Fターム[4C206FA03]の内容

Fターム[4C206FA03]の下位に属するFターム

Fターム[4C206FA03]に分類される特許

1 - 20 / 105


【課題】女性の子宮頸部中でオキシブチニンを局所的に送達し、制御可能的に放出するための新規のおよび有用な用具および方法の提供。
【解決手段】本発明の用具は、トリフルオロプロピルメチル/ジメチルシロキサンエラストマーを含むリングを包含する。オキシブチニンおよび賦形剤を含む医薬組成物は、リング中に位置する内腔内に置かれ、この場合、内腔はリングの表面からリング中に延びる。リングは、女性の膣管中に挿入され得るよう、十分なサイズを有する。内腔内に医薬組成物を含入するために、キャップはリングの表面で内腔上に置かれる。リングが膣管中に挿入されると、トリフルオロプロピルメチル/ジメチルシロキサンエラストマーは、女性の尿失禁を治療するために、排尿筋に治療的有効量のオキシブチニンを制御可能的に放出し、局所的に送達する。 (もっと読む)


【課題】表皮におけるフィラグリンの発現量を顕著に増加させるフィラグリン産生促進剤を提供する。
【解決手段】スフィンゴシン(SS)骨格を有する化合物、フィトスフィンゴシン(PS)骨格を有する化合物、スフィンガジエニン(SD)骨格を有する化合物、4−ヒドロキシスフィンゲニン(4HS)骨格を有する化合物から選択される化合物からなるフィラグリン産生促進剤。 (もっと読む)


【課題】 新たな治療メカニズムによる癌治療剤を提供する。
【解決手段】 本発明の癌治療剤は、癌を治療するための癌治療剤であって、コリントランスポーターによるコリン取り込みを阻害する物質、および前記コリントランスポーターの発現を阻害する物質の少なくとも一方を含むことを特徴とする。前記コリン取り込みを阻害物質は、コリンとの競合的拮抗作用によりコリン取り込みを阻害する物質が好ましく、この場合、有機カチオン系化合物がより好ましい。前記コリントランスポーターの発現阻害物質は、RNA干渉により前記コリントランスポーターのmRNAの発現を阻害するsiRNAが好ましい。前記コリントランスポーターは、例えば、CTL1、CTL2、CTL3、CTL4、CTL5等があげられる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体に対して優れた活性化作用を有するペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性化剤を提供することである。
【解決手段】4,8−スフィンガジエニン、4−ヒドロキシ−8−スフィンゲニン等の8位に二重結合を有するスフィンゴイドは、優れたペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性化作用があり、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性化剤の有効成分として使用できる。 (もっと読む)


【課題】β−ラクタム系抗生物質の失活を抑制し、抗菌活性を回復させる薬剤となるメタロ−β−ラクタマーゼ阻害剤の提供。
【解決手段】下記一般式(I)の構造を有するマレイン酸誘導体はメタロ−β−ラクタマーゼ阻害活性を有する。この一般式(I)の化合物をβ−ラクタム系抗生物質と併用することにより、メタロ−β−ラクタマーゼ産生菌に対するβ−ラクタム系抗生物質の抗菌活性を回復させることが可能となる。
(もっと読む)


【課題】皮膚の老化や乾燥や外界からの異物の進入の抑制に有効なセラミド産生促進剤、ならびに飲食品、化粧品、医薬品を提供する。
【解決手段】本発明のセラミド産生促進剤は、スフィンゴイド類、またはスフィンゴ脂質を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】新しい投薬ユニット及びその製造法と使用法の提供。
【解決手段】水溶性の親水コロイドと粘膜の表面被覆形成フィルムを含む投薬ユニットであって、このフィルムは有効剤の有効投与量を含有する。投薬ユニット中には、クエン酸シルデナフィル、ニコチン、ヒドロモルホン、オキシブチニンあるいはエストラジオールが有効剤として使用される。水溶性の親水コロイドは天然、半天然及び合成の生体ポリマーから成る群から選択されているポリマーである。 (もっと読む)


【課題】涙液膜の安定性を向上させる眼科用組成物を提供する。
【解決手段】トロメタモール0.1〜5w/v%と、酢酸トコフェロール0.001〜0.3w/v%とを含有させた眼科用組成物。該眼科用組成物は、涙液膜の安定性を顕著に改善するので、涙液の乾燥を抑制することができる。特にドライアイの予防、治療用眼科用組成物として有用である。 (もっと読む)


【課題】骨のカップリング因子発現促進剤及び骨代謝改善剤、並びに骨代謝の異常に起因する疾患の予防又は治療剤の提供。
【解決手段】下記式等で表される化合物、又はその薬学的に許容される塩から選択される少なくとも1つを有効成分として含有するカップリング因子発現促進剤、及び当該促進剤を含有する骨代謝改善剤、並びに当該改善剤を含有する骨代謝の異常に起因する疾患の予防又は治療剤。


(式中、ハロゲン原子を意味する。) (もっと読む)


