Fターム[4C167CC05]の内容

媒体導出入付与装置 (99,363) | 適用部位 (11,576) | 人体内 (10,277) | 皮下 (427)

Fターム[4C167CC05]に分類される特許

1 - 20 / 427



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】マイクロニードルの微細突起部形状を正確に転写、成形し、離型する際、微細突起部の先端部が折損、欠損することなく、離型でき、均一かつ細く鋭く尖った微細突起部を有するマイクロニードルデバイス製造方法を提供する。
【解決手段】成形材料として環状オレフィン系樹脂であるシクロオレフィンポリマーを用い、該環状オレフィン系樹脂のガラス転移温度(Tg)以上の温度に加熱し、マイクロニードルデバイスの微細突起部形状の凹部を有する成形型部材をシクロオレフィンポリマーのガラス転移温度(Tg)以上の温度に加熱しながら、シクロオレフィンポリマーをプレス成形し、マイクロニードルデバイスを製造する。 (もっと読む)


【課題】音響エネルギーを使用してメディカントを調節するための方法およびシステムの提供。
【解決手段】本発明は方法およびシステムを提供し、該方法およびシステムは、予想可能に膜を撹乱し、かつ細胞および組織を機械的、熱的に調節するためにエネルギーを使用することにより、メディカント送達および/または有効性を独特に高めることができる。本明細書に開示された方法およびシステムは、複数の組織の層を調節することができる。例示的な実施形態において、エネルギーは、音響エネルギー(例えば超音波)である。他の例示的な実施形態において、エネルギーは、フォトンベースのエネルギー(例えばIPL、LED、レーザ、白色光、その他)、または他のエネルギー形式であり、該他のエネルギー形式には、高周波電流、または音響エネルギー、電磁エネルギーおよび他のエネルギー形式もしくは冷却のようなエネルギーアブソーバの様々な組み合わせがある。 (もっと読む)


【課題】複数の針に貫通孔を備えた針状体を簡便に精度よく転写成型可能であり、なおかつ耐久性を有する転写版を用いた針状体の製造方法を提供する。
【解決手段】基部の表面に複数の針を備え、前記針および基部に貫通孔を有する針状体を製造する方法であって、前記針を凹凸反転させた凹部を規定する輪郭部と前記針の貫通孔を凹凸反転させた凸部とを備えた針転写版、および前記基部の底部を規定する板状部と前記基部の貫通孔を凹凸反転させた凸部とを備えた基部転写版を用い、前記針転写版に樹脂を充填させる樹脂充填工程と、前記針転写版の上部に残存している樹脂に対し前記基部転写版を押圧して前記針転写板に接触させる転写版押圧工程と、前記針転写版および前記基部転写版から前記樹脂を取り出す剥離工程とを有することを特徴とする針状体の製造方法。 (もっと読む)


【解決手段】ワクチン接種針1は小径のパイプからなり、このワクチン接種針1は、先端領域1Aに形成された一対の第1刺し入れ部1cおよび第2刺し入れ部1dと、先端領域1Aおよびその隣接部分の内周部からなる貯溜部1Bと、この貯溜部1B内に保持されるワクチン2の液量を規定する横穴1Dとを備えている。
貯溜部1Bにワクチン2を貯溜した状態で両刺し入れ部1c、1dの先端1c’、1d’を接種対象者の皮膚に軽く刺し込むことで、ワクチン2を接種できるようになっている。
【効果】 ワクチンの接種量のばらつきを抑制し、かつ接種対象者の痛みを軽減することができる。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルの先端部のみに薬物を保持させたマイクロニードルアレイとその製造方法を提供する。
【解決手段】マイクロニードルの先端部のみに薬物を保持させたマイクロニードルアレイは、マイクロニードル溶着法すなわちa)水溶性高分子を素材としてマイクロニードルアレイを作成し、b)マイクロニードルアレイ先端に付着させる薬物溶液を作成し、c)マイクロニードルアレイの先端を該薬物溶液に短時間接触させて、製造する。このとき薬物溶液には薬物のほか水溶性高分子をも高濃度に溶解して粘度を高くしておくならば、付着した薬物はマイクロニードルと一体的となり、刺入に際し薬物のみが剥がれ落ちることがない。 (もっと読む)


【課題】皮膚に対して小さい力で痛みなく穿刺可能で、穿刺後は薬剤注入または血液、体液等の吸引を円滑に行うことが可能な高品質のマイクロニードルデバイスを提供する。
【解決手段】平坦な基板11の上面に複数の針状突起物12を基板と一体的に整列した構造体であって、針状突起物は内部に基板に対し垂直もしくは略垂直な流体管路15を有し、前記流体管路は境界面から僅かに針状突起物の先端側に近い位置から基板の底面までを貫通して形成され、針状突起物は基板に対して水平もしくは略水平な境界面を境に上下2層の異なる材料からなり、境界面よりも先端側部分の第1の材料14aが人体の皮膚に接触すると溶解する可溶性材料であり、境界面よりも基板側部分の第2の材料14bが人体の皮膚に接触しても溶解しない不溶性材料であり、かつ針状突起物の先端部17は針状突起物の側面よりも小さな傾斜を持つ傾斜平面70が形成された形状を有する構成とする。 (もっと読む)


