説明

Fターム[4C100DA04]の内容

マッサージ装置 (14,641) | 対象 (2,833) |  (272)

Fターム[4C100DA04]に分類される特許

1 - 20 / 272



【課題】使用者の頸部に熱を伝えやすいマッサージ機を提供する。
【解決手段】金網で構成された頸部温熱部の接触部を頸部に押圧すると、接触部が頸部の形状に合わせて変形して、頸部にかかる圧力を調整する。また、接触部が頸部の形状に合わせて変形することによって、頸部と接触部が接触する面積が広くなる。 (もっと読む)


【課題】 既存のクッション素材に装着してもマッサージを受けることができる他、使用者の首や腰部等に巻き付けたり、椅子の背もたれ等に引っ掛けたり巻き付けたりしてマッサージを受けることができる等、種々の使用態様に適用することのできるマッサージ装置付のクッションカバーを提供する。
【解決手段】 袋状に形成してファスナー等の開閉手段で開閉可能なカバー本体2と、当該カバー本体2の内側に袋状で形成してファスナー等の開閉手段で開閉可能な装填部3と、当該装填部3に装填したマッサージ装置4とからなる。 (もっと読む)


【課題】
使用者の施療部位に対して速い揉み施療を行うことができ、揉み施療を行うときに偏りのない均等な施療感を付与することができ、使用者の施療部位に強い押圧施療するときも膨縮袋の膨張する力を十分に使用者に伝え、所望の押圧角度から押圧することができるマッサージ機を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明は、空気の供給により使用者の身体を押圧する施療用膨縮袋と、前記施療用膨縮袋に当接し、前記施療用膨縮袋より硬い支持部材と、前記支持部材を介して前記施療用膨縮袋を押動させる複数のアクチュエータと、を使用者の施療部位に対応する位置に備えるマッサージ機により解決することができた。 (もっと読む)


【課題】効果的な叩き動作を行うことができるマッサージ機構を提供する。
【解決手段】モータ14と、被施療部の施療面と交差する方向を軸方向として配置され、モータ14の回転に基づいて偏心回転する偏心軸部36を有する対の揉み軸17,17と、モータ14の回転に基づいて回転する叩き軸19と、揉み軸17と叩き軸19を連結するリンク部材20と、被施療部をマッサージするマッサージ部材11と、を有している。マッサージ部材11は、偏心軸部36の偏心回転に追従して揉み動作を行うとともに、叩き軸19の回転に追従してリンク部材20が動作することにより、対の揉み軸17,17が揉み軸17の軸方向に沿って交互に進退して叩き動作を行う。 (もっと読む)


【課題】 取り外し可能な施療ユニットの背凭れ部への装着作業が容易であり、施療ユニットを装着した状態で被施療者への施療位置を調整可能であり、しかも、施療ユニットを取り外した状態ではコンパクト化することができる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】 椅子型マッサージ機1は、背凭れ部3の左右の側部に対して着脱自在に装着される左右別体の施療ユニット7Aと、これを装着状態に固定するロック機構110とを備え、ロック機構110は、ガイドピン(支持突起)111と、解除レバー(操作部)112と、ロックアーム(係止部)112とを有している。 (もっと読む)


【課題】より多様なマッサージ感を付与することのできるマッサージ機を提供すること。
【解決手段】マッサージ機にはマッサージ機構21が設けられている。マッサージ機構21には、使用者Aにマッサージを行う施療子23が設けられているとともに、使用者Aのマッサージ部位に送風を行うための送風装置が設けられている。また、マッサージ機は、施療子23がマッサージする身体の部位であるマッサージ部位に送風装置が送風を行うとともに、施療子23の動作に応じて送風装置の動作を制御するマッサージモードを有する。 (もっと読む)


【課題】マッサージ機において、一時停止されたマッサージ動作の再開時に、一時停止時と異なるユーザが着座した場合であっても、そのユーザに適したマッサージ動作を行うことにある。
【解決手段】マッサージ動作が一時停止された状態において、一時停止スイッチ15が操作されたとき、一時停止前と再開時とのユーザが同一であるか否かが判断される。そして、ユーザが同一と判断された場合にはマッサージ動作が再開され、ユーザが同一でないと判断された場合にはマッサージ動作は終了される。このようにマッサージ動作が終了された場合には、各種の操作スイッチ14の操作を通じて、マッサージ動作が再び最初から開始される際に、肩位置が検知されることで、新たなユーザに適したマッサージを提供することができる。 (もっと読む)