【課題】p21(Waf1/Cip1)の発現促進剤の提供。
【解決手段】式(I)で示される化合物もしくはその塩、又は式(II)で示される第四級アンモニウム塩を含有するp21発現促進剤:


(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

非アルコール性3成分溶媒混合物およびその中に溶解された生物活性ビタミンD誘導体または類似体ならびに、薬理学的に許容される担体を含む、実質的に無水の、局所医薬品組成物は皮膚状態の処置に使用し得る。 (もっと読む)


圧縮性コーティングで被覆された、味がマスキングされた薬物含有粒子及び/又は制御放出性コーティングで被覆された薬物含有粒子と、崩壊剤及び糖アルコール、サッカリド、又はその混合物を含む速分散性微顆粒と、他の任意選択の薬学的に許容可能な賦形剤とを含む医薬組成物の調製方法が提供され、ここで口腔内崩壊錠(ODT)又は速分散錠(RDT)組成物は、許容可能な打錠特性、官能特性、及び薬物動態特性を有する。 (もっと読む)


高増殖性障害の処置を必要としている対象の高増殖性障害を処置する方法であって、該対象に、処置有効量の(a)フェンレチニド(フェンレチニド)などのセラミド増加性レチノイドまたはその薬学的に許容しうる塩;および(b)少なくとも一つ(および特定の態様において、少なくとも二つ)の化合物であって、(i)一つまたは複数の非18炭素鎖長さL−threo−スフィンガニンまたはそれらの薬学的に許容しうる塩、(ii)一つまたは複数のグルコシルセラミドまたはグルコシル(ジヒドロ)セラミド合成阻害剤、および(iii)一つまたは複数のスフィンゴミエリンまたはジヒドロスフィンゴミエリンシンターゼ阻害剤から成る群より選択される化合物を組み合わせで投与することを含む方法。好ましいL−threo−スフィンガニンは、17炭素、19炭素または20炭素の炭素鎖長さを有する。好ましいグルコシルセラミドまたはグルコシル(ジヒドロ)セラミド合成阻害剤は、D−threo−1−フェニル−2−パルミトイルアミノ−3−モルホリノ−1−プロパノールである。好ましいスフィンゴミエリンまたはジヒドロスフィンゴミエリン合成阻害剤は、D−threo−1−フェニル−2−パルミトイルアミノ−3−モルホリノ−1−プロパノールである。好ましい高増殖性障害は、脳癌である。 (もっと読む)


【課題】LPSやLTAといった毒素によって引き起こされる炎症に対して優れた抗炎症効果を有する抗炎症剤、及びこれを含有する抗炎症剤組成物を提供する。
【解決手段】トロメタモールからなる抗炎症剤。 (もっと読む)


本発明は、酵素の使用が関与するポリアミンの製造方法、特には水系環境で実施される方法、その方法によって製造されるポリアミン類、ならびに紙の製造、酵素の固定化または医薬組成物もしくは化粧品組成物の製造におけるそのポリアミン類の使用に関するものである。本発明は、補因子NAD(P)+の新規なイン・サイツ再生方法に関するものでもある。 (もっと読む)


【課題】インデン誘導体、該誘導体を用いる方法及び同上を含む医薬組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は種々の病態の治療及び/又は予防に有用な医薬組成物及び方法を提供する。例えば、一つの側面において、本発明は、哺乳動物、好ましくはヒトの炎症を治療する方法を提供する。該方法は、治療に有効な量の本発明の化合物若しくは薬学的に許容し得るその塩を、又は本発明の化合物若しくは薬学的に許容し得るその塩を含む有効量の医薬組成物を、その必要性のある哺乳動物に投与する工程を含む。 (もっと読む)


新規の3’-デオキシ-3’-アシルアミノスペクチノマイシン化合物を記述する。3’-デオキシ-3-アシルアミノスペクチノマイシン化合物および他のスペクチノマイシン類似体を結核の処置において、および微生物感染症の処置において用いる方法も記述する。 (もっと読む)


【課題】優れた物理化学的性質を有し、とりわけバイオアベイラビリティーの改善された、薬理学的に活性なベンゾフェノン誘導体を提供する。
【解決手段】下記の一般式Iで示される新規アミノベンゾフェノン誘導体は、


インターロイキン1β(IL−1β)および腫瘍壊死因子α(TNF−α)の分泌をインビトロで強力に抑制し、それ故、サイトカイン、またはとりわけインターロイキン1β(IL−1β)および腫瘍壊死因子α(TNF−α)の分泌および調節が発病に関与する炎症性疾患の処置に有効である。一般式Iの化合物の生物学的活性を充分に維持しながら、R6で示される置換基を操作して該化合物の物理化学的特性を制御しうる。 (もっと読む)


本発明は、ジサイクロミン又は塩、及び/又は溶媒和物を具える組成物と、腸運動過剰又は過敏症腸症候群(IBS)を治療する組成物の生成及び使用方法を提供する。本発明はまた、本発明の組成物を具える口腔内崩壊の1日1回の投与形態を提供する。
(もっと読む)


1 - 20 / 105