Fターム[4C206CB27]の内容

Fターム[4C206CB27]の下位に属するFターム

Fターム[4C206CB27]に分類される特許

141 - 160 / 284


【課題】痛みとは、皮膚感覚の一つであり、生体組織の傷害を最小限にくい止めるための大事な警告反応として重要な役割を果たしている。一方、痛みは不快で苦痛を伴う感覚であるためQOLの低下も招くことから、積極的に取り除く必要もあり、様々な鎮痛剤が古くから処方されている。
本発明の課題は痛みあるいは痛覚過敏に極めて有効で副作用の少ない痛みの予防又は緩和剤を提供することにある。
【解決手段】 ユビデカレノンを含有することを特徴とする、痛みの予防又は緩和剤。 (もっと読む)


本発明は、ヒトをはじめとする動物における損なわれた神経伝達に関係する障害を治療するためのオレガノ抽出物およびそれらの揮発性成分の使用、ならびにこのような抽出物またはそれらの揮発性成分を含有する栄養補助食品、食品および飼料または医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、エステル化レシチンを含有するリポソーム膜と該リポソーム膜の内部空間に内包された1以上の生理活性成分を含むナノリポソーム、その製造方法、及びこれを含む皮膚疾患の予防又は治療用組成物に関する。本発明のナノリポソームは長期安定性及び均一性を有するので、これを利用して保湿性及び浸透性に優れた化粧品、皮膚疾患治療薬などの皮膚用組成物を製造するのに使用できる。特に、本発明の皮膚疾患の予防又は治療用組成物は、ナノリポソームに内包された上皮細胞成長因子を含み、それによって優れた皮膚浸透増進効果及び良好な医薬的安定性を示す。また、リポソーム製造時に使用されるエステル化レシチンは、皮膚軟化効果及び皮膚浸透促進効果を提供することができ、それによって上皮細胞成長因子及び天然抽出物の皮膚浸透を促進させ、またさらなる保湿効果を提供することができるので、皮膚疾患の治療に有利である。さらに、本発明の組成物は、エステル化レシチンをリポソーム膜に含有させて製造されるナノリポソームを含むため、活性成分を高温(70℃以上)に加熱及び分散させること、低安定性及び不均一性などの従来の問題を解決することができる。 (もっと読む)


【課題】ユビデカレノンを高濃度に含有し、自己乳化する組成物を提供する。
【解決手段】組成物中10質量%以上のユビデカレノン、並びに、該ユビデカレノンの1質量部に対して、メントールを0.2質量部以上、融点が37℃以上の飽和テルペノイド(ただし、メントールを除く。)を0.1質量部以上、HLBが10以上の親水性界面活性剤を0.05質量部以上、及び、炭素原子数が12以下の脂肪酸のモノグリセリドを0.05質量部以上含有することを特徴とする自己乳化組成物。 (もっと読む)


任意選択で、かつ好ましくは精製された形態にあるか、又は海産物油(すなわち魚油及び/又はオキアミ油)としての1つ又は複数の多価不飽和脂肪酸と組み合わせて、ビタミンK又はビタミンKクラス化合物内の一化合物を含む医薬及び栄養補助製品を提供する。好ましくは精製された形態にあるか、海産物油としての1つ又は複数の多価不飽和脂肪酸と組み合わせた、骨、軟骨、及び心血管系に関連した障害の治療又は予防におけるビタミンK又はビタミンKクラスの化合物内の一化合物の使用も提供する。ビタミンKクラスの化合物内の好ましい化合物はMK−7、MK−8、MK−9、及びMK−10であり、MK−7又はMK−9がとりわけ好ましい。上記海産物油はオキアミ油又は魚油が好ましい。
(もっと読む)


【課題】安定で、容易に服用でき、優れた肝機能改善効果を有する肝機能改善剤の提供。
【解決手段】ユビキノンのCD類による包接体を含有する肝機能改善剤、及びこれを含有する肝機能改善用食品。 (もっと読む)


【課題】保存安定性に優れ、かつ生体吸収性が向上したコエンザイムQ10含有飲食品及び医薬品の提供。
【解決手段】コエンザイムQ10、中鎖脂肪酸モノグリセリド及びHLB値5以下のポリグリセリン脂肪酸エステルを含有するコエンザイムQ10含有飲食品;コエンザイムQ10、中鎖脂肪酸モノグリセリド及びHLB値5以下のポリグリセリン脂肪酸エステルを含有するコエンザイムQ10含有医薬品。 (もっと読む)


【課題】コエンザイムQ10を口腔内溶出性の高い咀嚼組成物を提供する。またコエンザイムQ10について口腔内溶出性を向上させる方法を提供する。
【解決手段】シクロデキストリンに、コエンザイムQ10を包接させ、これをコエンザイムQ10成分として用いる。特に包接物中のコエンザイムQ10量をより少なくすること、好ましくは40重量%以下、より好ましくは20重量%とする。 (もっと読む)


【課題】ユビデカレノンを高濃度に含有し、風味が良く、体温付近の温度(37℃)で液状を呈し、かつ、ユビデカレノンの保存安定性に優れた内服用組成物を提供する。
【解決手段】ユビデカレノン、並びに、グレープフルーツ油及びオレンジ油の少なくとも1種の柑橘系精油、を含有することを特徴とする37℃で液状を呈する内服用組成物。 (もっと読む)


