説明

Fターム[4C167AA72]の内容

媒体導出入付与装置 (99,363) | 装置の種類 (17,520) | 経皮投薬装置 (745) | パッチ (221)

Fターム[4C167AA72]に分類される特許

1 - 20 / 221


【課題】マイクロニードルの微細突起部形状を正確に転写、成形し、離型する際、微細突起部の先端部が折損、欠損することなく、離型でき、均一かつ細く鋭く尖った微細突起部を有するマイクロニードルデバイス製造方法を提供する。
【解決手段】成形材料として環状オレフィン系樹脂であるシクロオレフィンポリマーを用い、該環状オレフィン系樹脂のガラス転移温度(Tg)以上の温度に加熱し、マイクロニードルデバイスの微細突起部形状の凹部を有する成形型部材をシクロオレフィンポリマーのガラス転移温度(Tg)以上の温度に加熱しながら、シクロオレフィンポリマーをプレス成形し、マイクロニードルデバイスを製造する。 (もっと読む)


【課題】複数の針に貫通孔を備えた針状体を簡便に精度よく転写成型可能であり、なおかつ耐久性を有する転写版を用いた針状体の製造方法を提供する。
【解決手段】基部の表面に複数の針を備え、前記針および基部に貫通孔を有する針状体を製造する方法であって、前記針を凹凸反転させた凹部を規定する輪郭部と前記針の貫通孔を凹凸反転させた凸部とを備えた針転写版、および前記基部の底部を規定する板状部と前記基部の貫通孔を凹凸反転させた凸部とを備えた基部転写版を用い、前記針転写版に樹脂を充填させる樹脂充填工程と、前記針転写版の上部に残存している樹脂に対し前記基部転写版を押圧して前記針転写板に接触させる転写版押圧工程と、前記針転写版および前記基部転写版から前記樹脂を取り出す剥離工程とを有することを特徴とする針状体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】皮膚への穿刺時および複製版への転写時等に先端部の破損が生じにくい針状体を簡単な方法で製造することを可能とする針状体の製造方法を提供する。
【解決手段】基板11上に、底面部の外形形状の一部または全部が円弧形状で、かつ周縁部から中央部へ連続的に厚みが増加するエッチングマスク12を形成する工程と、前記エッチングマスク12を用いてエッチング処理を施すことにより基板に針状の構造体13を形成する工程と、前記構造体13に上部斜面14を形成する工程とを含むことを特徴とする針状体15の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 従来の湿布貼り器は構造が複雑、また簡便であっても腕や手に無理な動作を強いて、意とする患部に届かず、ロール式のものは不安定で貼る位置が定まらない。
本発明はシンプルな構造で、湿布の湿布貼り器へのセッテイングも簡単であり、動作も腕や手に無理なく、湿布の曲がりや皺もなく、意とする患部に確実に貼れて剥がれ難くく、湿布の各サイズに対応可能なシンプルで使い易い湿布貼り器を提供する。
【解決手段】 シャフトの先端の部位を直角に曲げローラーを設け、連なるシャフトをコの字形に曲げ、ローラーと平行のシャフトの部位を作り、上部に湿布を曲がりなくローラーに送るため、湿布の粘着面を活用し、渕の一辺を貼りけセットするL字形の当て定規を設ける。
柄となるシャフトはT字形を形成し弧を描きながら直線を成しグリップを設け、湿布をセットする際、湿布貼り器をテーブルなどに固定する粘着面を施してある。
以上の特徴を持つシンプルで使い易い湿布貼り器。 (もっと読む)


