説明

Fターム[4C206CB15]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | アルデヒド、ケトン、ケテン (1,434) | ケトン、ケテン (1,254) | カルボニル基が炭素環に結合したもの (43)

Fターム[4C206CB15]の下位に属するFターム

Fターム[4C206CB15]に分類される特許

1 - 20 / 33


【課題】異常なタンパク質の折りたたみ又は凝集、或いはアミロイドの形成、沈着、蓄積又は残存を特徴とする疾患を処置するための化合物、組成物、及び方法を提供すること。
【解決手段】構造式(I)


によって表されるイノシトール誘導体であって、式中、Xが、scyllo−イノシトール基であり、式中、R、R、R、R、R及びRが、明細書中に規定される通りである、イノシトール誘導体;或いはその薬学的に許容される塩を説明する。異常なタンパク質の折りたたみ又は凝集、或いはアミロイドの形成、沈着、蓄積又は残存を特徴とする疾患の予防及び/又は処置で使用するための、化合物、前記化合物を含む組成物、並びに前記化合物を使用する方法も説明する。 (もっと読む)


【課題】嗅覚受容体アンタゴニズムに基づく悪臭抑制剤の提供。
【解決手段】OR5P3、OR2W1、OR5K1及びOR8H1から選択される嗅覚受容体のいずれか1に対するアンタゴニストの1種以上を有効成分とする、悪臭抑制剤。 (もっと読む)


【課題】アスタキサンチンやレスベラトロールを組成物中に安定に含有させる技術を提供する。
【解決手段】グリアジンで被覆したメロンSOD活性抽出物をアスタキサンチンやレスベラトロールとともに組成物中に含有せしめる。また、アスコルビン酸、クエン酸、又はそれらの塩を更に含有せしめて、その効果をさらに高める。そのように安定化されたアスタキサンチンやレスベラトロールを、抗酸化剤に用いたり、飲食品や化粧品に配合したりして、それらの機能性を十分に発揮させる。 (もっと読む)


【課題】ウイルスや、ほこり、雑菌、花粉等のアレルゲン等の異物に対して、粘膜線毛運動を促進させ、これらの異物を除去する気道異物除去製剤及び気道異物除去方法を提供する。
【解決手段】揮発性線毛運動促進剤及び去痰剤を含有する気道異物除去用製剤。 (もっと読む)


【課題】胃および/または小腸の潰瘍性障害に対し患者を予防的および/または治療的に処置するために使用されるホップ(Humulus lupulus)抽出物またはその誘導体を提供すること。
【解決手段】潰瘍性障害は、化学的誘発、環境的誘発、感染誘発、および/またはストレス誘発によるタイプのものであってもよい。本発明はまた、ホップ抽出物またはその誘導体の有効量を、鎮痛化合物および/または抗炎症化合物と組み合わせて含む製薬組成物を提供する。本発明はさらに、胃および/または小腸の潰瘍性障害を著明に緩和する、および/または治療的に処置する用法を提供する。 (もっと読む)


【課題】高コレステロール血症、高中性脂肪血症、糖尿病等の予防又は治療に利用可能な新規なレプチン産生促進剤を提供する。
【解決手段】カプサンチンをレプチン産生促進剤の有効成分とする。 (もっと読む)


【課題】多量に乳化剤を用いることなく、油性成分を高比率とするソフトカプセル製剤用乳化組成物を開発する
【解決手段】油性成分(A)、多価アルコール(B)、乳化剤(C)を含有するソフトカプセル製剤用乳化組成物であって、多価アルコール(B)が無水状態で液状の多価アルコール(B−1)と固体状の多価アルコール(B−2)を含有し、B−1とB−2の比が、1:3〜1:6であるソフトカプセル製剤用乳化組成物。 (もっと読む)



