説明

Fターム[4C206MA03]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 配合剤、剤型、適用部位 (52,323) | 配合成分が3以上のもの (3,518)

Fターム[4C206MA03]に分類される特許

3,321 - 3,340 / 3,518


オピエート、NSAIDSおよび他の活性物質を即時放出型および制御放出型で含む1つまたは複数の他の鎮痛剤を任意で含む、神経障害性の疼痛または炎症性の疼痛の管理のための、フルピルチン(flupirtine)の組成物。これらの組成物の投与のための方法およびシステム。 (もっと読む)


【課題】局所使用に適した皮膚病用及び化粧用組成物とその使用方法を提供する。
【解決手段】ハロサリチル酸化合物及び化粧品用として許容できる媒体からなる局所組成物とその使用方法。 (もっと読む)


イブプロフェン、ナプロキセン、およびフルルビプロフェンを含む群より選択したNSAIDと、トロメタミンとを備える経口投与製剤で、グリシン、ビタミンB6およびそれらの混合物を含む群から選択した化合物を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


下痢止め有効量のグルタミン、下痢止め有効量の(単数または複数種類の)発酵性繊維、下痢止め有効量の(単数または複数種類の)酸化防止剤、及び下痢止め有効量の(単数または複数種類の)オメガ-3脂肪酸を含む、GI管炎症の哺乳類に経口投与するのに好適な組成物。 (もっと読む)


非酸性ポリ(N−ビニルラクタム)、キトサン誘導体、および水溶性多官能アミン含有ポリマーから選択された3つの成分のうちの少なくとも2つの組合わせを、様々な比において含んでいるヒドロゲル組成物が開示されている。これらのヒドロゲルは、空洞充填傷包帯材、火傷包帯材、薬品送達系、美容マスク、導電性電極、プロテーゼ、およびラップとして有用である。 (もっと読む)


本発明の対象は、前立腺上皮内腫瘍を治療するための、ローズマリー、ウコン、オレガノおよびショウガの超臨界抽出物の治療有効量、ならびにホーリーバジル、ショウガ、ウコン、コガネバナ(Scutellaria baicalensis)、ローズマリー、緑茶、イタドリ(huzhang)、中国オウレン(Chinese goldthread)およびメギ(barberry)の水アルコール抽出物の治療有効量を含む組成物の投与を含む組成物を含む、方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、眼の新生血管形成、眼の腫瘍、ならびに糖尿病性網膜症、未熟児網膜症、網膜芽細胞腫および黄斑変性のような状態の処置のための、脈管標的化薬剤、特に、チューブリン結合性薬剤の投与に関する。本発明は、眼の疾患を処置するための方法を提供し、この方法は、以下の工程:a)薬学的に有効な投薬量のチューブリン結合性薬剤を含有する投薬量を調製する工程;b)この薬学的に有効な投薬量を、このような処置を必要とする被験体に投与する工程、を包含する。 (もっと読む)


本明細書で開示されたのは、各々がコンパニオンアニマルによる使用に適合された組成物及び方法の多様な実施形態である。1つの実施形態では、可溶性ミネラル成分の量を含む食用組成物が開示され、可溶性ミネラル成分は、亜鉛、マンガン、スズ、銅及びこれらの混合物からなる群から選択される1つ以上のミネラルを含み、この量は、口腔用薬剤として使用するのに有効な量である。更なる実施形態では、リン酸塩成分が包含される。食用組成物は、有利にコンパニオンアニマル用フード又はサプリメントである。更に開示されたのは、記載される組成物をコンパニオンアニマルに経口投与することを含む、口腔歯石、口腔歯垢、歯周病、歯肉炎、口臭及びこれらの組み合わせを治療することから選択される方法である。 (もっと読む)


ヨウ化物アニオン及びチオシアナートアニオン、過ヨウ素酸及び窒素及び/又はリン含有ポリマーを含む抗菌性組成物 (もっと読む)


本発明は、a)イチョウテルペンと、b)ホップ、オトギリソウ属、およびギンバイカ属から抽出した、フロログルシノール類の単独物またはその混合物、c)カショウまたはエキナセアアングスティフォリアの親油性抽出物とを含む、アトピー性皮膚炎、皮膚のアレルギー状態、および座瘡の治療用の局所用組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、疎水性または脂溶性化合物、特に治療化合物の送達のための逆ミセル製剤を対象とする。 (もっと読む)


本発明は医学の分野に関し、医学、獣医学、バイオ産業、医薬品産業及び食品産業において家庭用目的、浴場、公衆便所、美容院などのために消毒組成物として使用される。本発明は防腐手段としての処理目的で使用することができる。技術的結果は、製造が簡単で安価かつ高い消毒及び防腐特性を有する無毒の医薬組成物の創造にある。本医薬組成物は、弱硝酸、他の化合物との混合物中に50%以上の輝鉄鉱を含有するアンモニア合成触媒廃棄物残渣、クエン酸、エチルアルコール、芳香剤及び水を以下の成分比(質量%)で含む:弱硝酸0.3〜10.0、アンモニア合成触媒廃棄物残渣0.1〜5.0、クエン酸0.1〜2.0、エチルアルコール0.1〜5.0、芳香剤0.05〜0.1、残りは水。 (もっと読む)


部分的におよび完全にアシル化されたシクロデキストリンがHFA噴射剤の中で可溶であることが見出され、それ故に、懸濁液および溶液の両方として安定なHFA pMDI類を製剤化するために使用され得る、新規な製剤。 (もっと読む)


本発明は、(a)1種もしくはそれ以上の2,3−ジベンジルブチロラクトン誘導体および(b)リコチャルコンAまたはリコチャルコンAを含有するラディックス・グリシリーザエ・インフラエの水性抽出物の活性剤組み合わせに関する。 (もっと読む)


