Fターム[4C167BB21]の内容

媒体導出入付与装置 (99,363) | 特徴点 (32,932) | 部品の構成 (10,434)

Fターム[4C167BB21]の下位に属するFターム

Fターム[4C167BB21]に分類される特許

1 - 20 / 24


【課題】剣状突起下に貫通形成したアクセスポートを介して先端を心膜腔内に挿入したままの状態で複数回分にわたる量の細胞を注入する。
【解決手段】生体組織に穿刺される注射針3と、該注射針3を先端に備えたチューブ6と、該チューブ6の基端側に設けられ、細胞を収容した細胞用シリンジ4を着脱可能に接続するシリンジ接続部5と、該シリンジ接続部5と注射針3との間のチューブ6に設けられ、開放端を有する三方弁8とを備える細胞注入デバイス1を提供する。 (もっと読む)


【課題】二相すなわち2モデル動力学プロファイルに基づいて、全身的吸収と改善された薬物動力学のために、皮膚の少なくとも2つの区画中への物質の投与のためのデバイスの提供。
【解決手段】該治療物質を収容する貯蔵器と、該貯蔵器と流体連絡し、皮膚の内部または下の皮内区画および皮下区画のみに該治療物質を送達するためのサイズを有する少なくとも2つの針とを含み、前記皮内区画および皮下区画は、治療物質に異なる薬物動力学を与え、前記異なる薬物動力学は、単一区画への送達に比較して、得られる複合薬物動力学に関する前記物質の効果を増大させることを含むことを特徴とする、治療物質を対象に送達する装置。 (もっと読む)


交感神経は、腎動脈を取り巻く外膜を貫通して走り、全身性高血圧症の調節において重要である。これらの神経の過活動は、成人人口の30〜40%で広まっている疾患である腎性高血圧症を引き起こす可能性がある。高血圧症は神経調節薬(例えば、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII阻害薬、又はアルドステロン受容体遮断薬)により治療可能であるが、厳密な投薬計画に従う必要があり、また多くの場合、主要な心血管イベントのリスクを低減する目標血圧閾値に到達しない。外膜内に神経毒薬又は神経遮断薬を局所的に送達することにより、腎動脈を取り巻く交感神経の活性を低減させる、侵襲性が最低限に抑えられた解決策が本発明で提示される。上記薬剤の長期的な溶出も、患者に対する療法を最適化するために実現可能である。
(もっと読む)


管腔を通した送達のための縮小された送達外形と、管腔内での配置のためのより大きい解放された外形とを有する管腔内デバイス。縮小された外形構成は、標的部位への送達システムの薬剤または他の構成要素のコンパクトな送達を可能にする。本管腔内デバイスは、管腔内補綴と身体管腔の壁との間に少なくとも部分的に配置するように構成される少なくとも1つの可撓性支持部材と、該支持部材によって運ばれる少なくとも1つの薬剤とを備え、該支持部材は、第1の比較的縮小した放射状構成と、第2の比較的増大した放射状構成との間で変化可能であり、該第1の縮小した放射状構成において、該支持部材は、第1の端から第2の端までの距離に延在する長さを有する細長い部材を備え、該第2の増大した放射状構成において、該第1の端と該第2の端との間の該距離は、比較的縮小される、デバイスである。
(もっと読む)


【課題】有益物質を送達するための浸透圧送達システム、および特に、浸透圧性物質を受けるための凹所を有するピストンを有する浸透圧送達システムを提供する。
【解決手段】カプセル22は、内部保持ピストン、有益物質、および浸透圧性物質26を有する。該ピストンは、カプセルの内部表面について可動性で、該カプセルの内部表面と可動性シールを定義する。該可動性シールは、浸透圧性物質を有益物質24から隔離する。該ピストンは少なくとも浸透圧性物質の一部を受ける凹所を有する。該浸透圧性物質は周辺環境から半透性体28を通して液体を吸収し、ピストンの移動をもたらし、次にカプセルから有益物質の送達をもたらす。 (もっと読む)


【課題】 血管を切開することなくバルーンカテーテルを血管内に容易に挿入でき、血流を一時的に遮断可能な血流遮断カテーテルを提供することである。
【解決手段】 血管に穿刺可能な穿刺針20を先端に有する穿刺針部2と、該穿刺針部2をカバーするシース3と、前記穿刺針部2の内ルーメンに挿脱可能であり、先端部に膨張可能とされて血流を遮断可能なバルーン5を有するバルーンカテーテル4を備える構成の血流遮断カテーテル1とした。 (もっと読む)


