説明

Fターム[4C206ZC39]の内容

Fターム[4C206ZC39]に分類される特許

161 - 180 / 330


【課題】エンドルフィンに関係する病状の治療用の薬剤の製造のための、アヘン剤拮抗物質の提供。
【解決手段】エンドルフィンが介在する病状の治療用の薬剤の製造のための、アヘン剤拮抗物質およびカルシウム塩の併用法であって、アヘン剤拮抗物質のナロキソン、ナルトレキソンおよび、ジプレモルフィン、ナルブフィン、ベータクロロナルトレキソニン、ナルトレキソナジン、ナロキサゾン、ナルメフェン、ベーターフナルトレキサミン、ICI 174.864、7−ベンジリデンナルトレキソン(BNTX)、ナルトリンドール、ノルビナルトルフィミン、ノルビナルトルファミン、ナルトリベンなど選択されるその他のアヘン剤拮抗物質を使用する、方法など。 (もっと読む)


本発明は、生活必需品の分野、そして更に具体的には治療分野に関する。更に具体的には、直接プロドーパミン作用を有する、ドーパミン作動性受容体、特にD1、D2及びD3受容体の部分的又は完全なリガンドと、間接プロドーパミン作動性生成物よりなる2種の薬物の組合せの形の、経口、非経口又は経皮投与用薬剤組成物の形の、嗜癖性薬物の摂取者が禁断に戻るための薬剤組成物に関する。本発明はまた、合法又は非合法薬物への種々の形の嗜癖と闘うための方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、組み合わせ製剤または医薬組成物といったような組合せ剤であって、各々、レニン−アンジオテンシン系(RAS)に対して作用する治療薬またはその薬学的に許容され得る塩を含んでなり、そして少なくとも1つのCB1アンタゴニストまたはその薬学的に許容され得る塩を含んでなる組合せ剤に関する。そのうえ、本発明は、レニン−アンジオテンシン系(RAS)に対する作用により調節され得る疾患および障害、欲求障害または物質乱用障害の予防、進行の遅延、処置のための、そのような組合せ剤の使用に関する。 (もっと読む)


少なくとも、置換された、シクロペンタジエニル、インデニル若しくはフルオレニル配位子及び2又はそれ以上のカルボニル配位子を有する遷移金属錯体を用いる、人間及びその他の哺乳動物に対する一酸化炭素の治療的供給のための化合物、薬剤組成物、並びに方法。 (もっと読む)


溶媒抽出、不正変更、破砕または粉砕に対する抵抗性を特徴とし、薬剤の初期急速放出を行ってから制御可能な薬剤放出の長い期間を提供する、薬剤、特に乱用の薬剤を送達するための製剤および方法。
(もっと読む)


化学式(I)の一般構造を有する化合物、またはその薬学的に許容し得る塩、溶媒和物、またはエステルは、肥満、代謝性疾患、依存症、中枢神経系の疾患、心臓血管障害、呼吸器障害、および胃腸障害などの疾患、障害、または状態を治療する際に有用である。本発明は、少なくとも1種の化学式(I)の化合物、またはその薬学的に許容し得る塩、溶媒和物、エステル、または立体異性体を含む、メタボリック症候群、肥満、腰回り、脂質プロフィール、インスリン感受性、神経炎症性障害、認知障害、精神病、常習行為、胃腸障害、および心臓血管状態を治療、減少、または改善するための組成物を提供する。

(もっと読む)


【課題】安全で、簡便に摂取可能な、食品素材、医薬品素材として適したインスリン様作用を有する物質を開発し、当該組成物もしくは物質を用いた、医薬、食品、飲料または飼料を提供すること。
【解決手段】カルコン類化合物、アセトフェノン類化合物、クマリン類化合物、フタリド類化合物、それらの誘導体、及び薬理学的に許容されるそれらの塩からなる群より選択される少なくとも1つの化合物を有効成分として含有することを特徴とするインスリン量またはインスリン応答の変調を伴う疾患の治療剤および予防剤、インスリン様作用剤、食品、飲料および飼料、細胞へのグルコース取り込み促進剤、並びに脂肪細胞への分化誘導剤。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)で表わされる置換されたビス(ヘテロ)芳香族N−エチルプロピオールアミド、その製造方法、この化合物を含有する医薬及びこれらの化合物の医薬の製造への使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、置換されたイミダゾリン誘導体、その製造方法、この化合物を含有する医薬及び置換されたイミダゾリン誘導体の医薬の製造への使用に関する。

(もっと読む)


