説明

Fターム[4C206FA51]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | アミン (5,226) | 同一炭素鎖にアミノ基とCO2R基が結合 (1,756) | 同一炭素原子にアミノ基とCO2R基が結合 (1,011)

Fターム[4C206FA51]の下位に属するFターム

Fターム[4C206FA51]に分類される特許

1 - 20 / 85


【課題】色素沈着予防又は改善用の皮膚外用剤の提供。
【解決手段】下記一般式(1)に表される化合物及び下記一般式(2)に表される化合物を含有する皮膚外用剤。


(1)


(2) (もっと読む)


【課題】様々な理由により疲れやすい、怠い、体力が低下しているものに対して、生薬、アミノ酸及びビタミン類を同時に摂取することにより、配合成分が有する様々な生理活性作用を互いに補充し、高め合うことで、少ない配合量であっても、優れた疲労回復効果、抗疲労作用、滋養強壮作用を有する処方を提供すること。
【解決手段】桂皮、芍薬、甘草、大棗及び生姜からなる生薬群より選ばれる1種又は2種以上、ビタミン類及びアミノ酸類を含有する疲労改善内服剤。本発明により優れた疲労回復効果、抗疲労作用、滋養強壮作用を示す処方を提供できる。効能・効果としては、肉体疲労、病中病後、食欲不振、栄養障害、発熱性消耗性疾患、妊娠授乳期や貧血、冷え症などの場合の栄養補給、滋養強壮、虚弱体質などを挙げることができる。 (もっと読む)


【課題】テトラヒドロゾリン又はその塩、ネオスチグミン又はその塩、ベルベリン又はその塩、クロルフェニラミン又はその塩、ビタミンB12、ビタミンB6又はその塩、パンテノール、タウリン、コンドロイチン硫酸エステル又はその塩、テルペノイド、グリチルリチン酸又はその塩を配合した点眼液、更にはアスパラギン酸又はその塩を配合した点眼液は、低温条件下でその薬液がゲル状になったり沈殿が生じたりするという不具合があった。
【解決手段】しかし、このような薬液にイプシロン−アミノカプロン酸を配合することで、低温条件下であっても、ゲル状化、沈殿の発生をしない安定な点眼液が得られた。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、オルニチン塩酸塩を高含量で含有することが可能な錠剤およびその製造方法を提供することを目的とし、オルニチン塩酸塩、およびマルトースまたは直鎖状もしくは環状のデキストリンを含有する錠剤、オルニチン塩酸塩、およびマルトースまたは直鎖状もしくは環状のデキストリンを含有する混合物を直接打錠法により圧縮成形することを特徴とするオルニチン塩酸塩を含有する錠剤の製造方法等を提供する。
【解決手段】 オルニチン塩酸塩、およびマルトースまたは直鎖状もしくは環状のデキストリンを含有する錠剤。 (もっと読む)


【課題】 配合禁忌の薬物又は栄養成分を含む原顆粒剤を複数種含有するにもかかわらず、配合変化が生じないような混合顆粒剤を、効率的な方法により製造することができる方法及びその方法により得られる混合顆粒剤を提供する。
【解決手段】 互いに配合禁忌である薬物又は栄養成分を含有する顆粒剤を混合した混合顆粒剤を製造する方法において、(1)各薬物又は栄養成分ごとに、同一又は類似の造粒方法により、別個に2種以上の原顆粒剤を製造し、(2)前記各原顆粒剤を、水分が2%以下になるように乾燥し、(3)乾燥した各原顆粒剤を、添加剤を用いてコーティングし、(4)コーティングされた各原顆粒剤を混合し、(5)混合した原顆粒剤を水分透過性のない包装材料で密封包装することを特徴とする、混合顆粒剤の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、肥満関連遺伝子の変異の状態に対応して、適切な有効成分を含む肥満防止又は抑制用のサプリメント及びその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 脂肪燃焼遺伝子であるアドレナリン受容体遺伝子の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果がより強いとされている、栄養素及び/又は有効成分のグループである第一脂肪燃焼補助成分群と、脂肪燃焼遺伝子であるアドレナリン受容体遺伝子の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果のある、その他の栄養素及び/又は有効成分のグループである第二脂肪燃焼補助成分群と、脂肪燃焼促進遺伝子である熱産生蛋白遺伝子の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果がより強いとされている、栄養素及び/又は有効成分のグループである第一脂肪燃焼促進補助成分群と、脂肪燃焼促進遺伝子である熱産生蛋白遺伝子の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果のある、その他の栄養素及び/又は有効成分のグループである第二脂肪燃焼促進補助成分群と、脂肪分解遺伝子であるβ2アドレナリン受容体の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果がより強いとされている、栄養素及び/又は有効成分のグループである第一脂肪分解機能調整補助成分群と、脂肪分解遺伝子であるβ2アドレナリン受容体の変異から生じる可能性がある体質に対して改善効果のある、その他の栄養素及び/又は有効成分のグループである第二脂肪分解機能調整補助成分群との6つのサプリメントに、グループ分けされた成分群を配合するサプリメントセットとした。 (もっと読む)


