説明

Fターム[4C206ZB21]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 医薬用途・生体防御 (12,469) | 組織細胞の機能に作用する医薬 (4,151)

Fターム[4C206ZB21]の下位に属するFターム

Fターム[4C206ZB21]に分類される特許

81 - 100 / 744


クワ植物の葉から植物抽出物を得た。これはクワ植物の葉から抽出されたものであり、この抽出物のα−グルコシダーゼIを阻害するIC50値は濃度にして90μg/ml未満である。該抽出物は好ましくは5〜40%(w/w)の全イミノ糖及び20〜70%(w/w)の全アミノ酸を含む。該抽出物は、3つの抽出工程及び精製過程から得られ、雀卵斑、肝斑、妊娠線、老人斑及び黒色腫のような、色素沈着による病気又は疾患の治療において、メラニン生産を低下させるために用いることができる。血中グルコースレベルを制御するためにもまた使用可能である。 (もっと読む)


【課題】日常的に摂取している天然物であるコーヒーの、生豆抽出物を用いて、脂肪細胞の数をコントロールし、脂肪組織を大きくしないようにすることができるメタボリックシンドローム予防剤を提供する。
【解決手段】コーヒー生豆抽出物を含有するメタボリックシンドローム予防剤であって、抽出物中の関与成分が、3−CQA、4−CQA、5−CQA、3,4−diCQA、3,5−diCQA、4,5−diCQA、3−FQA、4−FQA、5−FQAからなる群から選ばれた少なくとも1種の成分であり、コーヒー生豆抽出物は、超臨界流体処理工程を経て得られたカフェイン未含有の抽出物である (もっと読む)


【課題】強力な脱顆粒抑制作用を有し、I型アレルギー治療薬として有用な新規化合物、この新規化合物の製造方法および新規化合物の脱顆粒抑制作用を利用した医薬組成物を提供する。
【解決手段】式[I]又は[II]で示されるプロポリス成分の新規エステル化合物およびこの化合物を含有する医薬組成物。


[I]


[II](R1はアルキル基又はフェニル低級アルキル基、R2及びR3は同一または異なって、プレニル基、ヒドロキシ基、ジヒドロシンナモイル基または水素を表す)で示されるエステル化合物 (もっと読む)


【課題】 乳房密度を低下させる有効な方法、さらには、ほとんど副作用を誘発しない、乳房密度を低下させる方法を提供する。
【解決手段】 4−ヒドロキシタモキシフェンを含む医薬を経皮投与する。 (もっと読む)


本発明はVAP−1阻害剤及び線維性疾患治療薬としてのVAP−1阻害剤の使用に関する。さらに、本発明は体液中の可溶性VAP−1またはSSAO活性の上昇レベルに基づき線維症疾患を診断する方法及びこの診断方法に用いられるキットに関する。 (もっと読む)


個体における腫瘍血管新生を阻害する方法であって、CLEC14Aの阻害剤を個体に投与するステップを含む、方法に関する。阻害剤は、抗体、siRNA分子、アンチセンス分子、またはリボザイムであってもよい。
(もっと読む)


【課題】メチル基転移疾患、好ましくは、粥腫形成性およびトロンボゲン形成性疾患のような心臓血管疾患の治療および予防のための新規組成物の提供。
【解決手段】一種または二種以上の活性成分、および任意に、一種または二種以上の栄養物質、固体、液体および/または半液体の賦形剤または助剤を含んでなる組成物であって、活性成分が、a)メチルおよびメチレン供与体から選択される一種または二種以上の化合物からなる成分A、b)一種または二種以上のメチル輸送体からなる成分B、およびc)一種または二種以上のバイオフラボノイドからなる成分Cからなる組成物。メチル基転移疾患、好ましくは、粥腫形成性およびトロンボゲン形成性疾患のような心臓血管疾患の治療および予防に良く適している。 (もっと読む)