本発明は、置換されたシクロヘキシルメチル誘導体、その製造方法、この化合物を含有する医薬及び置換されたシクロヘキシルメチル誘導体の医薬の製造への使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、新規テトラロン系アミンおよび、鬱病、注意欠陥活動性障害(ADHD)およびパーキンソン病などの中枢神経系(CNS)疾患の処置における前記アミンの使用に関する。本発明は、本発明の化合物および組成物を含有する医薬組成物、ならびにシナプス間隙からの、ドーパミンおよびノルエピネフリンなどの1種以上のモノアミンの再取り込みを阻害する方法および1種以上のモノアミン輸送体を変調する方法に更に関連する。 (もっと読む)


本発明は、非天然デスアミノアミノ酸化合物、作成方法、およびそれらのN末端部分としてこれらの化合物を含有するペプチドに関する。好ましい一例は、N末端がαデスアミノN,Nジメチルホモリシン残基であるニューロテンシン(8−13)である。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の、VDCCブロッキング活性を有する化合物に関する。これらの化合物は、一連の人の病気および症状、特に認知性または神経変性性病気または症状、の処置に有用である。
(もっと読む)


(S)−または(R)−1−[2−ジメチルアミノ)−1−(メトキシフェニル)エチル]シクロヘキサノールおよびそれらの類似体または塩のエナンチオ選択的合成プロセスを記載する。前記方法は、(a)オキサゾリジノン、すなわち(4S)−または(4R)−4−ベンジル−3−[メトキシフェニル]アセチル]−オキサゾリジン−2−オンを形成する条件下において、(S)または(R)4−ベンジルオキサゾリジノンをメトキシフェニル酢酸の混合無水物と反応させる工程、(b)前記対応するアニオンを形成することができる条件下において、塩素化溶媒中で、非プロトン性アミン塩基および塩化チタンにより(4S)−または(4R)−4−ベンジル−3−[(メトキシフェニル)アセチル]−1,3−オキサゾリジン−2−オンを処理する工程などを包含する。 (もっと読む)


向精神病、不安障害、全般性不安障害、鬱病、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害、パニック障害、体のほてり、老年性認知症、片頭痛、肝肺症候群、慢性疼痛、侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、有痛性糖尿病性網膜症、双極性鬱病、閉塞性睡眠時無呼吸、精神障害、月経前不快気分障害、対人恐怖、社会不安障害、尿失禁、拒食症、神経性大食症、肥満、虚血、頭部損傷、脳細胞カルシウム過負荷、薬物依存症、および/または早漏の治療および/または管理のための、モノアミン神経伝達物質の摂取に関する新規抑制剤およびその薬学的に許容可能な塩もしくはプロドラッグの化学合成および医学的用途を記載する。


(1)
(もっと読む)


本発明は、個体における筋肉損失を治療する方法を提供する。一実施形態において、本発明は、分岐鎖アミノ酸(BCAA)、BCAA前駆体、BCAA代謝物、BCAAリッチタンパク質、BCAA含量が増加するように操作されたタンパク質、又はそれらの任意の組合せ、の有効量を個体に投与することを含む。本発明は、そのような投与のための栄養製品(例えば、経口投与可能な栄養製品)を更に提供する。 (もっと読む)


本発明は、R、R、RおよびR4aが、本明細書で定義されている通りである式(I)の化合物に関する。本発明は、疼痛を治療するための式(I)の化合物の使用にも関する。
【化1】

(もっと読む)


【課題】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有し、脳機能障害の改善・予防の効果が優れ、副作用がなく安全性が高く、長期間にわたり服用できる医薬品及び飲食物を提供すること。
【解決手段】
アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善剤及び予防剤を提供する。また、アスタキサンチン及び/又はアスタキサンチンのエステルを含有するヘマトコッカス藻含有抽出を有効成分として含有する脳機能障害の改善効果及び予防効果を有する飲食物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、Ar、R、RおよびR2aが、本明細書で定義されている通りである式(I)の化合物を用いて疼痛を治療する方法に関する。本発明は、式(I)の特定の新規化合物にも関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、特定のタイプの治療薬が、様々な精神神経疾患及び関連する障害、例えば依存症(例えば物質又は行動に対する依存症)を治療するため、並びに更年期の間に経験される症状又は月経周期と関連する症状のいくつかを軽減するために、組み合わせで使用されうる。明確な製剤にも関わらず、本発明の組成物は、視床下部-下垂体-副腎(HPA)を標的とする少なくとも1の活性成分、及び前頭前野を標的とする少なくとも1の活性成分を含みうる。これらのタイプの薬剤のいずれか又は両方が、交感神経系の活性を阻害する薬剤と組み合わされうる。こうして、組成物又は薬物治療の組み合わせは、β-アドレナリン受容体を阻害する薬剤又はそうでなければ抗-高血圧薬又は抗不安薬として作用する薬剤を含みうる。 (もっと読む)


161 - 180 / 330