説明

Fターム[4C206ZB21]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 医薬用途・生体防御 (12,469) | 組織細胞の機能に作用する医薬 (4,151)

Fターム[4C206ZB21]の下位に属するFターム

Fターム[4C206ZB21]に分類される特許

21 - 40 / 744


【課題】
これまで開発されてきた薬物排出ポンプ阻害剤は、効果や安全性の面で十分なものは得られていなかった。そこで、本発明は、微生物や腫瘍細胞等に対する薬物排出抑制効果を有し、同時に高い安全性を有する、薬物排出抑制剤を提供することを目的とする。
【解決手段】
本発明は、フェニルプロパノイド及び/又はその塩を含有する薬物排出抑制剤を提供する。さらに、本発明は、フェニルプロパノイド及び/又はその塩を含有する薬物排出抑制剤を含有する抗菌活性増強剤、及び抗癌活性増強剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】刺激性物質の電気生理学的評価において知覚神経線維を評価対象外の刺激要因から有効に保護し、経時的計測においてベースラインの太さを安定的に維持する神経線維保護剤組成物と、これを用いた刺激性物質の評価方法及び評価システムを提供する。
【解決手段】実質的に油性成分からなり、25℃における粘度(mPa・s)が500〜500,000の範囲内である神経線維保護剤組成物。これを用いた刺激性物質の評価方法及び評価システム。 (もっと読む)


【課題】Gタンパク質共役型レセプター(GPCR)の作動剤として有用な新規化合物を提供する。
【解決手段】一般式:L−(CH−COOH(式中、Lは、RN−またはRO−であり、Rは、置換されていてもよい芳香族炭化水素基等であり、Rは、置換されていてもよい芳香族炭化水素基、水素原子等であり、RおよびRは一緒に環を形成していてもよく、mは、4〜16であり、−(CH−の末端のC原子を含まない−CHCH−は、−MR−で置き換えられていてもよく、Mは、O、SまたはNRであり、Rは、置換されていてもよい炭素数1〜5のアルキレン基等を示し、Rは、置換されていてもよい芳香族炭化水素基、置換されていてもよい芳香族複素環基、水素原子等である、で表される化合物またはその薬学的に許容し得る塩を含むGタンパク質共役型レセプター作動剤。 (もっと読む)


【課題】日常的な摂取で疲労臭の改善ケアが可能な疲労臭抑制剤、特に、病的疲労や、生理的疲労を原因として発生する疲労臭(アンモニア臭)を効果的に抑制し、健康的に疲労臭の改善ケアが可能な疲労臭抑制剤を提供すること。
【解決手段】オルニチン又はその塩を有効成分として含有する疲労臭抑制剤からなる。本発明の疲労臭抑制剤は、日常的な摂取で疲労臭の改善ケアが可能であり、単回で投与することができ、また、継続投与することができる。本発明の疲労臭抑制剤は、種々の投与形態で、投与することができるが、経口投与の形態で投与することが好ましい。本発明の疲労臭抑制剤の製剤形態としては、経口投与の形態で製剤化されることが望ましいが、飲食品添加剤の形態で製剤化することができ、該添加剤により、経口で投与できるサプリメント又は飲食品のような形態で投与することができる。 (もっと読む)


【課題】細胞外マトリクス成分の産生抑制、マトリクス分解酵素産生の促進、及び/又は、線維芽細胞増殖の抑制をする作用を有する新規の剤であって、副腎脂質ステロイド及び前記クロストリジウム由来の精製コラゲナーゼのような副作用がなく、安定かつ安全な剤を開発する。
【解決手段】本発明は、パルミチン酸と、その誘導体及び/又は塩とからなる群から選択される1種類又は2種類以上の化合物からなる、細胞外マトリクス成分産生抑制剤、マトリクス分解酵素産生促進剤、及び/又は、線維芽細胞増殖抑制剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】ベオミセス酸高含有ムシゴケ抽出物の製造方法及び美白剤を提供する。
【解決手段】ムシゴケを、アルコールを60v/v%以上含有するアルコール溶液、環状エーテル類及び酸素原子を2個以上有するエーテル類、並びに総炭素数3〜6のエステル類からなる群より選ばれる少なくとも1種の溶媒を用いて抽出する工程を含むベオミセス酸高含有ムシゴケ抽出物の製造方法、並びに当該抽出物を有効成分として含有するエンドセリン作用抑制剤及び美白剤。 (もっと読む)


