説明

Fターム[4C100CA02]の内容

マッサージ装置 (14,641) | 設置箇所 (2,494) | 据置 (1,913)

Fターム[4C100CA02]の下位に属するFターム

いす (1,781)

Fターム[4C100CA02]に分類される特許

1 - 20 / 132


【課題】靴を履いた状態だけでなく靴を脱いだリラックスした状態で足裏を指圧することができるようにして、足裏指圧具によるマッサージ効果を向上させること。
【解決手段】本発明では、足の裏側に多数存在するつぼを刺激して足裏の指圧を行うための足裏指圧具(1)において、足(2)を載置する足載せ台(3)に足裏を刺激する指圧体(4)を取付けることにした。また、前記指圧体(4)は、足載せ台(3)に回転軸(8)を足裏の伸延方向に直交させて取付けるとともに、回転軸(8)に回転体(9)を回転自在に設けることにした。さらに、前記回転軸(8)は、足裏の伸延方向に伸縮可能な素材で形成することにした。 (もっと読む)


【課題】下肢に対して多様なマッサージ動作を広範囲に行うマッサージ性の向上したマッサージ装置を提供する。
【解決手段】マッサージ装置1は、下肢の側部を挟持して施療する対をなす施療子5、5を有する下肢用施療手段2と、下肢用施療手段2を移動させる移動手段10と、を備え、下肢用施療手段2の動作と、移動手段10による移動とを組み合わせる制御手段9を設け、制御手段9は、移動手段駆動回路33と、移動位置センサー32と、施療手段駆動回路35と、下肢用施療手段2の位置を推移する制御回路30と、を備え、移動手段10による下肢用施療手段2の移動と下肢用施療手段2による下肢の側部を挟持する施療とを同時に進行させて施療子5、5の施療軌跡を多様な軌跡にして施療動作を行うことで、多様なマッサージ動作を広範囲に行うことを可能とした。 (もっと読む)


【課題】 使用者の体表面の形状に対応し、広範囲にマッサージ可能であるとともに、多彩な揉みほぐし効果を得ることができるマッサージ装置1を提供する。
【解決手段】 ハウジング2の内下面から回転台4に掛けて立設され、モーター3の運動を回転運動として伝達する第二回転軸12と、前記ハウジング2の内下面に前記第二回転軸12の下端を嵌め込んで第二回転軸12がスライド移動できるように誘導するガイド溝2aと、前記ハウジング2の上面に前記ガイド溝2aに対応して開口し、前記第二回転軸12の上部を挿通して第二回転軸12がスライド移動できるように誘導するガイド孔2bとを設け、前記第二回転軸12にV字型に折り曲げた板バネ14の一端を接続するとともに、他端をハウジング2内で固定した。 (もっと読む)


【課題】軽快に足ツボの押圧が行われ、しかも個人個人の足の形状に対応し、かつ好みの強さに調節できるようにした足ツボ押圧装置を提供することを目的とする。
【解決手段】エアポンプ8が動作し、空気袋7a,7b,7cに空気が送り込まれる。これにより、空気袋7a,7b,7cが膨らみピン部材群4−1,4−2,4−3の各押しピン部材4が上昇して、使用者の足裏のツボを押圧する。設定時間経過後、空気袋7a,7b,7cから空気を流出させることにより、各押しピン部材4が下降する。この押しピン部材4の下降と上昇動作とが繰り返し行われることにより、使用者における足裏のツボに対して適当なマッサージが施工される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、揉みほぐし効果に優れ、特に肩甲骨の内側縁周辺に対する揉みほぐし効果に優れたマッサージ装置を提供する。
【解決手段】 駆動手段としてのモーター3と、左右一対の揉み玉支持台5と、当該左右夫々の揉み玉支持台5上面の偏心位置に取り付けた一対の揉み玉とを備え、当該一対の揉み玉が前記モーター3によって前記揉み玉支持台5を介して交互に上下運動するマッサージ装置1であって、前記一対の揉み玉は、略半球形状の第一揉み玉8と略半楕円球形状の第二揉み玉9とからなり、左右一対の夫々の揉み玉支持台5に取り付けた第一揉み玉8と第二揉み玉9の同種の揉み玉同士が、左右一対の揉み玉支持台5間の中心線αに対して略鉛直方向に対向するように配置される。 (もっと読む)