【課題】身体の各種ツボやコリのある部位に対しての押圧刺激、軽擦マッサージ又、叩きによる刺激、押圧部位を挟んでの挟み押圧刺激。更には四肢や首におけるリンパマッサージも手軽に行う事を可能とした健康器具を提供する。
【解決手段】容易に変形のしない硬さを有する木などの素材からなり、押圧刺激やたたき刺激また軽擦マッサージやリンパマッサージ等の力に耐えうる強さを有し、形状は、人の手で握るのに適した大きさであり全体的に厚みと丸みを帯びた形状から成り、形体は、本体aの中心部より3方向以上に伸びる足があり、足の先端部1,2,3が丸く湾曲している形や一文字の形状を有した湾曲形状や又、ローマ字におけるYの字の様に足の先端が左右対称方向の二手に分岐してその分岐した先端がそれぞれ湾曲している形や先端部が複数の湾曲から成る形など複数の先端形状を有した構成とする。 (もっと読む)


【課題】施療部位に適したマッサージ強さを一括で調整できるマッサージ機を提供することを目的とする。
【解決手段】
被施療者に複数のマッサージ動作を行なうマッサージ機1の操作機7には、マッサージ動作の入/切及び出力を個別に操作する個別操作部74と、各マッサージ動作の複数のパラメータを一括して変更する一括操作部75が設けてあり、各マッサージ動作の複数のパラメータの強弱を一括で操作することで、マッサージ動作のパラメータ設定のわずらわしさを解消する。 (もっと読む)


【課題】液流の圧力でマッサージをおこなう液圧マッサージ機のエネルギー消費を減少させ、効果的なマッサージを可能にする。
【解決手段】ノズルを3次元的に制御して生体の近傍の最適の位置まで接近させて液流を噴射する。ノズルから液体を噴出する方向は、載置部2のなす平面に垂直になるように、また、人が載置部に載ったときの人体又は載置部の表面に垂直に、又は垂直に近い角度になるようにする。これにより、エネルギーのロスを最小にし、正確な強さでマッサージをおこなうことができる。 (もっと読む)


【課題】使用者に十分なマッサージ効果を与えることができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】本発明のマッサージ機1は、施療する部位に対応することができるように水平方向へ延びると共に施療する部位に当接してマッサージを行う施療部5を備えている本体部2と、本体部2の一端側および他端側から本体部2に対して交差するように突出すると共に先端部を使用者が把持可能とされている突出部3と、を有していて、施療部5が、施療する部位を向く軸心に対して偏心回転する揉み玉6を備えている。 (もっと読む)


【課題】カッピング療法施術の際、データベースに予め保存された対応部位の参考減圧値を読み出し、患者の条件や病状に基づいて加重計算を行い、患者の治療程度により近いカッピング減圧値を得ることで、カッピング吸引力を適切にコントロールできるカッピング医療方法を提供する。
【解決手段】本発明のカッピング医療方法は、人体各部位の健康時のカッピングの正常減圧値および発病時の病巣部カッピングの参考減圧値を測定してデータベースに保存し、患者のカッピングしたい部位に基づきデータベースから参考減圧値を取得し、また患者個人の基本条件、対処を要する症状およびカッピング位置等の調整因子を取得し、参考減圧値に対して加重計算を行い、カッピング減圧値を得た後、カップを患者のカッピングしたい部位の上に載置し、カップ内の圧力がカッピング減圧値に達するまでエアポンプでカップ内の空気を吸引し、カップを患者の身体上に残したままカッピング医療作業を行う。 (もっと読む)


【課題】人手による揉み動作に近いマッサージ感覚を与えることができるマッサージ機構、及びマッサージ機を提供する。
【解決手段】ベース部材10と、モータ14と、被施療部をマッサージするマッサージ部材11と、モータ14に連動連結された回転部材15と、回転部材15に設けられマッサージ部材11の一部11aを支持する第1クランク部材16と、ベース部材16に設けられマッサージ部材11の他部11bを支持するとともに、第1クランク部材16によるマッサージ部材11の回転運動を揺動運動に変換する変換部材17と、を有する。 (もっと読む)