【課題】迅速に体内に吸収されるマイクロニードルパッチとその使用法を提供する。
【解決手段】
本発明のマイクロニードルアレイの迅速溶解方法は、水膨潤性高分子を主材料とし厚さ500μm以下の基板を有するマイクロニードルアレイの背面より水分を供給し、マイクロニードルアレイを膨潤させることを特徴とする。このさい、水分蒸散量が25〜70g/hmである面状水分供給源を用いて水分を供給するのが好ましい。マイクロニードルアレイは背面周辺部数ヶ所を粘着テープの小片により皮膚に貼付し保持することができる。これにより従来法で約1〜3時間要したマイクロニードルの溶解時間を5〜20分に短縮することができ、マイクロニードルの使用がより容易となる。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルアレイの保管、移送、適用が改善されたマイクロニードルアレイカートリッジを提供する。
【解決手段】マイクロニードルアレイカートリッジ20は、上面30及び反対側にある底面32を有する材料ウェブ26を備える。粘着剤34及びマイクロニードルアレイ28は、材料ウェブ26の底面に配置される。容器24は、材料ウェブ26の底面に対して配置され、マイクロニードルアレイ28の少なくとも一部分を覆う周辺部40及び中央部36を有する。容器24の周辺部40の少なくとも一部分は粘着剤34と接触し、容器24の中央部36は粘着剤34と接触しない。容器24の周辺部40及び中央部36は、一体的に形成されている。 (もっと読む)


【課題】疾患マーカである生物学的検体と相互に作用することのできる生物活性因子を含むマイクロアレイと、少なくとも1つの治療薬を含み、医療デバイスを提供する。
【解決手段】該治療薬を放出することのできるリザーバと、疾患マーカである生物学的検体と生物活性因子との間の相互作用の物理的パラメータデータを取得することのできるマイクロアレイ走査デバイスを含む複数のマイクロチップと、物理的パラメータデータを検体の相互作用プロファイルと比較することのできる生体測定認識デバイスと、状況に応じてリザーバからの治療薬の放出を制御することのできる治療薬放出デバイスと、マイクロアレイ走査デバイス、生体測定認識デバイスおよび治療薬放出デバイス間の連絡を促進することのできるインターフェースデバイスと、医療デバイスに動力を供給するためのエネルギー源とを備える、摂取可能、埋め込み可能または装着可能な医療デバイスを構成する。 (もっと読む)


【課題】薬剤が定量的にかつ選択的に、マイクロニードルデバイスの針状等の突起部にコーティングするマイクロニードルデバイスの製造方法の提供。
【解決手段】薬液の状態を調整する薬液調整工程、薬液供給ノズルをマイクロニードルデバイスの突起部に位置合わせ、制御する第1の位置決め制御工程、分注した薬液を保持した薬液供給ノズルとマイクロニードルデバイスの突起部とを、分注した薬液と前記突起部とが接触可能な近接位置に相対的に移動制御する第2の位置決め制御工程、及び定量の薬液を薬液供給ノズルの開口部に分注制御し、分注した薬液と前記突起部とが接触し、かつ前記突起部に薬液を転着させる薬液転着工程を含むマイクロニードルデバイスの突起部に薬剤を定量転着する方法において、該吐出ヘッドのノズル開口部に分注する薬液の粘度、温度状態を調整し、薬液を定量分注可能とする。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルの損傷を防止する。
【解決手段】マイクロニードル収納ケース10のケース本体16に、マイクロニードルパッチ(以下、パッチ)11を収納する下凸形状のパッチ収納穴19を形成する。パッチ収納穴19を、シート13を収納する1段目の第1凹部20と、この第1凹部20の底に形成され、マイクロニードル14を収納する2段目の第2凹部21とで構成する。第1凹部20の深さD1を、マイクロニードル14の長さhとシート13の厚みaとの和よりも深く形成する。第1凹部20を形成する内壁面により、シート13の軸垂直方向の移動が規制される。これにより、パッチ11の取り出し時にマイクロニードル14が第2凹部21の開口周縁部に接触して破損することが防止される。 (もっと読む)