本発明は、てんかんの治療における1つ又は複数のカンナビノイドの使用に、より具体的には全般発作又は部分発作の治療におけるカンナビノイドの1つ又は組合せの使用に関する。一実施形態では、本発明は、純粋な若しくは単離された化合物としての、又は天然に存在する相当量のいずれかのTHCが選択的に除去された植物抽出物としてのカンナビノイドTHCVの使用に関する。別の実施形態では、フィトカンナビノイドはCBDである。 (もっと読む)


【課題】ウイルスや、ほこり、雑菌、花粉等のアレルゲン等の異物に対して、粘膜繊毛運動を活性化させ、これらの異物を除去する気道異物除去剤及び気道異物除去用組成物を提供する。
【解決手段】2−トリデセン−1−オール、テトラハイドロゲラニオール、デュピカル、イソシクレモン、シトラールジメチルアセタール、アセトフェノン、カルボン、ヘキシルシクロペンタノン、メントフラン、ブルボーネン、β−メチル−デカラクトン、ムスコン、イソオイゲノール、γ−ドデカラクトン又はγ−ヘキサデカラクトンからなる気道異物除去剤。 (もっと読む)


【課題】骨吸収の効果的な抑制が可能で、かつ生体に対する安全性が高く、医薬品、飲食品等の成分として使用するのに好適である骨吸収抑制剤の提供。
【解決手段】一般式(1)で表されるベータ酸及び/又は一般式(2)で表される酸化型ベータ酸を有効成分として含有する骨吸収抑制剤。


[式中、R及びRは各々、炭素数1〜6のアルキル基を表す。] (もっと読む)


【課題】抗癌剤又は抗炎症剤として有用なpro−PHBPの活性化を特異的に抑制する化合物の提供。
【解決手段】既知化合物ライブラリーサンプルおよび市販化合物を探索源とし、Pro−PHBP活性化阻害物質の新規スクリーニングを行った結果得られた、下記式で示される化合物、タンニン酸やシアニジンなどのポリフェノール構造を有する化合物、オキシテトラサイクリンなどから選択される化合物を有効成分として含む、医薬組成物。
(もっと読む)


【課題】リポソームに基づく薬物送達系の分野において、生物活性物質を投与する方法およびそのためのリポソーム−カプセル投薬単位を提供すること。
【解決手段】カプセル内に封入された生物活性物質を含有するリポソームを含む、リポソーム−カプセル投薬単位。生物活性物質を投与する方法であって、カプセル内に封入された生物活性物質を含有するリポソームを含むリポソーム−カプセル投薬単位を被験体に導入する工程を包含する、方法。本発明の送達システムは、特に以下のものに適切である:1)経口的溶解度が乏しい生物学的に活性な物質、2)胃腸管からは吸収されないかまたはほとんど吸収されない、新規に発見された薬物、タンパク質およびペプチド、ならびに3)GI管から吸収され得ず、そして侵襲性経路によって投与しなければならない薬物、タンパク質、ホルモンおよび栄養物。 (もっと読む)


【課題】新規で有効な抗マイコバクテリア剤の提供。
【解決手段】本発明は、医薬担体ならびにコバルトセン−オクタメチル及びスチグマスタン−3,5−ジエンからなる群から選択される少なくとも1種の化合物を含む医薬組成物を提供する。本発明はまた、有機溶媒中に植物物質を抽出し、抽出した物質をクロマトグラフカラムに接触させ、極性移動相を用いてクロマトグラフカラムから溶出して組成物を得ることを含む、抗微生物活性を有する組成物を調製する方法も提供する。植物物質は、マミーアップル、ゼニゴケ、またはハナマキ由来である。本発明はまた、担体ならびにコバルトセン−オクタメチル及びスチグマスタン−3,5−ジエンの中から選択される少なくとも1種の化合物を含む組成物を投与することを含む、マイコバクテリウムの増殖を抑制する方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】抗酸化酵素の発現を誘導することが可能な優れた抗酸化酵素誘導剤、及びこれを用いた医薬組成物、ならびに抗酸化物質のスクリーニング方法を提供することを主な目的とする。
【解決手段】下記一般式(1)で表されるα,β−不飽和結合を有するアルデヒド化合物を含有する抗酸化酵素誘導剤。


