明の頭髪用剤は上記のエキスに加え必要に応じて、医薬品類、医薬部外品、化粧品類などの製剤に使用される成分や添加剤を任意に選択し併用することが出来る。 (もっと読む)


【課題】一次利用後の廃棄物からでも得ることができ、強力な低比重リポ蛋白質酸化防止作用を有し、風味が良好で、連用摂取しやすく、特に水溶性の場合には様々な剤形に応用可能な、年間を通して安定して供給できる新規な低比重リポ蛋白質酸化防止剤及びそれを用いた飲食品を提供する。
【解決手段】栗皮抽出物を含有することを特徴とする低比重リポ蛋白質酸化防止剤及び上記低比重リポ蛋白質酸化防止剤を含有する飲食品により達成する。 (もっと読む)


【課題】
炎症性障害の治療用の新規医薬組成物の提供、及び粘膜送達用に処方された新規医薬組成物、及びその生成方法。
【解決手段】
活性成分として、インビトロで成長した果実細胞の細胞系カルス培養物及び薬学的又は栄養補助的に許容される担体を含む、医薬又は栄養補助組成物とする。 (もっと読む)


【課題】 長期間降圧機能が作用し、高血圧の患者に対しては降圧効果を有し、血圧が正常以下の人に対しては降圧効果を奏せず、長期間安全に摂取が可能なp−クマル酸を主成分として含む機能性組成物、ポリフェノール抽出物の機能性組成物、あるいはポリフェノール抽出物の加水分解物の機能性組成物を提供する。
【解決手段】 本発明の機能性組成物は、p−クマル酸を主成分として含み、あるいは梅酢から得られるポリフェノール抽出物またはこの分解物を含み、降圧機能を有する。 (もっと読む)


【課題】化粧料、医薬品又は口腔用組成物に対して温感を付与するためのTRPV3活性化剤の提供。
【解決手段】ウコン属植物抽出物を有効成分とするTRPV3活性化剤。 (もっと読む)


【課題】活性酸素消去作用、コラゲナーゼ活性阻害作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用に優れた新規な外用剤又は内用剤を提供する。
【解決手段】ヤエヤマノイバラの抽出物は、優れた活性酸素消去作用、コラゲナーゼ活性阻害作用、メラニン生成抑制作用及び細胞増殖促進作用を有し、安定性にも優れていた。ヤエヤマノイバラの抽出物は、皮膚の老化や美白といった美容分野だけでなく、老化による機能低下の抑制、歯周病の予防、治療や創傷治癒などといった医療分野にも利用ででき、食品、化粧品、医薬部外品及び医薬品等への応用が期待される。 (もっと読む)


【課題】抗菌ペプチドであるヒトβディフェンシン2産生促進剤及びヒトβディフェンシン2の産生を促進する方法を提供すること。
【解決手段】食用担子菌類の有機酸含有親水性溶媒抽出物からなるヒトβディフェンシン2産生促進剤、及び前記ヒトβディフェンシン2産生促進剤と大腸菌とをヒト由来細胞に添加することによりヒトβディフェンシン2の産生を促進する方法。 (もっと読む)


【課題】 化粧料や食品に含まれる抗変異原性剤はあまり多くないため、十分な効果を得るには日常的かつ継続的に使用あるいは摂取する必要がある。本発明は抗変異原性剤の新規な開発を目的としており、抗変異原性作用を有し、かつ、長期間使用しても安全な抗変異原性剤を提供するものである。
【解決手段】 本発明は青銭柳及び有色系統のオオムギから選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を含有することを特徴とする抗変異原性剤である。本発明の抗変異原性剤は、優れた変異原性抑制作用を有するものであり、特にヒトに対し有害な、化学物質の変異原性を抑止し又は不活性化する作用が得られるから、これら物質により誘発されるガンを抑制し、健康を保持する効果が得られる。 (もっと読む)


1 - 20 / 310