説明

Fターム[4C088ZA01]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 医薬用途・器官 (10,769) | 神経系に作用する医薬 (1,792)

Fターム[4C088ZA01]の下位に属するFターム

Fターム[4C088ZA01]に分類される特許

121 - 140 / 149


必須不飽和脂肪酸EPAもしくはDHAを他のn−3 HUFAに対して高レベルで含み、かつ比較的低レベルの飽和脂肪酸(ミリスチン酸およびパルミチン酸)を含む食品および補助食品が提供される。これらの組成物は商業的な量、費用効率の高い方法で、選択された微生物の培養によって製造することができる。これらの食品および補助食品は、魚油起源からは満たされ得ないヒトの健康の必要性に適する。動物から得られるEPA含有食品も提供される。
(もっと読む)


本発明は、商業的に栽培されるトウガラシ属(Capsicum)栽培品種から植物育種技法によって開発された、乾燥成熟実莢肉中に重量で約(0.4%)より多いゼアキサンチンを産生するトウガラシ属植物に関する。ゼアキサンチンは、非エステル化型で測定した場合、乾燥成熟実莢肉中の主要カロテノイドである。あるいは、これらの植物を、ASTA値として測定される高度の色素形成を示すと特徴づけることもでき、さらにゼアキサンチンの優勢な存在によって特徴づけることもできる。これらのトウガラシ属植物から得られるゼアキサンチンは、栄養補助剤、食品、機能性食品、化粧品、動物用飼料、水産養殖用飼料、および医薬品を含む用途に使用することができる。 (もっと読む)


本発明は、セリ科植物、もしくはその処理物を、含水アルコールで抽出して得られる抽出物、当該抽出物の製造方法、前記抽出物を有効成分として含有することを特徴とするインスリン量またはインスリン応答の変調を伴う疾患及び/又は糖尿病の合併症の治療剤又は予防剤、前記抽出物を有効成分として含有することを特徴とするインスリン様作用剤、前記抽出物を含有することを特徴とする食品、飲料又は飼料、前記抽出物を有効成分として含有することを特徴とする細胞へのグルコース取り込み促進剤、前記抽出物を有効成分として含有することを特徴とする脂肪細胞への分化誘導剤、並びに前記抽出物を有効成分として含有することを特徴とするアルドースレダクターゼ阻害剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】 脳機能及び/又は血液流動性の改善又は向上に有用な組成物
【解決手段】 ニンニク卵黄を含有することを特徴とする、脳機能及び/又は血液流動性改善用組成物。 (もっと読む)


【課題】 消費者の精神的および/または身体的な活動を助成する飲食用の成分の新たな組み合わせを提供する。
【解決手段】本発明の組成物およびこれが含まれる飲料は、流動体で混合される組成物であって、ビタミンBと、ビタミンCと、タウリンと、イチョウの葉エキスと、ガラナエキスとを含む組成物およびこれを含む飲料を提供する。 (もっと読む)


ガランタミン(I)の精製方法であって、ガランタミンを含有するヒガンバナ科の植物から得られたアルカロイドの混合物から臭化水素酸ガランタミンを沈殿させ、臭化水素酸塩をアルカリで処理し、ガランタミンを一般式(II)の溶剤(式中、R1は、水素またはメチルであり、そしてR2は、n−ブチル、イソブチル、s−ブチルおよびt−ブチルから選択される)を用いて抽出および結晶化することを含む、精製方法である。得られた純粋なガランタミンは、好都合なことに、臭化水素酸ガランタミンの製造に用いることができる。
(もっと読む)


【課題】 本発明は、更年期障害の予防及び/又は治療に有用な組成物を提供する。
【解決手段】 ニンニク卵黄を含有することを特徴とする、更年期障害の予防及び/又は治療用組成物 (もっと読む)


本発明は、CB、カンナビノイド受容体の中性拮抗作用が有効な疾患および病態の治療に使用するための医薬品の製造における1種またはそれ以上のカンナビノイドの使用に関する。好ましくは、前記カンナビノイドは、テトラヒドロカンナビバリン(THCV)である。好ましくは、治療される疾患および病態は、次の群:肥満、精神分裂病、癲癇、認知障害、例えばアルツハイマー病、骨疾患、過食症、II型糖尿病(インスリン非依存性糖尿病)関連肥満、ならびに薬物、アルコールおよびニコチンの乱用または依存症の治療から考慮される。 (もっと読む)


【課題】 従来は、痙攣の回復に特化した健康食品が見られなかったので、これに的を絞った抗痙攣剤及びこの抗痙攣剤を含む飲食品を提供する。
【解決手段】 コモンセージ(Salvia officinalis)の葉、ディル(Anethum graveolens)の種子・スイートバジル(Ocimum basilicum)の葉を含むことを特徴とした抗痙攣剤またはこれを含む健康食品、飲食品を摂取する。 (もっと読む)


本発明は植物材料からの薬学的に活性な成分の抽出に関するものであり、より具体的には、薬物に組み入れるための植物性原薬(BDS)の調製に関するものである。また、本発明は医薬製剤に使用するための所与の純度のBDSに関するものである。特に、本発明はカンナビスからの抽出によって得られるカンナビノイドを含むBDSに関するものである。 (もっと読む)


本発明は、緑黄色野菜(ブロッコリー、ほうれん草、パセリ、小松菜、大根葉など)及び淡色野菜(レタス、キャベツ、セロリなど)を含有する組成物であり、(1)血中の過酸化脂質の生成を抑制する効果、(2)血中のTBARS値を低下させる又はTBARS値の上昇を抑制する効果、(3)血中のビタミンE値を増加させる効果、(4)血中の抗酸化活性を増強する効果、(5)血中のTRAP値を増強する効果、(6)血中の活性酸素を低下させる又は活性酸素の上昇を抑制する効果、(7)糖尿病合併症の予防又は治療効果などを有する。 (もっと読む)


