Fターム[4C088MA16]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 配合剤、剤型、適用部位 (13,998) | 剤型 (5,679) | 液体状 (1,855)

Fターム[4C088MA16]の下位に属するFターム

Fターム[4C088MA16]に分類される特許

61 - 80 / 348


【課題】 より高いNO産生促進活性を有し、継続的に摂取しても副作用の心配がなく、男性機能改善効果が期待できる素材を提供する。
【解決手段】 NO産生促進組成物の有効成分として、1)アスペルギルス属菌由来のプロテアーゼ及び/又はバチルス属菌由来のプロテアーゼを用いて卵白を分解して得られる卵白加水分解物と、2)亜鉛化合物、マカ、エゾウコギから選ばれる少なくとも1種を含有させる。本発明のNO産生促進組成物は、卵白加水分解物100質量部に対して、亜鉛化合物を0.1〜10質量部及び/又はマカを50〜100質量部及び/又はエゾウコギを50〜100質量部含有させることが好ましい。このNO産生促進組成物は、男性機能改善剤として利用することができる。 (もっと読む)


本発明は黒大豆種皮抽出物が食品、健康食品、及び薬品の製造における応用に関する。黒大豆種皮抽出物を食品又は飲み物に加えることもできるし、漢方薬を製造する従来方法により、黒大豆種皮抽出物を各種の経口摂取に適する健康食品及び薬品に製造することもできる。前記製品は、骨関節炎の症状を顕著に改善し、骨関節炎の軟骨の分解を安定させ、さらには生成することができる。 (もっと読む)


【課題】オウレンエキスの苦味を改善した液剤組成物を提供する。
【解決手段】オウレンエキスにアスパラギン酸又はその塩を配合することを特徴とする液剤組成物。 (もっと読む)


ヒマワリ抽出物を含有する医薬組成物が、ヒマワリ(ヘリアンサスアナスL.(Helianthus annuus L.))の葉、頭花又は茎由来の総フラボノイドの抽出物を含み、前記医薬組成物中の総フラボノイドの含量が、50〜90%である。好ましくは、前記医薬組成物が、総テルペンの抽出物及び/又は総有機酸の抽出物を含む。前記医薬組成物が、高血圧症を予防又は治療するための食品、機能性食品又は医薬品の製造における活性成分として使用される。 (もっと読む)


本発明は、結腸において酪酸の形成を増加させる能力を有し、少なくとも一つの穀物ベースフラクション及び少なくとも一つの単離された乳酸菌のプロバイオティック株を含む非発酵組成物、並びにシンバイオティックとして、及びメタボリック症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群(IBS)、又は炎症性腸疾患(IBD)の治療のための前記非発酵組成物の使用に関する。本発明の非発酵組成物は、健康的な腸粘膜の維持、及び/又は腸粘膜の増加した関門機能の提供に有用である。 (もっと読む)


【課題】天然物に由来する成分を有効成分として含有する、むくみを予防又は改善する作用を有する組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】成分(1)シトルリンと、成分(2)ケイ、シナモン、ニッケイ等のCinnamomum属植物とを含有する組成物は、相乗的にむくみを予防又は改善する効果を奏する。当該組成物は、経口摂取によりむくみを予防又は改善することができる飲食品及び医薬品として有用である。 (もっと読む)


【課題】薬効成分組成技術でアレルギー症状を抑制させる有効成分組成を、お茶・他の飲料水・食品との融合性に優れ、且つ汎用活用の食飲料品添加物に配合し得る、液体物質、固体物質、顆粒物質、又は粉末物質として利用可能な配合組成加工製造法を提供する。
【解決手段】原料となるものを浸透性のある袋に入れ、水中に2週間ほどの日数浸漬することで抗アレルギー有効成分を得る。アレルギー抑制薬効成分組成を含有する地域の天然植物資源を活用することで地域事業を育成し、地域の産業開発となる。 (もっと読む)


本明細書において、抽出物の組み合わせを含む組成物、ならびにその同じものを調製する、および用いる方法を記述する。 (もっと読む)


本発明は、野菊抽出物またはこの分画物を含む抗炎症活性を持つ組成物に関し、前記組成物は、炎症疾患、特に、アトピーに対する予防及び治療効果を持つところ、薬学組成物に利用されることができ、この他に医薬外品、化粧品組成物、食品、及び軟水器などで様々な用途として利用され得る。
(もっと読む)


【課題】多様な種類及び多量の効能成分を含む植物抽出物の製造方法、及び該製造方法による植物抽出物を有効成分として含有する化粧料組成物の提供。
【解決手段】400〜800MPaの高圧で原材料を酵素で処理する高圧酵素分解段階を含む植物抽出物の製造方法、及び該製造方法による植物抽出物を有効成分として含有する化粧料組成物。該原材料としては、緑茶、竹及び鳩麦よりなる群から選択された1種以上であることが好ましい。該酵素としては、アミラーゼ、プロテアーゼ、グリコシダーゼ、ラクターゼ、スクラーゼ及びマルターゼよりなる群から選択された1種以上であることが好ましい。該高圧酵素分解技法で製造された植物抽出物は、他の抽出法によるものと比べて多様な種類と多量の効能成分を含み、効能成分が有する効果を極大化させることができる。 (もっと読む)