【課題】少ない水量であっても量感を感じることができると共に脈動吐水による刺激感も感じることができるシャワー装置を提供すること。
【解決手段】このシャワー装置F1は、絞り部42から空気混入部43に噴射される主水流を、その噴射方向と交わる方向に振動させることで空気混入部43に取り込まれる空気量を周期的に変動させ、吐水部44から吐出する気泡混入水の脈動吐水を行わせるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】エアを動力源として、据置き式マッサージ器本体によるマッサージの他、必要に応じて、患部に巻き付けられるマッサージ帯状体によるマッサージを可能にしたマッサージ装置を提供する。
【解決手段】
据置き状態で使用されるマッサージ器本体(1)と、患部に巻回自在かつエアにより膨張自在なマッサージ帯状体(2)を相互に別個独立に備えている。マッサージ器本体(1)は、マッサージ室(9)に挿入されたユーザの足をマッサージするエアマッサージ機構(8)と、該エアマッサージ機構(8)からエアの供給を受けるソケット(11)を設けている。マッサージ帯状体(2)は、エアの供給を受けるフレキシブルなエアチューブ(5)に前記ソケットに挿脱自在に挿着されるプラグ(6)を設けている。 (もっと読む)


【課題】高圧発生部から発生した磁気ノイズに起因した誤作動を抑制することができるイオン発生装置及び美容装置を提供する。
【解決手段】美容装置10は、放電によってイオンを生成する放電部を有するイオン生成機構11と、装置全体の制御を司る電力制御部20と、電力制御部20からの指令に基づき、放電部に印加する高電圧を発生する高圧発生回路26と、放電部で発生したイオンをハウジング41外に放出させるための放出部44とを備えている。そして、電力制御部20は、第1の基板21に設けられると共に、高圧発生回路26は、第1の基板21とは異なる位置に配置された第2の基板27に設けられている。 (もっと読む)


【課題】カッピング療法施術の際、データベースに予め保存された対応部位の参考減圧値を読み出し、患者の条件や病状に基づいて加重計算を行い、患者の治療程度により近いカッピング減圧値を得ることで、カッピング吸引力を適切にコントロールできるカッピング医療方法を提供する。
【解決手段】本発明のカッピング医療方法は、人体各部位の健康時のカッピングの正常減圧値および発病時の病巣部カッピングの参考減圧値を測定してデータベースに保存し、患者のカッピングしたい部位に基づきデータベースから参考減圧値を取得し、また患者個人の基本条件、対処を要する症状およびカッピング位置等の調整因子を取得し、参考減圧値に対して加重計算を行い、カッピング減圧値を得た後、カップを患者のカッピングしたい部位の上に載置し、カップ内の圧力がカッピング減圧値に達するまでエアポンプでカップ内の空気を吸引し、カップを患者の身体上に残したままカッピング医療作業を行う。 (もっと読む)


【課題】足先の上方への移動を規制して、効果的に足裏のマッサージを施すことができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】マッサージ機10において、エアバックの膨張に追従してマッサージ機本体11に置かれた足先が上方へ移動してしまうことを規制するベルト25を、マッサージ機本体11に置かれた足先の甲に対向する位置に設けた。 (もっと読む)


【課題】休止機能を有する圧縮デバイスを提供すること。
【解決手段】着用者の肢に圧縮治療を提供するように適合された圧縮デバイスのための制御器であって、該制御器は、該圧縮デバイスの膨張可能袋と流体接続するように適合され、該袋を周期的に膨張させ収縮させて、圧縮治療を提供するように構成され、該制御器は、該圧縮デバイスを再設定することなく設定された時間の期間の間、該圧縮治療を一時的に休止するようにプログラムされたプロセッサを含む、制御器。 (もっと読む)


【課題】エアバックを覆うカバー部材がマッサージ機本体から外れてしまうことを防止することができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】カバー部材31には、複数の取付孔33aが放射状に広がるように延びる直線上に配置されている。すなわち、カバー部材31とマッサージ機本体11との固定箇所が、放射状に広がるように延びる直線上に存在している。 (もっと読む)


【課題】本発明は身体の血液とリンパ液の流れを良くするための器具である通常は疲れた身体をいやすのにマッサージ師にたのむか電動器具でもみほぐすかしている本発明はいつでもどこでも手軽に持ち運べて使用できるマッサージ器具を提供する
【解決手段】支柱を設けた台座左右に設け支柱の下部と上部に連結機を設け上部の連結機にローラー設置板と外れ防止板を設けた上にクッション付回転ローラーを前後に設けて下部に握り棒を設け左右に側板を設けて固定して組み上げてローラー設置板内に取り外し自在に設ける又支柱より各部品を外すことができてコンパクトに収納することができる (もっと読む)


【課題】マッサージ手段の位置を素早く検知することのできるマッサージャーを提供することである。
【解決手段】
被施療者の患部にマッサージを施すマッサージ手段50と、マッサージ手段50を患部に沿って移動させる移動手段40と、を具えるマッサージャーにおいて、マッサージ手段50の移行路に沿って延びるように突設された案内条103を有し、マッサージ手段50には、マッサージ手段50と一体に移動可能なスライダー105を具え、スライダー105に第1検知手段121と第2検知手段122を有し、案内条103に第1検知手段と第2検知手段により同時に検知可能な2つの被検知手段131,132と、スライダーの移行路の両端に、前記第1検知手段121と第2検知手段122の何れか一方により検知され、スライダー105が移行路端に達したことを検知する被検知手段141,142を有するようにした。 (もっと読む)


