Fターム[4C088MA16]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 配合剤、剤型、適用部位 (13,998) | 剤型 (5,679) | 液体状 (1,855)

Fターム[4C088MA16]の下位に属するFターム

Fターム[4C088MA16]に分類される特許

121 - 140 / 348


【課題】 製造が容易で、摂取しやすい抗アレルギー作用のある薬剤を提供する。
【解決手段】 青大豆の溶媒抽出物を抗アレルギー剤とする。青大豆の溶媒抽出物にはIgEの産生抑制作用、Th1/Th2バランスをTh1側に偏向させる作用があるので、抗アレルギー剤として有用である。 (もっと読む)


【課題】アランギウムサルヴィフォリウム(Alangium salviifolium)の樹皮に含まれる有用な新規化合物を単離し、その組成物を提供する。
【解決手段】一般式(I):


[式中、R、R及びRは同一又は異なって、水素原子又は保護基を示す。]で表される化合物、該化合物を有効成分として含有する抗酸化剤及び美白剤、並びに該化合物を含有する医薬品、化粧料及び食品組成物。 (もっと読む)


【課題】キサンチンオキシダーゼ阻害効果を有するキサンチンオキシダーゼ阻害剤、及び尿酸生成阻害効果を有する尿酸生成阻害剤を提供する。
【解決手段】ピメンタ(Pimenta officinalis)、マジョラム(Origanum majorana)、グアバ(Psidium guajava)、アニス(Pimpinella anisum)、オリーブ(Olea europaea)、トウシキミ(Illicium verum)、ナタマメ(Canavalia gladiata)、ヒソップ(Hyssopus officinalis)、ブラックカーラント(Ribes nigrum)、ビルベリー(Vaccinium myrtillus)、ヨモギ(Artemisia princeps)及びカンペシアボク(Haematoxylon campechianum L.)からなる群より選ばれる少なくとも1つの抽出物を含有する、キサンチンオキシダーゼ阻害剤及び尿酸生成阻害剤。 (もっと読む)


本発明は、アシュワガンダの植物抽出物、並びにアルツハイマー病(AD)などの神経変性疾病及び/又は疾患の処置に有用な前記抽出物を含む組成物に関する。本発明は、この抽出物の調製のための方法をさらに提供する。 (もっと読む)


本発明は、主として、アクチノバチラム・アクチノミセテムコンコミタンス(Actinobacillum actinomycetemconcomitans)、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Porphyromonas gingivalis)、タンネレラ・フォーサイシア(Tannerella forsythia)、トレポネーマ・デンティコーラ(Treponema denticola)、更に望ましくはポルフィロモナス・ジンジバリスに原因する細菌性歯肉疾患の治療及び/又は予防のための、オシラトリア・プランクトスリックスsp.(Oscillatoria Planktothrix sp.)からの糖脂質画分の調製及び使用に関するものである。前記歯肉疾患、特には歯肉炎及び歯周炎(歯槽膿漏)は、主としてP.ジンジバリスの成分に対する炎症促進反応に起因しており、歯周組織の破壊を引き起こし、しばしば破骨細胞形成(骨組織の破壊に関与する破骨細胞数の増加)及び慢性感染症を併発する。 (もっと読む)


【課題】 例えば、しみ、そばかす、にきび、化粧焼け、水虫、汗疹、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎等による皮膚の炎症等を効果的に改善することができる化粧料を提供する。
【解決手段】 連続蒸留焼酎100質量部に対し、ドクダミ1.7〜2.0質量部、きび0.5〜0.8質量部、および、ハトムギ0.5〜0.8質量部を浸漬することにより抽出されたアルコール抽出植物エキスと、該植物エキス100質量部に対し、セサミンを含む0.5〜8.0質量部の植物油とを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】日常生活において自然発生的に生じる手足や顔のむくみ症状及びむくみ感を予防するための新規な素材を開発し、これを利用したむくみ予防剤及び経口組成物を提供することを課題とした。
【解決手段】
アカショウマ等のチダケサシ属に属する植物、より好ましくはその水及び/又は親水性有機溶剤抽出エキスを有効成分としてなるむくみ予防剤、該むくみ予防剤を含有してなる経口組成物、及び、前記植物又はエキスを経口投与することを特徴とするむくみ予防方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】センダングサ属植物、特にビデンス・ピローサの有効性を高めるような抽出物製造方法及びそのような方法により得られた抽出物を含む組成物を提供する。
【解決手段】センダングサ属植物、特にビデンス・ピローサに、ショウガまたはウコン等のショウガ科植物を混合し、この混合物を抽出溶媒にて抽出することにより製造されたセンダングサ属植物抽出物を用いることにより、高血糖、花粉症等の治療及び予防剤として優れた効果を示す組成物を得た。 (もっと読む)


本発明は、ニキビ治療用の改良された組成物、及びそれに関連する方法に関する。いくつかの実施形態において本発明は、局所媒体、ナノシルバー、ニキビ薬剤及び鎮静剤を含み、刺激を起こさずにニキビを治療するのに有効な組成物に関する。 (もっと読む)


