説明

Fターム[4D019DA02]の内容

濾過材 (24,321) | 構成繊維 (1,140) | 長繊維、スパンボンド (167)

Fターム[4D019DA02]に分類される特許

141 - 160 / 167


一実施形態において、開放多孔性の流体透過性スパンボンド不織布を形成するように配置された、実質的に連続したシース/コア二成分フィラメントを含む不織布濾材を提供する。前記フィラメントのコア成分はポリエステルまたはポリプロピレンで構成され、そしてシース成分は、溶融温度が前記コア成分の溶融温度より低いポリエチレンで構成され、かつ有機抗菌剤が組み込まれている。多数の結合部位が、前記不織布全体に均一に分布し、より低い温度で溶融するシース成分がフィラメントの交差部位で軟化・流動する領域で画定されており、個々のフィラメントはフィラメントの交差部位以外は互いに離れて位置している。このスパンボンド不織布は、好ましくは、厚さが約0.2〜1mmで空気透過度が150〜270cfm/ft2/minである。
(もっと読む)


【課題】微細塵捕集において優れた性能を発揮するエレクトレット及び気体浄化用フィルタを提供する。
【解決手段】ポリオレフィン系繊維とポリエステル系繊維の様な二種以上の異なる長繊維が混合してなる不織布を摩擦帯電して製造する事を特徴とする気体浄化フィルタ。通常,不織布に用いられる短繊維には静電防止能を有する界面活性剤などの油剤が原綿上に付着されており、エレクトレット化する前に洗浄除去していたが、長繊維の場合は油剤を除去することが不要で、かつ微細塵除去性能が高いエレクトレットを得ることが出来る。 (もっと読む)


【課題】煤塵払い落とし性に優れ、通気性が良好で、層間剥離が発生しないフィルターメディア、及び該フィルターメディアを容易に製造する製造方法を提供する。
【解決手段】不織布または織物である基材層と、フィブリットと短繊維とが混在しかつフィブリットの一部が溶融または軟化している短繊維層からなり、該基材層と該短繊維層とが融着しているフィルターメディアとする。また、フィブリットと短繊維とを含むスラリーを不織布または織物の上に直接抄紙した後、これを加熱プレスする。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】流体114を益々精密に勾配密度深層ろ過効果を提供する装置、システム及び方法である。該装置は、アセタール又は他の実質的に寸法安定的な熱可塑性樹脂から製造されたメルトブロー成形したマイクロフィラメント204、206、208の変化する密度を有するメルトブローろ過組立体112を含む。このように、装置は、色々な燃料、冷却剤、及びその他の液体の形態と適合可能な勾配密度深層ろ過システム112を提供することにより、効率的なろ過を容易にする。
(もっと読む)


【課題】撒液用の液体中に含まれる砂や泥等の異物を確実に捕捉できると共に、これらの異物によるフィルター詰まりが殆ど発生しない撒液システム用の濾過装置、並びに、当該濾過装置を備えた撒液システムの提供を目的とする。
【解決手段】撒液システムは、給水流路の中途に濾過装置10を配した構成とされている。濾過装置10は、井戸や河川から汲み上げられた農業用水が流入する入水室12を有し、この上端側にフィルター30が装着された構成とされている。フィルター30は、単繊維からなる経糸と緯糸とを編み込んだ布を袋状に縫製したものであり、入水室12の上端側の開口に被さっている。フィルター30は、単繊維を編み込んだ布により構成されているため、農業用水中に含まれている砂や泥等の異物による目詰まりが起こりにくい。 (もっと読む)


本開示は、フィルタ・エレメント、さらに具体的には、特定のレオロジーを特徴とする改良されたポリオレフィン・ポリマー、好適にはポリプロピレンから製造されたフィルタ・エレメントに関する。最も具体的には、本開示は、特に他の特性及び/又は特徴の中で、特定の分子量と分子量分布を有するポリプロピレン、及び/又は特に他の特性及び/又は特徴の中で、粘度、分子量及び分子量分布が調整されたポリプロピレン、及び深層フィルタ・エレメントにおけるその使用に関する。本開示は、さらに、改良ポリオレフィン・ポリマー、例えばポリプロピレンを製造するためのプロセス及び/又はシステムと、有効なフィルタ・エレメントの製造における使用とに関する。
(もっと読む)


【課題】重畳繊維ストランドまたは構成要素で形成されたバックタイプの液体用ろ過フィルタのろ過要素の均一性、ろ過効率とろ過要素強度の改善を図る。
【解決手段】熱可塑性材料をノズルから放出し加熱気体を供給しながら巻き取りその気体の圧力と温度を変化させることで、濾過要素の液体流を最初に受ける側の繊維ストランドの太さに対して濾過要素の液体流が出る側の繊維ストランドの重畳繊維のストランドの太さ徐々に細い太さに重畳し成形する。 (もっと読む)