【課題】 従来のシリコン薄膜と、ジェル、並びにイオン導入手段を利用し、イオンを皮膚下に浸透した状態で、可視光を照射する構造とし、シリコン薄膜から発生するマイナスイオンを照射して、身体の部位の細胞の活性化を図る発明がある。この発明は、ジェルを利用する構造であるが、ジェルを身体の部位に塗布する構造であり、使用の度に、このジェルを廃棄することから、無駄であること、面倒であること、等の改良点がある。
【解決手段】 本発明は、超音波発振素子、イオン発生素子、ヒーターを備えた可撓性の布地と、布地に着脱自在に設けたシリコン状のジェルと、ジェルの前面に含滲したパック剤とで構成した健康器具で、パック剤の効果を、ジェルの陥没を利用し、身体の凹凸に順応可能とし、パック剤の効果で、身体の顔面、手、腕、頭部と、産後の腹部、術後の皮膚、腕、身体の皮膚の美肌と、皮膚の張り回復、又は老化防止を達成可能とする。 (もっと読む)


【課題】 溶解性マイクロニードル・アレイ・チップを、数ミリグラム以上の吸収量を必要とする目的物質に適用することが未解決であった。
【解決手段】 マイクロニードルの本体部分に目的物質を配置するとともに、それ以外にも、マイクロニードルを構築するための基盤チップの表面および表層部にも目的物質を配置し、かつ基盤の皮膚への接着を可能とした溶解性マイクロニードル・アレイ・チップであり、マイクロニードル・アレイおよびアレイを構築する基盤チップから溶出した目的物質がマイクロニードルの先端部の突刺により皮膚の角質層に形成された穿孔を通じて吸収されるマイクロニードル・アレイ・チップとすることにより数ミリグラム以上の目的物質を経皮的に吸収させることが可能となった。 (もっと読む)


【課題】経皮的搬送デバイスを作製するのに適切な方法を提供する。
【解決手段】経皮的搬送デバイスを作製するのに適切な方法であって、連続して(a)ライナーフィルム層;(b)酢酸ビニル繰り返し単位の含有量が0〜15wt%である閉じ込め層、該層は熱接着コポリエステル樹脂又はエチレン酢酸ビニル成分と非極性ポリマーとの組み合わせのどちらかを含む;及び、(c)厚み20μm未満のポリエステルフィルム層を含む。薬剤層はライナーフィルム層と閉じ込め層との間又は閉じ込め層内の凹形のくぼみ内にある。エチレン−酢酸ビニル成分及びABAブロックコポリマーを含む組成物であって、ブロックコポリマーのAセグメントはスチレンセグメントである。酢酸ビニル繰り返し単位を1から15wt%の間で含む組成物は他の溶媒を含まない組成物の全重量に基づく。 (もっと読む)


【課題】粘着剤層の粘着面の物性を制御することにより、粘着剤層の接着性を改善し、その結果、長時間にわたり皮膚に貼付した際にも、皮膚から剥離・脱落し難い貼付製剤を提供する。
【解決手段】貼付製剤の粘着剤層の粘着面と水滴との接触角が106°以上となるように、粘着剤層の物理的性質を制御する。前記粘着剤層の物理的性質は、疎水性の粘着剤を用いることにより、また貼付製剤の含水率を1.0重量%以下とすることにより、制御することができる。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルパッチ製造後使用までの間、効果を損なわずかつ衛生的にマイクロニードルパッチを保持するためのマイクロニードルパッチ収納容器を提供する。
【解決手段】本収納容器は、中央に周辺部より窪んだ底面と、該底面と該周辺部をつなぐ側面と、該底面から突出した底面凸部を有し、柔軟性あるマイクロニードルパッチの離型シート部分を該底面凸部により保持する。本収納容器には、底面凸部上に保持されるマイクロニードルパッチを前記底面凸部の一部に対応する位置で押さえつける窪み部を有する蓋と共に用いることができる。無菌状態でマイクロニードルパッチを保持するためには、減菌紙または減菌フィルムシートにより形成した袋の中に格納することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】超音波を用いて細胞内に薬剤を導入する治療を行う際の操作者と被検体の負担を軽減して、使い勝手を向上させる。
【解決手段】被検体に超音波を照射する振動子部3と、被検体の治療領域4に超音波を照射して血管内に投与された薬剤を細胞内に導入する照射条件を入力するコントロールパネル5と、治療領域4に超音波の照射位置を制御するとともに、照射条件に基づいて超音波の照射を制御するマイクロコンピュータ7と、振動子部3とマイクロコンピュータ7に電力を供給するバッテリ11とを備え、振動子部3の超音波送信面を被検体の治療領域4に対応させて体表面に密着させて又は体内に埋め込んで装着される薬剤導入装置を用いることで、操作者と被検体の負担を軽減でき、使い勝手を向上できる。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルの先端部分に含まれる薬物量の変動を抑制するマイクロニードルシートの製造方法を提供する。
【解決手段】マイクロニードルシートの製造方法において、シート状の母材の表面から裏面に向かって先細りに延在する複数の錐状の凹部と、それぞれの凹部の底から裏面に貫通する貫通孔とを有するシート状のスタンパを準備するスタンパ準備工程と、母材の裏面の貫通孔から吸引する吸引工程と、スタンパの表面からそれぞれの凹部内に第1のニードル原料を充填する第1充填工程と、第1のニードル原料が充填されたそれぞれの凹部内に第2のニードル原料を充填する第2充填工程とを含み、少なくとも第2充填工程の実施中に吸引工程を実施する。 (もっと読む)


