説明

Fターム[4C088ZA03]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 医薬用途・器官 (10,769) | 神経系に作用する医薬 (1,792) | 中枢神経系用薬 (1,446) | 中枢神経抑制剤 (468)

Fターム[4C088ZA03]の下位に属するFターム

Fターム[4C088ZA03]に分類される特許

21 - 28 / 28


【課題】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有し、脳機能障害の改善・予防の効果が優れ、副作用がなく安全性が高く、長期間にわたり服用できる医薬品及び飲食物を提供すること。
【解決手段】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善剤及び予防剤を提供する。また、アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善効果及び予防効果を有する飲食物を提供する。 (もっと読む)



【課題】本発明は、抗ストレス作用を持つ素材を提供する。
【解決手段】 既知の方法で調製したリゾリン脂質または、きのこから特定の溶媒を用いて得たリゾリン脂質を含んだ抽出物を含有することを特徴とする抗ストレス物質を提供する。 (もっと読む)


【課題】 γ−アミノ酪酸を多量に含むアスパラガスを原料とし、その内在酵素によって効率よく簡便な操作によってγ−アミノ酪酸高含有組成物を製造する方法を提供する。
【解決手段】 アスパラガス及び/又はアスパラガス抽出液を10℃〜50℃の環境下で1分〜15日間処理することによりγ−アミノ酪酸を富化させることを特徴とするγ−アミノ酪酸高含有組成物の製造方法であり、好ましくは、γ−アミノ酪酸を富化させる際、グルタミン酸、グルタミン酸塩、ピリドキサルリン酸塩、塩酸ピリドキシンからなる群より選ばれる少なくとも1種類を添加するものであり、さらに好ましくは、アスパラガス抽出液が、孔径1.0μmφ以下のフィルターで除菌ろ過されたアスパラガス抽出液であるγ−アミノ酪酸高含有組成物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 精神的ストレスの緩和を行うことが容易な飲食品及び抗疲労剤を提供する。
【解決手段】 飲食品は焙煎されたコーヒー豆の抽出物を含有し、経口摂取により精神的ストレスを緩和させる作用を有し、精神的ストレスの緩和のために用いられるものである旨の表示が付されている。この飲食品は、経口摂取により体液中への精神的ストレスマーカーの分泌を抑制する作用をさらに有している。前記精神的ストレスマーカーはクロモグラニンAが好ましい。抗疲労剤剤は焙煎されたコーヒー豆の抽出物からなり、経口摂取により経口摂取により精神的ストレスを緩和させる作用を有している。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、副作用のない安全性の高いストレス緩和剤を提供し、このようなストレス緩和剤を有効成分として含有するストレス緩和作用を有する食品、飼料、医薬品を提供することである。
【解決手段】ハーブ等の各種植物を探索した結果、アマチャ、ウイキョウ、グァバ、チャボトケイソウ、ヤドリギの抽出物にストレス緩和作用があることを発見し、本発明を完成するに至った。本発明は前記の少なくとも1種類の植物体もしくは植物体から水又は有機溶媒単独、又はそれらの混合物で抽出処理して得たエキスを有効成分とするストレス緩和剤、該エキスを有効成分とし、ストレス緩和作用を有する食品、飼料、医薬品である。 (もっと読む)


【課題】 大豆の発酵抽出物を製造する方法を提供する。
【解決手段】 主に乳酸菌や酵母菌の馴化、発酵、培養を経た後で、その濃縮液を作るなどのステップが行われる。
【効果】 作られる抽出物は、アミノ酸受容体、NMDA、kainate興奮剤への結合作用があるので、ペントバルビタール(pentobarbital )に誘起される睡眠時間を延長し、癌患者の化学療法期間中の疲労感を軽減する。 (もっと読む)


肥満、低BMR、高血糖、高血圧、高コレステロール血症、2型糖尿病、片頭痛、変形性関節炎および関節の変性/炎症、臨床的うつ病、更年期障害、老化症候群、循環症候群、毛細血管の変性、認識および記憶の機能の低下、難聴、性機能障害、などの障害/状態の治療のための、プレグナン配糖体を単独でまたはいくつかの他の化合物との組み合わせで含む投与量が開示される。投与量は、また、上述の障害に関連するさまざまな身体的なパラメータ/状態/機能、ならびに皮膚の状態、関節可動性、心的状態、記憶の機能および想起、除脂肪体重、スタミナ、性欲などの他のパラメータ/状態/機能の調節/改善のために提供される。好ましい配糖体は、90〜95%のカラツバシドを含むカラツバシドとボウセロシドとの、プレグナン配糖体の相乗的な混合物を含むカラルマ植物の抽出物である。その緑茶、フェヌグリーク、アシュワガンダ、シラジット、コムフォラ ムクル、ガルシニア、ハイビスカス サブダリッファ、コッキニア、ニガウリ、シナモン、甘草、レッドクローバー、ホップスフラワー、ザクロの抽出物、およびグルコサミン、モノメチオニン亜鉛、シトラスビオフラボノイド、ルチン、バンブーシリカ、シラジット、カラルマのサポニン配糖体および苦味成分、ならびにセレンとの組み合わせが開示される。 (もっと読む)


21 - 28 / 28