【課題】結晶形態で投与する場合より有効で効率的な抗酸化剤として作用する、マイクロミセル形態のカロテノイド又はキサントフィルの提供。
【解決手段】いかなる結晶形のカロテノイドも含有せず、脂質、リン脂質、脂肪酸、乳化剤、及び水分の存在下で、天然起源の植物性脂質マトリックス中でルテインジアセテート又はルテインジプロピオネートを溶融させた後にマイクロミセルとして得られ、2〜50mgの間の投薬量で摂取されて、結晶カロテノイドより少なくとも20%高いカロテノイド可溶化物の吸収を与え、結晶ルテインの摂取によって得られる沈着より黄斑色素光学濃度で少なくとも10%高い黄斑色素の沈着を与え、組織変性、皮膚及び網膜に対する紫外線障害を防ぐ。 (もっと読む)


【課題】生物利用可能性を高めたグアニルヒドラゾン含有化合物、例えばセマピモドの医薬として許容される塩の提供。本発明は、当該塩を含む医薬として許容される組成物及びその使用方法にも関する。
【解決手段】セマピモドのL−グルタミン酸塩を提供することによる。 (もっと読む)


【課題】ミトコンドリア機能を改善する目的のための栄養組成物の提供。
【解決手段】ミトコンドリア機能不全重篤患者に、非経口的に送達される組合せである。組成物は、臨床的に有効になるような十分な濃度の、グルタミン前駆体分子と抗酸化剤とを含む。組合せは、脂質又は炭水化物の非存在下で調製してもよい。食事量が制限される状態の患者に利益を与えるために小容量で調製してもよい。組合せを含む組成物又は単位投与形態、並びに組合せ、組成物、若しくは単位投与形態の投与方法。 (もっと読む)


【課題】新規化学化合物、その標的を発見する方法、およびそれらの治療的用途に関する。
【解決手段】ベンゾジアゼピン誘導体、ならびに、プログラム細胞死プロセスの誤調節、自己免疫、炎症、および過増殖などに関連した多くの状態を治療するための治療的物質としてベンゾジアゼピン誘導体を使用する方法を提供する。研究、化合物スクリーニング、および診断に使用できる、新規化合物の提供につながる。これらの新規化合物の使用、ならびに特定の生物学的応答を誘発する公知の化合物(例えば、特定の標的分子に結合するおよび/または特定の細胞的事象を引き起こす化合物)の使用も可能となる。 (もっと読む)


【課題】優れた動脈コレステロール沈着抑制効果を有する医薬品又は健康食品を提供する。
【解決手段】ε−ビニフェリンを有効成分とする動脈硬化組織内マクロファージ泡沫化抑制剤。 (もっと読む)


【課題】新規な繊維芽細胞増殖促進剤を提供すること、従来はほとんど使用の途がなかった二枚貝の内臓や紅藻類に属する海藻の中でも低品質で食用に不適なノリから有用な繊維芽細胞増殖促進剤を抽出して提供すること、及び創傷治癒剤や化粧品等の構成原料としてすぐれた効果を奏し、しかも使いやすい繊維芽細胞増殖促進剤を提供すること。
【解決手段】マイコスポリン様アミノ酸(MAA)よりなるか又はMAAを有効成分とする繊維芽細胞増殖促進剤。MAAは二枚貝の内臓から抽出するか又は紅藻類に属する海藻から抽出することが好ましい。ヒト皮膚の繊維芽細胞の増殖を促進するのに有効であり、化粧品の構成原料として用いることができる繊維芽細胞増殖促進剤。 (もっと読む)