【課題】創傷及び皮膚疾患に対して優れた治癒促進作用を有する外用剤の提供を目的とする。
【解決手段】有効成分として、亜鉛錯体と、プロスタグランジン類,プロスタグランジン類誘導体及びプロスタグランジン類産生促進剤のうちいずれか1つ以上とを含有する。 (もっと読む)


【課題】優れたコラーゲン合成促進作用をもつアミノ酸組成物を得ること。
【解決手段】L−グルタミンを10〜40質量部、L−バリンを5〜20質量部、L−イソロイシンを8〜30質量部およびL−ロイシンを10〜35質量部含有することを特徴とするコラーゲン合成促進アミノ酸組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ベンゾキノン包含アンサマイシン類のアナログ類を提供する。
【解決手段】本発明は、ベンゾキノン包含アンサマイシン類のアナログ類、ならびに、癌などの過増殖性疾患の治療および緩和に対するそれらの使用法を提供する(構造式(I)および(IV))。そのような反応は、ベンゾキノンを還元してヒドロキノンにし、さらに、適切な酸を用いた反応によって捕獲するが、そのような酸として好ましいものは、得られる(17)−アンモニウムヒドロキノンアンサマイシンアナログの溶解性および空気中での安定性を高めるものである。 (もっと読む)


【課題】糖尿病など代謝性疾患における、OATの新たな生理的役割を明らかにすることによって、OATの機能を調節することによる疾病の治療剤および/または治療方法を提供することである。また、OATの発現量および/または酵素活性を指標とした疾病の検出(診断)方法を提供することにある。
【解決手段】
OAT酵素活性阻害剤を有効成分とする薬剤は、単回投与・連続投与により血糖を低下させる効果を示すことで、単独で、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防、改善、治療用薬剤として、また、インスリン治療を補完する治療剤としても有効である。 (もっと読む)


本発明は、トリプトファンヒドロキシラーゼ阻害剤と、これらを含む組成物と、転移性骨疾患の治療、管理及び/又は予防のためのこれらの使用方法とに関する。 (もっと読む)


【課題】非イオン性シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ表面への脂質吸着を抑制できる、非イオン性シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ用眼科組成物を提供する。
【解決手段】(A)ビタミンA類と、(B)アスパラギン酸、アミノエチルスルホン酸、イプシロン−アミノカプロン酸、及びそれらの塩からなる群より選択される少なくとも1種とを併用して、非イオン性シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ用眼科組成物を調製する。 (もっと読む)


【課題】カルノシン関連疾患の治療または予防、健康改善、運動能力改善、老化防止、皮膚健康状態の改善およびアルコール飲料による副作用の予防の手段の提供。
【解決手段】ヒトおよびその他の哺乳類のカルノシン関連疾患の治療または予防をするための、カルノシナーゼ阻害剤とL−カルノシン類との併用。該カルノシナーゼ阻害剤としては、β−アラニン、N−アルカノイル−β−アラニン誘導体、N−アルカノイル−L−カルノシン誘導体、およびベスタチン類から選ばれる少なくとも1種であることが好ましい。カルノシナーゼ阻害剤およびL−カルノシン類との併用および組成物は、医薬品、化粧品、食品、飲料品の分野で有用である。 (もっと読む)