【課題】高吸収性のコエンザイムQ10(CoQ10)組成物およびその製造方法の提供。
【解決手段】コエンザイムQ10は、溶媒、及び、キャリアオイルを含むソフトゲルカプセルとし、栄養補給のための、並びに、抗酸化物質としての使用のための、本質的に非結晶型で、高度に生物利用可能で高吸収性のCoQ10組成物。さらに、血漿中のコエンザイムQ10の吸収水準、及び、生物学的利用能水準を上昇させる方法、並びに、高吸収性のCoQ10組成物の製造方法。 (もっと読む)


CoQ10は、線維芽細胞及びケラチン生成細胞の促進効果を有し、ATP産生を増大させ、疼痛を軽減する。製剤は、急性創傷治癒、疲労並びに急性及び慢性疼痛の治療の促進に有用である。
(もっと読む)


【課題】大脳疲労に基づく計算能力低下等の大脳疲労を回復する薬剤の提供する。
【解決手段】(a)クロロゲン酸類、カフェ酸、フェルラ酸及びそれらの薬学的に許容される塩から選ばれる1種以上と(b)コエンザイムQ10を含有するヒトの大脳疲労回復剤。 (もっと読む)


本発明は、病理的瘢痕の高色素沈着を治療することを意図する、ヒドロキノン、フルオシノロンアセトニド、およびトレチノインの組み合わせを含む皮膚科学組成物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、VI型コラーゲンをコードする遺伝子における突然変異に起因する筋ジストロフィーまたはミオパシーの予防および/または処置のための医用製剤の調製を目的とする、下記式(I)の化合物またはその薬学的に許容される付加塩の使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、脱毛、脆い爪及び皮膚状態を治療し、発毛を促進又は増強するための組成物及び方法を提供する。該組成物は、通常少なくとも1種のメチオニンアナログ又は誘導体を含む。本発明は更に、本発明の組成物を含む構造化された液体送達系を提供する。 (もっと読む)


【課題】グミ菓子より長く、様々な時間長さの咀嚼時間を有すると共に、咀嚼後の廃棄を防止し、健康の維持又は回復に役立つ生理作用及び疾病の治療効果を有する機能材を、それらの水溶解性等の性質に依存せずに、摂取し得る機能性咀嚼物及びその製造方法並びにその使用方法を提供することを目的としている。
【解決手段】小麦グリアジン、ポリフェノール類及び機能材を原料として製錠又は顆粒化し、咀嚼時には唾液を含んで弾力性と伸展性を生じ、可食性を備えてグミ菓子よりも咀嚼時間を長くすると共に、ポリフェノール類により弾力性及び伸展性を向上して構成される。 (もっと読む)


本発明は、乳タンパク質分離物及び/又はキャノーラ植物タンパク質を包含するタンパク質源を含む栄養補助食品、並びに、その作製と個体における栄養欠乏を治療する上での使用とに関連した方法を提供する。 (もっと読む)


ポロキサマー、樹脂、および/またはトコフェロールを融合し、前述の融解物を用いて処理対象の物質を密に分散させる方法を開示する。融解物を投入した後に、処理対象の物質を水で被覆して硬化を予防し、自然に形成されたゲルが均質化される。得られた生成物は少なくとも1つのポロキサマー、樹脂またはトコフェロールと、その中で可溶化、分散、および安定化され、粘度が固体〜半固体(ゼリー状等)〜液体である活性物質を基剤とする透明ゲルからなる。前述の可溶化された物質のミセルは、ポロキサマーがCMC以下でも安定性を保つ。可溶化された活性物質を用いて、本発明の生成物は脂肪、ペプチド、樹脂、およびあらゆる種類の樹脂様物質を溶解し、脂肪、ペプチド、樹脂、およびあらゆる種類の樹脂様物質を表面から遊離させ、洗浄し、潤滑させるために使用できる。そのような溶解物の中で植物性物質が密に分散された場合、溶解物は水で被覆せずに冷却する。融解物が脆化されると、次にほこりを立てずにチョッパミル‐グラインダーで粗く細断・粉砕され、ハンマーミルまたは乳化ミルにおいて水を入れて湿潤状態で細かく粉砕されると、溶解物の結晶が直径5マイクロメーター未満まで縮小される。次に溶解物の結晶をさらなる水で溶解または分散させ、腐植土に添加して、結晶を植物の根から吸収させる、あるいは結晶を土壌上の植物の一部に直接噴霧する。 (もっと読む)


フリードライヒ運動失調症(FRDA)、レーバー遺伝性視神経症(LHON)、ミトコンドリアミオパチー、脳症、ラクトアシドーシス、脳卒中様症状(MELAS)、またはカーンズ・セイアー症候群(KSS)などのミトコンドリア病の治療方法または抑制方法のみならず、本発明の方法において有用な化合物についても開示する。他の疾患の治療に有用な方法および化合物も開示する。対象者の代謝状態および治療の効果の評価に有用なエネルギーバイオマーカーも開示する。エネルギーバイオマーカーを調節し、正常化し、または強化する方法のみならず、かかる方法に有用な化合物も開示する。 (もっと読む)


本発明は、ベルバスコシドおよびルテオリンを含む組合せ、その組合せを含有する植物抽出物、並びに、色素沈着の調節のための美容用または医薬用組成物におけるそれらの使用に関する。 (もっと読む)


141 - 160 / 284