【課題】 脱臭粒子層の表面に不織布からなるカバー材が積層一体化した脱臭濾材において、脱臭粒子層に可燃性の樹脂が含まれていても、脱臭濾材全体が難燃性を有する難燃性脱臭濾材を提供する。
【解決手段】 平均粒径が0.147〜1.65mmである脱臭粒子3が60〜95質量%と、前記脱臭粒子3を連結する連結樹脂10、10’が40〜5質量%とからなる脱臭粒子層8の少なくとも片面に、不織布からなるカバー材5が積層一体化されており、前記カバー材5に難燃剤が含まれている難燃性脱臭濾材。 (もっと読む)


【課題】 本発明は流体を濾過するために用いられ、水、油、塗料、界面活性剤、食品などの液体の濾過や、圧縮空気中の金属粉などの塵埃、油滴や水分・ミストの除去、自動車の空気エレメントなどの気体の濾過に用いられる円筒状の筒状フィルターおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】 140℃における熱収縮率が9%以上の熱収縮繊維を含む熱収縮繊維層(1)及び140℃における熱収縮率が4%以下の主体繊維を含む主体繊維層(2)を含み、かつ熱収縮繊維と主体繊維の熱接着温度におけるそれぞれの熱収縮率の差が5%以上であり、前記熱収縮繊維層(1)を収縮させて多数の皺状物(6)を形成させて複層不織布(多皺不織布)(7)を形成し、前記多皺不織布の一方の表面を構成する熱接着性繊維の熱接着樹脂成分の融点以上に加熱して熱接着しながら巻芯に巻き取り、前記複層不織布が巻回された筒状体を形成し、筒状フィルターを得る。 (もっと読む)


【課題】微細粒子の捕集性能に優れ、フィルタの体積を増やさず充分な寿命を維持し、耐久性、かつフィルタ性能の均一性に優れた燃料用フィルタ材および燃料用フィルタを提供する。
【解決手段】(1) 合成樹脂からなる補強材と、少なくとも1層のスパンレース不織布を含む不織布層と、熱可塑性合成長繊維不織布とが一体接合されたフィルタ材であって、前記スパンレース不織布が、平均繊維径3〜8μmの熱可塑性合成繊維からなり、かつ目付が100〜300g/m2 である燃料用フィルタ材。(2) 前記スパンレース不織布を含む不織布層の上下に前記熱可塑性合成長繊維不織布が積層されている燃料用フィルタ材。(3) 前記スパンレース不織布を含む不織布層が、スパンレース不織布とメルトブロー不織布からなる燃料用フィルタ材。(4) 前記燃料用フィルタ材を、熱可塑性合成長繊維不織布が内側になるよう重ね合せ、その端部周囲を熱シールして袋状に形成した燃料用フィルタ。 (もっと読む)


【課題】 従来のポリイミドよりさらに耐熱性に優れたポリイミドを繊維化して、耐熱性、耐薬品性を一段と向上させた繊維集合体とし、さらにこれから耐熱フェルト、乾式フィルター材、バグフィルターを提供する。
【解決手段】 ポリイミドフィルム、あるいはこのフィルムにさらにポリテトラフルオロエチレン(PTFE)を主成分としたフッ素系ポリマーフィルム、ステンレス鋼などの金属薄板を合わせてコイル状にして、これよりコイル材切削法により繊維化して繊維集合体とする。この繊維集合体をニードリングして絡ませて耐熱フェルトとし、また基布表面にニードリングして絡ませ積層して乾式フィルター材とする。乾式フィルター材からバグフィルターを製造することができる。 (もっと読む)


【課題】濾過対象液の泡立ちを防ぐことができる上、濾過ライフの向上が可能な筒状フィルターとその製造方法を提供する。
【解決手段】複数のスパンボンド不織布からなる複層不織布(20)が巻回された筒状体(10)を含み、隣り合うスパンボンド不織布同士が熱融着されている筒状フィルターであって、筒状体(10)において、隣り合うスパンボンド不織布のうち少なくとも一方は、第1熱可塑性樹脂と、第1熱可塑性樹脂より融点が10℃以上高い第2熱可塑性樹脂とを含む複合繊維からなり、複層不織布(20)において、隣り合うスパンボンド不織布の熱融着温度におけるそれぞれの熱収縮率の差が5%以上有り、かつ隣り合うスパンボンド不織布をそれぞれ構成する繊維の繊度が相違することを特徴とする筒状フィルター(1)とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、土などの固体と、気体や液体などの流体とを効果的に分離することができる網状体を提供する。
【解決手段】 本発明の網状体は、連続フィラメントを不規則に蛇行、集積させてなる第一繊維層に、連続フィラメントを不規則に蛇行、集積させてなる第二繊維層を積層一体化してなり、第一繊維層を構成している連続フィラメントが、第二繊維層を構成している連続フィラメントよりも大径に形成されていると共に、第一繊維層の貫通孔が第二繊維層の貫通孔よりも大きく、第一繊維層及び第二繊維層の貫通孔が網状体の厚み方向に連続して網状体の両面間に亘って連通した状態となっていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】充填密度の高いフィルター濾材を用いて小型、薄型高密度のフィルターユニットを提供することを技術的な課題とするものである。
【解決手段】 山と山とのスペースの保持に用いられるセパレーター2が棒材および/または板材を、折り曲げおよび/または接合することによって楔状の幅の勾配を持たせたことものであり、剛軟度が0.1〜10N・cmであり、かつ嵩密度が0.2〜0.6g/ccであるフィルター濾材1をプリーツしてこのセパレーターを挟み込んでユニット化する。これによりプリーツの山と山とのスペースの間隔が0.25mm以上2.5mm以下である高密度のフィルターユニットが出来る。 (もっと読む)