本発明は、血管性頭痛、神経疾患、神経変性疾患を治療または緩和する、ワサビノキ科に属するワサビノキ(モリンガ・オレイフェラ(Moringa Oleifera))、コショウ科に属するコショウ(Piper Nigrum)、ナス科に属するタバコ(Nicotiana Tabacum)の植物抽出物より成る植物性組成物に関する。さらに、本発明は、上記組成物の調製方法および使用方法に関する。 (もっと読む)


本発明はジフェノイル(Diphenoyl;DP)構造を含む化合物を有効性分として含有する免疫疾患の予防または治療用組成物、及び上記化合物を投与することによって免疫疾患を予防または治療する方法に関する。
本発明のジフェノイル(DP)構造を含む化合物は、亢進した免疫を調節するように働く調節性T細胞(Regulatory T cell:Treg)の数と活性を増加させる機能を果たし、臓器移植拒否反応、移植片−対−宿主疾患、自己免疫疾患、過敏性炎症疾患などの免疫疾患を予防または治療することに有用に使われることができる。 (もっと読む)


【課 題】 ヨモギの有機溶媒抽出物の新規かつ有用な用途の提供。
【解決手段】ヨモギの有機溶媒抽出物を有効成分として含有することを特徴とする抗疲労剤、およびそれを含む飲食品。 (もっと読む)


本発明は医薬製剤に関し、より具体的にはポンプ式スプレーを介する投与のためのカンナビノイドを含有する製剤に関する。特に、本発明は、粘膜表面を介して1種以上のカンナビノイドを含む親油性薬物を投与する際に使用するための医薬製剤であって、1種以上のカンナビノイドを含む少なくとも1種の親油性薬物、溶媒および共溶媒を含み、製剤中に存在する溶媒および共溶媒の総量は製剤の55%wt/wtを超え、製剤は自己乳化剤および/またはフッ素化噴射剤を含まず、カンナビノイドは10mg/mlよりも多い量で製剤中に存在する、医薬製剤に関する。 (もっと読む)


【課題】 インクジェット方式の噴霧装置で良好に噴霧でき、カビ等によるノズル目詰まりがなく、長期間安定して噴霧可能なハーブ溶液等の噴霧吸入用溶液である。
【解決手段】 噴霧吸入用溶液は、主に精神的効果を与える液状精製物(有効成分量):0・1〜10.0wt%、エタノールおよびイソプロピルアルコールのうちの少なくとも1種:5.0〜8.0wt%、グリセリン、エチレングリコール、ジエチレングリコールおよびポリエチレングリコールのうちの少なくとも1種:5.0〜10.0wt%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル系、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル系およびショ糖脂肪酸エステル系界面活性剤を含む非イオン界面活性剤のうちの少なくとも1種:0.05〜10.0wt%を含有し、表面張力が30〜50dyne/cm、粘度が5センチポアズ以下である。ハーブ類を用いた吸入用溶液は、インクジェット方式により部屋の空気または空調用空気に噴霧される。 (もっと読む)


本発明は、神経伝達物質の前駆体を、神経伝達物質前駆体の取り込みを刺激する天然植物物質と共に経口投与し、同時に減弱を回避しかつ薬理学的耐性を予防する目的で、アデニレートシクラーゼを活性化させる天然植物性物質を添加することによって、神経伝達物質の合成および放出を増強するための、方法および組成物を記載する。本発明は、認知力を増強し、睡眠を誘導し、副交感自律神経機能を増強し、自律神経のバランスを改善し、一酸化窒素の産生を増加させ、血圧を低下させ、血流を増加させ、そしてウイルス感染を処置するように設計された、医用食品のための組成物を記載する。この組成物は、コリンのようなアミノ酸、イチョウのような薬草、およびココアのような他の食品を含有する。本発明はまた、適切な組み合わせを生成するため、および有用な特性を評価するための、24時間ECGモニタリングのような生理学的試験の使用を記載する。 (もっと読む)


【課題】安全でかつ早期に効果が得られる、体の冷え等、就中冷房による体の冷えや肩こり等の末梢血行障害による不定愁訴の新規な治療剤の提供。
【解決手段】ケイヒ、ボタンピ、ブクリョウ、トウニン、シャクヤクおよびビタミンEを組み合わせてなる末梢血行障害による不定愁訴の治療剤。 (もっと読む)


(i)ビタミン、(ii)インビボで金属イオンを与える金属塩および(iii)インスリンまたは成長ホルモンを含有する、種々の治療用および化粧品用の用途を有する組成物。 (もっと読む)


【課題】 紅茶抽出成分が肥満及び糖尿病に与える影響について鋭意研究し、その成果に基づいて紅茶抽出成分の新たな用途を提案する。
【解決手段】 TF、TF3−G、TF3´−G及びTF3,3´−Gの混合成分であるテアフラビン類を含有する紅茶抽出成分を有効成分とする、筋肉細胞におけるグルコース取込み活性化剤、筋肉細胞におけるGLUT4トランスロケーション活性化剤、脂肪細胞におけるGLUT4トランスロケーション抑制剤又は糖尿病合併症予防剤、並びに、これらのいずれか含有してなる飲食物を提案する。これらを摂取すれば、脂肪細胞におけるグルコースの取込みを抑制でき、同時に筋肉細胞においてはグルコース取込みを逆に活性化させることができる。 (もっと読む)


121 - 140 / 149