【課 題】
安全で日常的に摂取しやすいインスリン様成長因子−1(IGF−1)分泌促進剤、およびそれを含む飲食品の提供。IGF−1分泌を促進する方法の提供。IGF−1分泌促進作用を有する飲食品を製造するためのポリフェノールの使用の提供。
【解決手段】
ポリフェノールを有効成分とすることを特徴とするIGF−1分泌促進剤、およびそれを含む飲食品。ポリフェノールを含有する飲食品を哺乳動物に経口摂取して、血中または臓器中のIGF−1分泌を促進する方法。IGF−1分泌促進作用を有する飲食品を製造するためのポリフェノールの使用。 (もっと読む)


風邪および/またはインフルエンザ感染の防止および/または処置のためのショウガおよびアキノキリンソウの組合せを含む組成物が、本明細書中に記載される。それを必要とする被験体における風邪および/またはインフルエンザ感染を処置するかまたは防止する方法であって、ショウガおよびアキノキリンソウの組合せを含む有効量の組成物を被験体に投与することを包含する方法も記載される。
(もっと読む)


本発明は、茶(tea)に醤類由来の菌株を接種して得られた発酵茶、及び前記発酵茶を製造する方法を開示する。前記発酵茶は、味と香りに優れ、優れた血液循環改善効果及び手足冷え性改善効果を示し、健康食品又は医薬品分野において多様に活用可能である。
(もっと読む)


【課題】クロモジの薬効成分組成技術で有効成分組成を食品との融合性に優れた汎用活用し食飲料品添加物に発揮し得る、液体物質、固体物質、顆粒物質、粉末物質の配合組成加工製造法は,比較的簡単な装置を用い、作業技術でもって大量生産することを特徴とした。
【解決手段】本発明は、上記諸課題を解決し、クロモジ薬効成分組成効用の有効性は、地域の天然資源を活用することで地域事業を育成し、地域の産業開発となる。 (もっと読む)


【課題】本発明はウコン抽出物を含有する組成物による二日酔いの症状の軽減効果を更に向上させることを目的とする。本発明は特に、「胸焼け」、「頭重感」等の二日酔いの特定の症状を軽減する組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明者は、ウコン(Curcuma longa)抽出物と、ガジュツ(Curcuma zedoaria)抽出物とを含有する組成物が、二日酔いの症状のうち特に「胸焼け」と「頭重感」を効果的に抑制することができることを見出した。本発明の組成物によるこの効果は、アルデヒド脱水素酵素活性の低い人において顕著に認められる。 (もっと読む)


【課題】天然物の中からラミニン5産生促進作用を有する物質を見出し、それを有効成分として含有するラミニン5産生促進剤、皮膚基底膜正常化剤、皮膚損傷回復促進剤を提供する。
【解決手段】本発明のラミニン5産生促進剤、皮膚基底膜正常化剤又は皮膚損傷回復剤に、ウコン抽出物、ウスベニアオイ抽出物、サンショウ抽出物、シソ抽出物、ビワ抽出物及びレイシ抽出物からなる群より選ばれる1種又は2種以上の抽出物を有効成分として含有せしめる。 (もっと読む)


【課題】植物の薬効成分組成技術で有効成分組成を食品との融合性に優れた汎用活用し食品添加物に発揮し得る、液体物質、固体物質、顆粒物質、粉末物質の加工製造法は,高額な設備投資を押さえ、比較的簡単な装置を用い、作業技術でもって大量生産することを特徴とした。
【解決手段】本発明は、上記諸課題を解決し、植物薬効成分組成効用の有効性は、地域の天然資源を活用することで地域事業を育成し、地域の産業開発となる。 (もっと読む)


【課題】 睡眠改善効果に優れ、香り立ちのバランス、香りの持続性の良好な嗜好性の高い睡眠改善用組成物および睡眠を改善する方法を提供すること。
【解決手段】 サイプレス油、ラベンダー油を含有することを特徴とする睡眠改善用香料組成物および、就寝中のヒトにサイプレス油とラベンダー油との香りを一緒に嗅がせることにより、ヒトの睡眠を改善する方法を提供するものである。 (もっと読む)


【課題】副作用が少なく、飲みやすい自閉症に適した改善薬、治療茶を提供する。
【解決手段】セロリシード、レモンバーム、フェヌグリークシード、レモングラス、ミント及びステビアの乾燥物又はその熱水抽出エキスを含有し、自閉症に対する症状を改善する作用を有することを特徴とする自閉症の改善剤およびこの改善剤を含む飲食品とする。 (もっと読む)


【課題】人間および動物における感染、障害および疾患の予防、治療等に使用するための組成物を開示する。
【解決手段】ゴマノハグサ科植物に存在するテルペンおよび脂肪酸を含む抗ウイルス組成物を開示する。組成物には、さらに、前記科の植物に存在する他の親油性成分と配糖体のアグリコンが含まれる。該組成物は、ピクロリザ・クロア・ロイル、ピクロリザ・スクロフラリフロラ・ペネルおよびネオピクロリザ・スクロフラリフロラの混合物の根および匍匐茎の抽出によって得られることが好ましい。また、溶媒および溶媒の組み合わせについても開示した。該組成物は、DNAおよびRNAウイルスの両方に対して、また菌類、バクテリア、寄生生物および原虫による感染および疾患に対して、また、肝臓保護、抗高脂血症、抗糖尿病および腎臓保護薬として、有効である。動物その他の対象に該組成物を投与することにより、記載された疾患のための抗体およびワクチンを製造できる。 (もっと読む)


61 - 80 / 348