【課題】フィルターユニット、特にケミカルフィルターユニットに関して近年小型、薄型化が課題となっている。従来より存在するハニカム型、プリーツ型では単位体積当たりの充填量が少なく、寿命が短い。また最近充填密度の高いフィルター濾材があるが硬いため取扱い性が悪く、精度のよいユニット化が困難であった。本発明は、上記の問題を解決し、充填密度の高いフィルター濾材を用いて小型、薄型高密度のフィルターユニットを提供することを技術的な課題とするものである。
【解決手段】 山と山とのスペースの保持に用いられるセパレーターが棒材および/または板材の太さまたは厚みを利用したものであり、剛軟度が0.1〜10N・cmであり、かつ嵩密度が0.2〜0.6g/ccであるフィルター濾材をプリーツしてこのセパレーターを挟み込んでユニット化する。これによりプリーツの山と山とのスペースの間隔が0.25mm以上2.5mm以下である高密度のフィルターユニットを提供することが出来る。 (もっと読む)


空気中の粒子状物質を濾過する高効率エアフィルタに用いる濾過媒体が開示されている。この媒体は、比較的低圧力降下で高効率粒子エア(HEPA)濾過性能を達成する2枚のスクリム層間に挟まれた直径が1000ナノメートル未満のファイバーの少なくとも1層を使用している。
(もっと読む)


【課題】、繊維径が小さく、柔軟性、吸水性、濾過性に優れ、かつ機械的強度にも優れる極細長繊維不織布とその製造方法および用途を提供する。
【解決手段】平均繊度が0.5dtex以下である極細長繊維からなる不織布であって、不織布構造体中に水溶性熱可塑性ポリビニルアルコールが存在しており、80℃水中で60分間浸漬処理を行った後のバイレック法による20℃、10分間の吸上性が30mm以上であることを特徴とする極細長繊維不織布。 (もっと読む)


【課題】 プリーツ折り性が高く、特に、エアフィルターとして用いたときに、風圧に耐えてプリーツ折りが変形し難く、変形してフィルターが閉塞することを防止できる複合不織布を提供する。
【解決手段】 熱接着不織布などの基布の上に、融点の異なる2成分以上の熱可塑性樹脂からなり、繊維表面の40%以上が前記熱可塑性樹脂のうち最も低い融点を有する成分で占めてなる複合ストランド(6)を、前記基布の幅方向に略平行に配列させて基布の長さ方向に延びながら接着し、さらにその上から融点の異なる2成分以上の熱可塑性樹脂からなり、繊維表面の40%以上が前記熱可塑性樹脂のうち最も低い融点を有する成分で占める太複合繊維(4)から成るメルトブローン不織布を集積させて、前記基布と接着一体化させることにより、プリーツ折り性が高い複合不織布を得る。 (もっと読む)


【課題】 剛性が高く、フィルター性能に優れた積層不織布であって、特に導電性を要求される粉塵濾過に適用される導電性フィルターを提供する。また、通気性が高く、濾過運転時の設備負荷が小さいフィルターを提供する。
【解決手段】 濾過面が導電性無機物質で被覆された積層不織布であって、該積層不織布の帯電圧が0.1kv以下、フラジール通気度が30cc/cm2/秒以下、曲げ剛性が0.10〜1.50N/2cmである不織布とする。また該不織布は積層不織布であって、繊維径が7〜20ミクロンの繊維よりなる目付が10〜100g/m2のポリエステル系不織布Aと、鞘成分が融点が110℃から250℃の間にあるポリエステルであって、芯成分が融点が185℃〜300℃のポリエステルである繊維径が20〜50μmの芯鞘型複合繊維を50%以上含む目付が15〜200g/m2であることを特徴とする不織布B、目付が30〜200g/m2のポリエステル不織布Cが積層一体化されてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 ろ過運転待機時或いは停止時に、ろ過槽内から水を抜きドライ化することにより、維持管理性を容易にし、ろ過運転停止時の臭気などの問題を改善する。
【解決手段】 ポリオレフィン系重合体が繊維表面を形成してなる繊維からなる布帛が、折り重なった状態で、該ポリオレフィン系重合体の一部が溶融又は軟化することにより、形状保持している繊維ろ材を用い、ろ過運転終了時には、ろ材を洗浄した後にろ過槽に滞水した水を排出し、次回ろ過運転に備え待機するろ過処理方法。 (もっと読む)


141 - 160 / 167