【課題】サブユニットの回動範囲を規制するマッサージャーを提供する。
【解決手段】被施療者のふくらはぎ及び足先にマッサージを施す本体マッサージ手段を有する本体ユニット20と、該本体ユニット20の上方に前後方向に平行な面内で揺動可能に支持され、被施療者の膝の周囲及び/又は大腿を挿入可能な左右一対の凹部58,58と、該凹部の内面に配備されたサブマッサージ手段を有するサブユニット50と、本体ユニット20とサブユニット50を同軸でない異なる枢支点により揺動可能に連結し、サブユニット50を本体ユニット20に対して上下方向を含む前後方向に平行な面内で揺動可能とする連結部材と、を具えるマッサージャーにおいて、連結部材に対するサブユニット50の回動角度を規制する回転制限機構13を具える。 (もっと読む)


【課題】本体ユニットの揺動を規制できる安定したブレーキ手段を具えるフットマッサージャーを提供する。
【解決手段】
床面に載置されたベースユニット200と、ベースユニット200上に揺動可能に載置され、被施療者の患部にマッサージを施すマッサージ手段40を有する本体ユニット100と、ベースユニット200に対する本体ユニット100の自由な揺動を規制するブレーキ手段30とを具えたフットマッサージャー10において、ブレーキ手段30は、本体ユニット100の揺動移行路に沿ってベースユニット200に下向きに形成されたブレーキ面29と、本体ユニット100に配備され、前記ブレーキ面29に下方から当接するブレーキ部47と、該ブレーキ部47をブレーキ面29に対して、下方から押しつける押圧手段36と、を有する。 (もっと読む)


【課題】複数の被施療部に対して同時又は選択的にマッサージ可能であって、各被施療部の事情に応じて適切なマッサージが可能となるマッサージ機、及びマッサージ機能付き椅子を提供することを目的とする。
【解決手段】左右方向を軸方向とする回転軸3と、回転軸3に設けられ、回転軸3の回転に伴って左右方向に相互近接離反する対の第1マッサージ部材4と、第1マッサージ部材4に設けられ、第1マッサージ部材4の動作に連動して左右方向と略直交する方向に揺動する対の第2マッサージ部材5と、を有する。第2マッサージ部材5は、取付部20aが第1マッサージ部材4に取り付けられ、先端部20bに使用者の被施療部に当接し第1マッサージ部材4よりも左右外側方に位置する施療部19が設けられたアーム20を有する。 (もっと読む)


【課題】高度な安定性をもち、かつ、スムースな回転を実現する回転式足裏マッサージ器を提供する。
【解決手段】使用者自身が足裏を載置して回転させることによりマッサージボールが回転するマッサージ器であって、複数の凹部を表面に有する硬性のマッサージボールと、マッサージボールの一部が露出して回転するようにマッサージボールを格納する土台と、土台内部に設置され、マッサージボールを支持するボールベアリング部と、を具備する回転式足裏マッサージ器。土台底面には、滑り止め部を備えてもよい。土台には磁石が内蔵されてもよい。 (もっと読む)


【課題】 脚部の長さに応じて希望する位置にサブユニットを位置合わせして、少なくとも膝関節の周囲を確実にマッサージできるフットマッサージャーを提供する。
【解決手段】 ふくらはぎ及び足先を挿入可能な左右一対の凹部22を有する本体ユニット20と、本体ユニットの上方に位置して本体ユニットに対して接近離反可能に支持され、左右一対の凹部42を有するサブユニット40とを具え、前記凹部22、42の両側面に、夫々これら凹部に挿入した被施療部位を側面から押圧するエアバッグ32、33、35が配設され、本体ユニットの凹部22に配設したエアバッグ32、33の上端を凹部22の上端より上方へ突出させる。そして、凹部22に配設したエアバッグ32、33の上端を、サブユニットが本体ユニットに接近した状態において、凹部42に配設したエアバッグ35の下端と重なるようにした。 (もっと読む)


【課題】施術本体部のリクライニング操作時における角度調整を行い易くするとともに、施術本体部を違和感なく円滑にリクライニング操作することができる足用マッサージ器を提供する。
【解決手段】足用マッサージ器100は、被施術者の足における施術対象部をマッサージするエアバッグ102bを備えた施術本体部101と、同施術本体部101を揺動可能に指示するベース部110とで構成されている。施術本体部101の背面には、凸状に湾曲したレール部107が設けられている。この施術本体部101は、ベース部110の上面に突出して設けられた摺動体112上にレール部107が摺動可能に載置された状態で支持されている。摺動体112には、レール部107が摺動してスライド変位する摺動面112bが形成されている。この摺動面112bには、摺動面112bの長手方向に交わる方向に凹状に延びた溝部112cが同長手方向に沿って複数形成されている。 (もっと読む)


1 - 20 / 132