【課題】胃瘻造設術や胃瘻カテーテルの交換において、ボタン型胃瘻カテーテルを留置する際の挿入抵抗を低減させることが可能で、かつ内視鏡の送気コントロールを容易にし、術中の内視鏡の視野を安定化させることが可能な技術の提供。
【解決手段】胃瘻カテーテル2が挿入されるシース本体11と、持ち手12とを有し、胃瘻カテーテル2を瘻孔に挿入して体内留置する際に、先行して瘻孔に挿入しておくことで、胃瘻カテーテル2の挿入抵抗を低減する胃瘻用シース1、シース付きダイレータ、胃瘻カテーテルキット、胃瘻用シースの分割方法を提供する。 (もっと読む)


管状組織構造又は体腔へのアクセスを維持するための装置及び方法が提供される。 (もっと読む)


患者の体表を通して治療剤を送達するための電気輸送装置(200)。装置は、電気輸送装置を形成するためにレザボアモジュール(202)と連結することができる電子モジュール(204)を有する。レザボアモジュールは、電気輸送により体表を通して送達するための治療剤を含むレザボアを有する。レザボアモジュールはまた、チャンネルの壁とともに狭いチャンネル部分および比較的狭くないチャンネル部分を有するチャンネル(267)を形成する切り抜き(268)を有する。電子モジュールは電気輸送のための治療剤を電気的に駆動するための回路を有し、そして狭いチャンネル部分および比較的狭くないチャンネル部分に対応する、狭い部分および比較的狭くない部分をもつ本体を有する。電子モジュールの狭い部分はレザボアモジュールの比較的狭くないチャンネル部分を通って狭いチャンネル部分中に誘導することができる。 (もっと読む)


【課題】患者への挿入前にカテーテル内にカテーテル誘導部材を挿入する操作を省略し、一人操作が行えるように、予めカテーテル誘導部材がカテーテル内腔に挿入されている医療用カテーテルにおいて、使用後のカテーテル誘導部材を収納して廃棄するカテーテル誘導部材廃棄用収納管を滅菌袋内に含んだ医療用カテーテルセットを提供することである。
【解決手段】予めカテーテル誘導部材を内腔に備えた医療用カテーテルと、使用後に前記カテーテル誘導部材を収納して廃棄するカテーテル誘導部材廃棄用収納管と、を滅菌袋内に含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】刺突の際に大きな機械的負荷がかかる基底部が補強された形状の針状体の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、微細な針状体の製造方法において、針状体の基底部を曲線形状に加工する工程を行うことを特徴とする針状体の製造方法であり、針状体の側面と、針状体が直立している地面とが角を成して交わらず、曲面で連続して接続されている形状の針状体を製造することが出来る。これにより、刺突の際に大きな機械的負荷のかかる基底部において、機械的負荷を分散することの出来る針状体を製造することが出来る。このため、刺突の際に大きな機械的負荷がかかる基底部が補強された形状の針状体を製造することができ、刺突の際に折れにくいという効果を奏する針状体を製造することが可能となる。 (もっと読む)


2連シリンジ用の供給器具が、スラスト板5によって結合された2連プランジャ4と、2連シリンジ1の保持フランジ9を受容するための案内スロット8を有するフランジ・ホルダ6と、少なくとも1つの指当てグリップ7とを具備する。この供給器具により、特に小型の2連シリンジの場合に、供給が容易になる。
(もっと読む)


密閉型針カテーテル挿入器具(10)は、伸長された針ガードハウジング(20)と伸長された針支持ハウジング(22)とを含有する。支持ハウジング(22)は、ガードハウジング(20)に密閉されるようにカテーテル(12)から針(24)を引き込むためのガードハウジング(20)内の動作を収容する。支持ハウジング(22)は、針内腔(49)を通じて、支持ハウジング(22)の流体経路(44)へアクセスできるように、使用されるカテーテル(12)から外側に延在される針(24)があっても、支持ハウジングの近位末端(42)がガードハウジングの近位末端(28)において、又は超えてアクセスできるような十分な長さである。
(もっと読む)