【課題】患者が上体を起こした状態にて、穿刺針を穿刺し、薬液注入具の薬液流入空間に液体を注入しても、薬液流入空間内の血液滞留部の形成がなく、少ない量の液体にて、薬液流入空間内の血液を流入液体と置換できる薬液注入具を提供する。
【解決手段】皮下埋め込み型薬液注入具1は、薬液流入空間23を形成する凹部と、排出ポート5とを有する注入具本体と、注入具本体の凹部の開口部を封止するとともに薬液注入用針の薬液流入空間23への刺入が可能なシール部材4とを備える。注入具本体は、排出ポートと薬液流入空間とを連通する薬液流路7を備え、薬液流路は、薬液流入空間に対して排出ポートと向かい合う位置に設けられた薬液流入空間と連通する流通口71を備えている。 (もっと読む)


【課題】多層構造のマイクロニードルにおいて気泡の巻き込みを抑制できるマイクロニードルシートおよびその製造方法、ならびにマイクロニードルシート用のスタンパを提供する。
【解決手段】シート状の母材の表面から裏面に向かって先細りに延在する複数の錐体状の凹部を有するマイクロニードルシート用のスタンパにおいて、それぞれの凹部の内周面は、錐体の先端側に配置された第1部分と、錐体の一部を形成しかつ第1部分に連続する第2部分とを備え、第1部分における錐体の対向する内側面のなす角度よりも、第2部分の内側面が大きな角度を有するマイクロニードルシート用のスタンパに対して、第1部分内に第1ニードル原料が充填された凹部内に、スキージを用いて第2ニードル原料を充填する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、薬液を正確に投与する。
【解決手段】本発明は、薬液を貯蔵する薬液貯蔵部7と薬液を外部に送出する送出部10との間に、送出部10側が陰圧になると薬液を流し、薬液貯蔵部7側が陽圧になると薬液の流れを停止させる制限部9を設けたので、送出部10が駆動されて薬液を投与する場合には制限部9が薬液貯蔵部7から送出部10までの流路を連通させ、薬液貯蔵部7に貯蔵された薬液を送出部10を介して使用者に投与することができる一方、外力が加えられて下筐体部2や上筐体部3が変形して薬液貯蔵部7に陽圧がかかった場合には制限部9が薬液貯蔵部7から送出部10への流路を塞ぐので、薬液貯蔵部7に陽圧がかかっても薬液を送出部10を介して使用者の体内に投与させてしまうことを防止することができ、かくして薬液を正確に投与することができる。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルアレイの保管、移送、適用が改善されたマイクロニードルアレイカートリッジを提供する。
【解決手段】マイクロニードルアレイカートリッジ20は、上面30及び反対側にある底面32を有する材料ウェブ26を備える。粘着剤34及びマイクロニードルアレイ28は、材料ウェブ26の底面に配置される。容器24は、材料ウェブ26の底面に対して配置され、マイクロニードルアレイ28の少なくとも一部分を覆う周辺部40及び中央部36を有する。容器24の周辺部40の少なくとも一部分は粘着剤34と接触し、容器24の中央部36は粘着剤34と接触しない。容器24の周辺部40及び中央部36は、一体的に形成されている。 (もっと読む)


【課題】組織部位からの創傷滲出液がキャニスタ内に収集され、液体が減圧源に達するのを防ぐ液体収集キャニスタを提供する。
【解決手段】減圧治療システムは、減圧治療を適用する組織部位から液体を収集するための液体収集キャニスタ102を具える。当該キャニスタ102は組織部位から液体を収集するように構成された第1の空間318と、フレーム304および非平面フィルタエレメントを有するフィルタ104とを具える。このフィルタ104は、フィルタエレメントによって第1の空間318から分離した第2の空間をキャニスタ102内に規定する。このフィルタエレメントは、第1の空間318から第2の空間へ液体が通過するのを十分に防ぐ。第2の空間が減圧に曝されると、フィルタエレメントは第1の空間318と第2の空間との間の気体連通を実質的に可能にする。 (もっと読む)


【課題】過大な手間やコストを要することなく、比較的容易に製造することができる皮膚用針、比較的容易に皮膚用針を製造することができる皮膚用針製造装置および皮膚用針製造方法を提供する。
【解決手段】皮膚用針381は、ベース382の表面に一つ以上形成されるとともに、皮膚に押圧することにより機能性物質を皮膚に投与する。皮膚用針381は、中実であり、底面がベース382の表面に一体化されるとともに、先端が先鋭な第一段目の針381fと、第一段目の針381fの針先部に第二の材料からなる第二段目の針381sとを形成する。 (もっと読む)