【構成】
一般式(IA−1−1)
【化1】


で示される化合物、その塩、その溶媒和物、またはそれらのカルボキシ基がエステル化された化合物
【効果】S1P受容体(特にEDG−6、好ましくはEDG−1およびEDG−6)結合能を有する化合物、例えば一般式(IA−1−1)で示される本発明化合物、その塩、その溶媒和物、またはそれらのプロドラッグはS1P受容体(特にEDG−6、好ましくはEDG−1およびEDG−6)結合能を有し、移植に対する拒絶反応、移植片対宿主病、自己免疫性疾患、アレルギー性疾患等の予防および/または治療に有用である。 (もっと読む)


本明細書中に、医薬活性剤(例えばカンナビジオール及びカンナビジオールのプロドラッグ等)を含有する医薬組成物及びマイクロ針アレイを含み、哺乳類に当該活性剤を局所及び全身送達するのに適した、マイクロ針薬物送達系を記載する。また、本明細書中に、膵炎及び膵臓癌等の疾患の治療において、カンナビジオール及びカンナビジオールのプロドラッグを含有する医薬組成物、並びにマイクロ針アレイを含む、マイクロ針経皮又は局所薬剤送達系を使用する方法も記載する。 (もっと読む)


本発明は、消化器系下方部分における癌、前癌、及び非癌状態の光力学診断法において使用される、固体組成物及び固体薬品に関する。この固体製剤組成物及び薬品は、5-アミノレブリン酸(5-ALA)、5-ALAの前駆体若しくは誘導体、又は、その薬学的に許容可能な塩である活性成分を含む。本発明はさらに、下部消化管の、癌、前癌、及び非癌状態の光力学診断法であって、該固体製剤組成物及び薬品が使用される方法に関する。 (もっと読む)


【課題】5−アミノレブリン酸−光線力学的療法(ALA−PDT)又は5−アミノレブリン酸−光線力学的診断(ALA−PDD)の施術前に、生体内に投与する5−アミノレブリン酸(ALA)の有効性の判定方法、及びそれらのためのキットを提供すること。
【解決手段】がん患者から採取した生体試料における、PEPT1(ペプチドトランスポーター1)の発現量が多い場合、また、がん抑制タンパク質p53の遺伝子変異を検出する場合に、5−アミノレブリン酸(ALA)類を投与することが、ALA−PDT又はALA−PDDに有効であることを確認した。 (もっと読む)


【課題】本願発明は、人間の身体にストレスが掛かっている場合であっても2型糖尿病に対して予防効果がある健康補助食品を提供する。
【解決手段】
本発明によれば、γ-オリザノール及びGABA(γ-アミノ酪酸)を主成分としたサプリメントを提供するものであり、このサプリメントを経口摂取することにより、2型糖尿病への予防効果があり、例えば、ストレスを受けている状況であってもその予防効果はそれほど低下することなく効果が期待できるものである。また、本発明によるサプリメントは、そのほとんどを植物性由来の材料から製造してあるので、健康や食品の安全性に敏感な利用客に安心感を与えるものとなる。 (もっと読む)


【課題】γ−アミノ酪酸の保存中に起こる褐変を抑制した粉末状組成物を提供する。
【解決手段】γ−アミノ酪酸と、ヒアルロン酸および/またはその塩を含有する、平均粒子径5〜500μmである粉末状組成物。 (もっと読む)


本発明は、中でも、1型糖尿病、2型糖尿病、耐糖能障害および高血糖から選択される、1つまたは複数の状態の治療または予防に適した抗糖尿病薬に関する。加えて本発明は、代謝障害および関連した状態を予防または治療するための方法に関する。薬物療法は、DPP−4阻害剤(好ましくはリナグリプチン)を用いた単剤療法、またはDPP−4阻害剤と第2および/または第3の抗糖尿病薬を用いた併用療法である。 (もっと読む)


1 - 20 / 85