【課題】ベタインを含む肝の再生促進用組成物の提供。
【解決手段】本発明は、ベタイン(betaine)又はこれを含む肝再生促進組成物に関し、より詳しくは、下記式(1)で表されるベタインを有効成分に含む、損傷又は切除された肝の正常肝への回復を促進する治療用薬学的組成物に関する。末期状態に到達した慢性肝疾患(chronic liver injury)の最も効果的な治療法は肝切除(liver resection)及び肝移植である。1990年以降増加している生体部分肝移植(LDLT;Living Donor Liver Transplantation)は、供与者(donor)と受領者(recipient)全てにおいて肝組織の速やかな再生が合併症の抑制と成功的な治療のため必須である。ベタインは、切除された肝の再生過程で正常な肝への回復と成長を促進することにより、治療目的の肝切除や生体部分肝移植の成功に有効に用いられ得る。 (もっと読む)


被験体における免疫反応を調節する方法が提供される。好ましい実施形態は、被験体、好ましくはヒト被験体における移植拒絶反応を軽減または阻害するための方法および組成物を提供する。免疫細胞の生物学的活性を阻害もしくは低減するか、または移植部位における炎症促進性分子の量を低減するのに有効な量のB7−H4ポリペプチド、その断片、またはその融合体を投与することにより、被験体における移植拒絶反応を阻害または軽減することができる。Th1細胞、Th17細胞、およびTh22細胞は、炎症を阻害または軽減するのに、B7−H4ポリペプチド、B7−H4融合タンパク質、またはその断片による阻害の標的となりうる例示的なT細胞である。
(もっと読む)


【課題】新規なAMPキナーゼ活性化剤及びその用途を提供すること。
【解決手段】ブラジル産プロポリスに含有されるプレニル桂皮誘導体、又はローヤルゼリー含有されるデセン酸を有効成分としたAMPキナーゼ活性化剤が提供される。 (もっと読む)


【課題】過酸化ベンゾイル及びレチノインを含む物理的に安定なゲル化組成物に対する必要性は未だ存在する。
【解決手段】生理学的に許容可能な媒体中に、少なくとも一つのレチノイド、分散した過酸化ベンゾイル、及び少なくとも一つのpH非依存性ゲル化剤を含む組成物。 (もっと読む)


【課題】
優れた美白効果を有する組成物を提供すること。
【解決手段】
成分(A)アスタキサンチンと成分(B)システイン及びその誘導体、グルタチオン及びその誘導体、トラネキサム酸及びその誘導体、アルブチン及びその誘導体、ハイドロキノン及びその誘導体、アスコルビン酸及びその誘導体、エラグ酸及びその誘導体、レゾルシン及びその誘導体、エンドセリン拮抗薬、胎盤抽出物、植物抽出物、糖蜜抽出物、酵母抽出物、微生物醗酵代謝産物、クエン酸、乳酸、酒石酸、リンゴ酸、グリコール酸、コハク酸、ビタミンE及びその誘導体、ビタミンB及びその誘導体、ビタミンA及びその誘導体、アミノ酸及びその誘導体、カロテノイド類、ポリフェノール類、酸化チタン、酸化亜鉛、オリーブ油、パーシック油、ヒマワリ油、ホホバ油等から選ばれる1種以上を含有する美白用組成物、並びに、その美白用組成物を含有する医薬品、皮膚外用剤又は飲食物を提供する。 (もっと読む)


【課題】置換基としてシクロヘキシル基、シクロヘキセニル基またはピペリジノ基を有する非縮合二環性化合物を有効成分として含有するEg5阻害剤を提供する。
【解決手段】式(I)


(式中、XおよびXの片方が、−SONH、−NHSONH、−NHCONH、−NHCSNH等を、他方がRまたはRを表し、RおよびRは、アルキル、ハロゲン等を表し、Rは、水素、ハロゲン等を表し、Zは、窒素または炭素等を表す)で表される非縮合二環性化合物またはその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有するEg5阻害剤。 (もっと読む)


【課題】5−アミノレブリン酸(ALA)の投与量を増加させることなく、安全かつ簡単に疾患組織中へのプロトポルフィリンIX(PpIX)の集積量を増加させることができるPpIX細胞内集積増強組成物を提供すること。
【解決手段】ALAと18−クラウン−6エーテルとを併用して、光線力学的療法や光線力学的診断に用いると、ALAの投与量を増加させることなく、安全かつ簡単に疾患組織中へのPpIXの集積量を増加させることができ、ALA−PDDやALA−PDTの効果を増大させることができる。特に、ALA−PDTについては相乗効果が期待できる。 (もっと読む)