(式中、
R1は、水素原子、水酸基で置換されていても良いC1~8アルキル基、C3〜8シクロアルキル基、C1~8アルケニル基又はアリール基を示す。
R2は、水素原子又はC1~8アルキル基を示す。
また、R1はCxに直接結合している水素原子に代えてCxに結合し、シクロヘキセン環又はシクロヘキサジエン環を形成していてもよい。
これらシクロヘキセン環及びシクロヘキサジエン環上には、C1~8アルキル基及びC1~8アルケニル基からなる群より選択される少なくとも1つが置換していてもよい。);
及び抗酸化用医薬組成物、ならびに抗酸化酵素誘導物質のスクリーニング方法。 (もっと読む)


本発明は、概して、ウイルスが感染した細胞を含む皮膚病変の治療、およびそのような病変の治療のための組成物に関する。さらに具体的には、本発明は、哺乳類パピローマウイルス、特にヒトパピローマウイルスのようなパピローマウイルスの感染によって誘発された病変の治療における、インゲノール化合物、特にインゲノールアンゲラートの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、1種類以上のTRPチャネルの遮断によって緩和される疾患または病気の予防または治療におけるカンナビノイド含有植物抽出物の使用に関する。遮断されるTRPチャネルのサブセットが、TRPAチャネルであるのが好ましい。TRPAチャネルが、TRPA1チャネルであるのがより好ましい。好ましくは、予防または治療される疾患または病気として、神経障害性疼痛、炎症または血管収縮が挙げられる。別の態様において、遮断されるTRPチャネルは、TRPMチャネルである。TRPMチャネルが、TRPM8チャネルであるのがより好ましい。予防または治療される疾患または病気が、ガンであるのが好ましい。より好ましくは、治療されるガンとして、前立腺ガン、乳ガン、結腸ガン、肺ガンまたは皮膚ガンが挙げられる。別の態様において、遮断されるTRPチャネルは、TRPVチャネルである。TRPVチャネルが、TRPV1チャネルであるのがより好ましい。好ましくは、予防または治療される疾患または病気として、神経障害性疼痛、炎症または血管収縮が挙げられる。 (もっと読む)


カンナビジオールおよび酢酸グラチラマーの組み合わせと医薬的に許容される担体とを含む医薬組成物。 (もっと読む)


抗菌キー、及び場合により現在使用されている少なくとも1つのフレーバー付与成分を含有するフレーバー付与組成物であって、その際、抗菌の基調は、3,4−ジメチルフェノールと共に、フソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium Nucleatum)、フソバクテリウムsp.(Fusobacterium sp.)、プロフィロモナス・ギンギバリス(Porphyromonas Gingivalis)、プレボテラ・インターメディア(Prevotella Intermedia)、クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella Pneumoniae)、ベイヨネラ・アルカレセンス(Veillonella Alcalescens)、バクテロイデス・メラニノゲニカス/ホルシタス(Bacteroides Melaninogenicus/forsythus)、セレノモナス・スプタゲナ(Selenomonas Sputagena)、プロフィロモナス・エンドドンタリス(Porphyromonas Endodontalis)、プレボテラ・メラニノゲニカ(Prevotella Melaninogenica)及びストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus Mutans)から選択される2つ以上の菌種に対してそれぞれ1000ppm以下の最小抑制濃度を有する1つ以上の抗菌フレーバー成分を含有する、オーラルケア製品、菓子製品、又は飲料における使用のためのフレーバー付与組成物。 (もっと読む)


本発明は、化粧品および/または皮膚用製剤のサンケア指数を高める方法、かかる製剤のサンケア指数を高めるためのUV-Aフィルターの使用、ならびに特定の日焼け止め化粧品および/または皮膚用製剤に関する。 (もっと読む)


1 - 20 / 33