【課題】人体に有害な有機溶媒を用いず、マスキング効果に優れた複合化粒子及びその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】超臨界流体の存在下にある有効成分含有材料及び油脂を接触させた後、超臨界流体を除去して得られた複合化粒子及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】細胞増殖性障害を処置するための化合物および方法の提供。
【解決手段】本発明の化合物は、薬学的物質として有用である。例えば、この化合物は哺乳動物を処置するための(例えば、ヒトおよび動物を処置するための)、抗増殖剤として有用であり得る。この化合物は制限なく使用され得る(例えば、抗癌剤、抗血管新生剤、抗転移剤、抗微生物剤、抗菌剤、抗真菌剤、抗寄生虫剤および/もしくは抗ウイルス剤として)。本発明の化合物は、例えば肺癌の処置において有用である。本発明の化合物はまた、例えば結腸癌の処置においても有用である。本発明の化合物はまた、例えば乳癌の処置においても有用である。 (もっと読む)


【課題】
脂質の蓄積を抑制しつつ、脂肪細胞及び筋細胞への血糖の取り込みを増加させる。
【解決手段】
PPARγのアゴニスト、その生理学的に許容される塩及びそれらの水和物からなる群から選ばれるものを少なくとも1種以上含有するものを有効成分として含有する、細胞内代謝促進用組成物、TNF−α活性抑制剤、その組成物を有効成分とする医薬製剤、健康食品及び機能性食品を提供する。
【効果】
本願発明の組成物は、脂質蓄積を予防しつつ血糖値を改善することができる。また、TNF−α活性を抑制することにより、糖代謝を改善することができる。 (もっと読む)


【課題】低酸素誘導因子が関与する疾患の予防・治療薬の提供。
【解決手段】一般式


で表されるフェニルプロペン誘導体および/または、一般式


で表されるフェノール誘導体、またはセンキュウ、チョウジおよびテンマから選ばれる生薬またはそのエキス。 (もっと読む)


【課題】免疫抑制剤や抗炎症剤を効果的に発現し且つ副作用の発現を減少させる医薬を提供する。
【解決手段】末梢を循環するリンパ球を減少させる作用を有し2−アミノ−1,3−プロパンジオール構造を有するジアリールスルフィド又はジアリールエーテル化合物と、免疫抑制剤及び/又は抗炎症剤とを組み合わせてなる医薬。 (もっと読む)


【課題】抗癌化合物の提供。
【解決手段】本発明は、Euphorbia peplus種、Euphorbia hirta種、およびEuphorbia drummondii種の植物に由来する有効成分に存在する化合物または化合物の群に関し、またこれらの化合物を含有する薬学的組成物に関する。これらの植物からの抽出物は、いくつかの異なる癌細胞株に対して選択的細胞傷害性を示すことが見い出されている。これらの化合物は、癌、特に、悪性黒色腫および扁平上皮癌(SCC)の有効処置において有用である。本発明の好ましい実施態様においては、この化合物は、ジャトロファン類、ペプルアン類、パラリアン類およびインゲナン類、ならびにこれらの薬学的に受容可能な塩またはエステルからなる群から選択され、より詳細には、立体配座IIのジャトロファンである。 (もっと読む)


【課題】癌幹細胞の分化誘導を介して癌治療に有効となる、既存の治療法に抵抗性を示す癌幹細胞の分化誘導剤を提供することを課題とする。
【解決手段】アセトアミノフェン誘導体を有効成分とする癌幹細胞の分化誘導剤であり、また、抗癌剤と併用することにより抗癌剤の抗癌活性を増強する、アセトアミノフェン誘導体を有効成分とする抗癌活性増強剤であって、特にアセトアミノフェン誘導体が、アセトアミノフェン(p−ヒドロキシアセタミド)またはo−ヒドロキシアセタミドである癌幹細胞の分化誘導剤、並びに抗癌活性増強剤である。 (もっと読む)


【課題】エクトエンザイムであるジペプチジルペプチダーゼIV(DPIV)およびアラニルアミノペプチダーゼN(APN)を協調的に阻害することが可能な新規な化合物の提供。
【解決手段】式(I)の化合物または有機酸および/もしくは無機酸との酸付加塩。


[式中、残基R1、R2、R3およびR4は、同一または異なってもよく、−H、>C(=O)、−C(=O)O−などであり、Eは、−O−、−S−、−NH−などであり、Yは、−O−、−NH−などであり、Bは、アリール基やヘテロ環を有すアルキル置換基またはアルコキシ置換基であり、Cはアミド結合またはスルホンアミド結合を有す置換基である。] (もっと読む)


21 - 40 / 744