説明

Fターム[4C206DB46]の内容

Fターム[4C206DB46]の下位に属するFターム

Fターム[4C206DB46]に分類される特許

1 - 13 / 13


【課題】ピノレン酸またはその誘導体を体重管理のために使用可能にする。
【解決手段】ピノレン酸は、例えば、食物サプリメント、医薬組成物または食品組成物の形態で使用可能である。 (もっと読む)


ω−3脂肪酸を含んでなる新規の組成物およびその使用が開示される。 (もっと読む)


【課題】 未反応のリシノール酸が少なく、短時間で高純度のグリセリンリシノール酸モノエステル及びポリグリセリンリシノール酸モノエステルを製造する方法を提供すること。
【解決手段】 減圧下で、水を添加せずに、リシノール酸、グリセリン(またはポリグリセリン)およびCandida属由来の固定化リパーゼを混合し、反応中に生成する水を減圧除去しながら反応を行わせることを特徴とする。得られる(ポリ)グリセリンリシノール酸モノエステルは抗菌作用を示し、食品、食品包装材、食器類、香粧品、化粧品、皮膚外用剤、皮膚洗浄剤、消毒剤、外用ローション、毛髪用剤、拭き取り除菌剤、医薬品、医薬部外品、口腔用衛生素材から選ばれる抗菌対象物の配合成分として好適である。 (もっと読む)


【課題】両親媒性抗菌物質の、通常用いられる濃度よりも低い範囲の濃度で使用しても優れた抗菌効果を得ることができる抗菌剤水溶液及びその製造方法の提供。
【解決手段】モノグリセロールモノラウリン酸エステル及びジグリセロールモノラウリン酸エステルよりなる群から選ばれた少なくとも1種の両親媒性抗菌物質0.2μg/ml〜50μg/ml及びε−ポリリジン0.1μg/ml〜30μg/mlを含む水溶液。この抗菌剤水溶液を、2.5〜20倍に薄めて使用することができる。抗菌剤水溶液を製造する場合、ショ糖モノラウリン酸エステルを添加して35℃〜55℃に加温すれば両親媒性抗菌物質の溶解を促進することができる。 (もっと読む)


間欠性跛行を処置し、そのさらなる進行を予防し、そしてIC症候を引き起こすPADなどの潜在的な状態を処置するのに有用な、オメガ3脂肪酸を含む組成物、該組成物を作製する方法、間欠性跛行を処置するために該組成物を使用する方法、および間欠性跛行を引き起こす様々な潜在的な状態のいずれかを処置するために該組成物を使用する方法。 (もっと読む)


【課題】副作用を抑えつつ、血管新生抑制効果を向上させることができる血管新生抑制剤を提供する。
【解決手段】血管新生抑制剤は、溶媒によるプロポリスの抽出物に含まれるバッカリン、ドルパニン、クマル酸、アルテピリンC、3,4−ジカフェオイルキナ酸、3,5−ジカフェオイルキナ酸又はクロロゲン酸を有効成分とするものである。該有効成分は、3,4−ジカフェオイルキナ酸、3,5−ジカフェオイルキナ酸又はクロロゲン酸であることが好ましい。さらに、有効成分は、3,4−ジカフェオイルキナ酸又は3,5−ジカフェオイルキナ酸であることが最も好ましい。血管新生抑制は、管腔面積、管腔長、パス本数又は管腔交差点数で評価される。 (もっと読む)


本発明は、(a)16〜26個の炭素原子および2〜6個の二重結合を含む生理活性な脂肪酸、そのエステルまたはグリセリド、ならびに、(b)オリゴマープロアントシアニジン(OPC)またはそれを含む植物抽出物、を含有する経口投与のための調製物に関する。 (もっと読む)


被験者における中耳炎を治療および/または予防する方法が提供される。外耳炎を治療および/または予防する方法もまた提供される。
(もっと読む)


【課題】ピノレン酸またはその誘導体を体重管理のために使用可能にする。
【解決手段】ピノレン酸は、例えば、食物サプリメント、医薬組成物または食品組成物の形態で使用可能である。 (もっと読む)


中鎖脂肪酸トリグリセリドを含有する血清レムナント様リポタンパク濃度調整剤であって、中鎖トリセリドの構成脂肪酸の90質量%以上が炭素数8および10の飽和脂肪酸であり、炭素数8および10の飽和脂肪酸の質量比率が60/40〜85/15であり、且つ、トリグリセリドの2位に結合した全脂肪酸中の炭素数8の飽和脂肪酸割合が60〜85質量%である血清レムナント様リポタンパク濃度調整剤および血清レムナント様リポタンパク濃度調整剤を含有する血清レムナント様リポタンパク濃度調整用食品および血清レムナント様リポタンパク濃度調整用医薬品。この血清レムナント様リポタンパク濃度調整用食品は、食事制限を伴わず、副作用の懸念がなくかつ簡便に使用できる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの脂肪酸が少なくとも1つの二重結合を有する、1つまたは複数のC11〜C24脂肪酸を有する1,2,3-プロパントリオールのエステルである化合物に関する。化合物は、慢性炎症性障害の治療に有用である。 (もっと読む)


【課題】 ストレスに起因する行動異常を伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する新規組成物の提供。
【解決手段】 アラキドン酸及び/又はアラキドン酸を構成脂肪酸とする化合物を含んで成る、ストレスに起因する行動異常を伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する組成物。 (もっと読む)


【課題】 ストレスに起因する脳機能の低下およびそれに伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する新規な組成物の提供。
【解決手段】 アラキドン酸及び/又はアラキドン酸を構成脂肪酸とする化合物を含んで成る、ストレスに起因する脳機能の低下およびそれに伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する組成物。 (もっと読む)


1 - 13 / 13