本発明は、アントシアノシド類および/またはプロシアニジン類をフロログルシノール類と組み合わせて含む、口腔および上気道の疾患を治療するための組成物に関する。 (もっと読む)


本発明により、循環器疾患および脳血管疾患の処置のための薬学的組成物が開示される。これには、丹参葉(タンサン、Radix Salviae Miltiorrhizae)抽出物が5.0%〜70.0%、参三七(サンシチ、Radix Notoginseng)抽出物が10.0%〜85.0%、黄耆(オウギ、Radix Astragali)抽出物が5.0%〜70.0%、そして、ボルネオール(Borneol)または降真香(コウシンコウ、Lignum Dalbergiae Odoriferae)の油が1.0%〜15.0%含まれる。この組成物は、脳虚血および心筋虚血に対して活性がある。この作用は、丹参葉の全石炭酸、または参三七の全サポニンのそれぞれ、あるいはそれらの組み合わせよりも優れている。本発明の組成物は、種々の補助成分の添加により種々な種類の調製物を提供することができる。したがって、本発明により、TCM有効部分およびその調製物のより有効で便利な組成物が提供される。 (もっと読む)


コンパニオンペットのGI管におけるデサルホビブリオ及び/またはヘリコバクターspp.の量を低減する方法であって、デサルホビブリオ及び/またはヘリコバクターspp.低減量の繊維または他の成分を、前記ペットに経口投与することを含む方法。 (もっと読む)


安全な食品素材由来であるIL−8産生促進剤、及び、これを含有する免疫賦活剤、または感染症の予防又は処置剤を提供することを課題とする。ペパーミント、ドクダミ、カンゾウからなる少なくとも1種の植物抽出物を有効成分として含有する組成物がIL−8産生を促進すること、およびα−フムレン、α−ピネン、β−ピネン、L−メントールからなる群より選ばれた少なくとも1種の化合物を有効成分として含有する組成物がIL−8産生を促進することを見出した。それらIL−8産生促進剤は、免疫賦活剤、または感染症の予防又は処置剤を配合する飲食品に使用できる。 (もっと読む)


本発明はナノ粒子ニメスリド組成物を提供する。本組成物は好ましくは、ニメスリドと、ニメスリド粒子の表面に吸着または付随した少なくとも一つの表面安定剤とを含む。好ましくは、ナノ粒子ニメスリド粒子は約2000 nm未満の有効平均粒径を有する。また本発明は、ナノ粒子ニメスリド組成物の製造方法および使用方法を提供する。 (もっと読む)


式Iに従う化合物、およびその薬学的に許容可能な塩,溶媒和物およびプロドラッグは、例えば肥満症の治療のために有用な化学的脱共役剤である:
【化1】


式中、
R1およびR2は、独立に、水素、ニトロ、シアノ、ハロゲン、アルキル、アルケニル、アルキニル、ハロアルキル、アラルキル、ヘテロアラルキル、アルコキシ、アルキルアミノ、--C(O)O-R4、-C(O)NR5R6、-S(O)2OR4、S(O)2NR5R6、または-S(O)nR4を表し;R4は、アルキル、アルケニル、アルキニル、ハロアルキル、ヒドロキシアルキル、シクロアルキル、またはアリールを表わし、ここでのアリールは任意に、アルキル、ハロゲン、ハロアルキル、ヒドロキシアルキル、シアノ、ニトロ、または-(CH2)a-NR7R8から選択される1以上の置換基で置換されてよく;R5およびR6は、独立に、水素、アルキル、アルケニル、アルキニル、ハロアルキル、ヒドロキシアルキル、シクロアルキルまたはアリールを表わし、ここでのアリールは任意に、アルキル、アルコキシ、ハロゲン、ハロアルキル、ヒドロキシアルキル、シアノ、ニトロ、または-(CH2)a-NR7R8から選択される1以上の置換基で置換されてよく;またはR5およびR6は、それらが結合している窒素原子と一緒になって、1以上のアルキル置換基で任意に置換されたシクロアルキル環またはヘテロシクリル環を形成し;R7およびR8は、独立に、水素、アルキルを表わすか;またはR7およびR8は、それらが結合する窒素原子と一緒になって、1以上のアルキル置換基で任意に置換されたシクロアルキル環またはヘテロシクリル環を自由に形成し;nは、0、1または2を表し;aは、0、1、2または3を表し;R3は、アルキル、アルケニル、アルキニル、シクロアルキル、アルコキシまたはハロアルコキシを表わし、それらの全てがシアノ、ニトロ、ハロゲン、ヒドロキシル、-C(O)-R4、-NR5C(O)-R4、アリール、ヘテロアリールから選択される1以上の置換基で置換され、ここでのアリールまたはヘテロアリールは更に、アリール、アルキル、ハロゲン、ハロアルキル、ヒドロキシアルキル、アルコキシ、ハロアルコキシ、アラルキル、アラルケニル、アラルキニル、-OC(O)-R4、-C(O)-R4、-C(O)-NR5R6、-NR5C(O)-R4、またはシアノ、ニトロもしくはヒドロキシで置換されたフェニルから選択される1以上の置換基で置換されてよく;Yは、-S(O)- または-S(O)2-を表し;Xは、-O-または結合を表す:但し、該化合物は、2,6-ジ-tert-ブチル-4-スルフィニル-(4'-ニトロ-ベンジル)-フェノール、または2,6-ジ-tert-ブチル-4-スルホニル-(4'-ニトロ-ベンジル)-フェノールではなく、更に、R3がシアノおよび別の置換基で置換されたメチルを表わすときは、前記他の置換基はフェニルではない。 (もっと読む)


3,321 - 3,340 / 3,518