【課題】首の後部付近を強く圧迫することなくストレッチ運動できるようにして、首、肩、背中、腰などのこりの緩和や予防に効果的なストレッチ器具を提供する。
【解決手段】パイプ状の中間パイプ部2と、この中間パイプ部2の両側からそれぞれ直線的に延びるパイプ状の先端側パイプ部3とを備え、中間パイプ部2は、中央湾曲部2aから斜め前方両側へ開くように曲げられた第1中間パイプ部2bと、この第1中間パイプ部2bの両側先端からそれぞれ斜め後方側へ開くように曲げられた第2中間パイプ部2dを有し、各先端側パイプ部3は、各第2中間パイプ部2dの先端側から直線的に延びており、中間パイプ部2を肩部の上に置くようにして第1中間パイプ部2bの前面側に首部Cの後部両側を接触させ、左右方向に広げた両腕を後方側から各先端側パイプ部3の上部先端側に載せてストレッチ運動を行う。 (もっと読む)


【課題】被施療者の背中及び/又は首に効果的な捻りマッサージを施すことのできる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】床面に載置されるベース部20と、ベース部20に連繋され、被施療者の腰掛ける座部30と、座部30又はベース部20に連繋され、前後に揺動可能な左右一対の背フレーム50,50aと、該左右一対の背フレーム50,50a間に支持され、被施療者の背中が当接する背当り面41とを有する背凭れ部40と、前記左右一対の背フレーム50,50aを前後に夫々独立して揺動させる背凭れ揺動手段48,48aと、を具える。 (もっと読む)


【課題】被施療者の脚部に対してストレッチ運動を行うことができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】被施療者が着座する座部と、被施療者が凭れる背凭れ部と、被施療者の脚部を支持するフットレストと、により構成される椅子本体と、椅子本体内において、背凭れ部から座部を経由してフットレストまでの間を移動自在に設けられたマッサージ機構と、マッサージ機構の動作を制御する制御部と、を有している。マッサージ機構は、左右に対をなす内側施療子と、内側施療子と対をなして内側施療子よりも左右方向の外側に離隔して設けられると共に左右に対をなす外側施療子と、これらの施療子を駆動する駆動手段と、を有し、駆動手段によって、内側施療子と外側施療子との間の左右方向の離隔距離を変更可能に構成されている。制御部は、施療子により被施療部を挟んだ状態で、マッサージ機構を前後方向又は身長方向へ移動させるよう制御する。 (もっと読む)


【課題】 吸引機能とマッサージ機能を併せ持ち、しかもコンパクトで使用場所の限定が少なく、使用効果の大きい美顔用マッサージ器を提供する。
【解決手段】 吸引口2と、吸引口2を構成する周縁部に回転可能な状態で設けられてなる複数のボール3と、吸引口2を負圧にするための吸引機構により、美顔用マッサージ器を構成し、駆動装置と電源を一体化することにより、携帯性が向上し、使用場所の限定を低減できる。さらにボール3として永久磁石を用いることにより、磁力線の作用でマッサージ効果が増加し、全体に防水機能を付与することで、例えば浴室における使用が可能になり、一層の使用効果増加が期待できる。 (もっと読む)


【課題】ローラ式マッサージ器のマッサージ効果を高めるために、マッサージローラの転動中に押圧状況や押圧領域、押圧力などが変動して抑揚に富んだマッサージがなされるようにすることを課題としている。
【解決手段】グリップ11から延びだす弾性変形して互いに離反可能なアーム12L,12Rの先端に、支軸を通す軸孔を中心に設けたローラ本体2と、規則的に波打ちながらローラ本体の外周を1周するように成形された所定厚みのゴム板で形成された押圧部材5とからなるマッサージローラ1を、マッサージ部位に押しつけられながら転がり得る状態に装着してローラ式マッサージ器10を構成した。 (もっと読む)


【課題】マッサージ手法の効果の一つであるつまみ上げ作用を実現できるマッサージ装置を提供する。
【解決手段】装置本体2と、この装置本体2に配設された複数のローラ3,4とを有するマッサージ装置において、複数のローラ3,4を連動させる連動機構5Aを設け、この連動機構5Aによる隣接するローラ3,4間の伝達比を1.1以上5.0以下に設定する。また、連動機構5Aを、ローラ3,4に設けられたプーリ9,11と、このプーリ9,11間に張架されたベルト12とを有した構成とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 272