【課題】貼り薬の剥離シートを剥がす際、薬部の縁を巻き込まずに貼り薬の薬部が手に貼り付いてしまう不都合を最小限に抑え、且つ、持ち運びに便利な貼り薬の貼付補助器を提供する。
【解決手段】可撓性を有するベースシート12と、該ベースシート12に設けられ、中央に切れ目78が設けられた剥離シート74を有する貼り薬70を保持可能な貼り薬保持部材60と、該貼り薬保持部材60の両側に位置してベースシート12に移動可能に保持された可撓性を有する握持部材30とを備える。各握持部材30は、貼り薬保持部材60に保持された状態の貼り薬70の切れ目78で対向する剥離シート74の両縁部をそれぞれ保持可能な剥離シート74保持部32をそれぞれ有する。 (もっと読む)


【課題】所望の長さを有し、先端が先鋭である、錐形状のマイクロニードルの製造方法を提供する。
【解決手段】研削加工を用いて基板に第1の方向に沿って互いに平行な複数の第1の線状溝を形成する工程と、研削加工を用いて基板に第1の方向と交差する第2の方向に沿って互いに平行な複数の第2の線状溝を形成し、上部に平面を有する島状構造体を形成する工程と、該上部に平面を有する島状構造体に等方性エッチングを施す工程とを備えることを特徴とするマイクロニードルの製造方法。 (もっと読む)


【課題】手間がかからず、穿刺予定部の血管や皮膚の状態確認が容易であり、注射に伴う痛み及び恐怖心を軽減させるつまみ付き表面麻酔シールを提供する。
【解決手段】キャラクターシールではなく透明な表面麻酔シール1を、注射時に必要な無駄のない大きさ(穿刺予定部の中心から、せいぜい10mm以内)に形成し、表面麻酔シールの貼り剥がしが容易にできるように、シールにつまみ部2を設け、つまみ部を様々なモチーフで模構成とする。 (もっと読む)


【課題】外科的用途、出血のコントロール、及び創傷からの出血のコントロールを含む、広い範囲の用途に使用できる非毒性接着材料であるドレッシングの提供。
【解決手段】止血又はシーリング用のドレッシングであって、トランスグルタミナーゼとゼラチンとを含み、その相互反応が前記ドレッシングの活性化のために必要又は所望されるまで分離されており、非吸収性の支持体又は再吸収可能な材料の層のうちの少なくとも一つを更に含むドレッシング。該ドレッシングは、シリコーン又はプラスチックの支持体を更に備え、パッチを形成するドレッシングであることが好ましい。 (もっと読む)


1 - 20 / 221