【課題】皮膚を皮膚科学的及び美容的に健やかな状態に保つ効果を有するシワ改善剤、該シワ改善剤を配合した皮膚外用組成物、並びに、肥満の抑制もしくは防止に有効な皮膚外用組成物及び飲食品組成物の提供。
【解決手段】一般式(1)


[式中、Rは、水素原子又は炭素数2〜20のアシル基である]で示される化合物、あるいは、ギニアショウガより得られる抽出物及び/又は該抽出物のアシル化処理物を有効成分として配合する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、新規抗炎症剤を提供することを課題とする。さらには新規抗炎症剤に有効成分として含まれるビタミンK3の作用を解明し、有効性が高く、安全性に優れた薬剤を提供することを課題とする。さらに本発明は、ビタミンK3を有効成分として含む抗炎症剤を用いる治療方法を提供することを課題とする。
【解決手段】培養細胞を用いた実験や動物実験において、ビタミンK3が抗炎症作用を発揮しうる。ビタミンK3の作用はビタミンK1やビタミンK2と比べて非常に強いことが確認された。 (もっと読む)


皮膚細胞の損傷DNAの修復を高めるための組成物および方法。皮膚細胞における概日遺伝子発現をアップレギュレートする少なくとも1種の作用物質および皮膚細胞における有糸分裂を遅らせる少なくとも1種の非概日作用物質を含む局所組成物。好ましくは、前記組成物は、1種以上のケラチノサイトclockおよびper1遺伝子活性化剤を、SIRT1または1種以上のsirt1活性化剤と共に含有する。さらに好ましくは、sirt1活性化剤は特定のペプチド性sirt1活性化剤とレスベラトロールとの相乗的組合せである。好ましくは、前記組成物は使いやすく、効果があり、化粧品的に許容され、化学的に、熱力学的におよび光に安定であり、局所使用に安全であり、副作用がほとんどまたは全くなく、また、パーソナルケア市場で商業的に実現可能なものである。 (もっと読む)


本発明は、トリサイクリック誘導体の製造方法に関し、より詳細には、2−フルオロイソフタル酸化合物をエステル化反応させて、置換反応させてヒドロキシ基を導入した後、ピペリジル基を導入して再び還元反応させてヒドロキシ基を導入させた後に加水分解させてなる、収率および純度が高い新規なトリサイクリック誘導体の中間体の製造方法および前記中間体を用いたトリサイクリック誘導体の製造方法に関する。本発明の製造方法によれば、カラムクロマトグラフィー法で精製していた従来方法の代わりに再結晶法で精製することによって、従来の方法より生産性および経済性が高くかつ純度および収率が高いトリサイクリック誘導体およびその中間体を製造するのみならず、火災の危険性が高いため産業的に利用しにくいリチウムボロハイドライドを使用する従来方法の代わりに、火災の危険が少ないナトリウムボロハイドライドまたはリチウムアルミニウムハイドライドを使用するので、工業的な大量生産に有用に使用することができる。 (もっと読む)


【課題】遮光もしくは非遮光の条件に拘らず、PET容器等の非遮光性条件下であっても、光に対して経日安定性に優れるコエンザイムQ10の光劣化防止剤及び経口組成物の提供。
【解決手段】カロチノイドとアスコルビン酸とを含有することを特徴とするコエンザイムQ10の光劣化防止剤(但し、コエンザイムQ10の100重量部に対して、β−カロチンを1〜100重量部、L−アスコルビン酸を10〜1000重量部含んでなるコエンザイムQ10含有栄養組成物を除く)、及びその経口組成物。 (もっと読む)


【課題】平滑筋細胞の増殖を抑制する材料を実現できるようにする。
【解決手段】平滑筋細胞の増殖抑制材料は、基材の表面に形成されたダイヤモンド様炭素膜を備えている。ダイヤモンド様炭素膜の表面にはカルボキシル基が導入されており、カルボキシル基の導入率は、3.5%以下である。 (もっと読む)


81 - 100 / 744