【課題】背中の手の届かない箇所や身体全体の皮膚で痒みや痛み、筋肉痛、湿疹、吹出物日焼けその他皮膚で起こるトラブルに、容易に対処可能な看護用ブラシを提供する。
【解決手段】高齢化社会が進む中、一人暮らしが多くなり、背中の手の届かない箇所が痒くなっても掻いて貰う人がなく、特に痒み止めの薬を塗ることができない場合でもと不可能な手段として、掻き棒を三段分け組み立て式にし、先端に歯ブラシ状先棒、継ぎ足し用の中棒と後棒を設け、持手を長くしたり短くしたりして患部に先端が届くようにした。先棒はローラ式回転ブラシとして、薬をブラシに塗って患部上を移動させれば、薬塗布とマッサージ、美肌効果が期待できる。 (もっと読む)


皮膚バリヤを介した物質抜取り及び/又は物質送出しのための技法であって、皮膚はドーム形成され、次に、一部が取り除かれる。典型的には、装置の接触部分が、皮膚のドーム形成を達成し、切断、グレージング、スクレーピング構成が、ドーム形成された皮膚の一部を取り除く。皮膚のドーム形成、ひいては、皮膚除去は、緊密に制御される。試料は皮膚の取り除かれた部分及び/又はそこを通じて供給される物質を介して取られ得る。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】本発明は、ポンプの1つ又はより多くの構成要素が物理的に分離したようなとき、ポンプが構造的に損なわれる程度までポンプの内部圧力が蓄積する機会が生ずる前に、ポンプ内に含まれた浸透性組成物を排気する手段を有する浸透ポンプを備えている。本発明に従って、浸透ポンプ内に含まれた浸透性材料を排気する手段は、浸透ポンプ内に形成された圧力を放散し且つ、被験者の不快感又は刺激を減少させる可能性をもたらす率にてポンプの浸透性組成物内に含まれた材料を作動環境内に放散するのを許容する通気口を有している。
(もっと読む)


【課題】有効期限日に基づいて医療製品の在庫を管理するための新規で有用な方法を提供すること。
【解決手段】時間依存性医療製品の在庫を管理するための方法であって、医療製品のためのパッケージングを用意するステップと、医療製品の有効期限日を設定するステップと、パッケージング上またはその内部、または医療製品上またはその内部に見えるように医療製品の有効期限日を表示するステップを含む。有効期限日の前に医療製品の来る期限切れを警告するために警告期間を設定し、医療製品の有効期限日を設定した後に、経過時間をパッケージングまたは医療製品で監視する。警告期間が始まると、医療製品の来る期限切れの警告表示をパッケージング上またはその内部、または医療製品上またはその内部に表示する。 (もっと読む)


【課題】 体液排出及び薬液・栄養剤注入等のルートを安全、確実に確保するための医療用具に関するものであって、特に、食道に造設した瘻孔を安全に形成、維持し、且つ、患者の不快感の軽減を可能とする食道瘻ボタンを提供すること。
【解決手段】 先端が丸められているシャフト部の後端にフランジ部が備えられている食道瘻ボタンにおいて、フランジ部を被覆するカバーを当該フランジ部と一体成形すると共に、前記カバーにシャフト部の内腔を塞ぐキャップ部を付設したこと。 (もっと読む)


深さが不明の硬骨または軟骨の欠損の中に、合成材料からなるインプラント、若しくは健康な硬骨または軟骨を挿入する方法および装置。該装置は、中空の外側シャフトの中に内側シャフトを備える。該装置の内側シャフトの一方の端部は、深さを決定するために硬骨または軟骨の欠損の中に挿入するのに好適であり、外側シャフトの他方の端部は、インプラントを保持するのに好適である。インプラントは、欠損の深さが決定されるとその欠損に適合するように切断され、次いで欠損に挿入される。インプラントを切断するための切断装置が開示される。また、送出装置の中にインプラントを挿入するためのインプラントカプセル装填機も開示される。
(もっと読む)


ラチェット機構が設けられたステント(110)を搬送するシステムは、可動弾性スリーブ(310)を有している搬送用カテーテル(301)を備える。弾性スリーブはステントのラチェット機構を被覆し、ラチェット機構がガイドカテーテル(318)または血管壁に接触するのを阻止し、搬送用カテーテルのガイドカテーテルの中への後退を容易にしている。スリーブはステントを配備するために後退させられる。本発明の一実施形態は、湾曲した可撓性の遠位先端部を設けたガイドカテーテルを備え、ステントの配備を容易にするよう図っている。本発明の別な実施形態は、ラチェット機構が設けられているステントを血管内で位置を変えて配備する方法を含んでいる。 (もっと読む)


1 - 20 / 24