【課題】薬剤が定量的にかつ選択的に、マイクロニードルデバイスの針状等の突起部にコーティングするマイクロニードルデバイスの製造方法の提供。
【解決手段】薬液の状態を調整する薬液調整工程、薬液供給ノズルをマイクロニードルデバイスの突起部に位置合わせ、制御する第1の位置決め制御工程、分注した薬液を保持した薬液供給ノズルとマイクロニードルデバイスの突起部とを、分注した薬液と前記突起部とが接触可能な近接位置に相対的に移動制御する第2の位置決め制御工程、及び定量の薬液を薬液供給ノズルの開口部に分注制御し、分注した薬液と前記突起部とが接触し、かつ前記突起部に薬液を転着させる薬液転着工程を含むマイクロニードルデバイスの突起部に薬剤を定量転着する方法において、該吐出ヘッドのノズル開口部に分注する薬液の粘度、温度状態を調整し、薬液を定量分注可能とする。 (もっと読む)


【課題】患者の体内へ投薬の流体を送達するための注入装置を提供する。
【解決手段】注入装置は、入口と、出口と、流体が入口から出口へ流れるように延びるピストンチャンネルと、後退及び前進位置との間で移動可能なアクチュエータと、これらを収容する筐体とを備える。アクチュエータが後退位置のとき、入口からの流体を充填するピストンチャンバが形成され、アクチュエータが後退から前進位置まで移動するとき、ピストンチャンバ内の流体が出口へ流される。アクチュエータは、ピストンチャンネル内で移動可能な、入口端と出口端とを有するピストンとを有する。また、装置は、入口に連通する第1の流体チャンバと、出口に連通する第2の流体チャンバとを有し、ピストンが、入口から出口へと流体が流れるように、入口端から出口端までの外表面の中の溝を有し、溝は、ピストンの周囲のつる巻き状の溝である。 (もっと読む)


【課題】微量栄養素、微量元素または微量ミネラルを投与するためのインプラントの提供。
【解決手段】再吸収性または生体浸食性の多孔質シリコンに基づく担体材料と、有効物質とを含むデバイス。有効物質、例えば健康生理機能のために必要な微量ミネラルを含浸させた多孔質シリコンインプラント60を皮下に移植し、前記微量ミネラルを制御的に放出するためにその後数ヶ月/年にわたり完全に腐蝕させる。第2の実施態様で、インプラント62は、有効物質を含み、ドアが破れてからの有効物質の長時間に亘る放出に時間差が生じるように厚さの異なる生物侵食性ドア76,78で閉じられている孔72を多数含み得る。 (もっと読む)


【課題】薬物粒子、および/または薬物を吸着したかもしくは薬物を担持した粒子を含有する薬物固溶体穿孔器を、関連した薬物リザーバー(SSPP系)とともに、治療的、予防的および/または化粧品の化合物の送達、診断、ならびに栄養剤の送達および薬物ターゲティングのために提供する。
【解決手段】薬物送達において、SSPP系は、患者の身体と接触すると溶解するマトリックス材料内に、粒状形態の活性薬物成分または粒子表面に吸着した薬物を含む。経皮薬物送達の好ましい方法では、薬物吸着微粒子を含むSSPP系は、表皮または真皮を貫通し、薬物が(溶解する)SSPP系穿孔器から放出され、粒子から脱着される。さらなる薬物は、穿孔器の挿入によって作製された皮膚の穿孔を通してパッチレザーバーから必要に応じて送達される。SSPPおよび関連するレザーバーに関する処方および製造手順もまた提供される。SSPP系は、種々の形状および寸法で製造され得る。 (もっと読む)


【課題】穿刺後に格別の操作を要することなく内針を筐体内に収納できる留置針組立体を提供する。
【解決手段】留置針組立体1は、筐体5を保持して対象部位に内針3及び外針21を穿刺した後、筐体5を保持している手の親指又は人差し指で操作部64、83を押すだけで、内針基4の揺動の阻止が解除されて内針基4が揺動し、これにより押圧スプリング7に抗した内針基4の支持が解除され、押圧スプリング7により内針基4が基端方向へ移動され、内針3が筺体5内へ収容されるように構成される。 (もっと読む)


【課題】マイクロニードルの損傷を防止する。
【解決手段】マイクロニードル収納ケース10のケース本体16に、マイクロニードルパッチ(以下、パッチ)11を収納する下凸形状のパッチ収納穴19を形成する。パッチ収納穴19を、シート13を収納する1段目の第1凹部20と、この第1凹部20の底に形成され、マイクロニードル14を収納する2段目の第2凹部21とで構成する。第1凹部20の深さD1を、マイクロニードル14の長さhとシート13の厚みaとの和よりも深く形成する。第1凹部20を形成する内壁面により、シート13の軸垂直方向の移動が規制される。これにより、パッチ11の取り出し時にマイクロニードル14が第2凹部21の開口周縁部に接触して破損することが防止される。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、カテーテルをスムーズに体内に挿入できるダイレータと、ダイレータを用いたカテーテル組立体を提供することを目的とする。
【解決手段】
ダイレータ40は、カテーテル20内に挿入され、カテーテル20の先端から外部に向けて延出する先端部44を有するダイレータ本体部42と、ダイレータ本体部42の先端部44に取り付けられた線状のガイドワイヤ部50と、ダイレータ本体部42に設けられ、薬液等の液体を放出する液体供給口47aを有するダイレータルーメン47とを備える。 (もっと読む)


1 - 20 / 427