ユーフォルビア・プロストラータの乾燥抽出物を約0.1質量%〜約99質量%含有し、ユーフォルビア・プロストラータの乾燥抽出物の有効平均粒径が、薬学的に許容しうる添加剤とともに,約500μm以下である経口医薬組成物と、痔核、肛門裂傷、裂肛、痔瘻、肛門周囲膿瘍および炎症性腸疾患等のような肛門直腸疾患および結腸疾患の治療に有用であるこのような組成物を調製する方法と、を提供する。さらに本発明の医薬組成物は、組成物が炎症を抑え、毛細血管の出血を予防し、哺乳類、特にヒトにおける脆弱性を予防する特性を有するような治療および/または予防有効量のユーフォルビア・プロストラータの投与を提供する。また組成物は、約2〜約7.5の生理的pHの範囲で、所望により界面活性剤を用いて、本明細書に記載の溶出方法に従って試験したときに、最初の15分間にユーフォルビア・プロストラータの乾燥抽出物の約50%以上を、および約60分間の全溶出試験の後にユーフォルビア・プロストラータの乾燥抽出物の約80%以上を、好ましくは放出する。好ましくは、本発明の組成物は、錠剤、小型錠剤、散剤、カプセル剤、ペレット剤、顆粒剤、ビーズ剤、圧粉成形錠剤等の剤形である。また、本発明は、痔核および結腸疾患を含む肛門直腸疾患の治療のための、このような組成物を使用する予防および/または治療方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】通常の食生活習慣の大幅な変更を伴うことなく、しかも体内脂肪低減効果に優れた経済的かつ簡便な飲食物を提供すること、およびコーヒー抽出残渣などの廃棄資源を有効利用し、飲食物と共に摂取可能な組成物を提供。
【解決手段】1以上10分子以下のマンノースを主体とした単糖類が結合した、マンノースを主体としたオリゴ糖類を含むことを特徴とする、体内脂肪低減作用を有する組成物及びこの組成物を含む飲食物。 (もっと読む)


【課題】免疫細胞のインターフェロン産生を誘導し、Toll様受容体を活性化する漢方生薬エキスならびにその作製方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る漢方生薬エキスは、有効量の甘草、柴胡、黄岑、五味子および赤芍を含む。甘草と柴胡と黄岑と五味子と赤芍の重量比は1〜5:1〜5:1〜5:1〜3:1〜3とする。 (もっと読む)


【課題】 少数のエキスの組合せにより、抗肥満効果を有するものを提供すること。
【解決手段】 レンギョウ葉エキスと、シトラスエキスとを含む抗肥満剤(FC)によって達成される。また、これらに加えて、カンゾウエキス(FCGr)及びサンシシエキス(FCGf)からなる群から選択される1つのエキスを含む抗肥満剤を提供することができる。本抗肥満剤は、褐色脂肪細胞に大きな影響を与えることなく、基礎代謝量を保ちつつ、白色脂肪細胞を減少させるという理想的な抗肥満効果を示すことが分かった。 (もっと読む)


本発明は、構造式Iで表され、任意で賦形剤と組み合わせられる、身体組成、並びに前糖尿病及び糖尿病の症状に関連する要素を改善するための、新規植物性化合物に関する。また、本発明は、身体組成、並びに前糖尿病及び糖尿病の症状に関連する要素を改善するための新規植物性化合物を製造するプロセスにも関する。また、本発明は、身体組成の改善、体脂肪の減少、除脂肪体重の増大、体力の向上及びグルコース代謝の異常の改善のための、新規植物性化合物の使用にも関する。また、本発明は、前糖尿病及び糖尿病の症状に関連する要素を改善するための新規植物性化合物の使用にも関する。 (もっと読む)


キバナオウギ(Astragalus membranaceus)、ナイモウオウギ(Astragalus mongholicus)、ハナスゲ(Anemarrhenae asphodeloides)およびイノコズチ(Achyranthes bidentata)のエストロゲン様抽出物が提供される。また、特にヒト、例えばヒトの女性でエストロゲン様効果を達成するためにこのような抽出物を用いる方法も提供される。いくつかの実施形態では、この方法は、更年期症状の治療を包含する。いくつかの実施形態では、この方法は骨粗鬆症の治療または予防を包含する。 (もっと読む)


本発明は、抗酸化及び抗炎症性特性を有するコーヒー抽出物を生成する方法、並びに本発明の抽出物の使用に関する。コーヒー抽出物は、コーヒー酸及び/又はフェルラ酸を含み、例えば微生物又は酵素で、コーヒー抽出物中に存在するクロロゲン酸を加水分解することによって生成できる。本発明のコーヒー抽出物は、例えば、食物又は飲料製品の成分として使用されてもよい。 (もっと読む)


【課題】
ニキビを予防及び/又は改善するための新規な素材を開発し、これを利用した皮膚外用品を提供することを課題とした。
【解決手段】アカショウマ等のチダケサシ属に属する植物の抽出物、より好ましくは該抽出物とポリフェノール類とを併用したものを有効成分としてなるニキビ改善剤、及び、このニキビ改善剤を配合してなる皮膚外用品が提供される。 (もっと読む)


本発明は、線維芽細胞の増殖および/または活性を刺激する新規活性成分および化粧品または医薬(特に皮膚科学)の分野における適用に関する。特に、本発明による活性成分は少なくとも一種のハイビスカス・アベルモスクス抽出物および少なくともペプチドを含有するダイズ抽出物の組み合わせを含む。 (もっと読む)


【課題】 細胞賦活、抗炎症作用、抗菌性の3種の機能を持ち、安定性、配合禁忌の点で問題なく、且つ使用時の快適性を満足する抽出物を配合した皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】 アスパラゴプシス アルマタ(Asparagopsis Armata)の抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】 優れたケラチノサイト増殖因子産生促進作用を有するケラチノサイト増殖因子産生促進剤を提供する。
【解決手段】 イチョウ、ユキノシタ、コウスイハッカ、タチジャコウソウ、及びオドリコソウより選ばれる1種又は2種以上の植物の抽出物を有効成分とするケラチノサイト増殖因子産生促進剤を提供する。 (もっと読む)


121 - 140 / 348